新着順:809/6139 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

治ったかどうかの確認

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 2日(水)06時10分13秒
  通報
  もう10年ほど前になるか。神経症予後が余りに良いものだから、調子に乗って
治ったかどうかの確認のページを書こうと思った。そしたら書き始めて間もなく
嫌な感覚が襲ってきて、フラッシュバックに入ってしまった。何と一か月
以上もフラッシュバック状態になり、以来、神経症治りの確認作業は大変危険
であると悟った。

何故神経症の治りを確認してはいけないか。
神経症とは症状の治りを求める病気です。強迫観念であり
その執拗さは凄まじく、殆どの人は一生神経症治療努力で終わってしまう。
神経症を治すとは治療、確認作業を停止することにより、生活を正常に戻すことだから、
一時停止して自分が正しい位置にいるかどうかを確認することは、余計な事であったのだ。

自分が神経症を治したかどうかの確認する時間を惜しんで、どんどん
雑用をするのです。人生は雑用の山であり、生きるとは雑用を嬉々として
処理する事を意味しています。
 
》記事一覧表示

新着順:809/6139 《前のページ | 次のページ》
/6139