投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:ティスティ  投稿日:2017年 5月23日(火)18時05分55秒
  森田療法の大罪

森田は精神障害総合病院を設立、運用していたが何もかも同じ治療でやっていたそうです。つまり、脳疾患を同じに扱っていたのです。例えば、アルコール中毒も鬱もsadも同じです。こんな事がまかり通って、精神医療に輝かしい功績を残したような触れ込みで、書物が、未だ並べられています。
それを実践している病院も多々、存在しています。おまけに、保険適用まで認めらています。薬だ、気力だ、根性だ、考え過ぎだ、充分な休養の治療から早く脱皮しないといけないと思う毎日です。
 

森田は典型的神経症の患者です。

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月22日(月)20時14分53秒
  現代のHNさんであり、直人さんであり、KENであり、加藤諦三だ。
あの当時は、大学教授の資格があれば、言いたい放題、
出版し放題だった。素人は反論しようがない。
今はインターネットと言う最強の武器が出来たから、嘘が伝わるのも
早いが、インチキが見破られるのも断然早い。

1995年にマイクロソフトがウィンドウズ95を発表したが、
それ以前の精神医学の世界では、フロイトが世界を睥睨していた。
それがインターネットが始まると、直ぐインチキ親父に
直ぐ格下げになった。
インターネット上でぼろくそに批判されたからだ。その情報が
直ぐ日本にも伝わってきて、誰も精神分析なんて言わなくなった。

プロザックもそうでしょう。アメリカ発のプロザックは薬
バブルだの情報が入るとそれがインターネットで広まり、
誰も今は抗鬱剤を言う人がいなくなった。
 

森田は何も生まないばかりか、極悪修行

 投稿者:サスティ  投稿日:2017年 5月22日(月)17時04分34秒
  森田は本当は戦争出陣要員と聞いた事があります。危険、死にたく無いからアホの真似していたと聞いた事が有ります。つまり、腰抜けだったそうです。患者じゃ無いから、患者目線を経験していないから、三ヶ月入院で回復、強行突破みたいなアハな事を唱えるんです。病気と認めず、気のせいで結んでいるのは呆れますね。脳に異常がある人が強行突破の発想は本人にも、周りにも迷惑かけ放題です。拝金主義の愚かさが、森田療法を言っも過言ではありませんね。  

元森田信者さんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月22日(月)05時17分45秒
  よく的確に表現してくれた。それが大方の森田療法の実態です。
自分の弱みを知られないために、権威づけをしようとする。
フロイトの場合はギリシャ神話をだして素人を煙に巻いた。
アドラーなんかは深層心理なんて言いながら、見て来たような
嘘をついた。

森田とその弟子どもは、患者が東大出だ、京大出だと言い出す。
聞いている患者の95%はそんなの関係がない人たちなのに。
ある神経症が改善した人を出すのに、慶応大学出の内科医師と
説明する。
鈴木知準の講和は禅の宗教談話ばかりであった。しかも彼は
その逆を指導した。

しかし本当に悪いのは患者自身だ。誰も貴方に森田療法を紹介
していないはずだ。自ら飛んで火に入ったのは貴方自身だ。
神経症の掲示板を読むと、まだ、あるがままだ、やるべきをやるだ、
努力だ、向上心の追及だと言っている。
この人たちは、死ぬまで森田療法を追及する。

神経症は重大な精神障害ですね。
 

騙された 早く気付くべきだった。

 投稿者:元森田信者  投稿日:2017年 5月21日(日)20時22分42秒
  大きな病院の院長、高学歴、数ある書物  をベースに講義する。全て、書物には重要な箇所に黄色ペンを引き、日頃から読み返していた。社会貢献とばかり唱えるので社会貢献出来ぬ劣等感で苦痛を強いられていた。
更に難解な表現で、理解出来きない多々有りました。今、考えれば 無駄な時間であり
死に至る病気なのに、散歩と精神の説教、薬ばかりであった。病院の良いお客でもあった。
すくなくと、日本の精神医学を50年は確実に遅らせた悪玉代官と思う。
 

動けないのは神経症者だけ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月21日(日)11時30分38秒
  世の中、あるがままとか、やるべきをやるなんて言いながら
生きている人は一人もいない。いるとすれば、神経症と言う
精神病の患者だけである。

