投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


尽くしてしまう親

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月14日(水)15時40分27秒
  私の母親は健康な人でした。でも子供になるとブル下がるように
尽くしてしまう。その尽くしが、子供を更に地獄に追いやっている
のが分からない。

精神病の狂いから出る唯一の方法は、動きを確保する事なのですが、
この動きを母親が奪い去ってしまう。不憫な息子を思い、何から何にまで
自分がやれば息子が助かると思っている節がある。
こうなると親子そろって地獄にまっしぐらだ。
 

悪循環

 投稿者:田中  投稿日:2016年12月14日(水)13時04分26秒
  子離れできない親というのは、本当に悪循環しか生みませんね。
自分の人生を歩めなかった人間が親になると、今度は無意識に子供にも歩めないようにさせる。
そして共に年老いれば、悲しいことだけが増えていく。
 

翻訳の質

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月13日(火)17時01分22秒
  私は何時も神経症関係で翻訳をやっている関係で、
翻訳の質をいつも見ている。今日あるブログにトランプのツイッター
発言の翻訳を以下のように記載していたので、意見を述べる。

--------------------------------------------------
トランプはツイッターで
「米国が台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っていながら、
私は祝いの電話を受けるべきではないというのは興味深い」と述べた
-------------------------------------------------------------

この文章を読んで直ぐ分かる人はほとんどいないでしょう。ニュアンスが
分かる程度だ。恐らく、グーグル翻訳をそのままコピペして、自分でそれを
改善しようとしない。

そこで、原文が分からないので、推測で次の訳を試みる。

「米国が台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っているのだから、
私が批判される筋合いがないの意見は、当然でしょう」

日本人は英語の悪い教育のため、翻訳をする時に一歩踏み込む
勇気がない。文法で難癖をつけられ、誤訳で批判されるのが嫌さに、
最初のような意味不明の翻訳で平然としている。
 

最近

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月13日(火)14時09分26秒
  暗いです、最近。
まあ、ありがちな恐い世界にいますから。
ただ、noteぐらいです。
プライバシーがかなり損なわれて、なんとかしっかりしないと生きていけません。
ボロのパソコンで遊んでます。
情報がすごく、びっくりします。
最近は、アメリカみたいになったらいけないかなあと思ってます。
報道は、アメリカなら楽ですけど。
いちいち、言うなら言って雑用は開始。
滅多に許可おりませんが、まあ、動けなくても構わない。
noteがいいです。
 

マックさん良いことを言う。

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月11日(日)19時28分37秒
  彼等は決して自分が精神病であると認めない。オウム返しの返答で、
読む気がしない投稿が殆ど。耳を傾け行動に移す人はほとんどゼロ
だ。動けと言うと動くのがバカらしいと言う。今日も青い顔して天井を見る
姿は狂人の世界ではないか。

私は神経症が治って行動力が出て来た。実は昨日フィリピンのパラワン島から
戻って来た。もちろんパラワン島の自然も美しいが、今回はマニラ空港のデタラメ
さ加減にうんざりして戻って来た。

どの空港もターミナルは幾つかに分かれていて、全てロボット運転の電車で
結ばれている。それがマニラ空港にはない。あるのはバスであり、そのバスは
空港の外にでるから、渋滞に突っ込む。時間がない乗り換えでこれは精神的
大変な負担である。しかもバス停留所の表示が極めてあいまいである。

一番良い空港内を走るバスを探しているのにその表示がないから、うっかり
外回りのバスに乗ってしまった。やる気のない運転手で、ターミナルの名前も
言わない。客に聞いたら嘘を言うではないか。

しかもバスの待合場所はあの南国の太陽の直射を受けていて、暑くて死んでしまう。
何から何までいい加減でデタラメで、こいつ等一体何が好きで生きているのか、
考えてしまった。

プエルトプリンセサの町の地図もいい加減だ。見ると子供が作ったような大雑把で
何も書いてない地図であった。よく大人がこんなものを印刷するものだと感心した。
これでは世界最貧国になるのもムべなるかなだ。
南国に何千年も生きていると、人間はこうなってしまうと言う例を見ているようであった。









 

究極治療法

 投稿者:マック  投稿日:2016年12月11日(日)17時37分50秒
  精神病は自分が狂っている事を認めない傾向があり、オウム返しの会話で終始しているのが殆ど。
病を受け入れ、耳を傾け、行動に移す事が唯一の治療法。そして、自分の事のように仲間の回復を喜ぶ態度があれば、少なくとも病状は消えて行きます。
 

