【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


近頃不愉快に感じること

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月14日(土)17時10分38秒
  橋下の発言である。毎日雨あられのミサイル攻撃の下にある
ウクライナ人の気持ちにならないで、自分は大阪の安全地帯に
いながら、政治家としてやるべきは住民の安全を考えて降伏
することだと言う。
馬鹿野郎と叫びたくなるが、これを取り上げるTVがなおいけない。

この橋下と言う人間は中共の回し者ではないのか。
こんな発言は中共とかプーチンが泣いて喜ぶ発言ではないか。

現実ほど我々の貴重な教科書はないのが今回のウクライナの
進展で分かった。ロシアの戦車と言えば直ぐヒットラーを
破ったロシアの地上軍を思い浮かべ、世界最強と恐れ入るが
実際はこのざまで、張子の虎と分かってしまった。

携帯型ジャベリン、トルコ産のドローン攻撃でものの見事に
吹っ飛ぶロシア戦車を見ながら戦車なんて案外もろいもので
21世紀の地上戦では考え物になって来た。

プーチンの気まぐれで開始した戦争は勝つわけがない。
戦争当事者が極東の辺地から送り込まれ、戦争なんてまるきり
知らなかったと言う。
現場が自分の職務が何かが分からないで物事成功するはずがない。
ロシアはプーチンで多少持ち直したかと見られたが、
世界の3流国に成り下がり当分西側水準の生活は不可能になった。
 

スマホの害

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月12日(木)14時21分22秒
  次の文章をインターネットで見つけたので貼り付けます。


「私は宮城県仙台市の公立小・中・高校に通う7万人の子どもたちの学力や
生活習慣のデータを、10年間追跡調査しました。私は10年前から、
スマホやタブレットを連日のように使っている子どもの学力が
「妙に低い」ということが気にかかっていたのです。

そこで、スマホを使う頻度の高い子どもの脳をMRI装置で調べたところ、
学力を含む、子どもたちの認知機能に大きく関わる大脳の約3分の1の領域と、
大脳白質(神経線維)の多くの領域の「発達が止まる」という
衝撃の結果が得られたのです。

SNS、特に即時的メッセンジャー(LINEなど)を使った実験結果もあり、
「スマホやタブレットを使っている時間の総量」よりも
「LINEをやっている時間」のほうが学力を下げるデータがはっきりと出ています」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私は調査しなくても、MRIで見なくてもスマホが与える人類への影響は
すさまじいものと見ています。

我々は物事の良し悪しを一々論破する必要がない。
良からぬ方向に向かわないように”不愉快”と言う感覚を身に着けている。
その不愉快さを人が道でスマホを使う姿に感じる。
歩道脇で通行を邪魔しながらスマホを見る者。
エレベーターのドアーが開いたのにそのまま立っている者。
こちらの自転車に目を向けないで
スマホを見ながらぶつかってくる者。どれも忍耐の限度を超えて
タバコのニコチンに代わる
害悪と私は見る。

人間は心良さを感じる何かを否定できない。
しかしスマホが与える心良さは耽溺であり、依存症を引き起こすニコチン、
アルコール、薬物に近い。
人類はスマホなしにここまで発達してきて不足はない。
しかし人はスマホを使えば更に進歩が加速すると言いたいらしい。
でもスマホ登場以来、人類の進歩が加速したのデーターはない。
それどころかソーシアルメディアを見っきりになり、
追い込まれる人が沢山出て来た。

ここらでスマホ使わない社会的キャンペーンを開始すべきだ。
 

渡辺裕之さんの自殺で思う事

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月11日(水)16時45分28秒
  何か原因が神経症に似ているものがあります。
頭が暴走して考えまいと思っても自動的に考えてしまう傾向です。
考えれば考えるほど鬱状態が激しくなり、将来を
思い地獄の悲観に襲われる。
これ心の病全般に共通する反芻思考と言うやつで、この
罠にはまると、多くの人が脱出できない。

カウンセリングとか人生相談では全く刃が立たない。
ひょっと感じたのは渡辺裕之さんのような場合は、
シロシビンなんかはどうかなと思いまして。
シロシビンとは幻覚キノコの成分で、いわゆるLSD的幻覚
状態を起こします。

アメリカイギリスではこれを心の治療に応用し始めた。
どうにもならない反芻思考の罠に入った時に一時的
に処方すれば脱出が可能のような気がする。
あるいはケタミンはどうか。

私が20年以上も脳科学の翻訳を続けているのも、心の
病の基本的解決には脳科学が必須と考えているからです。
収入になんの問題もない有名人が、ぽっと自殺したりする。
我々の脳は思ったより危なっかしい構造をしているのでしょう。
 

知床遊覧船

 投稿者:  投稿日:2022年 5月10日(火)13時27分51秒
  今回の事故に関してですが、海保の出動が遅いとおもう。
海保は正当という。3時間はかかるという。
普段からすぐ出られるようにが基本である。そのことに関してマスコミも
取り上げない。検証するとかである。

今回船が1時間浮いていたなら、3時間はは遅すぎる。そのことをTVでも突っ込んでする
べきですが、ない。
今回sosをカシュニの滝付近で発信している。そして船はその前で沈没している。
sosを打ってすぐ沈没したのは確実。船が岩礁に当たるのは返りはおきを通るのでその
確率は低い。クジラに衝突の可能性はある。また過去の修理が不十分であった可能性もある。3メートルの波に船は叩きつけられる。兎に角船をあげてみる、また写真で調べる。
普通3mの波で転覆することは無いという。おそらく過去の修理不十分が考えられる。
 

知床遊覧船と安全管理

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月10日(火)09時11分28秒
  この事件を見ると安全管理当局の腐敗を感じます。
私、今から3年前に運転免許を警察に返納して現在は
運転できません。その前から老人の交通事故が目立っていて
、私は東京に住んでいるしほとんど車は必要ないので
免許は返納したのです。

しかし返納前に免許更新で当局に行くと、警察の態度が
疑問であった。盛んに老人の運転免許
更新を勧めてくる。簡単ですよ、サポートしますよと
おんぶにだっこで更新を強く勧めてくる。
あはー、何か腐敗があるなと私は感じた。彼らは老人の
運転免許更新でうまみがあるのだろうと。

恐らく知床事件でも同じものがあったのだろう。
当局は危険を承知で免許を与える。それより管理する遊漁船から
あがってくるうまみがあるからだろう。

携帯電話が知床半島の半分以上はつながらないのが
分かっていながら認めている。
アマチュア無線での連絡を認めている。
必ずしも業務無線は必要ない。
衛星電話も必要がない。
ない、ない、ないの連続で免許更新なんて
これ全然安全なんた考えてないではないか。
司直が出動すべき当局腐敗であった。
 

ノスタルジアを楽しんだこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月 6日(金)16時54分25秒
  今日、コロナの新規患者数がかなり減少したので、思い切って2年来
心に秘めていた旅を実行した。何のことはない、東京の荒川都電に乗ることです。
今を去ること70年前に、両親に連れられて王子駅から
三ノ輪橋まで良く都電乗ったものだ。