斎藤は毎日健康世界に生きているが、この世界は言葉のない世界だ。
考えているが考えていない。雑用と考えは別方向を向いているが
一向に矛盾しない。体が勝手に動いて何かを的確に処理している。
だから世の中が動き、社会は毎日進歩しているのです。

やるべきをやるなんて人々が言っていたら、日本はとうの昔に
沈没している。
 

無の雑用

 投稿者:むらじ  投稿日:2017年 5月20日(土)16時36分20秒
  本質的なことを言ってるのは
斎藤さんだけですね。
精神疾患の人は無の雑用ができない。
本当にそうです。動けないんです。
健康な人の動きは実に自然ですからね。
考えてないですもん。雑用
している人は。
いかなる精神疾患の人も雑用が
出来ないですね。
考えてると動けないんですよ。
健康な人は思考なんてしてない。
哲学者ぐらいです。思考してるのは。

 

意識ある生活

 投稿者:ティスティ  投稿日:2017年 5月19日(金)17時13分37秒
  何でも無い事を繰り返し思い出していましたね。これには、随分と悩まされた。妄想の連続でしたね。これに気が付かないんですよ。自分はおかしいと気が付いて、医者に行く。ままたまた、医者も落とし穴があって薬漬けにされてしまう。薬漬けされる前、更に気が着く必要がある。本当に厄介な病気です。
 

錯覚の科学

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月18日(木)18時18分32秒
  錯覚の科学と題してハーバード大学心理学の教授が書いた本を
読んでいる。これを読むと人間の意識、記憶はかなり怪しい
のが分かってくる。

バスケットボールのプレーで、人がトスに注目していると、ゴリラの縫いぐるみ
が出てきても認識できない。
ここから脳がその貴重な資源を使いながら最善の情報処理を
しようとする様子が見える。

脳はたった20ワットの電気で動く生物コンピューターだから、
データーの処理速度には限界がある。この脳を使って動物が
捕食動物の攻撃から一瞬にして逃れるには、情報を端折って
処理する必要がある。

コンピューターではファイルの圧縮解凍処理がそれに似ている。
お蔭で、電信速度が遅くても比較的短時間にダウンロードが終わる。
インターネットの速度が遅い時、蓄えられていたデーター
を引っ張りだし画面を表示する。そのためにコンピューターは
常時画像を記録している。

脳も同じ事をして処理速度が落ちないようにしている。欠けている部分の
データは蓄積しているデーターで間に合わせるのだ。
そのために錯覚と言う現象が起こる。

私はこれを神経症の説明に充てたい。
我々の脳は全ての情報を意識で処理できない。無理すると
処理限界を超えて脳がフリーズしてしまう。それを避けるために、
無意識が処理を引き受け、意識のオーバーロードを避けようとする。

こうして日々の細々した動きは意識をに負担をかけずに行っている。
それを神経症者はもう一度全部意識に翻訳してやろうとするから、
無理な圧力が脳に加わり、動けなくなり鬱状態になってしまう。
 

勉強

 投稿者:むらじ  投稿日:2017年 5月18日(木)15時46分40秒
  私は勉強は嫌いではありませんでしたね。
ただ病気になり長期間にわたり
勉強はできなかったですね。
本も読まなかったし、ニュースも見なかった。
昔は受験の時に真面目に取り組む
から誉められたものです。
いまや、誉められることではなく、
単に学ぶことが楽しいというのが
本来の姿かなと思いますね。
 

論争

 投稿者:taronimo  投稿日:2017年 5月18日(木)14時20分59秒
  雑用は常にしてますよ。とんでもない、肺活量。書き足りないのですが、ではまた。  

屁理屈

 投稿者:むらじ  投稿日:2017年 5月17日(水)14時38分23秒
  屁理屈なんてどうでもいいのです。
動けない人間がつまり基本が
出来ない人間が高尚なことを
考えても仕方ない。雑用
出来る人間がものを考えるのは
いいのです。
雑用できない人間が考えるのは
異常事態だ。
 

