投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


メリークリスマス

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月25日(日)09時31分44秒
  sky-hiはいいですね。ダンジョンがいいからです。特に病院に持って行きたいぐらい。
ペーパードライバーの資格だけ、欲しいです。ま、受験戦争が終わらない精神病。
女子30人に脇見恐怖だったので、無理でした。大学は行きたくないです。
 

あゆさんへ

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月25日(日)07時49分15秒
  おはようございます。木星人+ですよ。ちょっと自分の事言い過ぎて、動悸がしてました。
今年は、達成。ただ暦もあてになりますよ。猿は犬年なんでよくなかったです。まあ、自粛します。狙われてます。本当に。ありがとうございます。
 

やはり

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月24日(土)21時38分45秒
  moriさんは動いているのでしょうか。
ごめんなさい。
下の意見は、むらじさんに書いたのです。

むらじさんは、やはり統合失調症の、神経症の強迫観念と
似ているのかな。
統合失調症の思考の中(?)で、意見を書いているような気がします。
神経症者が、親を憎んでいたり、人によって異性や仕事ということに
執着が強い場合があることも、本当だと思います。

しかし、それを指摘する意味とはなんなのでしょう?
この瞬間を生きているというなら、
書き込む時間も無駄かと思います。

moriさんも六星占術の信奉者なのですね。何人ですか。
私は水星人です。
 

あゆさんへ

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月24日(土)20時36分37秒
  ありがとうございます。動かないと筋肉収縮すると聞いたこともあります。
体が重いだけで、とても動きますよ。暇つぶしに書き込んだだけですから。
神経症レベルに落ちると適当に書いてくれますから、いつも助かります。
来年は殺界なんでゲームして遊ぶ予定です。先生に聞いたのかわかりませんが、謝々。

 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月24日(土)19時08分51秒
  統合失調症の人も、動かないと
神経症と同じレベルに落ちますよ。
 

怒られました

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月24日(土)17時16分41秒
  新聞一面で昨日のラルク事件。やっぱり僕はブレコンです。三回目は止めときます。
 

へのへのもへじ

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月24日(土)15時39分1秒
  僕は単にてってです。軽率で語り屋。三度初めてしてみます。
ブログは病みますが、jessicaさん代用品。例えばプリンセスプリンセスの1st歌詞カード見ること。
ブログは難問解けます。j-HIP-HOP界なら避ける鬼あとは多分新風。
併合かと思いましたが、ニート世界。ヘボい。
まあ、言いたい事は残りこれぐらいです。
ナチとも思いますが、リマスターXjapan。
来年は、仕事でゲームしたい。
弱ってるなら、この記事がいいと思います。それでは。
 

PCゲーム

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月24日(土)11時38分21秒
  今年、おそらく最後ですが、ドラゴンクエストXというPCゲーム買って繋ぐと、何も要りません。
変な宗教には引っかからない僕です。まあ、加藤諦三が賞取りましたが、競馬の本ぐらい。
一応WIKIPEDIA見るといいと思います。することがあるため、THE JYUONの祟りでけあるという英語のないない探しはいいと思います。
本場に言って働きましょう。親に話して勉強です。面白家族百科作る方がまだいい。
昔も楽しかったが、今も楽しい。事故は症状、証明しました。
質問で活性化しましょう。英語もする時はする。無為に居てもいいなら居たい。
女性にふられたりしましたが、良い経験。
産まれるとインプットできるRAMBO。することがあるためまた来ます。また。
 

クリスマスイブ

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月24日(土)10時28分35秒
  昨日の歌番組は怖かった。それほど、考えすぎは良くない。
何故か妄想と一日中、会話してます。な、ななめ。しゅう。か。ちゅー。
誰でも呼べるが金が要ります。まあ、良いクリスマスを。
 

カナダ・バンクーバーの記憶

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月24日(土)10時10分11秒
  2か月ほどいたが面喰うことばかりであった。
先ず日本中国にあるレストランがないこと。ファーストフッドか、
テーブルクロスとろうそくを付ける高級レストランの2つで中間がない。
思い切って入って行くと、出て来た女性の給仕がOftenをオーフトゥン
と言ったのに驚いた。この時に日本の教科書は何も英語を知らないと
結論した。

最初の3日間、ユースホステルに泊まったら、そこの若者にクラブに
行こうを誘われた。では行こうと言うと、なんとホステルから10km以上
離れているではないか。テクテクあるいて3時間はかかっただろうか。
そこにはいると、もうもうの煙の中でロックとダンスをやっている。
周りはマリワナばかりだった。是非一つと薦められて、じゃーと勇気を
だして一服やると、タバコよりよほど刺激が少ない一服で、ふわーと
しただけだった。

