投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月21日(日)18時08分5秒
  まちさん、ありがとうございます。

今日の雑用

トイレ掃除

廊下の雑巾掛け1回

廊下をクイックルワイパーで拭く 1回

キッチンをクイックルワイパーで拭く 1回

ガラス戸を拭く

食器を片付ける
 

雑用は気持ちが良い

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月21日(日)17時39分47秒
  早い内に切り上げました。セメンは弄れば弄る程液状化がおき終いには
一からやり直しになります
出来ないと思っていた事が遣れば出来た。この喜びは有ります。
矢張り雑用は良いと、遣った後気が付きました。
 

雑用とは

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月21日(日)17時31分33秒
  神経症者は全般に動けない。強迫観念が猛威を振るっているからです。
健康な人は体が軽い。誰もじっと考えていない。
じゃあ、動けば健康になると考えると森田療法の失敗と同じになってしまう。

私が48歳の時に宇佐先生の本を読んだ晩に人間が変わった。
もう一切の神経症を治す努力は止めた。だって、30年間、森田療法を読んであのざまだったからだ。
努力を完全停止したら残るのは、動きではないか。
努力を止めたけれど、じっとしていたらおかしい。
努力を止める象徴として動きを開始した。
そしたらジャンジャン動ける。どんどん洗濯から掃除したね。そして神経症抜け出た。

でもフラッシュバックに入った時は様子が違う。
あれ、普段の自分でないぞ、神経症にもどってしまったではないか、それじゃ雑用を
開始しようとすると、強迫観念がじゃまして雑用ができない。
そう、雑用が神経症を治す手段に化けていたのだ。
私が48歳の時に人間が変わったのは、努力の完全停止が最初で、
次に雑用であった。恐らく雑用が最初であったら失敗したであろう。

理由は簡単です。
神経症の本質は強迫観念である。動きが停止したのは強迫観念があったからで、
動きが停止したから、強迫観念が起きたのとはちがう。
順番を間違えると、どれほど雑用をしても強迫観念は消えない。
むしろやればやるほど強迫観念は強まる。
まあ、運が良ければ強迫観念を起爆することなく、雑用にまい進出来るであろうが、
私がフラッシュバックに入った時は大抵失敗した。

じゃあ、どうやってフラッシュバックから抜け出たか。
なにか、ああでもない、こうでもないと考えている時にふと、もう飯の時間だ、
じっとしていてもしょうがないと立ち上がって何時もの動きにはいると、
気が付いてみたらフラッシュバックを抜け出ていた。
そう、雑用を手段としてはダメなのだ。ただやるだけである。

ただ、まちさんに間違いがあるとすれば、それは神経症出口直前の間違えである。
第二掲示板のように、大声で論争に明け暮れている状態だと、
洞窟の真っ暗闇の世界であり、出口は何処にも見えない。
 

健康世界

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月21日(日)16時58分51秒
  今日は樹木の刈り込みをしました。
セメンの補修をしました。未だ少し遣る所があります。続いて遣ります。

「まぶたをぱちくりするのも雑用です。外から入って来る音に注意を
向けるのも雑用です。心の動き全てが雑用で、これが健康世界です。」
この様に斉藤先生は言われます。此れは非常に理解し難い処です。
手を動かすのが雑用と思っていました。
 

動く

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月20日(土)17時14分4秒
  ゆうさんお久しぶりです。又書き込みをして下さい。
今日は樹木の刈り込みをしました。まだまだ雑用があります。
鋸は綺麗にしてもらいました。この間樹木を伐採したのを始末もあります。
その他、草刈り機で草刈もあります。外の雑用が沢山有ります。
 

私の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月20日(土)17時05分49秒
  何時ものように、トイレ、リビング、和室、キッチンの掃除をしました。
近くのスーパーで買い物も済ませました。
来週は足立の鮮魚市場に行きたいと思っています。
築地が移転して、移転先ではあまり小売りを歓迎しないらしい。
豊洲の市場が落ち着くまでは、しばらく足立の市場に行きたい。
やはり魚は市場から買って来たものが美味しい。
あんな所まで良く行くと皆さん思うでしょうが、私は拘るのですね。
 