ファミリー組織

 投稿者:エックス  投稿日:2016年12月10日(土)14時06分7秒
  カジノ店が党の数の原理で一瞬で決まり、デフレ脱却を果たせなかった日銀総裁の年収が三千5百万円。諸外国の影響との言い訳。リニアモーターは本当に必要か?北方領土の返還は実現可能か?軍事面で、ロシアは手放さないのでは?こんな国は何処に進もうとしているのか?自分の事ばかり、考えている精神病には入り込む余地は無い。  

石原都知事について

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 8日(木)20時26分4秒
  今、黒い都知事、石原慎太郎をよんでいます。
これを読むと反吐を吐きそうなほど、傲慢で油水のようにお金を
使いまくり、都民と隔絶した世界でお金の山を分け合っている姿が
見えて、こんな人間を繰り返し都知事にした我々の責任を考え
させられる。これは一重にマスコミと都議会の癒着と腐敗によるため
でしょう。チェックする機関が全然役に立っていない。

今日の新聞を見ると韓国の朴大統領の弾劾は載っているが、
東京都知事の数兆円のお金が闇に消える記事はまったく
消えている。新聞テレビもこの汚い金にまみれているらしく、
こうなったら我々はどこを信用してよいやら。
今、年収200万円で生きるか死ぬかの生活をしている人が
沢山いるのに、一泊50万円もするホテルに留まり、飛行機は
特上の席に座る。高がロンドンの旅行に2000万円だと。
都民は一体何処にいるのか。
 

動かなくても心は動いている

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 8日(木)06時18分4秒
  健康な状態では、必ずしも動いている必要はない。
何故なら心が自由なら、体は止まっていても心は動いているのです。
もちろん体は間もなく次の用にと動き始める。これらを指令しているのは
我々の親愛なる無意識であり、これだから我々は楽に生活ができる。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月 7日(水)17時44分51秒
  動きが連続していない人は醜いですよね。
勝手に体が動き、そして止まっている時は止まっている。
しかし、無意識の力は背後で働いている。

何も考えずボーっとしています。
やはり、精神病は動きを制限されている病気に思えます。
座ったまま動かないなんてみっともない。

ようするに、
身体が止まっていようが、
頭は動いていないといけないのです。

精神病の方は醜いです。
 

時はどんどん進む

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 5日(月)08時20分11秒
  最近気になるのは、ぼけた両親と精神的ハンデのある
子供の所帯が、悲劇的結末に至るケースです。
親が元気である時はまだ良いが、親が年取って来てボケが
始まったらどう生きていくかです。
時間はどんどん過ぎていく。まだまだと思っていた親のボケも
いずれやって来る。

子供が家を出ると決断する時が、残された唯一のチャンスである
のに、これを可愛いがために家出を許さないと、子供は
大人になるチャンスを逃す。間もなく元気な親も子供に頼るように
なり、しかしその子供が精神病であったらこれは悲劇だ。

私が家を出て良かったと思うのは、自分の生活と生命に責任が
生じたことです。故に金銭感覚がしっかりし、仕事もどんなに
苦しくてもやらざるを得なかった。その結果親といた時はほとんど
貯金をしなかったが独立してからは順調に貯金を伸ばした。

昔から言うではないですか。可愛い子供には旅をさせろと。
健康な子供は言わなくても自分で飛び出ていく。健康でない
子供はそれが出来ない。しかも、やっとのことで出る決意をすると
今度は親が子供にしがみ付き出さないようにする。
悪が悪を生む最悪のコースに入る。
 

両親が激怒

 投稿者:  投稿日:2016年12月 4日(日)20時20分20秒
  今日は、信用のおける2人の人物に立ち会ってもらい、私が家を出なければならないと思った理由などを、両親に話す機会を設けました。

この2人は、私が元気な頃から仲良くしてくれていて、私が神経症の症状で苦しんでいるときでも私を見捨てなかった人物です。

この2人にも、無為療法のホームページを以前に読んでもらっていて、ずっと見守ってくれていました。この2人も、家を出ることに賛成でした。

話し合いが始まると、案の定両親は激怒し、出て行ってしまいました。

取り残された3人で話し合いをしたのですが、やはり私が雑用ができる環境を作ることが重要で、こんなに両親から病院に行けだのうるさく言われていては、感情も安定せず、何とかやり始めた雑用でさえも気が散って続けられない。やはり家を出た方が良い。という結論になり、戻ってきた両親に話をしてくれました。