バンクーバーは雨がふる。寒い雨であるが、道行く人を見ると誰も
傘をささない。前かがみでもくもくと歩く姿をみて驚愕した。
そして5人に一人が猛烈デブであった。

道端にはホームレスがぞろぞろいる。多くはインディアンであるが、白人も
いる。この連中が上品な英語を使って物乞いで近づいてくる。
喫茶店に入ると私をインディアンと間違えられたか、あるいはアジア蔑視
か知らないが、給仕の猛烈な人種差別を感じた。
この時以来、人種差別はむしろ欧州アメリカであり、決して中国ではないと
学習した。

これ等の話は全て37年も前の話です。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月24日(土)09時16分28秒
  know お恥ずかしながら、もしかしたら
前の単語がクの子音だったかもしれません。
そうそう、カナダの曲を聴いていたら、確かにoftenは、
オフトゥンと発音していたのに気が付きました。

学校ではアメリカに習ってオーフンだったのだと思います。
カナダの英語は、アメリカの英語より少しゆっくりだと感じます。

 

英語&神経症

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月24日(土)09時12分17秒
  英語は、聞こえてきた言葉そのままを覚えた方が
本物になると思います。
私は聞き取ることそのものがまだまだで、そこまでたどり着いていません。

神経症は、確かに親を強烈に憎んでいると思います。
神経症症状が治まった世界は、親なんてどうでもいいのです。
自分は自分という感じです。

もはや、親とは関係ない世界で活躍しているからです。
親は子供が何しているかなんて、知りもしません。
 

英語は英語で考える?

 投稿者:街道  投稿日:2016年12月23日(金)17時10分5秒
  素晴らしい解説しています。これぞ、英語だと思います。
英語が丸暗記なんて事は、英語教師は全くの不要だと思います。
 

あゆさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月23日(金)09時32分33秒
  英会話の世界に船出すると度肝を抜くことばかりでしょう。
余りに自分の知識がなかったことに気づき自信をうしなう。

Knowの発音はやはりノウであり、クノウはあまり聞きません。
でも直前の発音がクの子音で終わっているばあい、それがノウと
つながってクノウになる可能性はある。

Wantはウォオントであり、唇を突き出します。但しそれに続く
音がオであるかアであるかは地域による差があります。
母音の地域差は激しくイギリスとアメリカでは大きく違う。
アメリカでも南部北部東部西部でそれぞれ違う。

例えばdisgustingをアメリカではディスガスティングと言いイギリスでは
ディスゴスティングと言います。
ofenはオーフンですが、カナダのレストランの給仕はオーフトゥンと言った。

アメリカの英語ではWe wereと言う所をWe wasと言ったし、You wasも
あった。
またAss 即ちケツを頻繁に用いて、お前、あいつ、こいつの代用に
する事が多いので驚くでしょう。現在ではfuckはあまりに頻繁に出てくる
ので、聞いても何に驚かなくなった。私はフィリピンの女性に対して
頻繁に使う。すると彼等は笑っている。
 

英語

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月23日(金)09時16分18秒
  先生、know の発音は、日本の先生には ノウ と教えられてきました。
でも、洋楽を歌詞を見て聞いていたら、
クノウ と読んでいるところがありました。

その歌手はカナダの人ですが、

状況によって読み方を使い分けているのか、
地域によって読み方が違うのか。
あと、want はウォントだと思います。

でも、ワントって発音しているところに偶然出会います。

日本語にはない音だと思いますが。
 

もう一つの無意識

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月22日(木)14時01分31秒
  神経症が治ると無意識に興味が湧いてくる。理由は、ほとんど何も考えて
いないのに物事がスムーズに動くからである。

最近私が興味を持つ無意識は、英語関係である。
私も既に脳が完成してから英語を始めたから、その道のりは大変であったし、
今でも大変である。毎日英語の放送を聞いていても、直ぐ分かる場合と、
自動的に頭がはじいて、注意が別方向を向いてしまう場合があるのだ。

英語を聞くためにスイッチを入れたのに、頭は別の事を考え始めている。
即ち無意識が英語を聞くのを拒否しているためであろう。脳が英語を
言葉として認識しないで、単なる雑音として見ている。
ところが、それを録画して置いて2回目に聞くと半分以上の確率で
話を追っていく。必ずしも注意を集中しているわけではないのにだ。