荒川都電は東京で唯一残る路面電車で、その理由は専用軌道が
あるからです。
熊の前から乗車して三ノ輪橋終点まで行くと、そこには70年前の
写真館ビルがあった。わずかに外側に写真館の消えかけた文字が残っていた
から判読できたが、外側は大きく変化していた。
余りのなつかしさに要もないのに入口から入り2階までいくと、
70年前に戻ったような光景が現れた。もう写真館はやってないが、
当時の椅子だとか写真だとか展示してあって、ミニ博物館に
なっている。

現在の当主は管理をしているだけで写真ビジネスはしてなかったが
よくも70年前の風景をそのまま残しておいてくれたと感謝した。
私の顔を見て迷惑そうな顔をしていたが、こちらとしては
余りのノスタルジアで、一言感謝の言葉を言いたかっただけだ。

70年も経つと変わるものは変わるが、変わらないものは変わらない。
ああ、自分は東京っこに生まれてよかったと今日は感じました。
 

憲法論議が大きく前進したこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月 4日(水)14時52分46秒
  長らく日本では憲法を弄るのがタブーとされていた。
太平洋戦争で、軍隊の暴走、神道と天皇、政府が一丸となって日本国消滅まで
突き進んだのが原因だろう。
しかしいくら酷い経験をしても、あまりに酷くブレるとその反対も
酷い事になる。

私は子供のころから平和憲法に異論を持っていた。戦争を永久に
放棄するは美しい言葉ではあるが、現実はそんな生易しいもの
ではないと。

最近は中国が露骨に日本領土奪取をしめしてきたし、北朝鮮は核ミサイルを
どんどん打ち上げる。
こんな時に日本は平和を愛して、武装は決してしませんと言っていると、いいカモ
とばかりウクライナの二の前になりかねない。

こんな危険な時期に、まだ平和憲法擁護原理主義者が街頭でデモをしている
ので驚いている。もはやこんな人たちに遠慮している場合ではないだろう。

こんな原理主義者もドイツの例を見れば、人間危機に面して
恥も外聞もなく原則をかなぐり捨てる可能性が
ある。日本もいよいよそれに近づいていると見る。
 

日本のテレビ

 投稿者:入江隆  投稿日:2022年 5月 4日(水)00時46分3秒
  https://share.buzzvideo.com/al/skFYFhmQ

同じようなに日本のテレビも悲惨な状態です。
こんな芸人司会がもてはやされいる現実をどう思いますか?
空前のお笑い、異次元のお笑い!?面白いと思いますか?毎日の如くのお笑い、コマーシャルを見せられて日本人もおかしくなっているのでは?大切な限りある人生の時間を!先ずは決まった番組のみを観るようにしています。
 

自己防衛

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月 3日(火)11時26分27秒
  ニュースを読んでいて読めば読むほど空恐ろしくなってくるときが
ある。例えば、プーチンの戦争ですが、結構プーチンは天才だとか
ウクライナのゼレンスキーは馬鹿だとかの記事が多い。

同じ現象が橋下の言動、2チャンネルのひろゆきさんの言いたい放題
に感じる。
これの防御手段として一番は、見ないことなのですね。
取り上げるから言う、読むから余計しゃべるであり、
こちらが停止すればいいのです。

ソーシアルメディアもそうだ。
あんなもの見ているから腹が立つのであって、最初から見なければ
人が何を言っても我関せずで、まさか強盗に襲われるような
ことはないだろうに。
 

◆◆◆ モーツァルトの「疾風怒濤」 ◆◆◆

 投稿者:るみか先生より  投稿日:2022年 5月 3日(火)08時05分7秒
  モーツァルトの音楽には、高級で上品な情趣がいろいろあるのだが、以前にも書いたように、
その真価がわかるのは、ある程度自然や人情の機微が理解できるようになってからのことが多いようで、
若いうちは、退屈でただ通り一遍の美しさに思えてしまいがちな傾向がありそうだ。

例えば、交響曲第40番とか「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」など、誰でも何度も耳にしたことがある
メロディーに違いなく、もしこの2曲を知らない人がいても、じっさいに聞かせると
「これなら知ってる」とみな頷くものの、ともに耳タコで陳腐に映ったり、ありきたりな印象になりがちだ。
刺激が氾濫する現代、モーツァルトの音楽は、上品すぎ、サラリと耳あたりがよすぎて、薄く聞こえてしまい、
またベートーヴェンやマーラーみたいに、向うから訴えかけてきたり、感情が前に出た音楽でもないので、
こちらから聞きに行かないと、ただ何でもない音楽のように思え、目の前を通り過ぎてしまう。

その点、この交響曲第25番などは、スピード感やスリリングさなど、現代的な鮮やかな要素があるようで、
そのせいか、昔映画でも使われたようで、その時は大きな話題にもなったらしい。
作曲者が17歳の作であることから、曲調と相まって「疾風怒濤」と形容されることもある。

◎上から順に、第1~第4楽章
https://www.youtube.com/watch?v=CpFW5C8BvkU
https://www.youtube.com/watch?v=5Gq0-tkz-7o
https://www.youtube.com/watch?v=T0-DBBFT2Lg
https://www.youtube.com/watch?v=CGxnANqulPo&t=184s

しかしこうやって聞くと、この曲、第1楽章の、いきなり人目を引くメロディーと疾走感に感心し、
あとは第2楽章の、モーツァルトならではの世にも幼気(いたいけ)で純真無垢な魂の調べに心打たれる位で、
後半の楽章は、さして魅力的な旋律も出てこないし、あまり印象に残らないのではないだろうか?
少なくともちょっと前までは、他ならぬ私も、そのような先入観をこの曲に長らく持っていた。

これが第3楽章の「トリオ」と呼ばれる中間部(ここでは1分40秒から、木管楽器だけで奏される部分)の、
鄙びた田舎の観光地の、人影もまばらな昼下がりの通りを歩くような味わいに熱心に耳を澄ますようになって、
さらには終楽章の、途中「展開部」と呼ばれる部分(クラシック音楽を普段聞かない人には退屈で煩雑な所、
とりわけ、ここでは2分50秒以降~その後40秒ぐらいの間にある、訳がわからない箇所)の得体の知れない
迫力に妙味を見出し、ここのメロディーがクセになるようになると、もはやこの曲の通だといえるだろう(笑)

なお、昔は終楽章は総じて5分位しかかからなかったようだが、ここでは7分以上かかっている。
これは「テンポの速い遅い」ではなく、実は昔は省略されていた「反復を実行」しているからである。

クラシック音楽の代表的な基本構成(「ソナタ形式」と呼ばれる)は「呈示部」「展開部」「再現部」の
3つで成り立っているが、最近はピリオド楽器という、昔の楽器による演奏の影響もあって、
この楽章の場合、上記「呈示部」「展開部」「再現部」のあとにもう1度、
「展開部」「再現部」をくっつけて繰り返すのが主流で、それでその分、概ね演奏時間が長くなる。

