新着順:46/5863 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

質問が消える事

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月30日(木)11時18分5秒
  通報
  神経症者は、、延々と質問を繰り返す。そんな事聞かれても答える人間がいないのに,質問が止まらない。
一休さんで言えば、アル中の分析だ。微に入り細に入り分析をして、その対処法を述べているが、
幾ら分析を繰り返しても何も出てこない。解答を用意している人もいない。
うるせえの一言しか返ってこないだろう。

まちさんも執拗に不眠を訴える。そんな事聞かれてもどうもならないのに、質問が
止まらない。

そこで雑用であるが、雑用を開始すると質問が何処かに消えて行く。質問しなくても物事
が前進するのを身を持って経験する。
メカニズムは、筋肉を動かす動作により、筋肉から脳へ逆信号が送られるのだろう。
信号が送られると脳の無意識脳が活性化して、意識脳の暴走が止む。
無意識脳が活性化すると、何も考えていないが物事を処理をしている。

私はこれをジェット旅客機のオートパイロットに例える。
飛行機が巡航スピードに入ると、最早パイロットは手動で運転する必要がない。
コンピューターに蓄えられているソフトに従って、飛行機は自動操縦状態になる。
これだからニューヨークまで13時間の長旅を運転できるのだ。

これを神経症者見たく、全部意識を集中させてなんてやっていると、
逆に神経を消耗して、危険な状態になってしまう。
 
》記事一覧表示

新着順:46/5863 《前のページ | 次のページ》
/5863