新着順:47/6673 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

チャレンジ精神の欠如

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 4月10日(土)10時51分5秒
  通報
  私の若い頃は日本は先進国に追いつかなければならないと
日本全体で必死だったが、今はもう追いついたからその努力は
必要ないに変わったようだ。

その結果、デジタル関係では殆ど中国、韓国に抜かれ、造船は
韓国に移り、半導体は台湾なんて事になっている。
途上国に対する働きかけも中国にはまるきりかなわない。
日本全体がチャレンジ精神の喪失と全員が若年寄の様相になってしまった。

リスクと取るとはどう言う事なのか。
今から25年以上前に私はニュージーランドに行って現地で銀行口座を開いた。
簡単なもので直ぐ開いて日本から送金して様子を見た。
日本が僅か2%の金利なのに対して向こうは8%ですよ。
しかも驚く事に日本では定期預金の解約は途中解約が不可能なのに対して、
ニュージーランドでは途中解約がやり放題で、解約すると
3日後には日本の銀行にお金が届いていた。
この時私が感じたのは、日本人はチャレンジ精神が欠如していると。

日本では立派な会社に30年勤続して退職すると退職金が2000万円とか
出る。これでリスクが少ないファンドを買うなんて人がいる。
ファンドなんて全てがインチキファンドだ。大抵元本割れするし、一度割れたら
永久に戻らない。

何でそんなバカなファンドを買うかと言うと、危険を避けたいし、知識もないと言う。
これをネギをぶら下げた鴨と言う。2000万円の良い所を皆インチキファンド、
それを販売した銀行窓口に持って行かれる。

真によい思いをしたいと思うなら、リスクを背負って前人未踏の地に
踏み入れないとならない。ファンドでは今、株が高騰しているのに高が
5%くれるかくれないかなのに、自分の度胸で株を買った人は30%とか
50%のリターンを得ている。

生活を絶えず向上したいと考えているなら、誰も教えてくれない未知の世界へ
踏み込まないとならない。そうしない日本人は30年の
後退を余儀なくされ、今後も毎年賃金は低下していく。
 
》記事一覧表示

新着順:47/6673 《前のページ | 次のページ》
/6673