そのおかげで、両親は納得はしていないようですが、私が家を出る方向で話が進みました。
家を出るのは雑用をできる環境を作るためであり、そこからが本当に重要になってくると思います。それは私の決意にかかっていると思います。

母親がたくさん泣いていました。
父親も本当に怒っていました。

私だって本当は、仲良く暮らしたかった。



 

不憫に思い息子に尽くす

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 4日(日)08時30分15秒
  これは首吊りをしようとしている息子の、椅子を外す行為に等しい。
雑用は神経症者が治る最後の砦なのに、それを奪うようにして
母親が献身してしまう。親子共々地獄にまっしぐらです。

私の母親も負けず劣らず、37歳の息子が会社に出る準備をしていると
飛び出て来て、靴の磨きから自転車を拭くまでしまくる。
私はこの時、もうこのままでは一生駄目に終わってしまうと感じた。

間もなく、当てもなくカナダのバンクーバーに行くことにした。
自分の身の周りを整理していると、オヤジが飛び出て来た。息子の
尋常ならざる準備を心配して。
しかし、この段階では母親も覚悟が出来ていたらしく、出て行く息子に
何も大げさな行為はしなかった。

でも、家を出たから神経症が治ると言う簡単なものではない。
実際に神経症を脱出したのは、それから11年目で、宇佐先生の本を
読んだときだ。一切の神経症を治す行為の停止と、雑用に励むを
開始したその晩に、斎藤は別の斎藤になった。
 

ついに母親から

 投稿者:  投稿日:2016年12月 3日(土)23時31分4秒
  手が出ました。強くではなかったですが...
でも母親も、私の抵抗に相当感情的になっているようで、「お前はどうして私の気持ちがわからないの!」と叫んでいました。

こちらのホームページを母親に見せ、私にはこれしかないから病院もカウンセリングも行かないんだよ、雑用する環境に無いから、ここを出て行くしかないと思うんだよ、と言ったら、
「お前が生きていくことなんてできないんだから!心配で心配で仕方ない!」と言われました。

お前の脳は狂ってるから正しい判断ができないんだ。と、良いように(?)解釈されてしまったようです。

健康な人には、こちらのホームページに書かれていることも理解できないんだと思いました。
母親の泣き顔を見るのはとても辛いです。本当は分かってほしかった。
私はいつもこんなことを考えていて、苦しかったんだよ、元気になりたかったんだよ、と知ってもらいたかった。
でも仕方ないんだと思います。神経症というのは、本当に悲しい。

斎藤先生や、ヨッシーさんの経験談を読ませていただいて、やはり家を出るしかないと思っています。母親はキレるでしょうが、理解してもらうことは諦めるしかない。

あゆさんのご家庭のような場合もあるのですね。


 

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2016年12月 3日(土)20時55分27秒
  親や環境の影響は人それぞれだしどうしようもない事も多いでしょう。
私の親はどちらかというと世話好きというか自分が前に出たがりだったり、周囲も自分のペースに巻き込んでいくタイプでした。
私は親と仕事をしていましたが、いつまでも成長のない自分と甘えている自分と親がいなくなった時に自分は何もできないという危機感に悩まされていました。
だから、新しい仕事先で一人暮らしが決まった時は喜びました。
しかし、ずっと無駄にし続けてきた時間は同年代の人達や年下の人達にすら劣等感を感じる事に繋がり、これが辛かったと思います。
一人暮らしのおかげで、仕事以外の時間はやりきれない程の雑用がありました。
仕事でのストレスもこれで和らいでいたのも感じていました。

なので、できる事なら世話好きな親とは離れる方向を検討した方がいいのかな とも思います。
勇気もいりますし、始めはストレスかもしれませんが、自分しか動く人がいない状況に入るという覚悟ができます。
普通の人はみんな普通に通過する道だと思いますが。

私は悠さんの文章は読みやすく感じます。読む側の事を考えてるのがなんとなくですが伝わります。
母親に悪意がないのも察知されてるので、人の気持ちを読む力もあると思います。
私には的確なアドバイスなどできないですが、なんとか脱出して欲しいと思います。
 