余談ながら、よい音楽や優れた演奏の場合、同じ所が繰り返されて時間が長くなっても、
かえって嬉しかったりもするが、つまらない音楽や退屈な演奏だと、反復が多いと
「また繰り返しかよ、いい加減さっさとそのあたりで終わりにしろ」と内心思うのも事実だ(笑)

ちなみに終楽章、反復を行なわなければ、演奏時間がこれだけ短くなる。
https://www.youtube.com/watch?v=p8xvYNwowK0
 

NHKについて

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月 1日(日)10時36分9秒
  NHKはそれなりの役割をしているのだろう。
私など民放を含めてテレビと言うものを全く見ないから
金をただ取りされている感じで腹が立つ。

所でイギリスBBCでは料金を取らない方法を考えている
と聞いて驚いている。
NHKとBBCでは基本が異なる。BBCは本家英語の放送で、世界に
対する影響は多大です。だから英国以外の国民はイギリス国民
の費用負担の上で見る権利を与えられている。
私などその一人で、もしこれが料金徴収しないとなったら
現在のシステムをどう維持するのだろうか。

その対極であるCNNはご存じ宣伝の氾濫であり、録画なしでは
とても見られたものではない。
現在のBBCの素晴らしい質を堪能している斎藤としては
気になる所です。
 

ダサおもしろい番組

 投稿者:ワンワン  投稿日:2022年 5月 1日(日)00時43分47秒
  この4月から、NHKで、こんな番組が始まったんだけど、
これが、なかなか微笑ましく、おもしろいんだ。
「香川照之の昆虫すごいZ!」

最初は「何だこれは!?」と、ぼくも呆れてしまったけど、
慣れると本来、NHKのよさ、長所であった
「体裁にかまわず、愚直に真実を追い求め、国民を啓蒙する」
原点に立ち帰ったような、よさがあるんだ。
昔ながらのNHKの番組の、雰囲気を彷彿させる、
懐かしさが漂うよね。

往年の名曲や、人気番組の劇伴が、頻出するのも、すばらしい。
子供だけでなく、何だか大人が童心に帰って、熱中できるような、
バカバカしいノリがたまらない。

というのも、昨今のNHKというのは、アナウンサーからして、
民放のマネというか、アイドル路線や、気の利いたレスをウリにした、
すっかりいまどきの価値観におもねるような、妙に澄ましこんだスタイルになってしまって、
番組内容にも、古きよき時代の「NHKらしさ」のようなものは、
ほとんど感じられなくなってしまった。

もちろんこの番組も、ただの「懐かし路線」ではなく、
「いまどきのスタイル」も、じつはしっかり取り入れてはいるんだけれど、
そこが、トータルでは「ダサおもしろい」素朴な持ち味になっていて、好印象なんだ。
話題便乗型ではなく、地道にこつこつ、筋道立てて考え、実行する、
そういう方向性も、NHKの科学番組にしかないよさだよね!

今日の日曜日も、夕方の18時からあるから、
他にやることが決まっている人は、別として、
裏番組の「バンキシャ!」なんて、毎回「徹底的」とのふれ込みに反して、
「今週のおさらい」的事柄を、通り一遍に流す、薄味の内容だから、
家にいる人は、帰省中の家族も揃って、
みんなでみるのも、いいかもしれないよ!

               \    /
                \  /
   連休間は基本♪      | /
                ◎⌒◎_
 ずっといい天気らしい♪♪   /\///|
               | ∧//ノ
     ┌v┐        |(\/
    /ア_) /      /| ∧/\二二ヽ
   / //)    /\_/ |/ /)   L|
   L(・)w(・)  _/  \/ // /| /ノ
 / (゚Д゚)      / /// |
 /  ∪ニ|)     / //   |_
 L_∠ニニノ     / // ̄ ̄|
  ∪ ∪     / //   |
           ̄ ̄    |_
 

知床に行きましta

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月29日(金)10時47分50秒
  今から10年も前に知床に行きまして、日本で唯一存在する
広大な自然保護地区を観察しました。
下の写真は私が撮ったものです。
知床遊覧船も乗りましたが、幸い波も穏やかで、今回の
悲劇が起きるとは想像もつきませんでした。

熊はめったに遭遇しませんが、鹿はやたら多く公園に
行くといきなり鹿が横切ったりしました。

知床5湖の一つ
http://mui-therapy.org/travel-photo/shiretoko-5-lakes.html

近くの目の覚める野原
http://mui-therapy.org/travel-photo/shiretoko-meadow.html
 

掲示板の時代は終わったか

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月29日(金)10時38分5秒
  もうインターネットが始まって以来27年経ち、掲示板とか
ブログの時代が終焉を迎えたのかも知れない。
今回Teacupがサービスをやめると言う事で他の既存の
サービスを探した所、その出来の悪さに言葉を失った。
全くやる気がないと言うか、いやならやめろ見たいな
商品を作っている。

今まで沢山あった業者が次々とやめて、最後のTeacupが
止めたら後はゴミの山の感じであった。
こうなったらしょうがない、こちらは自分で何とか
開始しないとならない。

スマホの影響は大きいが、スマホが全部占領すると考えたら
大間違いだ。
私は毎日英語メディアを少なくても5紙見ているがこれを
スマホで見るなんて考えたら目も頭も破壊されてしまう。

BBCもニューヨークタイムズもパソコンのデカい画面だから
楽々と読める。
スマホが便利だからと言って株の投資をスマホでやるような
人間は信頼できない。巨額のお金が動く取引をスマホの
あの小さな画面を見ながら、何でもできるなんて言う
バカ顔を想像するだけでうんざりする。
 

わんわんさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月29日(金)05時42分14秒
  知床ボートはプレジャーボートを少し大きくした程度です。
乗員乗客20名で救命ボート積載できない。出来るとしたら
ゴムの膨らませ型ボートだろうけれど大変難しい。

場所は北海道知床だから水温は極めて低い。だから絶対
転覆しないの前提で出航しないとならない。
2年前に以前いた社員が全員辞めたというから、内容が
かなり悪い。

座礁後の修理がいい加減。無線装置が故障している。
夏季は前後に他の会社のボートも見えるほど盛況だから
万が一に備えられるが、今回は単独出向だという。
何から何まで無茶過ぎて、こんな業者を許す方が
間違っている。

しかしプレジャーボートの事故は全国で発生している。
以前、川下りのボートが転覆して10人以上死んだ事故
があった。だから遊びでボート乗りはかなり危険な
遊びと考えるべきだ。
 

救命ボートの必要性

 投稿者:ワンワン  投稿日:2022年 4月28日(木)21時59分47秒
  ぼくが、知床の観光船沈没の事故で、
(一般にニュースでいわれてる内容のほかに)ビックリしたのが、
救命胴衣は員数分、備えつけがあるが、
救命ボートなどの、乗り移って避難できるものは、何もなかった、
ということなんだ。
法定上は、必要ないらしい。

でも、ちょっと考えたら、これは、おかしな話だよね。
救命胴衣だけあっても、周辺の海水温は2~3℃、
これじゃあ、イザという際、
海に逃げて、泳ぎができても、岸まで辿り着くのは、困難だ。
たとえ海岸が、2、30メートル程度の、目と鼻の先だったとしても、
みな身体が凍りついて、動けないだろう。
競泳選手でも、そこは無理なんじゃないかな?

