新着順:29/6026 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

悟り

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年11月 6日(火)09時05分43秒
  通報
  万物は実体ではなく、空にすぎないのだから、執着すべき対象は何一つないということ。
「実体」とは、
①それ自体で存在することができる。
②それ自体の変わることのない本性・本質をもっている。
③いつまでも・永遠に存在することができる。
悟りとは、迷いの道に咲く花である。

神経症脳で考えると全く解らないのであります。
悟りとかに非常に執着する。執着するのが神経症です。
神経症脳と健康脳は天地の差が有ります。

しかし、釈迦は人の子であります。イエスは神の子です。
其処でキリスト教、仏教はかみ合わないのです。
悟りとは、迷いの道に咲く花である。と有りますが、神経症脳になると
道端に咲いている花を見ても見過ごすのです。治す事が1分1秒有る為美しさに鑑賞できない。

キリストは谷間のユリであるという。栄華を極めたソロモンでさえ、それほどに飾ってはいまい。
金、銀とユリの花、如何かと思う。キリスト教で言えば、釈迦もゲヘナに落とされることになります。

キリストは乙女マリアより生まれるとあります。これも不思議であります。
又進化論否定であります。私はキリスト教は随分行ったが、治らなかった。
 
》記事一覧表示

新着順:29/6026 《前のページ | 次のページ》
/6026