無駄な時間を過ごしているのが理解出来ない。

 投稿者:エックス  投稿日:2016年12月 3日(土)20時22分52秒
  荒ぶった感情も正気と捉え、あいつが悪いと大方、愚痴っている。自分の異常にも気が着かない。疲れ果てて雑用なんて論外。ネガティブ思考が暴走しているから当たり前の事では?健常者は1日を大切にし、無駄な時間との分別が出来ます。   

感情が荒れ狂うと雑用が難しいこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 3日(土)19時09分28秒
  精神病とは感情が過度に反応している状態でしょう。
しかも実態とかけ離れて感情が猛威を振るっている。
この場合は雑用は難しい。私は今健康ですが、
感情が静まり返っていて、無意識が縦横に活躍している。
すると、何も考えていないのに、必要な雑務はきちんと処理されている。

10年以上も前に躁鬱病の患者が掲示板に書き込んだ。その勢いが
いいこと、株を買う、私に写真を送りつけてくる。しかも特大の写真だ。
私のホームページを読んでいるはずなのに、雑用を一言も口にしなかった。
それから経ってある日、実は今激しい鬱状態に入っていると連絡があった。
これをどう考えるか。

躁状態でも雑用をせず、鬱状態で尚さらやらずで、やはり精神病の患者
は雑用が出来ない。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月 3日(土)12時17分17秒
  私の家は、両親も精神病なので、
誰も私に対してお世話することはなかったです。

しかし、父親は神経症ではないのですが、
雑用はしています。

病気によって雑用が出来るものとできないものが
あるのでしょうか?

統合失調症・神経症はできないと思います。
 

雑用が奪われた

 投稿者:  投稿日:2016年12月 2日(金)16時40分38秒
  私の母親は、私には勉強さえしていれば良い、家事その他はすべて自分(母親)がやるのだからお前は机に向かっていれば良いという教育でした。

私は進学校に滑り込んだものの、そこから先はまったく勉強に身が入らず、学校に行くこともできなくなり、家にも居場所が無いので、あてもなくふらふら街を歩き、楽しそうに歩く同年代の学生たちを見るたび本当に情けなく、悲しい気持ちになりました。

そして現在この有様です。

元々、脳にハンデがあると共に、小さな頃からずっとこのように育ってきて、ウンウン考え込んでばかりの人生ですから、なるべくしてこの状態になったんだなとすごく納得です。

母親は、これからもずっと、悪意なき邪魔をしてくると思います。

今日は雑用ができず、案の定フラッシュバックに襲われ続け、ふらふらになっています。
せめて、飼い犬の散歩には行きたいです。
雑用を1日できなかっただけで、すぐにフラッシュバックの嵐になること、すぐに元通りになることがとても怖い。

邪魔する人がいても雑用を何とかやらないと、私は廃人になってしまう。
 

雑用を妨害する人

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 2日(金)10時05分5秒
  それは母親である事が多い。息子の不憫を思い、生活の一切の面倒を
見ようとする。それが更に息子を地獄に追いやっているのが分からない。
こうなると親子自滅にまっしぐらだから、私の場合は家を飛び出ることを
決意した。御年37歳で既に遅かったが、私の人生の転機をもたらした。

健康な人は神経症とは何であるかが分からない。だから間違った
アドバイスをする事が多いが、又本質を突くこともある。
私は森田療法に入院したが、この森田療法に疑いを持つ家族が
結構いるようで、患者を家族が引き取りに来ることがあったようだ。

森田療法とは偽療法であり、こんなものが良く存続できたものだと
思うが、それはインターネットがなかったからだ。
今は100万人の神経症者が監視しているから、インチキは直ぐ
見破られる。
 

もっと楽しみたい

 投稿者:  投稿日:2016年12月 1日(木)21時17分37秒
  やりたいことが、たくさん出てきて、神経症をやっていることが本当につまらない。

今日はサイエンス番組を観たら、縄文人のDNA解析のことをやっていて、元気なころ遺跡を訪ねたりしていたっけと思い出しました。

私は英語は全くできませんが、こちらのホームページでは、斎藤先生が翻訳してくださるアメリカのサイエンス情報も読むことができるので、とても恵まれているなと思いました。

こんな気持ちになるのは、本当に久しぶりのことでした。


 