この脳の注意の選択は脳の深部にある何かが決定していると思う。
意思に関係なく、一瞬にして選択する。
今日のBBCには、この脳の様子を示す科学記事が載っていてた。
我々は、ざわざわした場所では、人の会話はなかなか聞こえない。
しかし何かの一瞬に聞こえはじめる事がある。

実験では雑音ではっきりしない会話を聞かせ、2回目は最初に
雑音を無しに聞かせ、次に雑音と共に聞かせる。すると2回目は
確実に会話が聞こえる。

脳は雑音の中に何かを読み取ると、一瞬にしてその意味を捉え始める。
私の英語の経験と同じで、我々の脳は雑音の中から何か重要な
メッセージを読み取ると、それに注意が自動的に集中するように出来ている
ようだ。
 

努力について

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月21日(水)10時49分56秒
  努力とは意思であるが、意思を超えているものがあるでしょう。
神経症者を見て御覧なさい。二言目には努力と言っているが、
努力をしている姿が見えない。
努力とは崇高な目標の達成努力であるが、崇高な目標は
目の前の一歩から始まるのであって、食後に皿を台所に
運べない人間がどうして目標達成が出来るか。

だから動けない人間、青い顔して天井見ている人間を見ると、
この人間はダメだと思うわけです。
 

両親と一緒に

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月21日(水)09時05分19秒
  一緒にご飯を食べていて思うのですが、
顔に生気がない。
目がどんよりして、すぐ人に頼む。
箸を持ってきてとか。

自分も統合失調症陰性でそんな自分に対しても
思うのですが、
精神障害の人間には魅力がほとんど失せているんではないかと。


努力ほど有害なものがあるでしょうか。
 

(無題)

 投稿者:エックス  投稿日:2016年12月20日(火)18時39分48秒
  なにがあっても、涼しい顔するんです。そうすれば、いつかは静まります。泣くから悲しいのです。に通じるのでは?  

悠さんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月20日(火)15時17分50秒
  そんなところでしょう。「無」とは神経症者以外の誰もが共有している
感じで、何ら特別なものはない。これを共有しえなくなった神経症者が
おかしいのです。
神経症者も神経症を発症する前は当たり前に経験していた。しかし
感情が暴力を振るって以来、その感覚を忘れてしまった。
「無」を経験して飛び上がって喜んだら、そこから神経症が始まる。

悟りとは過ぎ去るものであり、つかみ取るものではない。
毎日毎日続けていることが悟りなのです。だから禅問答では
決して素人が分かる問答はしない。何か明後日の方向を
見ながらバシッと気合をいれる。そして動きに入る。
 

不思議な感じ

 投稿者:  投稿日:2016年12月20日(火)13時58分21秒
  でも、確かに以前、こんな感覚で動いていたことがありました。

ずっと昔の、小学生だった頃とか...

これが「無」の感覚なのかなぁ、と思ったりしますが、

一連の動作が勝手に終わっているし、頭がスッキリしています。

あんまりこのことも考えると危ないので、考えないようにしています。

 

感覚が違う

 投稿者:  投稿日:2016年12月19日(月)14時04分19秒
  いつそうなったのか分からないのですが、何かをする時の感覚が変わりました。

以前と同じ雑用をするにしても、頭の中の声(?)が消えている。

 

森田療法でないこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月16日(金)19時04分38秒
  森田療法では、患者が雑用の報告をすると、一々論評をして
患者を励ます。無為療法ではそれをさっぱりしない。
理由の一つは、雑用をやりながら神経症脱出に成功した
人が少ないこと。だから、どんなにやりましたと言っても、それを
斎藤は信用しない。

でも、あゆさん、ヨッシーさん、走る男さんが立派に健康世界に
生還して今も元気にやっている。
治る人は斎藤の援護が必要がないのです。これに間違いない
と確信し、ひたすらやる。そして神経症の出口は己の体験として
知る。これは言葉には表現出来ない経験だから、斎藤の具体的説明を
求めている人間はその資格なしとして相手にしない分けです。

 

続けています。

 投稿者:  投稿日:2016年12月16日(金)16時56分7秒
  ご無沙汰しております。

最後の書き込みから、いろいろありましたが、雑用は続けています。

それだけはお伝えしたいと思い、書き込ませていただきました。

今までの雑用は、何かの突撃だった部分が多かったように思います。

しかし、天井を見ている状態よりはるかに良かった。

それを続けていて、壁にぶつかり、苦しんでいました。

今は、とにかく雑用を続けます。

そして必ずまたここに来ます。




 

