新着順:49/6578 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

欲もほどほど

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 2月 8日(月)09時01分6秒
  通報
  北方4島の問題になると日本人は感情的になってしまう。
私も一日本人として同じ気持ちになるが、ここで待てよと考える人はどの位
いるだろうか。

国と言うのは大きければよいというものではないでしょう。世界を見ると、むしろ小さい方が
高所得で優雅な生活水準を維持している場合が多い。
しばしばロシアがアラスカをアメリカに売り渡したのは失敗だの論調を見るが、私は
反対にみる。ロシアは現在の広さだけでも大きすぎる。更に大きくしてアメリカ、カナダ
と接触するほどにしてどれほど幸せになれるか。

地図をよく見よう。日本は北から南まで、東は太平洋に浮かぶ小笠原列島まで広大な領域を
確保している。アメリカはで良心的で、小笠原を終戦直後日本に変換
してくれた。これが日本のアメリカに対する良い評価になっていると思う。

日本は北方4島を返してもらわなくても大して大きな問題にならない。ロシアはその
反対で、この4島に対する頑なな態度を維持しているから、極東の出口を日本に
封じられている結果になっている。むしろロシアが失う利益を方が大きい。

歴史を見れば、第二次世界大戦が終わるまで、日本は韓国を属国にして、満州まで
日本の領土にしてしまった。そして敗戦でその全部を失ったわけであるが、失うものが
北方4島だけであったなら、それだけで良く済んだとむしろ思う。
もちろん竹島の問題もあるが、これは日本が韓国を属国にした代償と考えれば
我慢も出来る。

要は損した事ばかりに注目するのでなく、地図をひっくり返してロシア、中国から見た日本の
位置を見てもらいたい。北から南まで彼等の出口を日本が殆ど塞いでいるのが分かるだろう。
日本は幸せな国なのです。
 
》記事一覧表示

新着順:49/6578 《前のページ | 次のページ》
/6578