お久しぶりです

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月20日(土)16時27分2秒
  今日の雑用

廊下の雑巾掛け 1回

廊下をクイックルワイパーで拭く 1回

洗濯物をたたむ

洗濯物を干す

窓を拭く

まだまだ足りないかなと思うけど、無理せずやって行けたらなと思います。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月20日(土)08時39分30秒
  一時期私も迷いが、そんな時に雑用をあまりに主張し過ぎました。
雑用を目的の第一にすると、雑用が強迫観念になってしまう。
私は26年の治りの期間で、幾度となくフラッシュバックを経験し、その最中に
雑用を意図的に試みた。その結果は最悪で、やればやるほど神経症の混迷は
深まる。

確かに神経症を抜け出した後の雑用は、大変気持ちが良い。
幾らやってもそれが強迫観念に化けることはない。
しかし、今神経症の混迷にある人が雑用に向かって走ると、
雑用=強迫観念になってしまい火に油を注ぎます。

やはりここは無為療法の原点に帰って、治療行為の完全停止が最初に来ないとならない。
治療行為を停止すると、雑用と言わなくても自然と体が動いている。
掃除を一日3回もやる必要がない。一回で十分である。
何故ならそれ以外の時間も何かをしているからです。

まぶたをぱちくりするのも雑用です。外から入って来る音に注意を
向けるのも雑用です。心の動き全てが雑用で、これが健康世界です。
 

無意識の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月20日(土)08時20分7秒
  先生は特急の人が居ると言われました。
確かに斉藤先生は家の中だけの雑用で有りました。

美香さんも家の中の雑用の様でした。ヨッシーさんは仕事をしながら
雑用でした、走る男さんは仕事の経営をしながらの雑用でした。

私の場合努力と言うより、して貰うという事でした。
しかし、して貰う努力があったのでした。

 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月19日(金)14時30分4秒
  先ず、神経症治す努力の絶対的停止が先です。
その後、おもむろに立ち上がると、雑用は幾らでも出来る。
しろと言わなくても自然に立ち上がっている。

貴方自身が分かるはず。だってつい最近まで100万円は下らない
金学をインチキ療法に支払ったでしょう。何故そんな無駄をやったか。
脳が狂っていたからです。狂った脳は治療法を追求しろとやんやと言う。
脳は一つしかないから、その脳の命令には疑う事が出来ない。
こうして殆どの神経症者は、治療法の実行で人生終わってしまう。

ここの書き込みで、治療法の完全停止を斎藤と共に宣言して実行した
人はどれほどいるだろうか。殆どいない。
貴方はこれに加わらないといけない。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年10月19日(金)09時45分22秒
  神経症は、治った、治らない、の違いだけです。
後は無用です。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月19日(金)08時06分21秒
  森田療法入院100万円掛かると思います。
患者は治れば安いと思い入院するのでしょう。

斉藤療法は無料です。
治す事の努力を完全に停止する。そして雑用をする。

私の場合、医者の薬、漢方薬、針灸、カウンセリング、認知行動療法、整体、きこう、
努力と言うより、向こうあわせの治しでした。
電話を掛けたり、出かけたりの努力はありました。
しかし、このお金も直ぐ百万円になるでしょう。
ジワジワとお金を使うか、直ぐお金を使うかの違いはありますが、同じことです。
 

治りの確認

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月18日(木)11時07分54秒
  神経症が治った状態とは何か。
① 不安のレベルの低下
  これははっきりと現れる。
② フラッシュバックが消える。
  頻度が大幅に減るか、全然起きなくなる。
③ 体が軽くなる。
  動く時、決意が必要ない。自然に動いていて気が付かない。
④ 人当たりが良くなる。
  神経症の時のような圧迫感がなく、当然相手も好感を持つ。
⑤ 決断が速いし明快で質が良い。
  自分でも生活の質が向上した事を感じる。物事がすぱすぱツボに
  はまるからだ。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月18日(木)11時01分50秒
  要は治れば良いのです。その道程は個人により多少違うでしょう。
私は雑用で治した。一晩で体が動くようになったし、敢えて雑用を開始した。
ただ、それが可能だったのは、自分の今までの
神経症を治す努力が、全部無駄であったと気が付いたからでしょう。

なら、治す努力の完全停止であり、言葉だけでなく、
何かを開始しないとならない。
それまでは、むさ苦しい部屋であったのだから、これをきれいに整理するのが
最初にやる事ではないか。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月18日(木)10時46分23秒
  昨日は朝水やりと青虫発生の害敵の紋白蝶を採りました。其れから車の免許証を貰いに講習を受けに行きました。
序でに買い物をしました。日本は有り余る品があります。奪い合いはありません。
家に帰り、諸々の雑用と掃除機がけと拭き掃除をしました。18時半まで掛かりました。

