新着順:187/5284 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症の夢を見た

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年12月11日(月)05時18分12秒
  通報
  私は定期的に神経症の夢を見る。昨晩また見たのも、その苦しみたるや半端でなかった。
夢は会社の中。仕事が出来ないし、頼まれたことも出来ない。同じ考えが一日中続いて
疲労困憊する。努力をしても窮地から脱出出来ない。
そして朝になり目が覚めて、ああ、動く事、雑用と共に一日
を過ごすことが、健康世界であると改めて確認する。

デヘマルさんが典型的神経症の患者の一人で、彼らは論争を開始する。
彼らの生活は地獄で、生活が破綻しているが、自分が正しいと主張する。
日本の人口の1%位が神経症と言うから膨大な損失だ。

健康世界とは良いものだ。楽しくて疲れない。気転が効き、インスピレーション
が閃く。給料が上がり遊ぶ。遊べばさらに給料を上げたいと思う。
これだから日本はここまで発展して来た。神経症者に任せていたら
とてもとてもだ。
 
》記事一覧表示

新着順:187/5284 《前のページ | 次のページ》
/5284