新着順:24/5084 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症脱出とは

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年10月17日(火)15時41分47秒
  通報
  説明を聞いて理解するから脱出するのではなく、説明を聞く必要が最早なくなったから神経症の
外側に出るのです。脱出は一瞬であり、1秒以内に起きて自分が何時神経症を脱出したのか
認識出来ない。

神経症とは狂いであり、精神病であるから、その精神病の脳が幾ら説明を聞いても無駄なのです。
森田療法を見ても分かる通り、説明を聞く患者は一生森田を聞き続ける。
では一瞬で起きる神経症の外側をどうして起こせるか。それには無意識を活発化させないと
ならない。無意識を活発化させるとは、今すぐ理由を問わず立ち上がって雑用を開始するのです。

無意識とは考えないということだ。我々は動いている時考えてない。考えているが、何か別の事を
考えている。しかし体は勝手に動いて所定の雑用をどんどん処理してくれる。だから世の中は
日々発展しているのではないか。世の中、神経症ばかりだったら明日にも日本は崩壊する。
 
》記事一覧表示

新着順:24/5084 《前のページ | 次のページ》
/5084