一昨日は樹を伐採しました。鋸をとぎに行こうと思います。ホームセンタの品より
其処のところのは品が良い。自分で職人と言っています。その職人は非常に口が悪いです。
たまに来る人間は高くとると、平気で言います。鋸を砥ぐ所は無いので仕方ありません。

前に、脳が手に指令するが、反対に手を動かす事により脳に指令を出すということを学びました。
そして脳が鎮静化する。此れは非常に解りやすいと思いました。

療法を停止すれが自然に手が動き出す。私はこれが言い聞かせに成る様で如何もピンと来ません。
先生は一晩で変わったと言われますが、治そう治そうを止めたら一晩で変わったと言うことでしょう。

無為療法と禅は良く似ていると言われますが、此れは最近判るようになりました。

■手を動かす事により脳に指令を出し脳が鎮静化する。
この事だけ考えて無心に雑用をすれば良いのではないでしょうか。

 

技と術の違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月18日(木)09時32分32秒
  柔道で平凡に上達する人と、特急で上達する人の違いは、技と術にあるとのブログを読んだ。
技とは、単純に練習により積み重ねて磨く技術に対して、術とは技の本質を見抜いて
いち早く身に着ける技術で、この才能を持っている人の上達は特急になると言う。

神経症でもやるべき事をやる、あるがまま、雑用を必死にやるをしていると、中々
上達しないし、全然病気のままで30年があっという間に通り過ぎていく。
斎藤は、48歳のある晩に一晩で変化した。柔道で言えば術をマスターした
わけです。

それでは神経症の術とはなにか。それは本質をつかむのです。
神経症の本質とは治そうの強迫観念である。これを求めている限り幾ら
必死に雑用をしても段々治癒から遠ざかる。
以前一休さんが猛烈に軍隊的に雑用を試みていたが、私は待ったをかけた。
その方向には神経症の治りはないぞと注意した分けです。

雑用があるから強迫観念が消えるのではなくて、強迫観念が消えるから
自然に体が動き始める。

英語でも同じことが言える。
今日もTOEICが何点なんて言っている連中は10年後も変わらず、
英語はしゃべれない。所が術を心得た人間は、英語会話の本質は
”しゃべりたい”の人間的本能であり、ここをくすぐると上達が早いと気づく。
それならどうしたら良いか。

私はアメリカ映画の古いビデオを借りて来て、映画一本を丸暗記した。
自分がジェームズディーンになった気分で、映画と一緒にしゃべりまくる。
試験なんて糞くらえで毎日仮想空間で話続けたら、ある日に
喋ることがなんと楽か、発音が綺麗になり、スピードが早くなったのに
気付いた。
やはり技術では遅いのです。術を習得しないと。
 

現在3人

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月16日(火)16時19分43秒
  英会話をしながら相手が神経症であるかどうかを見ています。
今までの所3人が神経症と分かって、意外と多くいるので驚いています。
一人が一週間前に神経症を治す努力の完全停止を実行せよと
迫ったら、なんと今日実行したと言う。

それまでは、ああでもないこうでもないと果てしなく症状を言い立てて、
これはダメと諦めたのですが、Stopを実行せよと言ったら、実行して
大いに気分が違うと言う。

彼女は対人恐怖であるとどうじに強迫行為、英語で言うOCDとも
言っている。最近の気分はどうだと聞いたら、Stopが実行できて
気分が違うと言う。これある程度信じて良いと思う。
ただ、雑用を言うと未だ理解してないようで、運動を言い始める。
まあ、基本は治療行為の完全停止であるから、良いとしよう。

神経症は意外と多く社会に存在するようだ。
 

本来無一物

 投稿者:まち  投稿日:2018年10月16日(火)08時43分28秒
  『本来無一物とは読んで字のごとく、本来執すべき一物も無い、何も無い、一切
空であり、絶対無であることを意味する。分別相対的な観念を全くはさまない
世界なのである。本来の心、仏性にはもとより塵や埃はないではないか。
何事にもとらわれない、「空」や「無」と云う悟りさえとらわれないところで
あるから、煩悩妄想の起きようもないというところの心境をいう。
さらに無一物の境地は、万法に広がる世界であり、限りないものがあり、
そのままが「無一物中、無尽蔵」の世界なのである。』

これを意味する物は何か。こんなことを一々考えているのが、神経症なのでしょうね。

雑用は最初は良いのですが、段々体が重くなるときがあります。
嗚呼これが神経症かと気が付きます、よし、やるぞと思います。
雑用をすれば、飯が旨いこれは言えます。



 