オンライントークの限界

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月16日(金)09時53分55秒
  今英会話と言えばスカイプを使うオンライントークである。
これがなかった時代に比べれば雲泥の違いであるが、やはり
ここにも限界があるのが分かる。

先ず開始年齢があるが、それはここでは考えないことにして、
もっとも欠けているのは生活体験としての言葉である。
言葉は一にも二にも生活そのものである。だから生活を抜きにした
言葉の学習とは、本質を忘れたもう一つの間違った英語教育に
なってしまう。

日本人が生徒で、教える先生がフィリピンだと、両者とも、英語の生活との
関連がない人たちだ。知識でおぼえた頭でっかちの英語になるから、
トンデモナイ方向に飛んで行ってしまう。

昨日話したフィリピンの女性は韓国の朴大統領の弾劾の話をしようと
来た。英語の基本が出来ない生徒にこんな話を持ち掛けるのは有害
そのものであるが、相手が日本人で教える方がフィリピン人だと、こんな
事になってしまう。

この場合、アメリカ人であったらどうなるか。
ネイティブとは言葉には不自由しないが、政治だとか経済だとかを聞かれると
話をはぐらかして避けようとする。その避けようとするところに
言葉の本質があるのであるが、悲しいかなフィリピン人ではそれが出来ない。

話す自分が政治なんてさっぱり分からない女性だから、話は
こんがらがる。日本人も、会話の基本を飛び越えていきなり政治の話になってしまう。

ネイティブはニュースを避けながらでも、言葉の機関銃照射は止まらない。
その中には、口語世界に頻繁に現れる表現がちりばめられていて、
大抵の日本人はギブアップしてしまう。
この小難しい話を避けながら、しかも感情の機微を表現しながらの
会話がフィリピン人には出来ない。また日本人はそれが全く欠如している。
なのに、最初に朴さんの弾劾の話を持ち出すのは日本人なのだ。
この辺にオンライントークの限界が見える。
 

尽くしてしまう親

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月14日(水)15時40分27秒
  私の母親は健康な人でした。でも子供になるとブル下がるように
尽くしてしまう。その尽くしが、子供を更に地獄に追いやっている
のが分からない。

精神病の狂いから出る唯一の方法は、動きを確保する事なのですが、
この動きを母親が奪い去ってしまう。不憫な息子を思い、何から何にまで
自分がやれば息子が助かると思っている節がある。
こうなると親子そろって地獄にまっしぐらだ。
 

悪循環

 投稿者:田中  投稿日:2016年12月14日(水)13時04分26秒
  子離れできない親というのは、本当に悪循環しか生みませんね。
自分の人生を歩めなかった人間が親になると、今度は無意識に子供にも歩めないようにさせる。
そして共に年老いれば、悲しいことだけが増えていく。
 

翻訳の質

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月13日(火)17時01分22秒
  私は何時も神経症関係で翻訳をやっている関係で、
翻訳の質をいつも見ている。今日あるブログにトランプのツイッター
発言の翻訳を以下のように記載していたので、意見を述べる。

--------------------------------------------------
トランプはツイッターで
「米国が台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っていながら、
私は祝いの電話を受けるべきではないというのは興味深い」と述べた
-------------------------------------------------------------

この文章を読んで直ぐ分かる人はほとんどいないでしょう。ニュアンスが
分かる程度だ。恐らく、グーグル翻訳をそのままコピペして、自分でそれを
改善しようとしない。

そこで、原文が分からないので、推測で次の訳を試みる。

「米国が台湾に数十億ドル規模の軍装備品を売っているのだから、
私が批判される筋合いがないの意見は、当然でしょう」

日本人は英語の悪い教育のため、翻訳をする時に一歩踏み込む
勇気がない。文法で難癖をつけられ、誤訳で批判されるのが嫌さに、
最初のような意味不明の翻訳で平然としている。
 

最近

 投稿者:mori  投稿日:2016年12月13日(火)14時09分26秒
  暗いです、最近。
まあ、ありがちな恐い世界にいますから。
ただ、noteぐらいです。
プライバシーがかなり損なわれて、なんとかしっかりしないと生きていけません。
ボロのパソコンで遊んでます。
情報がすごく、びっくりします。
最近は、アメリカみたいになったらいけないかなあと思ってます。
報道は、アメリカなら楽ですけど。
いちいち、言うなら言って雑用は開始。
滅多に許可おりませんが、まあ、動けなくても構わない。
noteがいいです。
 