もちろん、当時は風が強く、波も3メートルぐらいあったらしいから、
もし救命ボートがあっても、乗客乗員が、無事生存できたかどうかは、わからないよね。
ただし、陸まで漕ぎ着けるかは、別としても、
捜索の手が到着して、発見されるまで、
何とか転覆することなく、海に浮かび、漂流し続けることは、できたかもしれない。

素人意見かもしれないけど、10人以上が乗り込める、船舶には、
常識的に、救命ボートの1艘や2艘は、あって当然なんじゃないかと、
思えてならないんだ。

     (Θ━
     ||     ♪北海道はこれからが
     ||
   __ノハ      よい時候を迎えるヨ♪
  / (゚Д゚)
  ノ彡(ノ ノつ    (⌒―⌒)    (⌒―⌒)
 巛巛ソU    (( ( ・(ェ)・)    (・(ェ)・ ) ))
  ゙゙゙/ |      ∩(゚Д゚)    (゚Д゚)∩
    \|      |   |⊃   ⊂|   |
    \      C、⊃ ノ    ヽ⊂_ノo
    | ヽ       ̄∪      ∪ ̄
    `~
 

掲示板がいよいよ終わりに近づき

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月28日(木)19時15分11秒
  最近別のサービスを探しているのですが、これが
使い勝手が悪くて、改めてTeacupの良さを確認した
わけです。

そこでどうしようか。使い勝手の悪い別のサービスを
使うか、思い切って掲示板を止めて、
”今日の言葉”にするかと考えています。

”今日の言葉”は以前、時々ホームページで掲載していたことが
あるのですが、掲示板と似たものになるのでやめていました。
最近は掲示板と言ってもほとんど書き込みは期待していない
から、事実上今日の言葉になっています。

それでホームページで今日の言葉を開始するに当たって、
掲示板同様に神経症を語るのではなくて
健康な生活状態を示す言葉にしたいと思います。

神経症とはどうしたら治るかの質疑応答が続いている
わけで、それは健康を指導するではなくて
このように神経症をしているになってしまいます。

神経症を治すとは、神経症をどうするかと
言わないのが基本でして、そのようにするつもりです。
 

知床に行ったこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月26日(火)19時15分25秒
  もう10年前になりますが、私知床に行きました。
ウトロ港から遊覧船に乗って知床半島の先端まで行って
そこから引き返して来た。幸いにも私は双眼鏡を持って行った
ので、陸上の熊の親子の姿が見えた。

船から見る半島は崖また崖で取り付く島がないとはこのことか。
この残酷な地形から入植はあきらめて自然に完全開放と言う
決断になったのだろう。
ウトロ港から知床5湖まで車で30分。道中に吹く風のあまりの
強さに驚いた。前方を走る単車が風にあおられて停車している。
幸い観光船ではそれほど風が吹いていなかったが今回の事故では
猛烈な風が吹いたのだろう。

人生一回しかないと考えて無理して知床に行ったが、やはり
行っておいてよかった。あそこは冬はマイナス20度を
記録するらしい。
今回の遊覧船会社は特別に杜撰のようであった。
何処だって楽ではないが、他の会社は出向を見合わせていたのを
見ても、目の前の危険が見えなくなるほど、会社の内容が
悪かったと言うことだろう。
 

木村花さんの母に毒づく

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月26日(火)15時59分12秒
  ツイッターをイーロン・マスクが買収したとある。
彼はツイッターをあくまで自由な書き込みの場にしたいらしい。
発言自由は民主主義、自由主義の根幹だと言うが、そのツイッターを
余りにも酷い毒づきの場と非難するアメリカ人も多い。

木村花さんが自殺して1年経つが、母親にも毒づく輩が
いるらしい。フェースブックだ、ツイッターだは
人間の腐敗を見せてくれる場所でもある。
人間なんて発言の自由を100%保証すると暴走する
くだらない存在だと最近は思う。

不思議なのはあんなもの見れば不愉快になるのに、
見続ける人間の気持ちが分からない。
私は最初から見ないし、絶対スマホは買わないと宣言してそうしている。

2026年までにNETは従来型のガラケーサービスを停止すると
いうから私も何かを買わなくてはならないが、幸いにも
ガラケーに似たタイプをNETが発売する。
スマホが嫌いなのは斎藤ばかりではないらしい。
 

憲法改正賛成

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月24日(日)19時12分58秒
  従来から私は憲法を改正すべしの意見であったが、今回ばかりは
もう声を大きくして憲法を書き直すべきだと言う。
今までは幸いにもアメリカにお願いして、国防を
真剣に考えなくてもよかったが、ロシアが牙をむき出しにするし、
中国も沖縄奪取を言いだし兼ねない雰囲気で、待っていられなくなった。

ロシアは北方4島を返さないどころか北海道を
狙っている。
もう一つ、残忍なのはスターリンだけかと思っていたら
プーチンもスターリンと同じ位残忍であり、これは
ロシアの国民性ではないかと考え始めた。

事態はどんどん進んで、エネルギーの問題で
日本はしばらくの間原子力発電を稼働せざるを得ないのでは
ないか。ウクライナの問題もあるが、環境の
方も待ったなしだ。ウクライナはいずれ終わるが
地球温暖化は終わらないどころか、現代文明はこれで
滅びるかも知れない。

短期間だけでも時間稼ぎに原子力に頼らざるを
得ない。その間に大体エネルギーを開発できるかも知れない。
 

藁を放す

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月22日(金)15時59分21秒
  無為療法とは流れて来た藁を向こうに突き返す療法です。
あるいは、溺れている自分に投げられたロープ
を放り投げる療法です。

これは神経症者には大変難しいが、斎藤は今から30年前に
奇跡的に実行した。
16歳の年から30年間、毎日森田療法の本を
読みまくっていた生活が一変し、一切の
森田療法本は読まなくなった。

恥ずかしい話があの頃池袋に未だ大きな本屋があって、
ここの4階の心理コーナーに毎日日参した。
もちろん立ち読みだから売り子のおねーさんが
怪訝な顔で私を見つめていた。
それほど苦しくなる度に池袋の本屋に通っていたのです。

それがある晩を境に全く行かなくなった。
そして別人の斎藤が出現したのです。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月21日(木)15時22分36秒
  最新の統合失調症研究
http://mui-therapy.org/newfinding/schizophrenia-gene-broad-institute.html

少し前にアメリカ国立精神衛生研究所の元長官であるインセルが、心の病の
原因になる遺伝子探しで満足が得られなかったのような記事がありそれを私は翻訳した。
実際アメリカ国立精神衛生研究所のホームページを読んでも面白い事は
何も書いてない。