健康の証明

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月16日(火)06時04分11秒
  心が健康である証明は幾らでもあるが、神経症者に端的に示したいのは、
フラッシュバックがなくなる事と、体が軽くなることだ。

フラッシュバックとは脳の正常状態から、いきなり地獄に突き落とされることを
言う。神経症者でも一日の時間の3分の2は健康な時間を過ごしているが
3分の1はフラッシュバックにより地獄に突き落とされている。
神経症の状態が悪くなれば悪くなるほど、回数は増えて心が大変不安定
になるが、神経症が回復するとフラッシュバックの回数が大幅に減るか
消えてなくなる。

フラッシュバックとは脳が不安と格闘している状態で、不安定さを
象徴している。これが消えるのだから健康に戻らないはずがない。
それと体が軽くなるのが見逃せない。体を固定し、身動き取れなく
している強迫観念が消えるのだから当然だ。

だから貴方が雑用を試みていて、フラッシュバックが消えない、体が
重いと感じたら、雑用を開始する意図に問題があった。
雑用を神経症を治す手段として開始するとこうなるわけで、
雑用は、結果であって手段であってはならない。
 

無意識

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月15日(月)12時59分41秒
  無意識が本来無一物であります。「無」が悟りであります。
「無」とは無意識既に悟りの中にある。普通人は既に悟りの中にあります。
神経症者は無意識でない、即ち悟りではないと言うことになります。

しかし、普通人は悟りを感じていない。「無」とは無意識である為気がつかない。
神経症者は其処に気付き、雑用をして無意識を感じるのであります。
これが座禅につながり、雑用が座禅と同じ所以であります。

今日は林道の補修をする予定です。
 

真の雑用とは

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月15日(月)10時39分20秒
  雑用とは相手が神経症者だから意識的に述べているが、本質は無意識に属する
動きである。

健康な人では動いている自分を意識していない。考えは何か別方向を向いているが、
磨かれた無意識が所定の日常雑務を滞る事なく処理している。
神経症者では無意識が消滅しているために、
雑用をやれと言うと体は硬直してしまう。

ここでどうしたら良いかだ。
彼等の体を硬直させている源は強迫観念である。強迫観念が無意識を
消滅させ意識を分裂させている。この条件下で動きは無理であろう。
彼等を強迫観念の虜から解放するにはまず、不安のレベルを下げて
やらないといけない。そのまま不安に向き合いながら雑用を強制すると
意識が分裂して酷い事になる。

先ず自分を強い恐怖の対象から隔離する事だ。
そうすれば、崖っぷちに追い込まれた恐怖から切り離す事ができる。
その状態なら彼らの脳も健康を回復する機会をえられるだろう。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月14日(日)16時53分36秒
  睡眠と感情のコントロール
http://mui-therapy.org/newfinding/dream-emotional-control.html

これはBBCからの翻訳ですが、出所を最近書きません。先日ニューズウィーク日本支社から翻訳のページ
から撤去してくれと連絡があったので。別に金儲けをしている分けではないが、それならと
いう事でニューズウィーク関連は削除しました。

睡眠の役割は神経症でも重要です。どんなに狂いまくった日でも一晩寝ると翌朝にはパニックは大分
治まっている。これは睡眠の効用です。感情を安定化させる力がある。
ただ、睡眠だけでは神経症は解決しない。
 

無意識

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月14日(日)11時44分14秒
  私はキリスト教には随分行きました。しかし、神経症は治らずでした。
禅宗も座禅をするように言われましたが、これも治らずでした。
其れが治す為の療法になるから駄目でした。

矢張り体を動かすのが一番です。頭で考えるより行動です。雑用です。
最後は、雑用も仕事も遊びも境が無くなる処でしょう。
 

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月14日(日)10時11分48秒
  「イエスは神であると信じるなら救われるとあります。」
しかしこれが簡単な様で難しいのでありました。
一日中イエスを信じますと唱え続けるのか?
精霊によって分かる物なのでしょう。

無為療法は遣る事が分かっている。目の前の雑用をする。
イエスキリストも救われた人には見易いのでしょう。
無為療法も同じ事が言えるのではないでしょうか。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月14日(日)09時30分30秒
  もう一つ
立ち上がれです。




?
 

