新着順:22/6026 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

判断力の低下

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年11月 8日(木)06時07分24秒
  通報
  神経症者の判断力の低下はおびただしい。
今でも神経症当時の夢を見るのですが、穴があったら入りたい位に自分の
行動、判断力に問題があった。こんな自分ではとても会社で良い成績は
望めないし、人生の展望も描けない。

神経症者の貧弱な判断力は何故起きるか。
日常の脳活動の95%を神経症治療に消費する人が良い判断
するはずがない。強迫観念で覆いかぶさった脳が、本来の威力を
発揮は無理だ。本来ならそんな判断をするはずが
ないのに、強迫観念に煽られて間違った方向に突っ走る。

神経症が治ると、この95%の無駄な脳活動から逃れることが出来るのだから、
生活の劇的向上が訪れないはずがない。
実際、斎藤の生活は48歳の堺にして劇的に変化し、
狙いが命中して生活は大変楽になった。

第二掲示板を読むと文章の内容が暗い。
神経症が治ると文章が明るくなる。神経症の世界で、うだうだ言い続ける
のが煩わしい。だってやる事が幾らでもあるではないか。
 
》記事一覧表示

新着順:22/6026 《前のページ | 次のページ》
/6026