で、私も統合失調症の原因は当分ダメかと思っている矢先、上の
研究発表があった。読んだ感じでは統合失調症とは何であるかが見えて来た。

神経細胞にあるシナプス、ここは近傍の神経細胞との情報をやり取りする
重要な場所であるが、ここにあるグルタミン酸塩受容体をリスク遺伝子が
破壊してしまうらしい。受容体が破壊されれば、当然情報のやり取りは
出来なくなるから統合失調症の症状が出て来る。

今から50年も前になるか、あの当時も私は統合失調症の原因に興味が
あった。専門家の話では、統合失調症の患者が死んだ後、その脳を
顕微鏡で見ても外見からは健康な脳と全然違う事がないと言っていた。
もし受容体の欠損で統合失調症が起きているとしたら、それは見ることは
出来ない。

今回の発表で、長い道のりではあるが、科学は着実に進歩しているのが分かる。
統合失調症を突破口に他の心の病遺伝子が発見されることを願う。
所で統合失調症、躁鬱病、重度の鬱病は互いにリスク遺伝子が
重なりあっているらしい。
いよいよ面白い事になって来た。
 

やはり両刀使い

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月20日(水)20時23分36秒
  神経症を治すとは言うが易しく、行うは難しです。
無為療法の本質は両刀使いなのです。

まず、無為療法は雑用療法と言ってもいいくらい
動きを強調しますが、あまりそれを強調しすぎると
雑用が我々に対して牙をむきます。
動けば強迫観念の力を80%位削ぎますが、100%では
ない。
残りは何かと言うとやはり治療法を求める癖を根本から
脳から追い出すのです。
動きと言いながら森田療法を読み、加藤諦三を読み
暇な時は自律訓練法をやるなんてでは全然だめです。

大体そんな事をする人の大半は動きそのものが停止していて
動こうとしません。
今までここの掲示板でも斎藤に賛同して動きを言ってきた
人はほんの数人です。

生活の基本としては常に動きを停止しないようにすること。
二つ目は療法思考の完全停止です。この両方をやって
始めて神経症緩解は達成できる。
 

ウクライナはバイデンの戦争と言う意見

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月20日(水)16時52分17秒
  確かに今から7年ほど前に起きたベルベット革命と
呼ばれるウクライナの政変にはアメリカのCIAが
絡んでいたと言う。ウクライナはアメリカでいえば
キューバにあたり、ここに核ミサイルが配備されたら
アメリカだって我慢できないであろうに、同じことを
やれとアメリカはウクライナに焚きつけた。

ネオコンと言う言葉を長いこと聞いているが、この正体が
民主主義を金科玉条にして世界に押し付ける考えらしい。
悪質なのはこのネオコンとアメリカの軍需産業が
結び付いていることだ。

社会の難しい問題を理解するには複眼思考を常に
備えている必要があるのだろう。このような複雑怪奇
な情勢ではあるが、最後は我々の良心を信じるしかない。
思い出すのはベトナム戦争だ。あまりのベトナム人の
犠牲で世界はアメリカにノーを突き付けた。
あの世界の良心は今から考えると正しかった。
 

30年ほど前の不思議な事件

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月18日(月)19時36分2秒
  チェチェン紛争が活発な頃、モスクワのアパートが夜
何者かによって爆破される事件が続いた。倒壊したアパート
で300人からの死者と1500人からの人が傷害を負った。
これはおかしな事件だと私の印象に残った。

それが今30年経ち、プーチンと情報当局が仕組んだ
自作自演であったのが分かった。現代は偽旗作戦と呼ぶが
チェチェン殲滅のためにプーチンが仕組んだ殺人事件であった。

チェチェンを抹消するためには自国民が犠牲になっても
構わないの姿勢が見えて恐ろしい。
このような犯罪人に対して、アメリカのトランプとその支持者は
天才と言う。
彼らにとってはプーチンが味方であってバイデンは敵である
らしい。彼らが選挙は盗まれたと騒いで連邦議会を乗っ取った。
こんなリーダーとそれに踊る人たちをアメリカ国民の
半分が支持しているとは理解できない。

でも日本でもロシア代理人である鈴木宗男がいるし、
維新の会の橋下がいる。あまり騒ぎ立てないで
静かに無視するのが一番だろう。
 

不眠解決には

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月18日(月)12時33分27秒
  以前神経症者と面接して、不眠をどうするかの質問を
受けた。これに対する回答は次で、

① まず不安のレベルを下げること。
② 短期には睡眠薬を使うが長期には睡眠薬を停止する。
③ 眠れないなら眠らないと決意する。

①の解決には動きが重要だ。動きが停止した状態では
どう頭の中で解決しても不安は悪化の一途をたどるからだ。

②については最近の睡眠薬は良く効いてしかも依存性
は低い。だから短期的解決にはいいが、
常用していると次第に睡眠の質を下げる。
本来の睡眠を取り戻すには睡眠薬をやめることが大事です。

③の決意は時に劇的に問題を解決するが、自分を
追い込んでしまい、不安を劇化してしまうことがあります。
自分と相談するが良いでしょう。
 

長いこと親しんだ食卓椅子を破棄

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月17日(日)09時49分33秒
  もうこの椅子20年は使っていると思う。最近カバーの破れ
やギシギシし鳴る音がし始めて椅子を買う決断をしました。

最初はイケアのブランド椅子でルンルンで組み立てたのですが、
出来上がると日本人の体格に会わない。高すぎて前足
がつま先立ちになってしまう。重いのも玉に瑕。

そこで泣きの涙でこれを粗大ごみにだして、次なるものは
よせば良いのにパソコンチェアーを購入した。スプリングは
いいし、背もたれも良いが、良すぎてそっくり返ってしまう。
これでは食事には使いにくい。またまた粗大ごみ出しに決定した。

そこで最後とばかりにベトナム製の食卓椅子をアマゾンで購入した。
これは不満な所がないが、背もたれに痛みを感じる。細目の
2枚の板でこれが細いと言うか角度が適切でないと言うか、
気になり始めたら不満が一気に嵩じた。


これが最後でゴミに出来ない。そこで100円ストアーに言って
背もたれに下敷きようのプラスティック板を買ってきて
あてがうつもりです。そのうえから座布団で覆う。

いやはや、アマゾンはいいが、やはり自分で見て触って
座って具合を見ないと買い物に失敗する経験をしました。
しかし今はコロナの季節で、おいそれと買い物に出かけられない。
失敗もやむなしだろう。おかげで雑用の山を築いた。
 

両足そろったら負け

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月14日(木)11時54分39秒
  力士の世界では両足がそろったらもう負けの表現がある。
倒されるか土俵の外に押し出されるからだ。

これ神経症の世界ではどう言うか。
手足の動きが停止したら精神病院にまっしぐらであろう。
神経症の世界では強迫観念が荒れ狂っています。
不思議と強迫観念が暴走すると手足の動きが停止する。
私はこれを青い顔して天井をにらむと表現する。

じゃあ、その反対はどうであろうか。
手足が動けば強迫観念は止むか。
イエスでありノーである。多くの神経症者では動いても強迫観念
はむしろ爆発する。これは動きを神経症を治す手段にしているから
です。治すではなくて80%方強迫観念を減衰させると考えたら
良い。