無為療法

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月14日(日)09時08分43秒
  キリスト教は今は、アメリカやヨーロッパで信仰があります。
キリスト教では努力無しで救われると言います。
三位一体の神、即ち精霊によって救われると言います。
イエスは神であると信じるなら救われるとあります。
勉強で救われるとは言っていません。

これと同じように、無為療法も信じて行えば成功するのではないでしょうか。
森田療法は勉強して救われると言いますが....
療法の停止ではなく、療法其の物です。其れが証拠に本が沢山ある。1冊2冊では有りません。
先生は頭の良い人です。森田の本は今まで読み尽くされていると思います。
しかし、治らなかった。

真っ暗な道を、質問もせずとぼとぼと歩いて行くうちに見えてくる。

地獄の3丁目で質問しない。


?
 

雑用して何が悪い

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月13日(土)19時50分32秒
  人生なんて雑用の連続だ。雑用三昧になれるならそれが一番良い。
しかし、雑用が強い神経症を治す手段になっていると、間もなく
鬱に沈む。

鬱を発生することなく、雑用が出来るなら、雑用中毒だろうが、
何だろうが片っ端からやれば良い。
私の今は自然に雑用をしている。
自炊の最大の良い所は、雑用が待ったなしに発生することだ。
これ、母親がいて何でもかんでもやってしまったら、
神経症するしか、なくなるではないか。
これは発狂への片道切符だ。
 

雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月13日(土)16時56分18秒
  今日は雑用はしないで居ようと思いました。
座って音楽を聴いたりしていました。
一つだけキッチンの洗い物を遣ろうと思いました。相すると雑用が見えてきました。
次から次に遣りました。未だ少し遣ることが有ります。

矢張り雑用で体を動かすのはとても清々しいです。
雑用中毒と言われるのは、非常に不愉快です。
ここでは雑用が主体であります。雑用の会がある位です。

刑務所に入って居る訳ではないので、自由に雑用をすれば良いだけです。
 

夢についての翻訳

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月13日(土)16時52分15秒
  BBCで夢に関する記事が出た。中々面白い記事で翻訳を開始している。
私自身の経験から、睡眠は神経症者に取って一時的不安の軽減に大いに
役立っている。
猛烈に強迫観念で苦しんでも一晩寝ると、朝には不安のレベルが
下がっているのを発見するだろう。ただ、神経症が解決していなければ、
不安が戻るのも時間の問題で、食事を終わらせた頃には元に戻る。

神経症を治すには幾つかの原則がある。
① 先ず、睡眠を有効に利用することだ。混乱が酷い日は早めに寝て十分睡眠を
取る事。
② 強制的に自分を不安対象から隔離する。
不安対象に、正面から向き合いながら神経症は治せない。我々の脳が暴走して
最早、手が付けられなくなるからだ。
③ 絶対的に神経症治療の放棄。
是が非でも実行しないとならない。実行しない限りは神経症は永久に続くと
覚悟するべし。
この世に生まれて70年以上経つ人間が言っているのだから間違いない。
 

今日の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月12日(金)13時25分56秒
  今日は、大根の間引と、かぶの間引きをしました。それと草取りをしました。
昨日は、各部屋の拭き掃除をしました。トイレ掃除もしました。
障子戸の拭き掃除もしました。午後は、樹木の刈り込みと、
外の掃き掃除と整理をしようと思います。

外の雑用が良い季節になりました。
今年の夏は良く汗をかきました。夏バテも無いようです。

 

第二掲示板の問題

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月12日(金)09時23分55秒
  まちさんが言うように第二掲示板は閉鎖した方が良いのかも知れない。
大体、狂った人間に自由書き込み広場を提供するなんて、何とかに
刃物みたいな話で、あまり良い事はない。

ただ、あそこにも大きく分けて2種類の人間に分類できる。
狂ってはいるが、斎藤に対して一定の尊敬の念を見せる人間と、
全く狂っていて罵詈雑言、陰湿で吐き気を催す人間の二つだ。

前者の書き込みに対しては一定の緩衝材を設けて対処出来るが、
後者にはもう手段が見つからない。
だからこの場合、自由書き込みの原則をかなぐり捨てて、直ぐに
書き込み禁止に出た方が、掲示板の存続が期待できる。

ここは森田療法の掲示板にように批判が怖いから掲示板を
閉鎖的にするのでなく、相手は精神病の患者だからそう
せざるを得ない。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月11日(木)09時09分18秒
  統合失調症が治らないので、恩を仇で返す者が居ます。
幻聴を聴きながら、女性と遊べるのか?
ここは、統合失調症を治すホームページとは書いて無い。
日本語が読めないのか。
文句があるなら、統合失調症を治すホームページを自分で作ったら如何か。
 

