新着順:64/5098 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

デュテルテの息子の犯罪

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年 9月11日(月)05時15分52秒
  通報
  デュテルテがフィリピンで麻薬関係の犯罪を撲滅すると宣言して戦いを始めて以来、その犠牲者は7000人とも
言われている。先日は関連捜索で、オザミス市の市長、副市長、家族、関係者を含めて13人が根こそぎ殺された。
フィリピンでは政府の職員、地方自治体の長が麻薬取引に直接絡んでいるケースが多い。
今度はなんとデュテルテの息子が1トンからのメタアンフェタミンを税関を通して堂々と輸入した疑いが浮上した。
この情報はアメリカCIAやアジア各国の関連機関から情報としてフィリピンに送られてきた。

デュテルテの息子は何と中国の秘密犯罪組織と縁組しているらしく、彼はそのシンボルマークを入れ墨している
はずであると寄せられた。政府の公聴会は彼にシャツを脱いで潔白を証明しろと迫っていて、いよいよ
息子もデュテルテ自身も追い詰められた。

こんな話を聞いていると、この国はアジアで最貧国になる理由は十分あると思う。国の腐敗は想像を超えて、
アジアのアフガニスタンになってもおかしくない状態だ。どうしてこの国はここまでダメなんだろうと思うと
溜息が出る。
 
》記事一覧表示

新着順:64/5098 《前のページ | 次のページ》
/5098