新着順:562/5661 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症者の文章と治った人の文章の違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2017年12月18日(月)05時38分38秒
  通報
  神経症者が書いた分は勿体つけた文語調が多い。やれ自然科学だ、アスペルガーだ、
言語化だと体がこそばゆくなるような表現を使う。こうなる理由は、中身がないから
だろう。中味がなくて相手に印象付けるには、表現を大袈裟にしないとならない。
神経症が治っている人では、治ってすっきりしているから、わざわざ大袈裟な表現を必要としない。

健康な人の日常は、大変シンプルで、何をしたい、何をしたで終わる。
この単純な表現の中に我々は社会の健全さと、頼もしさを感じる。
 
》記事一覧表示

新着順:562/5661 《前のページ | 次のページ》
/5661