新着順:45/6436 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

雑用、瞑想の闇

 投稿者:斎藤  投稿日:2019年 9月25日(水)05時45分55秒
  通報
  英語を読んでいると,瞑想が効果があるの文章が山とある。さすが最近は認知行動療法
を長々と説明する文章は減って来ていて、これは抗鬱剤とセロトニンの表現が殆ど
消えたのに似ている。

昨日はブログで単純作業を薦めるものがあった。無為療法の雑用に通じるもの
で、心の安定に効果があると書いていたが、間違っている。

神経症とは治そう病であり、治そうの意思が暴走状態になっている。
不潔恐怖の患者が一日30回シャワーを浴びる状態を想像してもらいたい。
シャワーを浴びれば浴びるほど狂いが増すのは素人でも分かる。

不潔恐怖を治すには、先ずシャワーを浴びる回数をゼロにしないとならない。あるいは
シャワーのシャの字が頭に現れたらその瞬間にそれを否定するほど徹底しないと、
この難病の克服は難しい。

神経症を治すからくりも同じで、シャワーを浴びながら治す、
あるいは雑用をしながら神経症を治すは、途方もない治そう
行脚で、人生はこれで終わってしまう。
 
》記事一覧表示

新着順:45/6436 《前のページ | 次のページ》
/6436