新着順:75/5219 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

情報第一時処理の誤り

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 1月26日(金)09時57分52秒
  通報
  神経症が治っている人と、治ってない人の最大の違いは、恐怖、不安と言うより、動きに
あるように見える。今まで神経症の人で、体が軽く毎日が楽しいと言った人はいなかった。
神経症が治ると毎日が楽で、恐怖不安から解放されると言うより、身の回りが
整理されて、何が飛び込んできても瞬時に処理が出来るようになります。

しかもその処理が簡単で、日常の事なら考えなくてもできる。頭は何か
別の事を考えていても、手足は自動的に動く。
これだから世の中は動くのだな。皆、仕事の最中でも、帰ったら何を食べようか、
この次はスマホのどの機種を買いたいか、次の連休は何をしようか何て考えているが、
それでも、毎分飛び込んでくる何かを処理している。だから会社が成り立つのですね。

誰もやるべきをやるなんて考えていない。やるべきをやると考えた瞬間に、貴方は、
神経症と言う情報の一時処理に困難を感じている、心の病の患者と診断出来る。
 
》記事一覧表示

新着順:75/5219 《前のページ | 次のページ》
/5219