新着順:28/6026 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

最近の悩み

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年11月 6日(火)09時35分0秒
  通報
  私は英語が好きで毎日セルビアの人やフィリピン人と話している。
もうオンラインの練習は8年になり毎日やっているから、普通の日本人とは違う。
大半は昨日開始した、先月開始した、長くて3か月位だ。

斎藤が会話する時には、教育とか学習はない。単に会話を楽しみ、出来るだけ会話を体の
一部にする訓練である。従って相手を先生と見ることは絶対になく、単に人間として
見て、会話を楽しいものにする努力を要求する。

所が大半の日本人は外人を先生と見て、自分の英語の間違いを指摘して
文法の説明してくれと要求するらしい。だから彼等は斎藤に対して同じように、英語の
間違いを指摘し、発音を矯正し、会話が聞き取れないだろうから、チャットで
補強しようとする。

そこへ斎藤は断固ノーと言う。止めろ、でなければ直ぐインターネットを切ると激しく
迫る。これに対して、英米人はニコニコして斎藤の要求に応じる。だって彼らは
母国語の文法を習った覚えもないし、説明も出来ない。一々タイプして
チャットボックスに文字を並べる手間も省ける。

しかしセルビア人、フィリピン人は怒り始める。俺たちをバカにする気かと雰囲気が漂う。
大体英語を母国語にしてない人間が良くも英語を教えるものだと腹立つが、
これが現実である。だから授業料は4倍も高い英米人と会話しなければ
ならないかと、最近は考えている。

それにしてもバカげているな。
考えて御覧なさい。アメリカに行って英語を上達する人が、英語の先生から手取り足取り
で英語を習うだろうか。皆いきなり英語社会に放り込まれ、必死に生きている内に
自然に英語を獲得する。日本に来ているモンゴルの相撲取りもそうだし、コンビニで
働いているベトナム人もそうだ。生きる努力の中に自然に言葉を獲得するのに、
このオンラインの学校のやる事はその反対をやっている。
これでは大半が3か月で止めて行き、英語を諦める。
 
》記事一覧表示

新着順:28/6026 《前のページ | 次のページ》
/6026