新着順:42/6673 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

橋下さんの投資の勧め

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 4月14日(水)11時38分50秒
  通報
  数年前にフランスの著者が、投資から得られる利益に一般労働の
収入が追いつかないことを理論的に説明する本が発表されて
衝撃を与えた。
今日は余り好きではない元大阪府知事である橋下さんが
同じことを言っているので、これは経済の根本的事実だと納得
した分けです。

私は今から25年も前に、日本人でそれほどお金に困っていない人に
外国預金を勧めたが殆どの人が”自分はお金がない”と言って耳を
貸さなかった。結果はどうだ。一億円を持っていても日本で定期に
置いていくと、5000円位しか一年に利息が来ない。

所が近年の株式投資では2000万円とか3000万円のリターンに
なって戻って来る。その差は歴然としていて、日本人全体が投資
の大事さを学ぶ時代になった。

どうして一般労働は投資に勝てないのか。
誰でも出来る簡単労働では常に供給側、即ち求職する人間の数が
求人側より上回ってしまう。すると賃金は求人側の言い値で決まり、
それは最低賃金であり、やっと三食食えるかどうかの賃金になる。

投資が有利になる理論は私にはうまく言い表せないが、お金、しかも
大金になると、政治を動かす力になる。政治とは市場の
ルールを変える力だ。即ち、投資側に有利になるようなシステムを政治は
構築する。税金もそうで、アメリカを見ても圧倒的にお金のある人
の税金負担が少ない。ずるいと言いたいが、これは事実なのです。
 
》記事一覧表示

新着順:42/6673 《前のページ | 次のページ》
/6673