新着順:539/5661 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

意見

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 1月 3日(水)19時16分23秒
  通報
  すこしカタカナ英語が多すぎます。特に最近の日本人にその傾向がある。恐らくインターネット、
ソシアルメディアの普及で、少しでも自分は英語に乗っていると粋がらないと、不安を感じるため
ではないか。

私は毎日英語を話してもう7年以上になるから、実際の英語とカタカナ英語は厳密に区別する。
カタカナ英語は英語のように見えるが、実際は英語モドキであり、読み手に取っては意味が
取りにくい文章が出来上がる。

日本人がやる事は、英語は英語で外人相手に本格的にする。どうじに日本文を書く時は
格調のある美しい文章を書くべきでしょう。
パーソナルスペース何て一見カッコよくカタカナ英語を作り上げたが、実際は個人の精神的
空間を確保すると言うような文章を書くように努力をすべきだ。

私が翻訳する時はこの原則でやっているから、自分でも出来上がって読むと、外人が書いた
文章と言うより日本人が書いたように感じる。
 
》記事一覧表示

新着順:539/5661 《前のページ | 次のページ》
/5661