新着順:28/5084 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

精神科の正体

 投稿者:エックス  投稿日:2017年10月16日(月)11時25分0秒
  通報
  神経症患者に趣味を持ちなさい!ボランティア活動に参加しなさい!修行しなさい!慣れない場面は場数を増やして、慣れなさい!
自己啓発本、カウンセリング、人生相談。前述はいずれも、次元の違う事で神経症を長引かせるだけです。
神経症は足を失くした人間が生えてこないように、普通に走れないのです。
神経症は緊張を通り越して、心臓が飛び出すくらいのパニックに落ちいるのです。
その知識を持たずして、多量の安定剤を投薬して儲けているの現代医学レベルだと考えてもおかしくないのです。


この掲示板で同じ目線の仲間の傘の下でこの病気を語り合うのが最も近い回復の手段と思います。
先ずは、自分を薬物依存、神経症を認める事です。其処から、治療が始まると思います。ほとんどの神経症患者は自分の神経症を認めない。
其の心理状態で、ヤブ医者から世間に対して通りの良い鬱と診断されると、神経症患者は手を叩いて、喜びながら服薬します。基本、病気が異なるので数年後には、副作用でフラつき寝込んでしまいます。メンタル医者は殆どが、怪しい医者実績の拝金主義のようです。
 
》記事一覧表示

新着順:28/5084 《前のページ | 次のページ》
/5084