新着順:214/6365 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月24日(月)09時10分32秒
  通報
  「自分が最も信頼する武器を
手放した時であった。神経症者に取って自分が信頼する武器を手放すとは、
命を取られるようなものだ。でも命を取られるほど恐ろしいからこそ、
手放さなければならない。」

「雑用には感動しない。感動しないが常に何かをしている。」

この状態に持っていくには、兎に角動きが要ります。
頭で考えても駄目です。自分は昨日は耕運機のキャブのオーバーホール
をしました。出来るように成りました。動けなくなった時が、終わりです。
動けば飯が旨いこれにつきます。今後も動けるように意識を向ける以外無いです。
自分の場合、自然に動けるのを待っていたら、治ったら動けるでは駄目と思います。

ぶらぶらしている普通人は沢山います。一つの例がギャンブルです。
彼らは雑音は無いが、夢中になって遊んでいます。
 
》記事一覧表示

新着順:214/6365 《前のページ | 次のページ》
/6365