仏教と仕事の話

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月11日(木)08時53分18秒
  一般社会、あるいは職場で仏教の話をしょっちゅうしていたら、こんなの鼻つまみ者
で、もう来るなと言われる。誰がそんな話を聞きたいかね。第一話している当人の
眼差しを見て見ろ。どんよりして、動きが鈍く、間違いが多い。
こんな人間が仏教を話すのですよ。

一般社会では難しい話を嫌う。簡単な事を今この場で処理する人を必要とする。
社会はそうして動いているのだ。

神経症者は、仕事の話をする。おいおい。お前はそんな柄ではないんだよ。
精神病の患者ですよ。精神病とは単純な情報処理ができない。
あるいは、脳の異常回路からの信号で悩まされている。
これではとても普通に仕事は出来ないし、学業も途中で挫折する。

神経症者は、神経症が治った者とは、高学歴で優秀な大学を卒業した者と
考える傾向がある。そんな人間が欲しければ過去100年間に
世界のトップの大学を卒業して残念なら神経症で終わった人間が数万人
いる。その全員が神経症で終わっていて、何の役にも立ってない。

森田、フロイトは両者文章が上手く、患者を上手に騙したが、今では
インチキとして排除されている。
逆に、もしここにコンビニのアルバイトをしているが対人恐怖が解消したと
言いながら人が出てきたら、耳をそばだたせる。
納得したらこれは凄い。脳と言う最も高級なコンピューターの
謎を解き明かすヒントをこの人は与えてくれるからである。
しかし狂った神経症者は、フロイト、森田、加藤諦三を求めてやまない。

 

雑用をしています。

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月10日(水)11時49分8秒
  森田正馬は顔付が神経症顔に見える。
宇佐という人間は神経症顔に見えない。
宇佐は神経症ではない。森田は神経症?

今日は拭き掃除をしています。
午後から、外の掃き掃除他したいと思います。
 

まちさんは基本に忠実

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月10日(水)10時13分30秒
  第二掲示板や他の神経症関連の掲示板に行くと、一人前の心理分析や、仏教の話、
仕事の話で満ちている。
我々神経症が治った人間から見れば、笑わせるなと言いたい。

お前ら精神病の患者だろう。仏教の話や、仕事の話は100年早い。
それよりこのままでは精神病院行きじゃあないか。

精神病を治す本筋は、基本にある。
基本とは目に入った情報を、直ぐ処理出来るかどうかだ。
即ち、スッと立ち上がって何かが出来れば健康であるが、出来なければ
廃人への道をまっしぐらになる。
だって脳の基本に障害が起きているからだ。

まちさんはその基本を忠実に実行している。
基本さえ実行していれば、我々の脳は素晴らしい機能を発揮する。
決断は瞬時に行われインスピレーション、気転、気配りが自然に出て来る。

そうするには、自分を不安から解放することだ。
極度の不安状態では何をしても無駄になる。
不安から開放すれば、脳には健康を回復する機能が備わっている
から脳の暴走は止む。

そして神経症治しの完全放棄だ。
これが健康回復への基本だね。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月10日(水)08時09分35秒
  私も精神病院は良く行きました。
従業員と患者を見比べて分かるのが、従業員は顔付が外を向いている
其れに対して、患者は顔付が内を向いている。

精神病院でも従業員は精神病者でないのが分かります。
しかし、中には先入観を持った感じで対応する者も感じられます。
でありますので、精神病院は(心療内科)行きたくないです。又いく必要も無いです。

無料、有料カウンセリングがありますがプロも素人も無用です。最近は心のお話は興味無しです。
 

まちさんへ、驚いている

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 8日(月)16時54分43秒
  私は療法の間違いに気が付いたのが、48歳の今から25年以上前で、以後は一切療法を
してない。なのに、まちさんはつい最近まで療法をしていたとは、その無駄の膨大なこと、
人生の重要部分をごみに捨ててしまった。
これだから神経症は重大な精神病というのです。
第三者から見れば無駄な努力に直ぐ気が付くが、本人は真剣に30年、50年、一生する。

今からでも遅くないから、療法の完全停止です。その後には安らかで楽しい人生が
待っています。何よりもお金を無駄にしない。時間も無駄にしない。
最高なのは、貴方の判断能力が劇的に改善する事です。