そこまで強迫観念が弱くなったら健康回復力が吹き返し、
あれ不思議なんて事が起きる。
私自身30年前に神経症から脱出したきっかけは、まさしく雑用
にのめりこんでいたからだ。確かに雑用でも強迫観念が
襲ってきた時もあったが、総じて成功して、新しい斎藤に
脱皮していた。
新しい斎藤とは、神経症者とは一切人生相談には応じない
斎藤の事である。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月12日(火)10時17分41秒
  直観
http://mui-therapy.org/newfinding/intuition.html

アインシュタインも直観を大事にしていると言う。
ある仕事の出来る人が寝る時に枕元にメモ用紙を置くと言っていた。
閃いた時にそれを書き留めておくためだ。

天才でなくても、人間に生まれたらだれにでも閃きがある。
我々はものを判断する時に分析的判断と直観的判断の
二つを使う。どちらが正確とは言えないが、直観は生きる
上での重要な道具になっているのは間違いがない。

その直観が神経症者では大幅に後退している。
あるがままとか、やるべきをやるとか言い始め、これは
意識地獄の世界であって、そこでは直観が消滅している。
これでは生活の質が著しく低下して生きるのが困難だ。

神経症に必須なのはもう一度直観を呼び戻し、
無意識を活性化することです。
そうするには動きを今開始することでしょう。
 

健康と強迫状態の違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月12日(火)09時03分40秒
  心が健康な時は掃除、洗濯等、日常の雑用開始に当たって
面倒と思う事はあっても悲劇的予想、あるいはこの先
動きっぱなしになるかの人生終末予想はないのに対して、
強迫観念が襲った状態では、動く空しさが強烈に
襲ってくる。この力は恐ろしく強く、大抵の神経症者は
へなへなと座りこむ。

こんな時にちょっと大変だが、強迫観念に抗して動きを
止めないで1時間、2時間動く事です。しばらくすると
強迫観念の力が減り始め、気が付いたら手足だけが
動いているのに気付くはずです。

コツは動きに意味を発見するなです。
空しくてもあほらしくても動くのです。
意味は後からやってくる。
健康世界とは楽しい世界で、別に意味づけをしないで
日常の雑務を次々とこなしている。

やるべきをやるなんて、神経症で頭がおかしくなっている
人の言葉ではないか。
 

皆さん、動こう

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月11日(月)10時08分13秒
  私が今から30年前に神経症を脱出した時の掛け声が、
動こうであった。動きが健康世界を目指す第一歩であるのは
間違いない。しかしこの動きで大抵の神経症者はつまづいて
しまう。

どうしてだろうか。大体強迫観念が動きを強く抑制するのが
第一でしょう。でも動かないで考えていたら地獄に直行する。
それと動きに意味を見出そうとするのがいけない。
動きに意味など発見する必要はないのです。

やるべきをやるが一番いけない。誰もそんな掛け声を出して
動いている人なんていやーしない。
特に神経症者ではバカらしくても動くべきだ。
なぜこんなアホな事を何度もしなくてはならない
かと思っても動くべきだ。
動いていればそのアホらしさもいつか消えている。
健康な脳は次々と課題を出して、しかも課題と思わない。

自然と体が動く、これが健全な社会の原動力ではないか。
 

憎しみを和らげるには

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月10日(日)05時46分50秒
  昨晩ユーチューブでユーリー・シモノフの指揮ぶりを見た。
変態指揮者と言われていて、その棒の振り方がおかしいこと、
この上ない。腹を抱えて笑ったし演奏も良い。
この人ロシア人である。そこでチャイコフスキーを思い出し
ロシアバレーを思い出し、文豪を思い出しながら、
今や憎しみの塊と化したロシアへの怒りが幾らか和らいだ。

考えてみれば、英米が日本が開戦まえに課したオイル輸出
全面禁止は今回のロシアへの世界の制裁に似ている。
真珠湾攻撃からアメリカの日本への憎しみは今回のウクライナ
への攻撃に似てなくもない。

この底知れぬ両者の憎しみ爆発の結果、現在の安定した
日米関係がある。アメリカとしては少し出来過ぎた結果で
非常に満足しているだろう。

このような歴史的事実を見ると、ロシアが将来日本の
ようになる可能性はゼロではない。そんな事で怒りの
溜飲を下げるはどうだろうか。
 

嘘八百に思うこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月 8日(金)08時05分40秒
  ロシアのウクライナ侵略の弁明を聞いていると、その嘘八百で、人間と言うものが
次第に嫌になってくる。

所がここで不都合な事実に行き当たった。大方の日本人には
不愉快な物言いかもしれないが、私のように思っている日本人は
かなりの数ではないかと思う。

それは南京事件である。中国の抗議では日本兵が南京市民を20万人
殺したと言う。これに対して右派系の言論人はこれは全くの嘘、
でっちあげで、数字を10倍、100倍に水増ししていると言う。

私は実際どれほどの無辜の南京市民が殺されたかは知らないが、
少なくても声高に中国のでっちあげとか酷い水増しとか
言う勇気もない。

所が宮崎正弘なんて評論家は日本の韓国への侵略はなかったし、
むしろ韓国の教育整備に寄与し、鉄道を含むインフラに
莫大な援助を施したと声高に言う。
もしこれを逆にして韓国が日本に同じことをしたとして、
日本が韓国に感謝の意思をしめすだろうか。

人間と言うものは自分の存在が掛かるとどんな弁明も
するものだ。人間とは我々が考えているほど
きれいなものではないと言う事らしい。
 

維新の会の信用が地に落ちたこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月 5日(火)20時41分40秒
  橋下がバカな事を言い、ロシア様様の宗男も維新の会だと言う。
大体宗男なんて男はロシアのスパイではないのか。
あんなにロシアにすり寄る姿勢が不自然なのである。
あの男に任せていると、2島が戻るどころか、
北海道全体がロシアに乗っ取られてしまうだろう。

今回のロシアのウクライナ侵攻で、プーチンを戦争
犯罪人と見るばかりでなく、ロシアそのものを世界は
疑い始めた。プーチンのような人物を選ぶ土壌、
キーウ近郊で残虐な市民の殺戮、民家に押し入り
物を物色したり、店に入り商品を奪うモラルの低い兵士等。

日本はアメリカに負けたけれど、日本に進駐した
アメリカ軍の蛮行は聞いたことがなかった。
小笠原は戦後5年くらいでいち早く返還してくれた。
私の母の弟はフィリピンに遠征して
最後は投降したが、投降後のアメリカの日本兵に
たいする扱いは大変良かったと言っていた。

ロシア兵のウクライナの蛮行を見ていると、ロシアそのものが
まだ3流国のままであるのが分かる。こんな国だから
プーチンのような怪物が出てくるのも大いに理解できる。
 

喧嘩両成敗的意見はダメなこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月 5日(火)05時30分31秒
  確かロシアのウクライナ侵攻が始まったころ、鈴木宗男とか
鳩山が喧嘩両成敗的な意見を述べていた。鳩山などは
ウクライナの東部地域ではロシア系の人々が迫害、
皆殺しを受けていると言っていた。おそらくこれは彼が
ロシアの外交官と会った時に得た情報をそのまま
垂れ流しにしていたのだろう。