笑えない病気

 投稿者:パチンコ  投稿日:2016年12月 1日(木)21時16分50秒
  雑用をしない一日が問題であり、何をするにも雑用から開始。
雑用で自分を変える。→周りが変わる。→更に、雑用をする。

この図式が神経症には分からない。周りを変えたがり、ひんしゅくを買う。更に動かなくなる。医者から鬱だと宣言される。鬱だと完全に思い込む。
医者から勧められる多額の薬を飲んで、酒を百薬の長として喜んで飲み続けて寝る。更に精神力で治ると信じ込む。薬の副作用でからだの体調がますます悪くなる。何事もネガティブで人と逢いたくもなくなる。
森田をやって、慈善事業をやる。顔色が悪く、とろいので、ここでも又、ひんしゅくを買う。更に寝続ける。
やっている事と裏腹に自分の狂いさえ正当化する。ストレスのかかる場から、逃げるは社会人であれば不可能に近い。

医者と薬と慈善事業、睡眠で全くの廃人になる。この廃人にも当の本人は気が着かない。
それでも、なかなかくたばらない。
骨皮でやっと、肉体が消耗し、周りから感謝の気持ちで見送られる。当の本人は良い人生どころかおバカの人生で幕を降ろす。
これぞ、精神との付き合い方ゼロの思考炸裂。

 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年12月 1日(木)20時44分11秒
  毎日やっている雑用を、今日も実行しました。

両親揃って、病院に行け、カウンセリングに行けと、とてもうるさい。

邪魔されたくない。

私が雑用が大事なんだと言っても、全然聞き入れてくれない。

聞き入れてくれなくても、私は続けます。
 

達人

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2016年12月 1日(木)17時51分6秒
  斎藤先生が空手を例に取り上げてくれましたが、まさにその通りだと思います。
そして、達人ともなれば「技などどうでもよい。身を守るには動物的勘が働かないといけない」と言われるそうです。
これは技がどうでもいいわけではなく、この達人にとってどうでもよいくらいに技が身についてるというのです。
雑用も初めは意識しますが、いつの間にか当たり前にやってる事になり、本人にとってはそんなに重要な事ではなくなります。 動けない人にとってはもちろん重要です。
これはやらない事にはそうならないので、動けと言われて動けない人はどうしようもないです。
自分の為に動きましょう!
 

意図的な動き、自然な動き

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 1日(木)09時17分3秒
  これを柔道、空手の型の練習に置き換えたらよろしい。
柔道、空手の初心者は先ず先輩に指導されて型を学ぶ。
多少不自然でもこの型の取得なしには、強くなれない。

しかしある時点で、意図的な型から脱して自分のスタイルに移行している。
しかも基本の型は崩れていない。これが自然な動きで、こうして相手を
倒すことが出来る。
雑用も最初は意図的に開始しないとならない。贅沢な事は言っていられない
のです。ただ、不自然な雑用をしていると間もなく壁にぶつかる。
ある時点で不自然な雑用から自然な雑用に切り変わっているし、変わらなければ
ならない。

ヨッシーさんが言っているように、ああ治ったと感じる事は永久にないし、
感じる必要もない。だが神経症者は治りを感じるのが目的で、その前の
雑用を放棄している。これだと一生神経症で終わってしまう。
 

(無題)

 投稿者:モリタ  投稿日:2016年12月 1日(木)00時38分34秒
  自分の意識や無意識が治すのではない。
「治すのは如来のわざでござる」
 

やってるつもり

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2016年11月30日(水)21時15分54秒
  ラジオで今年も残りわずかという事で、今年中に達成したい事というテーマをやっていました。
投稿者の中に180°開脚を何十年も目標にしてやってるという人が、一昨日購入した新しいエクササイズ本でエクササイズを開始。 来年には家族に開脚を披露したいという内容の投稿がありました。
この人は無理だと思いました。
何十年も開脚を目標にしていながら、おそらく実際に取り組む事を続けていない。
そして取り組んでるつもりになっているのでは。
でなければ、何十年も効果がでないのはオカシイ。

神経症でも動いてるつもりでは駄目だと思いました。 実際に動く。これをやればいいというのもありません。 最初は身の周りで出来る事を探してやるしかないかもしれません。 そして一週間やそこらではなく十年はやる覚悟で。
治ったという瞬間はないです。  気づいたら外にいた は自分で解ります。

 