神経症では判断が曇っていて、良い仕事、良い収入は期待できない。
今すぐ療法の完全停止を宣言して雑用を開始しなさい。
 

療法のインチキ

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 8日(月)15時35分48秒
  ここに来て良かった事は、今までは、どの療法もとても良いような気がしていました。
治らないのは、自分が足りないからと思っていました。

しかし、今はどの療法もインチキで嘘付きと言う事が分かったことです。
漢方は月2万3千円でした。私はその代金の変わりに電動歯ブラシを買いました。
今後歯磨きが楽しくなるでしょう。
 

「無」の雑用とは無意識の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 8日(月)15時06分42秒
  昨日はタイヤのローテーションをしました。
今日は車の室内の掃除をしています。その後家の周りの
掃き掃除と草取りをしようと思います。最近は暗くなるのが早い。
しかし又暑くなりました。昨日は汗で作業着を1回変えました。
でも真夏の暑さではなくなり、良い季節と成りました。

 

久しぶりに気持ちの良い投稿

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 8日(月)11時21分38秒
  > 30代で対人恐怖症になって森田の自助会で10年学習しましたが、全く変わりませんでした。
>  学習と言っても治すための学習ですから治らないのは当たり前です。仕事を一所懸命しましたが、それも治すためなので治りませんでしたね。> >  今では以前とは考え方が変わり、自分に対する見方が変わり、人に対する見方が変わり、行動が変わりました。>  森田で「なすべきをなす」とか「目的本位」とかいいますが、私の場合はそれが治すためなので、それでは駄目だったのです。

***************************************

久しぶりに気持ち良い意見が聞けた。神経症とは治そう病なのです。一度神経症になったら
強迫的に治そうが持続します。この治そうが持続する限り、神経症は永遠なれです。
しかも治そうと努力をすると神経症脳は興奮し、最後は日常生活も困難になる。
その意味で神経症は重大な精神病と私は断定します。

ただ、統合失調症と違い、脳のハードの狂いは余り酷くないから、ソフトを修正することに
より、殆ど健康状態を回復します。でも生物学的脳の構造は変わらないから、
終生用心しつつ生きないとならない。
 

無為療法に敵対する人

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 8日(月)08時52分59秒
  彼等は、無為療法を激しく嫌う。
何故なら、絶対的に治療を求める人達だから、正面から
ダメだと立ちはだかる無為療法を許せないのだ。

不潔恐怖の人に手を洗うな、拒食症の人に飯を食えと言うようなもので、
受け入れるはずがない。
現実は、神経症者の殆どは治療を求めつつ一生を終わり、彼等の人生は事実上崩壊する。

治療行為はすればするほど神経症脳は興奮状態になり、興奮した
脳は正常に作動しなくなる。意識は分裂し、強烈な鬱状態に
なり、半分人間を諦めた状態になる。

これを救う唯一の方法は、治療行為の完全かつ絶対的停止であるが、
それは死んでもやりたくない。
ああ、それでは全滅への道をまっしぐらではないか。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 7日(日)08時41分14秒
  何時も言うが、我々の最大の敵は己自身の脳だ。これさえコントロールできれば
人生は春ですよ。頭がおかしくなっている人間と争っている暇はない。
第二掲示板には何時も仏教を書く人間がいるでしょう。
こんなの書く人間も狂っているが、それを読む人間も狂っている。

健康世界ではそんな暇はないのです。
今朝はセルビアの女性と25分の会話を終了した。
英語は楽しい。
オンラインの会話が始まって既に8年は経つと思う。
多くの人は始めるが、3か月後に残るのはその内の10%だけで、
殆どは消えてしまう。

無理もない。英語は猛烈に難しい。特に本物の英語を
聞くことなく30歳までなってしまうと、殆ど聞こえるようにならない。
聞こえるようにするだけでも10年かかる。しかも更に話す訓練だ。
これに更に10年。合計20年もかかり、こんなに時間を投資できる
人は殆どいない。

こうしないためにも我々は10代の前半に英語の生の音に触れる
必要があるが、話して学校でやっているか。
学校ばかりでなく、社会にも責任がある。社会に英語があるか。
あるのはカタカナ英語だけである。
もっと各所に英語を言葉として使う場所を増やすべきであるが、
一体どうしたらよいか。
今直ぐ可能なのは、家庭で子供にオンラインの会話を薦める事である。
 

第二掲示板読者へ

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 6日(土)18時34分52秒
  ここの掲示版は、お前の掲示板か?!

お前こそ、頭の狂った、精神病の癖に!偉そうにしやがって!

ここに書くこと自体、精神病患者ではないか。

治らずの森田療法の患者か?!
 