しかし今回判明したのはキーウ近郊で市民に対する
無差別虐殺の様相だ。これ鳩山が言ったことの逆では
ないか。鈴木宗男も似たような事を言っていた。
橋下もそうだ。

今回学んだのは素直な心の重要さだ。
斜めに構えて自分は全ての可能性を探求するのだでは
なくて、目の前に繰り広げられる悲劇を見て素直に
反応する心の大切さである。
幼児の訴えに聞き入り、敢えてだまされる心の寛容さ
とも表現できるかも知れない。
 

圧力釜の効用

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月 3日(日)10時30分36秒
  昨日は魚屋から買ってきてタイを圧力釜で試してみた。
ご存じタイは骨が硬くて食べにくい。
母親が子供のころタイの骨には気をつけろといつも
言っていた。味はおいしいが普通の煮方では食べにくい。
そこで愛用の圧力釜はどうかと思い試してみたら
大成功であった。

先ず骨は太いのも細いのも皆柔らかくなって、そのまま丸ごと
食べられる。
何よりもタイの身は締まっていて圧力釜でも崩れない。
むしろ更に締まる。

と言う事で圧力釜による処理は大成功であった。
更に言うと切り身の厚さが20%ほど膨張して、何か
得した感じがした。
 

バカなボクサーパンツ

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月 2日(土)11時41分38秒
  先日下着を買ってきたのですがブリーフ型もボクサー
パンツ型もそのゴムがキツイこと、呼吸が出来ない。
バカなものを作ったもので、そこでこれを緩める方法は
ないかとインターネットで検索するとアイロンをかけたら
よろしいと出ている。

試したのですが、確かに少し伸びるが不満が残る。
それ以上にアイロンをかけるとプラスティックが
燃える不愉快なにおいが部屋に充満してしまう。

そこで試しにベンジンでゴムを化学的に部分破壊
したらどうかとゴム紐で試したらこれがすごい。
伸びすぎてしまう。でもこれならバカパンツの
ゴムを伸ばすことてきめんで、さっそく後で
試してみる。

しかしバカなパンツのゴムをつくるものだ。
こちらはリングで戦うボクサーじゃないのだ。
あほめ。お前らなにを考えて作っているのだ。
 

大前研一は大ぼら作家

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月 1日(金)06時16分18秒
  大前が今まで言ったことは全て実現しなかった。
ロシアの今の惨状を見ろ。今から15年くらい前に
これからはロシアの時代が来ると煽って本を売りまくった
のは大前だ。御覧のようにロシアにはこれから塗炭の
困難が待っている。ロシアに投資した人たちは全部
持っていかれてしまった。

大前は日本がバブルがはじけた時に、空前絶後の住宅
余りが起きると予見したが、そんな話遂に聞いたことが
なかった。

カリフォルニアが如何に進んでいてアメリカの見習うべき
と彼は本に書いていたが、今はどうだ。遠くの山から
運ばれる運河の水量が減り山では雪が降らない。
年々乾燥が悪化して、大体カリフォルニアのような
ほとんど砂漠地帯にあんな巨大な経済を作ることが
地理的に無理なのが分かって来た。

今後も大前は加藤諦三よろしくうまい文章で
書きまくるだろうが、彼が書くことは全て嘘と
して無視したほうが良い。
 

動きは強迫観念を80%減らす

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月31日(木)10時40分46秒
  雑用は善悪両様で特に神経症者には難しい。
私、斎藤は雑用で神経症を突破した成績があるが
多くの人は雑用で失敗していると思う。

その原因は「伸るか反るか、100か1」の際どい選択
を迫る所にあるでしょう。そこまで追い詰めるとどんなに良い
雑用も強迫観念を起こす原因になってしまう。

私の感じでは雑用、すなわち動き=手足を動かす事は
強迫観念の生産を80%減らすと見ている。
人は100の強迫観念で煽られたら狂ってしまうが、これが
20に減ればその違いは大きい。
我々生まれながらにある健康回復力が強迫観念を上回り、
次第に生活は安定する。

私が今から30年前に経験した一晩で神経症からの脱出は
この力が働いたと思う。
 

気持ち良い負けっぷり

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月29日(火)17時02分30秒
  人生長くやっていると勝つときもあれば負ける時もある。
人間はそんなに完璧なものではない。煩悩もあれば野心もある。
問題は失敗したなと思った時は潔く負けを認め、負けっぷりの
良さを示すことだ。これで周りも納得するし本人も新しい
出発が出来る。

これを前日大理事長田中に見た。
徹底的に悪をやったわけであるが、判決が下ると控訴しませんと
一発回答して誠に気持ちが良い。
誰も失敗することがある。

私が一番心配したのは日大病院だ。私の家の近くで
地域の健康維持の拠点だ。勤務している人たちは皆
気持ち良い。この人たちが新しい気持ちで
再出発するのを期待する。
 

私は環境派

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月29日(火)11時24分11秒
  スーパーの袋を有料にしたことは地球からプラスティック汚染を
なくす第一歩だ。
先ほど100円ショップに行って接着剤を買ってきたのですが、
店員はこちらが言う前に袋はいらないですかと聞いてきた。
以前はたかが接着剤1本に袋を用意した。
サービスの一環、親切さの現れと社会は見ていたが、私は
その反対だった。

必要でもない袋を出す事により、この袋が分解して大気中に
戻るのに数百年と考えるだけで、人間と言うのは地球に生まれた
最悪な生物と思った。

プーチンが核のボタンを押すと脅迫し、年々温暖化が加速するのを目撃し
人類は待ったなしに近未来の生存を賭けて生き方を見直す
時になったと認識する。
 

ロシアは遅れていること

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月29日(火)09時29分56秒
  100年も前にロシアは日本と戦争をして敗れた。この時ロシアの
遅れに我々は気が付いたわけですが、その100年後もまだその遅れ
を回復していない。

一時共産帝国主義で近隣の国々を全て共産化してアメリカをしのぐ
勢いを見せたが見事失敗しまた西洋の後塵を拝した。
そのあとプーチンが出てきて専制的資本主義を開始して勢いを
回復しつつあるかなと見えた矢先に、自分の兄弟国に戦争をしかけて
ロシアの遅れを更に悪化させた。

どうも東ヨーロッパはスラブのくびきみたいなものがあるようで、
なかなか文明を取り戻せない。政府は腐敗して国民に産業を
起こす熱気が足りない。
これを心底知っているプーチンは西洋に対する劣等感に苛まれて
いるのではないか。

今回の戦争にしてもあまりにも計画と作戦が杜撰だった。
 

全体主義国家の本質が見えたこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月24日(木)14時14分3秒
  日本としては中国とか朝鮮が差し迫った脅威だ。
特に中国の最近の軍備増強を見るとこれでは日本は負けてしまうと
感じる。しかし今回ロシアの実力が白日の下に晒されて
中国におびえることはないと日本人も学習した。

