新着順:123/4864 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症の夢

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 2月21日(火)05時56分7秒
  通報
  昨晩の夢は悪夢に近かった。会社の場面で、あまり不安が強く、
判断は全て間違い、客に指定された場所にもいけない。
やる仕事は間違いだらけで、皆からはぐれ。
私は、実際そのような状況で、大学を卒業後10年間くらい過ごした。

夢で、もう一度この場面を繰り返すのだから苦しさは凄い。
起きて確認するのは、現在の斎藤には動きがある事だ。
神経症の最中では動きが消滅していた。
心が不安に集中しているため、意識系統が寸断され、
作動記憶も低下し、思考全体が混乱して、まともな仕事が出来る分けがない。

今は、無意識による命令系統が確立しているので、
考える事なしに体がすいすい動く。
飛び込んでくる雑用、注文はその流れの中で処理される。
人に信頼され、私に注文をくれる、そのリターンとして収入が約束される。

この正反対が神経症者なのであるから、彼等の人生は厳しい。
 
》記事一覧表示

新着順:123/4864 《前のページ | 次のページ》
/4864