最近は血管の事ばかり

 投稿者:taronimo  投稿日:2017年 5月17日(水)12時47分43秒
  書かないことにしてましたが、流行りを少し書きます。
90年代POPS、死霊、ブログ、ダ・ヴィンチ・コードなど。
血管の病気を気にして、玉ねぎ、お酢、海藻類などを採っています。
雑用、英語は時々。有機農業を見たことはありませんが、勇気を出して言う一万回。
特に、流行りはおいとましてます。まあ、愉しいですよ。
noteばかりです。何かを忘れたままです。平和です。

 

天皇の象徴性

 投稿者:taronimo  投稿日:2017年 5月17日(水)11時59分16秒
  掃除もするといいです。ネットは空想です。ここは病院です。
 

統合失調症の掲示板

 投稿者:taronimo  投稿日:2017年 5月16日(火)16時14分43秒
  久しぶりに来てみました。
統合失調症なら、名前の括弧の同じところにguestを入れて、後はメールです。
また、保護室に来るのはよくないです。
ほんじゃ、もう用ないです。
さよならー。
 

動物

 投稿者:むらじ  投稿日:2017年 5月16日(火)12時59分27秒
  雑用は考えないですよ。
普通の人は考えないで物事を処理してます。
思考なんて普通の人間はしません。
雑用が出来て、さらに、思考力
があればいいですが、健康な
人間は、雑用が生きること。
動いてます。まさに動物ですね。
 

何とかしてあげたいは攻撃対象

 投稿者:ティスティ  投稿日:2017年 5月15日(月)20時02分23秒
  近寄らないのが一番です。
狂った頭は、快楽を求め彷徨います。
何とかしてあげようと、狂った脳に近寄ると爆発します。この病気の特徴です。医者も症状を聞くだけに留めます。この様に、狂った脳は快楽を求め彷徨います。そこに説得じみた相手が出てきたら、攻撃を開始し始めます。
 

何をしてもムダ

 投稿者:  投稿日:2017年 5月15日(月)17時32分10秒
  結局何をしてもムダ。
行き着くところは...
救いになれば幸いです。
ありがとうございました。
 

動き

 投稿者:むらじ  投稿日:2017年 5月15日(月)16時26分16秒
  雑用とは生きることです。
動くことに興味ないとは
生きることの放棄です。
健康な人の雑用は
素晴らしいですね。

 

宇佐先生が好き、動きに興味がないについて

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月15日(月)05時37分37秒
  我々の目標は自主独立であるのは誰でも理解できるでしょう。
健康世界で誰が指導者を求めているだろうか。自分が指導者で
誰の意見も求めていない。だから生きるのが楽なのだ。
宇佐先生を求めて20年なんてやっているとついに健康世界に
行くことなく人生は終わってしまう。

動きに興味がないと言った神経症者がいた。
我々は動物であって、興味があるから動いているのではない。
動くように出来ているから動いているわけで、そんな屁理屈を
言うようになったら、今後どうやって生きていくのだろうか。

食事をしたら美味しい、空気を吸わなかったら死んでしまうのと
同じで、動きには理屈がない。そんなものに一々理屈をつける
のが異常であり、神経症の病的世界を物語っている。

人間も動物であり、犬の動き、猫の動きと基本的に変わる事が
ない。自動プログラムであり、何も考えないが動ける。
このプログラムが動かなくなって、やるべきをやるなんて
言い始めたら尋常ではないのです。
 

ブラインドサイトと題して新しいページを書きました。

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月13日(土)15時02分32秒
  何も考えないから雑用が出来るのです。神経症を治すと意気込んで開始
したら誰でも10分間でダウンしてしまう。
http://mui-therapy.org/saito_column/blindsight.html
 

なるようになる。

 投稿者:テスト  投稿日:2017年 5月11日(木)19時42分37秒
  英語、メンタルの話しが沢山、投稿されてますね。メンタルは治そうとすれば治らないもんです。地道な行動が伴って、必然的な結果が生まれるのだと思います。  