共産党支配の専制国家は、一糸乱れずある方向に直進するが、
その中身を見るとバランスに欠けていて、腐敗が横行し、
見掛け倒しが多い。何よりも情報を国民全体が共有していないこと、
トップの意思が国民各位に周知徹底していないことで、いざ本格戦争になると
問題がボロボロ出てきて、最初の勝ちは嘘勝ちになってしまう。

この点、台湾と日本では自由と民主主義を死守する気概に満ちている。
中国はおそらくそれの反対だろう。
またバランスの取れた国防も重要だ。単に戦車の数、軍艦の数だけで
なく、情報の共有、連絡の密、匿名性の高さ、その他戦争を
遂行する上での基本的いろはがものを言う。
この点、全般的層の厚さに於いて民主主義の国は断トツに
優れている。
 

斎藤療法を学ばせる理由

 投稿者:入江隆  投稿日:2022年 3月23日(水)11時41分42秒
  凡ゆる療法を学ばせているが、これと言った成果があげられないジレンマ。このマイナスのスパイラルから脱却する為に斎藤療法を学ばせる事にした。良い結果が出ることを祈るばかりであり。
 

世界は今声を失っている

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月23日(水)11時39分4秒
  あまりに残虐な光景が毎日TV,コンピューターに現れて世界は
声を失っているでしょう。
私は最近もうパソコンを見たくなくなった。
物凄い強力なミサイルを市の中心部に打ち込んでその破壊の
すさまじさ。人間であるのをこれほど恥じたことは今まで
なかった。

日本としてはこれから安全保障の総点検を開始しないとならない。
平和憲法南無妙法蓮華経はもう聞きたくない。
橋下さんの万歳して投降しろはあまりに人の心を無視している。
こんな時は色々な雑音が出てくるが無視してごく当たり前に
考えればよい。あまりこねくりすぎはダメだ。
 

ロシアの実力が見えたこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月22日(火)13時46分25秒
  独裁国家たるロシアは外部に威嚇をし続けて来た。
やたらと沢山の核兵器、ミサイル、戦闘機等。
しかし今回のウクライナ攻撃でその弱点が白日の下に
映し出された。

大体最初の戦争目的そのものが徹底されていなかった。
だから国民が知らないし、参謀とか兵員に心の準備ができてなかった。
戦争を開始するとは大層な事なのだから細心の準備をしなければ
ならないのに、いい加減な準備でいきなり突撃命令だ。

兵站と言う基本構想も出来てなかった。あの重たい戦車は
数時間走っただけで燃料を使い果たしてしまう。だから後から
ガソリンタンク車が追いかけなければならないがそれがない。
恐らく兵隊の食料も枯渇しているのではないか。

爆弾もほとんどは旧式のそれでほとんど目標に当たらないらしい。
戦争と言うものは野球と同じで、一部のピッチャーだけが
強くても勝てない。
このバランスが取れた国防を自由国家では
達成できる。一概に戦車の数だとか、最新戦闘機に
目をくらませるのではなくて、全体の総合力をみなければ。

笑うのは無線装置が上手く働かないらしく、士官が交信を
携帯電話でやったらしい。そこを傍聴された、あるいはGPSで
特定されてスナイパーで殺されている。
やはり戦争は全員野球なのだ。
 

デジタル化の危険性

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月20日(日)17時24分34秒
  今回、ウクライナの危機で色々な事実を学んだ。
一つはデジタルカレンシーの危険性だ。
中国などスマホでなんでも買えて、銀行券を使う必要が
なくて便利だと伝え聞くが、それが今回ロシアでは
反対に出てしまった。

現金が手元にあれば、世界の銀行、クレジットカード会社がロシアと
取引をやめても何とか買い物が出来る。
しかし全てデジタルカレンシーであり、オンライン取引だったら悲劇だ。
一瞬の内に自分のお金が使えなくなる。お金があっても使えない状態だ。

以上がロシアのズベルバンクで起きたらしい。日本の日銀みたいな
所で外貨をたらふく蓄えている。特に戦争の準備として持っていたらしい。
しかし世界がロシアとの取引を全て停止すると決定した瞬間に
ロシアにあるはずの外貨がゼロになってしまった。コンピューターの
スイッチをひねるだけでゼロになるのです。

デジタルの恐ろしさであり、超便利の反対は超危険になるわけだ。
今後他山の石として、便利なものにはその反対の面があるのを
胸に秘めておくべきだ。
私は危険の分散と言う言葉で乗り切ろうと何時もしている。
 

宝田明亡くなる

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月19日(土)19時41分25秒
  この人私が出て小学校の卒業生らしい。北区王子の出身だ。
彼は父に連れられて満州に渡り育った。
お決まりのロシアの参戦で辛酸をなめたと言う。
そこで彼は何時も戦争の悲惨さを説くのであるが、
この手の話に私は何時も距離を置く。

宝田より上の世代から我々が子供の時分、散々戦争の
悲惨さ話を聞かされた。しかしちょっと待てよ。
戦争を始めたのもこの世代だ。人殺しは嫌だと言うが
それを始めてしまった世代が言うのも妙な話だ。
あの頃の新聞は今の世代は戦争の悲惨さを知らないと
繰り返した。だからそれを経験した世代の話は大事だと。

戦争は何時の時代も悲惨であり、まずやらないのが一番だ。
昨今はいきなり核の脅威にさらされた。お決まりの平和
憲法論議があるが、にわかにこれが揺れ始めた。
核は持たないに越したことはないが、ウクライナの例を
見ればこの通りで簡単に攻め込まれる。
ロシアは核で脅しをかけて来た。北朝鮮はミサイルやり放題だ。
何事にも100%はないから現実的に最善の手段で防御しないと
ならない。

それとエネルギーが喫緊の課題になって来た。
炭酸ガスの削減とオイル、ガスの値上がりで先行き10年くらいは
原発再稼働もやむないか。
 

神経症では解決法の発見が神経症を更に悪化させていること

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月18日(金)19時59分50秒
  私は神経症者からの質問には一切答えない。
解答を得るその姿勢がさらなる症状に悪化につながっているから
である。悲しいかな、神経症に生まれるとどうしたら神経症が
治るかの質疑応答が止まらない。

この動作が加速すれば加速するほど狂いが増し、最後は
錯乱状態になってしまう。これを避ける唯一の方法は
無条件での戦いの停止なのです。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 3月18日(金)15時21分11秒
  アファンタジア
http://mui-therapy.org/newfinding/afantasia.html

私は人間の脳は完成されているように見えるが、実は沢山の欠陥を
持っていると見ている。神経症はその一つで、神経症では
不安のレベルが高すぎることと、警告音が鳴りっぱなしになり
止まらない事だ。

今回の翻訳ではイメージを視覚化できない人がいると言う。
普通では想像できないが、脳には沢山の故障があり、その一つなのであろう。
こういう問題を一つ一つ脳科学が解決していったら、
脳だけで一つの大病院が必要になるのではと感じる。
 

/142