マックさん良いことを言う。

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月11日(日)19時28分37秒
  彼等は決して自分が精神病であると認めない。オウム返しの返答で、
読む気がしない投稿が殆ど。耳を傾け行動に移す人はほとんどゼロ
だ。動けと言うと動くのがバカらしいと言う。今日も青い顔して天井を見る
姿は狂人の世界ではないか。

私は神経症が治って行動力が出て来た。実は昨日フィリピンのパラワン島から
戻って来た。もちろんパラワン島の自然も美しいが、今回はマニラ空港のデタラメ
さ加減にうんざりして戻って来た。

どの空港もターミナルは幾つかに分かれていて、全てロボット運転の電車で
結ばれている。それがマニラ空港にはない。あるのはバスであり、そのバスは
空港の外にでるから、渋滞に突っ込む。時間がない乗り換えでこれは精神的
大変な負担である。しかもバス停留所の表示が極めてあいまいである。

一番良い空港内を走るバスを探しているのにその表示がないから、うっかり
外回りのバスに乗ってしまった。やる気のない運転手で、ターミナルの名前も
言わない。客に聞いたら嘘を言うではないか。

しかもバスの待合場所はあの南国の太陽の直射を受けていて、暑くて死んでしまう。
何から何までいい加減でデタラメで、こいつ等一体何が好きで生きているのか、
考えてしまった。

プエルトプリンセサの町の地図もいい加減だ。見ると子供が作ったような大雑把で
何も書いてない地図であった。よく大人がこんなものを印刷するものだと感心した。
これでは世界最貧国になるのもムべなるかなだ。
南国に何千年も生きていると、人間はこうなってしまうと言う例を見ているようであった。









 

究極治療法

 投稿者:マック  投稿日:2016年12月11日(日)17時37分50秒
  精神病は自分が狂っている事を認めない傾向があり、オウム返しの会話で終始しているのが殆ど。
病を受け入れ、耳を傾け、行動に移す事が唯一の治療法。そして、自分の事のように仲間の回復を喜ぶ態度があれば、少なくとも病状は消えて行きます。
 

ファミリー組織

 投稿者:エックス  投稿日:2016年12月10日(土)14時06分7秒
  カジノ店が党の数の原理で一瞬で決まり、デフレ脱却を果たせなかった日銀総裁の年収が三千5百万円。諸外国の影響との言い訳。リニアモーターは本当に必要か?北方領土の返還は実現可能か?軍事面で、ロシアは手放さないのでは?こんな国は何処に進もうとしているのか?自分の事ばかり、考えている精神病には入り込む余地は無い。  

石原都知事について

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 8日(木)20時26分4秒
  今、黒い都知事、石原慎太郎をよんでいます。
これを読むと反吐を吐きそうなほど、傲慢で油水のようにお金を
使いまくり、都民と隔絶した世界でお金の山を分け合っている姿が
見えて、こんな人間を繰り返し都知事にした我々の責任を考え
させられる。これは一重にマスコミと都議会の癒着と腐敗によるため
でしょう。チェックする機関が全然役に立っていない。

今日の新聞を見ると韓国の朴大統領の弾劾は載っているが、
東京都知事の数兆円のお金が闇に消える記事はまったく
消えている。新聞テレビもこの汚い金にまみれているらしく、
こうなったら我々はどこを信用してよいやら。
今、年収200万円で生きるか死ぬかの生活をしている人が
沢山いるのに、一泊50万円もするホテルに留まり、飛行機は
特上の席に座る。高がロンドンの旅行に2000万円だと。
都民は一体何処にいるのか。
 

動かなくても心は動いている

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 8日(木)06時18分4秒
  健康な状態では、必ずしも動いている必要はない。
何故なら心が自由なら、体は止まっていても心は動いているのです。
もちろん体は間もなく次の用にと動き始める。これらを指令しているのは
我々の親愛なる無意識であり、これだから我々は楽に生活ができる。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月 7日(水)17時44分51秒
  動きが連続していない人は醜いですよね。
勝手に体が動き、そして止まっている時は止まっている。
しかし、無意識の力は背後で働いている。

何も考えずボーっとしています。
やはり、精神病は動きを制限されている病気に思えます。
座ったまま動かないなんてみっともない。

ようするに、
身体が止まっていようが、
頭は動いていないといけないのです。

精神病の方は醜いです。
 

時はどんどん進む

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 5日(月)08時20分11秒
  最近気になるのは、ぼけた両親と精神的ハンデのある
子供の所帯が、悲劇的結末に至るケースです。
親が元気である時はまだ良いが、親が年取って来てボケが
始まったらどう生きていくかです。
時間はどんどん過ぎていく。まだまだと思っていた親のボケも
いずれやって来る。

