新着順:126/6278 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

多分ダメでしょう

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月24日(月)14時20分2秒
  通報
  神経症を治すとは、溺れかかった人間に綱が投げられて、その綱を投げ返す行為
なのです。神経症者の殆どは30年以上も水の上で溺れかかっている。
投げられる綱を全て試して全部失敗したが、次の綱を待っている。

その綱を全部拒否したら体が浮いた。これが現在の斎藤であり、他の神経症が
治った人達である。
神経症が治った人は誰も命綱を要求しない。
日本の1億2千万の人達と同じように、綱は最初から必要がなかった。
 
》記事一覧表示

新着順:126/6278 《前のページ | 次のページ》
/6278