雑用が出来ない人へ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月 6日(土)18時56分47秒
  雑用は考えないから出来るのです。考えたら意識と無意識が
衝突して30分後にはヘタってしまう。
無意識の動作は意識を嫌う。体操競技で3回転ジャンプが
あったとしよう。訓練の結果の体にしみ込ませた動きに任せれば
可能であるが、そこに意識が入ると2回転半で着地してしまう。
我々の生活の大半は無意識がコントロールしていると考える
べきだ。そこを神経症者は意識で突破しようとして失敗
しているのです。
 

あゆさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月 6日(土)14時19分17秒
  英語取得は年齢が一番ものをいう。22歳と言うなら取得年齢すれすれ
で、ものに出来る可能性がある。言語年齢の限度は25歳と私は見ている。
これを過ぎると極端に難しくなる。

若いということは良い事だ。やる気があるならどんな手段でもものに出来る。
私はなんと、かれこれ、40年近く英語をしています。
投資した時間とエネルギーに比べて得るものはこれっぽっちと言う感じです。

自分のやりたい方法ですれば良い。ただ言葉なのだから、
人に会って話すが原則です。それが出来なければ疑似体験としての、
映画を見るのが正しい。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 5月 6日(土)12時29分56秒
  その日はもうやめたいとなったらやめます。脳が嫌がったときが、その日の限界、かつ充分な練習量なのではないかと思っております。
練習量は、年齢によって適切量があるのではと推察します。書きたいことは以上であります。
 

もう一回書かせてください

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 5月 6日(土)12時26分26秒
  英語は発音がぐちゃぐちゃでも発音できてなくてもいいので俳優と一緒にしゃべります。
日本語字幕が出ていると「今時分の話したところがこの日本語の意味なんだ」と分かります。
難しく考えるより、
英語が続けやすくなります。

映画は一時間以上ありますが、
ぶっ続けでするよりば脳に英語を吸収する猶予を与えた方が何倍もいいようです。

私もその日できなかったとこが、
1週間ほどするどなんなく発音できていたということがよくあります。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 5月 6日(土)12時11分33秒
  私が思うのが、本物を参考にするのはみんな同じだが、その方法は自由にした方がいいんじゃないかなあ。
私は英語の意味がわからないとか、聞いたことない単語が出てきたとか、そんなことは気にせずにわからなくて当然なので、進んでみることではないかと思います。

「分からない」ということを不安に想い、突っ走った結果が、toeicなどのテストで満点をとらないと不安になる……英語に自信が持てなくなるということなのではないかと思います。

 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 5月 6日(土)11時58分39秒
  英語は映画、nhkラジオ英会話など、本物を教材とする。
あとは斎藤先生を参考でもいい、自分のやり方でやるのもいい。
やり易さを優先するのでもいいのではないかな。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 5月 6日(土)11時55分55秒
  映画→日本語字幕+英語音声にします。

初心者の練習法ですが、
聞き取りが全くできなくてもいいので、アニメキャラ(俳優)と口を動かします。
その時は、全く口が本物の英語には追い付かないと思います。
乗れなくなって自分の喋りが脱線してしまったら、
チャンスを見てまた流れにのって口をまるで俳優の口を追いかけっこのように追いかけます。

斎藤先生のテキストを暗記するなど、適切なやり方より、
私のやり方はだいぶ体当たり的です。さ
私はいきなり、映画に突撃きしていきました。
英文の意味とそれに対応する日本語は、ほんとうの本当の最後て良いのではないかと、現在2 2歳の私は思いました。

わたしは昔からデカイ山から崩すという性格をしています。
パワー型で、力押しでしてきたような感じがします。
細々したことは苦手で、男性的な性格だと思っています。
 

エックスさんと同じ感想

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月 5日(金)10時41分20秒
  精神病の患者って全然だめだね。何を言っても通じない。自分の世界に
沈潜していて、自分が正しいと思っている。しかし毎日地獄で苦しんでいるのは外ならぬ自分ではないか。

今日は托鉢全国行脚を考え、明日は森田療法をやり、明後日は抗鬱剤を
飲む。それでもだめだから、また行動療法に救いを求めてと止まらない。
一生強迫脳に操られて終わりになるのに、それを止めることが
出来ない。
神経症が治った人間は、こんな人間と語り合うなんて馬鹿らしいと考える。