子供が家を出ると決断する時が、残された唯一のチャンスである
のに、これを可愛いがために家出を許さないと、子供は
大人になるチャンスを逃す。間もなく元気な親も子供に頼るように
なり、しかしその子供が精神病であったらこれは悲劇だ。

私が家を出て良かったと思うのは、自分の生活と生命に責任が
生じたことです。故に金銭感覚がしっかりし、仕事もどんなに
苦しくてもやらざるを得なかった。その結果親といた時はほとんど
貯金をしなかったが独立してからは順調に貯金を伸ばした。

昔から言うではないですか。可愛い子供には旅をさせろと。
健康な子供は言わなくても自分で飛び出ていく。健康でない
子供はそれが出来ない。しかも、やっとのことで出る決意をすると
今度は親が子供にしがみ付き出さないようにする。
悪が悪を生む最悪のコースに入る。
 

両親が激怒

 投稿者:  投稿日:2016年12月 4日(日)20時20分20秒
  今日は、信用のおける2人の人物に立ち会ってもらい、私が家を出なければならないと思った理由などを、両親に話す機会を設けました。

この2人は、私が元気な頃から仲良くしてくれていて、私が神経症の症状で苦しんでいるときでも私を見捨てなかった人物です。

この2人にも、無為療法のホームページを以前に読んでもらっていて、ずっと見守ってくれていました。この2人も、家を出ることに賛成でした。

話し合いが始まると、案の定両親は激怒し、出て行ってしまいました。

取り残された3人で話し合いをしたのですが、やはり私が雑用ができる環境を作ることが重要で、こんなに両親から病院に行けだのうるさく言われていては、感情も安定せず、何とかやり始めた雑用でさえも気が散って続けられない。やはり家を出た方が良い。という結論になり、戻ってきた両親に話をしてくれました。

そのおかげで、両親は納得はしていないようですが、私が家を出る方向で話が進みました。
家を出るのは雑用をできる環境を作るためであり、そこからが本当に重要になってくると思います。それは私の決意にかかっていると思います。

母親がたくさん泣いていました。
父親も本当に怒っていました。

私だって本当は、仲良く暮らしたかった。



 

不憫に思い息子に尽くす

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 4日(日)08時30分15秒
  これは首吊りをしようとしている息子の、椅子を外す行為に等しい。
雑用は神経症者が治る最後の砦なのに、それを奪うようにして
母親が献身してしまう。親子共々地獄にまっしぐらです。

私の母親も負けず劣らず、37歳の息子が会社に出る準備をしていると
飛び出て来て、靴の磨きから自転車を拭くまでしまくる。
私はこの時、もうこのままでは一生駄目に終わってしまうと感じた。

間もなく、当てもなくカナダのバンクーバーに行くことにした。
自分の身の周りを整理していると、オヤジが飛び出て来た。息子の
尋常ならざる準備を心配して。
しかし、この段階では母親も覚悟が出来ていたらしく、出て行く息子に
何も大げさな行為はしなかった。

でも、家を出たから神経症が治ると言う簡単なものではない。
実際に神経症を脱出したのは、それから11年目で、宇佐先生の本を
読んだときだ。一切の神経症を治す行為の停止と、雑用に励むを
開始したその晩に、斎藤は別の斎藤になった。
 

ついに母親から

 投稿者:  投稿日:2016年12月 3日(土)23時31分4秒
  手が出ました。強くではなかったですが...
でも母親も、私の抵抗に相当感情的になっているようで、「お前はどうして私の気持ちがわからないの!」と叫んでいました。

こちらのホームページを母親に見せ、私にはこれしかないから病院もカウンセリングも行かないんだよ、雑用する環境に無いから、ここを出て行くしかないと思うんだよ、と言ったら、
「お前が生きていくことなんてできないんだから!心配で心配で仕方ない!」と言われました。

お前の脳は狂ってるから正しい判断ができないんだ。と、良いように(?)解釈されてしまったようです。

健康な人には、こちらのホームページに書かれていることも理解できないんだと思いました。
母親の泣き顔を見るのはとても辛いです。本当は分かってほしかった。
私はいつもこんなことを考えていて、苦しかったんだよ、元気になりたかったんだよ、と知ってもらいたかった。
でも仕方ないんだと思います。神経症というのは、本当に悲しい。

斎藤先生や、ヨッシーさんの経験談を読ませていただいて、やはり家を出るしかないと思っています。母親はキレるでしょうが、理解してもらうことは諦めるしかない。

あゆさんのご家庭のような場合もあるのですね。


 

