新着順:36/6026 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年11月 2日(金)19時21分0秒
  通報
  今日はたまねぎを植えました。
マルチをして穴を開けて100本植えました。最初之はと思いましたが遣ればできました。
其れから戸の付け替えをしました。時間をかけてやろうと思いました。時間をかければ大抵は出来ます。
全体を見るのではなく、今の一瞬をすれば良いと思いました。
あれもこれもと思うと駄目です。今日一日これが出来たで満足が有ります。

雑用も、もよおすのですると有りますが、これが出来なくなったのが、神経症です。
治す事の完全停止をすれば、催すように雑用が出来るようになる。
私は良く立ち上がれと言いましたが、これは催すではないです。
トイレを催すと言うのは分かりますが、立ち上がれで、トイレに行くのでは催して行く事になりません。
動けないので、無理に立ち上がり雑用をするのは良いと思います。
しかし、こう考えると雑用も難しくなります。

「無」の雑用が、催すです。頭の中で雑用をしているので大丈夫と思っていましたが
間違いでした。雑用をすれば良いというものではないのです。治す事が微かにでもあれば
治す雑用になるのでした。催すの雑用、無意識の雑用です。

斉藤先生は、治す努力の完全停止をすれば、体が軽くなりスイスイ雑用が出来るように成ったと
言われましたが、そう言う人の投稿が無いのも不思議な所です。
如何しても、治す努力が少しでもあるのが現実ではないでしょうか。
私は治すお金は全く使いませんが、何処かに微かに無意識的に治すがあるのです。雑用が前に来ているのです。治った人は其処が遣れるようになるのでしょう。
 
》記事一覧表示

新着順:36/6026 《前のページ | 次のページ》
/6026