新着順:334/5540 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症の治りと禅の悟り

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 2月18日(日)17時17分24秒
  通報
  最近神経症の治りと禅の悟りが近いと私はしばしば感じる。
鈴木大拙の禅仏教入門を読んでいて、最初の頃分からなかった事が今分かる。この本は
禅の膨大な情報のあちこちから取り上げて説明するが、その表現が古めかしいから
解釈も容易でない。

禅と神経症の治りが共通しているのは、そこに意思による解釈がない所だろう。一瞬にして
通り過ぎるものをつかもうとする。一瞬ではあるが、全てを解決してしまうパワーが
禅にはある。掴もうとすると逃げ、追わないと既に自分の手の上にある。
神経症の治癒と共通するものは、動きではないか。禅の偈(げ)を読んでいると、禅匠にも坊主にも動きが感じられる。
 
》記事一覧表示

新着順:334/5540 《前のページ | 次のページ》
/5540