神経症脳の興奮状態では難しい

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 6日(土)15時23分33秒
  神経症では、脳が興奮すればするほど治したい欲求は高まる。
この状態ではどんな努力をしても無駄だ。
脳は次から次と解決を探す。解決策は神経症脳が
発見した解決策であるから必ず失敗し、更に治しの欲求が強まる。

このような興奮状態では、何をしても最早無駄だ。
寝てしまうか、薬物で脳を落ち着かせるしか方法はない。
でも、そんな破れかぶれの状態でも一つだけ出来る事がある。
それは自分を恐怖を引き起こす対象から離す事だ。
そうすることにより、興奮した脳を一時仮安定化させることが出来る。

次は時を見計らって何かの行動の開始だ。買い物でも洗濯でも良い。
治すための雑用でなく、必要だからする雑用だ。
ストレス源からの解放と、治す努力の強制停止、
雑用の開始の3点セットで神経症脱出に成功する。
 

雑用は楽しい

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 6日(土)09時22分21秒
  森田療法は、餌(麻薬)を神経症者に与えているのですね。
麻薬患者は最後は廃人です。
 

全ての療法はインチキ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 6日(土)09時00分22秒
  でも、インチキ療法を作り出しているのは己の脳なのですよ。

何故あれほど森田療法が一世を風靡したか。それは神経症患者が
妄想した事と、森田が言っていることが一致したからだ。
森田を批判するのは良いが、それにしがみ付く自分も責任を
取らないとならない。

加藤諦三なんて人間が本を書いて売りまくった。
くだらない本が面白いように売れた。彼と出版社が組んで
本屋の棚にずらっと本が並んだ。あんな現象が起きるのは、一つに
神経症者の脳に原因があり、もう一つは貧弱な脳の科学にある。

フロイトなんて詐欺しが精神分析なんて療法をでっちあげて、
一世紀の間、仮想の精神医療を施した。もちろん治った人など
一人もいないだろう。でもフロイトを非難してもしようがない。

あんなものにしがみ付く人も責任をとらないと。
脳の科学が存在しなかったから起きてしまった。
バブル現象は経済ばかりでなく、科学にも起きる。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 6日(土)07時55分40秒
  最近の雑用は時間を掛けて、じっくりと正確にしています。
早く大雑把に遣って、後は座り込んで考え込むより数倍、いやそれ以上良いです。
普通人は良いといいますが、彼らも矢張り自分の考えがあります。対外、衝突します。
神経症が治った人間と、普通人は違うような気がします。普通人は努力して変えていくのを
美徳とします。

自分を変えることを美徳とする普通人とは話が合いません。
その考えが神経症者にもあります。其れが神経症地獄に陥るのです。
道徳では治らないと言うのは療法家も知っています。
普通人は下らない世間話ぐらいしか出来ない。しかし世間話が良いのです。
自分を変えようとするのが神経症です。普通人でも、変えることが良いという者が居ます。
自分を変えることに執着すると、今から人生分の時間が掛かります。
そう言う療法家が居ます。お前は良いが自分は駄目と言う事ではないですか。
で、ありますので、全ての療法はインチキと言うことです。

無為療法は療法と名は付いていますが、療法ではないのです。
 

神経症

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 5日(金)17時31分6秒
  どいつもこいつもインチキです。簡単に治る様な事を言う。
30年神経症なら40年も50年も同じ事です。
50年と言えば略人生神経症ということです。
 

私も掃除

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月 5日(金)17時14分50秒
  何時もの掃除をした。気持ちいいね。
洗濯しようとしたが、今日は最悪の日だから明日にする。
明日は台風一過になって欲しい。
余り天気が悪い日は近所のコインランドリーに行き、乾燥機を回す。
リタイアライフは気楽だね。毎日働いている人は大変だ。

気がかりなのは、値段が高騰する新築マンションだ。
東京の平均売り出し価格が7,500万円とは驚いた。これ普通の人には
手が出せないではないか。一種のバブルだと言う観測もあるから値崩れを
待つべし。一般の人が買えなくなったら必ず値が崩れる。
オリンピックが一つのめどだね。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月 5日(金)16時37分10秒
  今日はセメンの補修をしました。それと畑の草取りをしました。トイレ掃除をしました。
大根の間引きをしました。間引いたのを、フライパンで炒めて食べることにします。

この後少し休んで出来たら、掃き掃除をして、樹の消毒をしようと思います。
キッチンの拭き掃除もしたいです。
 

/119