無為療法は療法でないこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年11月30日(水)20時48分50秒
  神経症者は動けと言うとそれは療法かねと聞いてくる。
こんな質問ほど狂っていることはない。我々は動物なんですよ。
動物とは動く物だ。動いてナンボであり、動かなければ野生の
世界では間もなく飢え死にするか、捕食動物に食い殺される。

その動きが停止しているから動けと言っているに過ぎない。
あゆさんが良いこと言っているね。生物的動きと。その通り、
動きとは生物的動きであり、仕事だとか勉強だとかとは全然違う。

健康な脳を持つものは停止する事がない。なぜなら健康な脳から
毎秒命令が出ていて何かの行動をするからだ。それを私は無意識脳から
でた動きと言う。これが神経症者では欠如している。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月30日(水)20時18分24秒
  いつも書くことが同じなので、何だか恥ずかしくなってきました...

今日は母親に、違う療法も試してみたらどうかと言われ、激怒してしまいました。

私が少し動けるようになったのを見て、どんどんいろんな療法を試せと言っているので、

断固として拒否しました。

私は無為療法を一生続けます。

 

顔に出ます。

 投稿者:エックス  投稿日:2016年11月30日(水)15時31分14秒
  精神病は認めなくても、顔に出ます。幾ら健康論を羅列してもです。これを見分けられれば、振り回される事は有りません。カウンセリングの無意味さが理解出来ると思います。  

私の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年11月29日(火)19時16分40秒
  余りに順調に進んでいるので、自分が何をしたのか覚えていない。
ちょっと今日、手間暇かかったのは、風呂の準備であった。
老人は脱衣室と湯船の温度差の違いから発作を起こす危険が
あり、この事故は交通事故より多いらしいから、おろそかにできない。

そこで、脱衣室に簡易電気ヒーターを持ち込んで10分程運転すると、
充分温まるのが分かった。浴室は湯船にお湯を入れるだけでなく、
使うまえに、冷えた床に温水を撒くと裸でも十分耐える温度に上昇
する。

薬の話をすると、痛み止めの危険を皆さん知っているであろうか。
アメリカでは痛み止めと、アルコール、抗鬱剤を数時間置きに取り
死ぬ事故が多発している。たかが痛み止めと言うなかれ。
3つの薬効が同時に効くと寝たはいいが、永久の眠りにつくことに
なる。薬が脳の深部にある心拍をコントロールする部分に働き
かけて停止させてしまうのです。

全ての薬には副作用が必ずある。私はメラトニンを睡眠薬代わり
に使っているが、この副作用は日中眠くなること。困ったものだ。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月29日(火)17時44分2秒
  起きてからの布団たたみ、窓開け、雨戸開け、
洗面台掃除、鏡掃除、蛇口掃除、
家族みんなの食器洗い、台ふき、
家族みんなに緑茶を出す、
自分の部屋の片付け、
洗濯物こみ、たたみ、しまう、
窓閉め、雨戸閉め、
家族の分も布団しき、
飼い犬の散歩、ラジオ体操 をしました。

これから来客があるので、一緒に晩ごはんを食べる予定です。

時間によっては、今日はお風呂が難しいかもしれませんが、
なるべく入りたいと思っています。

はみがきはきちんとやるつもりです。
糸ようじや、マウスウォッシュも併用できるようになりました。

今日はヘアクリームもつけることができました。
今までは、そんなこともできず、ボサボサ髪でした。
 

有名スターの転落

 投稿者:エックス  投稿日:2016年11月29日(火)16時53分50秒
  神経症と全く無関係とは言えないと思います。脳の中を誰が解明しただろうか?脳は点だけでなく、総合的に動いている事だけは解明されている。ヤバい薬に手を出したくないと言いながら依存していく怖さ。今回の報道は精神力は通じない証。更に治す薬なんて存在していない。あたかも、治す薬だと差し出す医療も不思議の何ものでもない。病を素直に認め行動を起こす事が如何に大切かと思い起こされました。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月28日(月)20時56分28秒
  起きてからの布団たたみ、窓開け、雨戸開け、
洗面台掃除、鏡掃除、トイレ掃除、
家族みんなの配膳、食器洗い、
母親にいなり寿司の作り方を教わって、
家族みんなに緑茶を淹れる、
洗濯物たたみ、しまい、
雨戸閉め、窓閉め、
飼い犬の散歩、ラジオ体操、
ゴミ捨て、
家族の分も布団しき をしました。