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2016年12月 3日(土)20時55分27秒
  親や環境の影響は人それぞれだしどうしようもない事も多いでしょう。
私の親はどちらかというと世話好きというか自分が前に出たがりだったり、周囲も自分のペースに巻き込んでいくタイプでした。
私は親と仕事をしていましたが、いつまでも成長のない自分と甘えている自分と親がいなくなった時に自分は何もできないという危機感に悩まされていました。
だから、新しい仕事先で一人暮らしが決まった時は喜びました。
しかし、ずっと無駄にし続けてきた時間は同年代の人達や年下の人達にすら劣等感を感じる事に繋がり、これが辛かったと思います。
一人暮らしのおかげで、仕事以外の時間はやりきれない程の雑用がありました。
仕事でのストレスもこれで和らいでいたのも感じていました。

なので、できる事なら世話好きな親とは離れる方向を検討した方がいいのかな とも思います。
勇気もいりますし、始めはストレスかもしれませんが、自分しか動く人がいない状況に入るという覚悟ができます。
普通の人はみんな普通に通過する道だと思いますが。

私は悠さんの文章は読みやすく感じます。読む側の事を考えてるのがなんとなくですが伝わります。
母親に悪意がないのも察知されてるので、人の気持ちを読む力もあると思います。
私には的確なアドバイスなどできないですが、なんとか脱出して欲しいと思います。
 

無駄な時間を過ごしているのが理解出来ない。

 投稿者:エックス  投稿日:2016年12月 3日(土)20時22分52秒
  荒ぶった感情も正気と捉え、あいつが悪いと大方、愚痴っている。自分の異常にも気が着かない。疲れ果てて雑用なんて論外。ネガティブ思考が暴走しているから当たり前の事では?健常者は1日を大切にし、無駄な時間との分別が出来ます。   

感情が荒れ狂うと雑用が難しいこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 3日(土)19時09分28秒
  精神病とは感情が過度に反応している状態でしょう。
しかも実態とかけ離れて感情が猛威を振るっている。
この場合は雑用は難しい。私は今健康ですが、
感情が静まり返っていて、無意識が縦横に活躍している。
すると、何も考えていないのに、必要な雑務はきちんと処理されている。

10年以上も前に躁鬱病の患者が掲示板に書き込んだ。その勢いが
いいこと、株を買う、私に写真を送りつけてくる。しかも特大の写真だ。
私のホームページを読んでいるはずなのに、雑用を一言も口にしなかった。
それから経ってある日、実は今激しい鬱状態に入っていると連絡があった。
これをどう考えるか。

躁状態でも雑用をせず、鬱状態で尚さらやらずで、やはり精神病の患者
は雑用が出来ない。
 

(無題)

 投稿者:あゆ  投稿日:2016年12月 3日(土)12時17分17秒
  私の家は、両親も精神病なので、
誰も私に対してお世話することはなかったです。

しかし、父親は神経症ではないのですが、
雑用はしています。

病気によって雑用が出来るものとできないものが
あるのでしょうか?

統合失調症・神経症はできないと思います。
 

雑用が奪われた

 投稿者:  投稿日:2016年12月 2日(金)16時40分38秒
  私の母親は、私には勉強さえしていれば良い、家事その他はすべて自分(母親)がやるのだからお前は机に向かっていれば良いという教育でした。

私は進学校に滑り込んだものの、そこから先はまったく勉強に身が入らず、学校に行くこともできなくなり、家にも居場所が無いので、あてもなくふらふら街を歩き、楽しそうに歩く同年代の学生たちを見るたび本当に情けなく、悲しい気持ちになりました。

そして現在この有様です。

元々、脳にハンデがあると共に、小さな頃からずっとこのように育ってきて、ウンウン考え込んでばかりの人生ですから、なるべくしてこの状態になったんだなとすごく納得です。

母親は、これからもずっと、悪意なき邪魔をしてくると思います。

今日は雑用ができず、案の定フラッシュバックに襲われ続け、ふらふらになっています。
せめて、飼い犬の散歩には行きたいです。
雑用を1日できなかっただけで、すぐにフラッシュバックの嵐になること、すぐに元通りになることがとても怖い。

邪魔する人がいても雑用を何とかやらないと、私は廃人になってしまう。
 

雑用を妨害する人

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 2日(金)10時05分5秒
  それは母親である事が多い。息子の不憫を思い、生活の一切の面倒を
見ようとする。それが更に息子を地獄に追いやっているのが分からない。
こうなると親子自滅にまっしぐらだから、私の場合は家を飛び出ることを
決意した。御年37歳で既に遅かったが、私の人生の転機をもたらした。