所で今日もあるブログを読んでいたらインバウンドが出て来た。
誰が最初に使い始めたのだろうか。何故こんなくだらないカタカナ
英語を使う気になるか気が知れない。
私は英語がダメですと大声で言っているようではないか。
やはり本物を求める心が重要ですね。毎日英語を2時間も話していると
気持ちが悪いカタカナ英語に鳥肌がたつ。
 

(無題)

 投稿者:猫仙人  投稿日:2017年 5月 4日(木)22時11分40秒
  全国托鉢行脚のお坊さん(禅宗+真言宗)は北海道の礼文島で霊能者に出会い、そこで現在の神奈川県海老名
市の空き家のお堂を地図で指示されたといいます。「あなたは、ここで托鉢修行することになる」と。
不思議ですね。釈迦と同じように托鉢だけで生活(費)しているところが凄いです。
NHKの放送分が手元にあります。
 

我思う 精神疾患者の特徴

 投稿者:エックス  投稿日:2017年 5月 3日(水)21時59分44秒
  当の本人は妄想状態の最中。人の話なんか全く聞いていない。唯一、聞くのは気分が晴れる薬と○○依存を提供するバイヤー。例えば、ギャンブル、風俗、酒、薬。  

?長い文章

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月 3日(水)09時34分55秒
  NHKを読みましたが、こんな複雑なことを考えるようでは、今後どうやって
生きていくのですか。以前雑用を薦めたら、永平寺まで出して
説明していた神経症者がいた。ここまで考えて雑用をするようでは、もう
一生だめなのです。

健康とは単純な世界であり、子供の笑顔の世界だ。あるいは
犬猫と同じ世界と言ってよい。そこには理屈がない。ただ動いている
のが楽しい。

昨日BBCのホームページで新たな面白い記事を見つけた。ブラインドサイトと
言うやつで、盲人であるが、無意識でものを捉えることが出来る人たちです。
この人たちに意識して見ろと言うと見えないというが、ただそこを通れば良いのです、
早めに歩いて通りなさいと言うと、障害物を上手に避けて通り抜ける。
すなわち意識すると見えないが、意識しなければ見える。

神経症者も同じで、彼らは意識して雑用をしようとしてできない。
しかし神経症が治った我々は、雑用をするときに意識していない。
考えは明後日の方に向いているが不思議と体が動き、必要な雑務を
テキパキ処理している。ここが無意識の妙で、この無意識が作動して
いない神経症者は永平寺まで出して説明し、なおかつ雑用に
非常な困難を覚える。そのために彼らの生活は崩壊してしまう。
 

対人恐怖が消えた

 投稿者:猫仙人  投稿日:2017年 5月 3日(水)00時13分52秒
  わたしの全国托鉢行脚―対人恐怖が消えた
http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-241.htm
こんなのもあります。NHK教育放送こころの時代より。
 

翻訳

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 5月 2日(火)19時54分52秒
  もう15年以上翻訳やっていますが、結論は英語と日本語の違いは大きすぎ100%の翻訳は無理
と学んだ。大体70%くらいまでが限度で、それを超えてやろうとするとだんだん日本語から離れて
しまう。翻訳者はライターでなければならない。日本語としてのきれいな文章を書き、しかも語彙が
豊富であることが要求される。
不思議に本文の70%位を翻訳して残りを翻訳者の裁量に任せると、原文の味が出てきて、
原文の意図することがぴんぴんと伝わってくる。その辺が翻訳の不思議な世界ではないか。
 

翻訳素晴らしい

 投稿者:エックス  投稿日:2017年 5月 2日(火)15時03分19秒
  拝見致しました。違和感なく翻訳されて大変、読みやすいですね。英語=日本語にはならない。センテンスの前後とその分野を知らないと此処までは翻訳は無理です。翻訳ソフトを使うと、あれこれの連発。人工知能の登場が期待されているが、最大の欠点は安定性に欠けている所です。つまり、学習していなければ単なる初心者。対戦型と違い最後は人間が評価しなければならない。今後の活躍に大いに期待します。   

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 4月29日(土)13時57分42秒
  スマホの見過ぎ
http://mui-therapy.org/newfinding/overuse-smarphone.html

最近は電車に乗っても若い人の90%方はスマホを見ている。この光景を見るのが不愉快
でしょうがない。そうこうしている内に、海外でもスマホの弊害を取り上げる記事が出てきた。
上の翻訳はBBCからであるが、スマホの見過ぎは想像力を枯渇させると警笛を発している。

つい、昨日は交差点を横断していて、信号が赤に変わろうとしている時、見ると若い
女性が、スマホを見ながら私にぶつかって来たではないか。しかも半分信号は赤になりかけていた。
そのまま正面衝突していたら、私の方が体が大きいから彼女が倒れてしまう。
なんとバカな!!
 