今日は家族と、少し会話がスムーズにできました。
今まで、言葉を話そうとしても、出てきませんでした。


これからはみがきをして、お風呂にも入りたいです。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月27日(日)19時00分9秒
  昨日は、かなり久しぶりにショッピングモールへ出かけることができました。
沢山の人、人、人...でパニックを起こすんじゃないかと心配でしたが、大丈夫でした。
閉店時間間際にトイレに入った際、蛍の光の曲とアナウンスが流れてきた時には、汗が噴き出してきましたが、ちゃんと身支度を済ますことができ、ほっとしました。

今日は、布団たたみ、窓開け、雨戸開け、
洗面台掃除、鏡掃除、
飼い犬の散歩、ラジオ体操、
窓閉め、雨戸閉め、
家族の分も布団しき、
家族みんなのコーヒーカップを洗いました。

これから晩ごはんなので、配膳をして、
お風呂に入る予定です。
はみがきもできそうです。

長靴を用意してもらったので、雨の中でも飼い犬の散歩ができたので良かったです。
子どもの時以来、歩いていなかった田んぼ道など、懐かしい気持ちになりました。





 

喜びながらなった病気

 投稿者:アルジェリア  投稿日:2016年11月27日(日)17時48分2秒
  起きてもしてない強迫観念を思い込み、それを試練として改善策を日々、練り続ける。
他の人から見ると、何事でもないことである。当の本人はそんな妄想を抱き続ける。何とも不思議な病気です。
病気だから、薬と医者が治してくれると喜んで通院して服用を続け、このループから抜け出す事がほぼ困難なのに再び考え出して強迫観念の虜になっていく。もう動きなんて、蚊帳の外です。
 

生物的動き

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年11月26日(土)19時14分51秒
  その通りですね。だから我々はあまり動きを具体的に
説明しない。常に何かをしている。それは無意識から来る
命令によって動いているから、具体的に説明しようがない。

一休さんが失敗したのは、料理に固定したことです。
自然の動きが確保されているなら、料理に前に入る
動きから料理を終わってからの動きまで、全て流れている
わけです。だから始まりもないし、終わりもない。

私が神経症が治って分かったのは、対人恐怖は克服したのではない。
動きの中に生活している内に対人恐怖を忘れてしまったのです。
何故忘れる事が出来るか。無意識が縦横に活躍していて、
意識が出る暇がなかったからです。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年11月26日(土)18時36分49秒
  要するに、

勉強せよとか、
仕事を試練としてとらえることが、
病的なんです。

心が自由ですっきりしている状態じゃないと
いけないんです。

上手く話そうとか、
そういうのが克服対象ではなく、
妄想なんです。

わたしなんて、対人恐怖だけじゃない。
対人恐怖という症状は消滅したと思うけど、

性格的には、自分から話すのが苦手だったりする。
要するに、もともと話すのが苦手だけど、
それは対人恐怖という病気(妄想)とは関係ないということです。
 

最近気づいたこと

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年11月26日(土)18時29分55秒
  神経症とは、動いていないから起きた悲劇と言えるのではないでしょうか?

動きとは、
周りの家族を見ての通り、
料理していたり、掃除だったり、トイレ行くのだったり……

そういう生物的な動きを言うのです。
仕事に行くことそのものと取り違えたらいけませんよ。

家に監禁されてでも、雑用をすべきです。

 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年11月26日(土)13時32分42秒
  禅無さんまじなんですか?

 

禅無さんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年11月26日(土)05時51分41秒
  それは初耳です。
宇佐先生を見ているとその笑顔に人格が現れているように、
実に円満な顔をしている。あの顔からして彼は神経症ではないのでは
と私は見ていた。父親から引き継いだ禅寺を維持し、父親が森田に師事
した関係で開始したのでは。

実は鈴木知準には、税務署の調査が入ったと、ある神経症者から書き込みが
ありました。それも有りなん。だってあの豪華な自宅と中野の一等地に
広大なバラ園。どこから収入を得たか。もちろん神経症患者の膨大な数を
入院治療したからです。しかもその全員が行方不明だ。
その鈴木を批判したら許さないと、脅迫する神経症患者がここにいる。

宇佐先生に戻ると、それは大変ですね。表面だけで羨ましがったり、
師事したりするのは誤りと言う事です。宇佐先生の禅的指導は正しい。
知準より余ほど本物です。ただし、先生が神経症患者を集めて
解いて伏せて、患者が慕い従って、それに満足としていたら、宇佐先生
は間違っている。森田と同じ間違いであり、鈴木の間違いの繰り返し
なってしまう。