健康な人は神経症とは何であるかが分からない。だから間違った
アドバイスをする事が多いが、又本質を突くこともある。
私は森田療法に入院したが、この森田療法に疑いを持つ家族が
結構いるようで、患者を家族が引き取りに来ることがあったようだ。

森田療法とは偽療法であり、こんなものが良く存続できたものだと
思うが、それはインターネットがなかったからだ。
今は100万人の神経症者が監視しているから、インチキは直ぐ
見破られる。
 

もっと楽しみたい

 投稿者:  投稿日:2016年12月 1日(木)21時17分37秒
  やりたいことが、たくさん出てきて、神経症をやっていることが本当につまらない。

今日はサイエンス番組を観たら、縄文人のDNA解析のことをやっていて、元気なころ遺跡を訪ねたりしていたっけと思い出しました。

私は英語は全くできませんが、こちらのホームページでは、斎藤先生が翻訳してくださるアメリカのサイエンス情報も読むことができるので、とても恵まれているなと思いました。

こんな気持ちになるのは、本当に久しぶりのことでした。


 

笑えない病気

 投稿者:パチンコ  投稿日:2016年12月 1日(木)21時16分50秒
  雑用をしない一日が問題であり、何をするにも雑用から開始。
雑用で自分を変える。→周りが変わる。→更に、雑用をする。

この図式が神経症には分からない。周りを変えたがり、ひんしゅくを買う。更に動かなくなる。医者から鬱だと宣言される。鬱だと完全に思い込む。
医者から勧められる多額の薬を飲んで、酒を百薬の長として喜んで飲み続けて寝る。更に精神力で治ると信じ込む。薬の副作用でからだの体調がますます悪くなる。何事もネガティブで人と逢いたくもなくなる。
森田をやって、慈善事業をやる。顔色が悪く、とろいので、ここでも又、ひんしゅくを買う。更に寝続ける。
やっている事と裏腹に自分の狂いさえ正当化する。ストレスのかかる場から、逃げるは社会人であれば不可能に近い。

医者と薬と慈善事業、睡眠で全くの廃人になる。この廃人にも当の本人は気が着かない。
それでも、なかなかくたばらない。
骨皮でやっと、肉体が消耗し、周りから感謝の気持ちで見送られる。当の本人は良い人生どころかおバカの人生で幕を降ろす。
これぞ、精神との付き合い方ゼロの思考炸裂。

 

今日も雑用

 投稿者:  投稿日:2016年12月 1日(木)20時44分11秒
  毎日やっている雑用を、今日も実行しました。

両親揃って、病院に行け、カウンセリングに行けと、とてもうるさい。

邪魔されたくない。

私が雑用が大事なんだと言っても、全然聞き入れてくれない。

聞き入れてくれなくても、私は続けます。
 

達人

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2016年12月 1日(木)17時51分6秒
  斎藤先生が空手を例に取り上げてくれましたが、まさにその通りだと思います。
そして、達人ともなれば「技などどうでもよい。身を守るには動物的勘が働かないといけない」と言われるそうです。
これは技がどうでもいいわけではなく、この達人にとってどうでもよいくらいに技が身についてるというのです。
雑用も初めは意識しますが、いつの間にか当たり前にやってる事になり、本人にとってはそんなに重要な事ではなくなります。 動けない人にとってはもちろん重要です。
これはやらない事にはそうならないので、動けと言われて動けない人はどうしようもないです。
自分の為に動きましょう!
 

意図的な動き、自然な動き

 投稿者:斎藤  投稿日:2016年12月 1日(木)09時17分3秒
  これを柔道、空手の型の練習に置き換えたらよろしい。
柔道、空手の初心者は先ず先輩に指導されて型を学ぶ。
多少不自然でもこの型の取得なしには、強くなれない。

しかしある時点で、意図的な型から脱して自分のスタイルに移行している。
しかも基本の型は崩れていない。これが自然な動きで、こうして相手を
倒すことが出来る。
雑用も最初は意図的に開始しないとならない。贅沢な事は言っていられない
のです。ただ、不自然な雑用をしていると間もなく壁にぶつかる。
ある時点で不自然な雑用から自然な雑用に切り変わっているし、変わらなければ
ならない。

ヨッシーさんが言っているように、ああ治ったと感じる事は永久にないし、
感じる必要もない。だが神経症者は治りを感じるのが目的で、その前の
雑用を放棄している。これだと一生神経症で終わってしまう。
 

/102