さすが

 投稿者:エックス  投稿日:2017年 4月29日(土)12時11分11秒
  ビールを飲まない方が楽しい。この言葉を知っているだけで、凄いです。酒は色々な病気を発するので、医者にとっては良い鴨です。神経症とアル中は現代医学では治せない。草の根団体活動で回復が報告されているだけです。  

カタカナ英語の見苦しさ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 4月28日(金)20時31分15秒
  安倍内閣の大臣が学芸員が癌だと言って非難された。その彼がいきなりアウトバウンド
と言うではないか。前後の文章を忘れたが、カタカナ英語で”アウトバウンド”の一言
が出ると、なんだすごい言葉が出てきたなと誰でも一歩引く。
でもこの人英語しゃべらないのだな。英語をしゃべる人はこのような使い方をしない。

I am going to buy a ticket outbound to Oosaka.
のような文章を言う。アウトバウンドは文章の一部であって、これなら
びっくりするような単語でも何でもない。
なんでこうも日本人はくだらないカタカナ英語を使って気取るのだろうか。
そんな暇があるなら毎日1時間以上英語をしゃべったらどうだろうか。
悲しいね。
 

神経症と酒

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 4月28日(金)20時21分42秒
  神経症者の中には半分アル中になっている人がいると思う。神経症の苦しみを
逃れるために酒を痛飲する。私も大学生時代激しく飲んだものだ。理由の一つは
神経症で、そのために大学はろくに勉強もせずに卒業した。

神経症が治ると不安、苦痛、恐怖が去るから、酒に逃れる必要がない。
私は今1週間に一度だけビールを飲んでいるが、それも中瓶1本だけだ。
酒を飲まない方が毎日が楽しい。たまに飲むと眠気が襲ってきて
一つも楽しくない。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 4月28日(金)20時12分12秒
  ごめんなさい
Forget meでしたごめんなさいこれなら意味わかります
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2017年 4月28日(金)20時04分38秒
  Get me not

という文章に出会いました。
Notって後ろにつくんでしたっけ。
 

明日からゴールデンウィーク

 投稿者:エックス  投稿日:2017年 4月28日(金)18時27分34秒
  気候も良しで、色々な事が出来る。
7年前のゴールデンウィークは最悪だった。昼酒をやって、かなり泥酔いして医者に行こうとしても、祝日と土日で医療機関全てお休み。だから、寝込んでいた。それから、キッパリ酒は一滴も飲んでいない。神経症は底をみても、分からない。   
 

一瞬の表現に神経症を見る

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 4月28日(金)14時08分22秒
  2人の文を読んで、私は直ぐこの人たちに神経症を見た。
両人はもう10年以上このホームページを見ているでしょう。
その間全く変わってないし、今後も変わらない。

なぜこの2つの短文に神経症を嗅ぎつけるか。
”家族を養わなければいけない”と大きく出るのが神経症と言う狂いです。
健康な人間はやるべきでないことまでしている。家族を養うなんて
デカいこと考えない。考えなくてもどんどん体が動く。大変気持ちの良い世界だ。
これだから社会は日進月歩なのです

「他人の評価だ、自分がどう思いか」なんてだらだら言っていないで、
どんどんやったらどうかね。さっぱり動かないではないか。じれったいなあ。
こんな人を社会はどう見るか。頼れないな。
------------------------------------------------------------------------
「家族を養わなければいけない私には、ただ楽しむのは趣味であり、
そんな時間は少ないのです」 でへまる
「他人の評価など百害あって一理もない自分がどう思うかだろ」 Dreamer
 

