新着順:43/6628 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

うんざりする皇室情報

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 3月 9日(火)09時55分33秒
  通報
  また、イギリス発の皇室情報が氾濫し始めた。ミーガンがどうの、どうして
皇室を離れたかの情報が、毎日うんざりするほどメディアに溢れかえる。
この現象から、今から30年前に起きたダイアナ妃の醜聞と突然の死を思い浮かべる。

あの頃は未だインターネットがなくて、我々は選択の余地なく、新聞を読まされた。
明ければ第一面にデカデカと今日もダイアナがどうなったかとうんざりするほど
書いてあった。ああ、情けない、我々には情報を読む選択権はないのかと思った。

それから30年経ち、今は新聞はマイナーになり、沢山のチャンネルから情報は
入って来て、ニュースの選択権はこちらに渡された。大分救われたがそれでも
昨今の英王室情報にはうんざりする。
人種差別があろうが冷たくされようが、そんなの人の家の
出来事であって、こちらの心を占拠するのは迷惑千万である。

私は、英国だろうが日本の皇室だろうが、結婚がどうのこうのの問題が
ニュースにあると、全部無視する。同じように、卓球の愛チャンが夫と別居なんて
ものも見ない。

それよりコロナがこれからどう収束するかが最大の関心事である。
中国の日に日に挑戦的になる態度も心配だ。もちろん国力が増大すると
人間の本能としてああしたくなるのも分かるが、本質は中国共産党の
問題で、彼等は常に不安におののいているのだろう。ミャンマーのクーデターと
基本は同じである。
 
》記事一覧表示

新着順:43/6628 《前のページ | 次のページ》
/6628