新着順:31/6471 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

脳の可塑性

 投稿者:Richard Nakao  投稿日:2020年 3月30日(月)14時54分57秒
  通報
  神経症の定義がネット上にあります。ご存知だと思います。
神経症(しんけいしょう、英:Neurosis、独:Neurose)とは、精神医学の伝統的な用語で、不安などの不適応行動を特徴とし、入院するほど重篤ではない場合が多い状態である[1]。1980年のDSM-III(第3版)では神経症という語を廃止し、神経症性うつ病(抑うつ神経症)の多くは気分変調性障害に含められた[2]。またDSM-IIIは不安神経症を、パニック障害と全般性不安障害に分離した[3]。強迫神経症は強迫性障害となったように、現在では神経症の語は用いられない。神経症という用語を引き続き使われますか?

いづれにしましても、神経症は、認知トレーニングによって、脳の可塑性を引き出せば、改善~寛解が可能です。
脳の可塑性について、理解を深めてください。
著名なマイケル・メルゼニッチ先生がビデオで話をしていますので、ご覧頂きたいと思います。TED Talkです。
https://www.ted.com/talks/michael_merzenich_on_the_elastic_brain/transcript?language=ja#t-10891

https://neurotracker.net

 
》記事一覧表示

新着順:31/6471 《前のページ | 次のページ》
/6471