書くことがない

 投稿者:dreamer  投稿日:2017年 4月28日(金)01時11分55秒
  確かにその通り
他人の評価など百害あって一理もない
自分がどう思うかだろ
 

20年後の比較

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 4月26日(水)14時48分52秒
  私が宇佐先生の本を読んで一晩で神経症を脱出したのが1992年だ。
その3年後にこのホームページを開始したわけですが、その当時の人を今でも
覚えている。その中でも忘れられないのはクルトさんであった。

銘文を書き、頭が緻密で、神経症を正確に分析していた。また森田療法を
激しく非難する筆致でも右に出る人はいなかった。しかしその彼は今も神経症
をやっているし、あの当時面接した人、Eメールをくれた数百から1000人位
の人全員が今も神経症をやっている。

以後24年間健康世界に躍り出た斎藤との比較は言葉を待たない。
まず仕事が安定し、給料が上がる。頭が冴えるものだから、翻訳でもウェッブページ
の作成でもどんどん進められる。遊びもやったやった。海外旅行と英語は特別に
好きだから、十分堪能した。

20年後の今日、私の頭から療法だとか、神経症、対人恐怖の言葉が
消えてなくなった。なぜ英語ばかり書くかと言うと、神経症が治りすぎて
書くものがなくなったのだ。

20年後の彼らは、今日も努力、恐怖突入、宇佐先生のお言葉だ、苦しくても
やるべきをやるなんて言っている。その陰で家族はほとほと神経症者には
疲れている。いつになったら一人前になるのかと。
今日も改善したと言っているが、20年間全く同じだ。
 

差別主義者の

 投稿者:でへまる  投稿日:2017年 4月26日(水)10時47分55秒
  斉藤さんに『全然ダメ』と言われても何とも思わない。
ただ楽しいから勉強する、幸せなことですが、
それは年老いた斉藤さんだから言えるのです。
家族を養わなければいけない私には、ただ楽しむのは趣味であり、
そんな時間は少ないのです。
 

↓これも全然ダメ

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 4月26日(水)09時56分6秒
  神経症が治らない人間は意味不明な文章を書いてよこす。
健康な人間はそんな文章を書く暇も読む暇もない。
しかし日本全体で100万人くらい、デヘマルさん程度の人たちがいる。
重大な人材の損失ですね。

私は先ほど有機化学のエノールイオンの電子の動きを勉強した。
難しいのなんのと言って、必死にしがみついて勉強した。なぜするのか。
勉強するのが楽しいからだ。

先日はイギリスの実年のおじさんと会話をした。いきなり自分はケンブリッジ大学
の出身だというから一瞬身構えた。そしたら次の瞬間から優しい会話をどんどん
してくるのには驚いた。学問がある人ほど誰でも親しめる優しい会話をしてくる。

昨晩はスコットランド近くの出身の女性と話した。あのすごいアクセントが聞けるか
と心配になったら、なんときれいなイギリス発音でくるではないか。うれしくなって
25分があっという間に過ぎた。所がインターネットの速度が遅い。どこにいるのだと
聞いたら、今チュニジアにいるという。警察の検問がすごいらしい。
なぜそんなところにと聞くと、チュニジア出身の男性と結婚したという。
ああ、世界はさまざまだ。
 

何をやるのか?

 投稿者:でへまる  投稿日:2017年 4月26日(水)09時19分33秒
  英語を話すことはすごいことですが、
英語はあくまで手段であって、結局何をやりたいの?ってことです。
ただ話すのが楽しいということなら趣味と同じだし、
勉強法を主張するのなら、英会話教師になればいいのではないですか。
英語を使ってこんなことをやった、あれをやりたいという話が聞きたい。

それと同じで、神経症を治すのではなくて、
雑用に夢中になる、仕事に夢中になるということが
健康になったということですよ。
いい大学を卒業しても社会に出たらダメな人はたくさんいる。
学歴なんて関係ない。夢中になってできる仕事があるかどうかです。
仕事とは、自己満足ではなく、人の役に立つかどうかです。
 

というか

 投稿者:dreamer  投稿日:2017年 4月26日(水)01時30分39秒
  私は英語に興味がないし。
ここは神経症のサイトではないのか?
 

/98