新着順:132/4898 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症は普通の病気ではないこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 3月18日(土)13時57分14秒
  通報
  普通の病気であったら、病院に通い、薬を処方してもらって安静して何日後に
治ったになるが、神経症は違う。神経症は精神病であって、薬もないし
病理も分かってないから、期間を区切って治ったとはいかない病気なのです。

以前テレビに出ている女性の有名人が、パニック障害を克服したと書いた人がいた。
私はこの手の話を最も嫌うのである。なぜ有名人でないといけないのか、
なぜ患者が慶応大学出身の内科医でないとならないのか。
高校出のアルバイトでは信じてもらえないのかだ。

森田療法がこれだ。直ぐ東大出の鈴木だ、九州大学の高良だという。
フロイトがギリシャ神話を出して精神分析をしていた。こんな深淵な話を
されると素人は、ははーと聞くより仕方なくなる。今はフロイトの治療実績は
すべてでっち上げとされている。

神経症は遺伝子による、脳の健康でない状態であり、ギリシャ神話も
有名人も東大も関係がない。脳細胞の分子レベルまで到達して
分析をする必要がある。神経症が解明されるまでに最低今後50年は
かかる難病ですよ。

ただ、我々は先にゴールに到達してしまった。科学は後からついてくれば
良い。神経症が治った世界は実に気持ちが良い。上からの目線で見る
ようになり、神経症者の嘘書き込みを1行で見破れるようになる。
 
》記事一覧表示

新着順:132/4898 《前のページ | 次のページ》
/4898