神経症の真の指導とは、神経症者を跳ね返す激しさがなければならない。
だって彼等は精神病の患者ですよ。その患者が泣いて喜ぶ説諭を
繰り返していたら、指導者も狂った一人になってしまう。
 

(無題)

 投稿者:禅無  投稿日:2016年11月25日(金)21時59分47秒
  そんなに立派な宇佐先生ですが、ご自宅はゴミ屋敷。
一人息子は無職独身で、精神疾患者です。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月25日(金)21時13分45秒
  布団たたみ、雨戸開け、窓開け、
洗面台の掃除、鏡の掃除、
家族みんなの配膳、食器洗い、米とぎ、
洗濯物たたみ、しまい、
飼い犬の散歩、ラジオ体操、
雨戸閉め、窓閉め、
家族の分も布団しき、

今日は、はみがきが2回できました。
お風呂にも入りたいです。

それと、自分でレンジやガスを使えました。(あたためるだけ)

明日は外出(買い物)できたらしたいと思っています。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年11月24日(木)19時44分53秒
  半人間に命令されたくはないと
思います。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年11月24日(木)19時30分22秒
  家に帰って、掃除も何もしないなんて考えられません。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年11月24日(木)19時27分38秒
  やっぱり、動いていない人ほど
不愉快な言動をする人は居ないと思います。

見ていて、腰の重いことと言ったらないです。
てきぱき動くところを見たことがない。

やはり、雑用を倍こなすべきなのでしょう。
たったひとつ、料理を作っただけで
治るとは思えません。
悠長なことを言っている時間もないと思います。

身体が待ちきれません。
神経症の外側に出るには、
雑用雑用なのです。

考えてばかりでは
良いアイデアが浮かぶわけありません。
神経症者が、頭を抱えている光景が容易に浮かびます。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月24日(木)19時26分54秒
  布団たたみ、
家族みんなの配膳と、食器洗い、
トイレ掃除の仕方を母親に教わって、
トイレットペーパーや備品の補充、
洗面台の掃除、鏡の掃除、
洗濯物をたたみ、布団をしきました。

飼い犬の散歩に行けなかったので、ラジオ体操をしました。
寝たきり、座りきりだったので、体力が本当になくなっていて、
飼い犬の散歩やラジオ体操を習慣にし、体力をつけようと思います。

今日ははみがきが1回になってしまいましたが、
お風呂には入りたいです。

?
 

11月なのにドカ雪

 投稿者:エックス  投稿日:2016年11月24日(木)11時18分17秒
  クリスマス前に、こんなドカ雪見た覚えは記憶に有りません。反面、壊れた頭と自己対話を続けている限り季節なんてどうでも良いらしい。薬と医者と自分の頭が何より優先して、蟻地獄の如く周りの人達を巻き込んで、破壊していく。  

私の雑用は何だろう

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年11月23日(水)20時14分46秒
  老人は冬の風呂で倒れる事がある。これを予防するために、
今日はシャワールームに電気ヒーターを持ち込んで部屋を
温めた。しかしそれだけでは未だ寒い。蒸気が充満する事に
より更に暖かさが増す。だから敢てシャワーで湯船にお湯を注ぐばかリ
でなく、床にも温水を撒くことにより部屋は十分温まった。
これでわざわざ銭湯に行く必要がなくなった。

後は英語ですね。会話を今一日5回やっている。合計2時間半になる。
これだけ話しているとさすが上達する。易しい会話ならかなりの
速さで話せるが、込み入った表現を必要になる所では、
スピードはぐんと落ちる。

英語は何千時間もの訓練でようやく話せるようになるのに、
TOEICを3回受けて終わりと言うのは、英語を未だ全然やらない
内に終了宣言する見たいで笑ったしまうのです。
 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年11月23日(水)19時58分15秒
  布団たたみ、家族みんなの食器洗い、
洗濯物をこみ、たたみ、しまう。
飼い犬の散歩、晩ごはんの配膳と食器洗い、
布団しき、これからお風呂にも入りたいです。

今日も雑用が増やせました。
はみがきやお風呂がまちまちだったのですが、
はみがきも回数が増やせたし、お風呂も二日続けて入れそうです。
 

/101