新着順:34/6673 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エビデンスに背筋が凍る

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 4月19日(月)17時27分22秒
  通報
  最近必要でもないのに、”エビデンス”と言う人が多い。
こんな人は直ぐスキルだとかクライエントだとかを言うだろう。
これ、英語が出来ない人の三羽烏言葉と言う。

エビデンスなんて気持ちが悪い言葉を言わなくても、証拠だとか理由だとか
幾らでもあるだろうに。エビデンスと言うと、すこし垢抜けしていると
でも感じるのだろうか。

今はそんな時代ではない。コンピューターをつければ外人と1時間
会話出来る時代だ。エビデンスと外人に行った所で、会話は僅か数秒しか
続かない。

メリット、ディメリットは日本でカタカナ英語として使われる頻度が一番高いが、
この表現が英語の世界では殆ど使われていない
のを知っている人はどの位いるであろうか。

英語ではメリットの代わりにベネフィットと言う。
ディメリットなんてただの一度も聞いたことがない。もし同じ目的で
彼らが言うとしたらプロブレムとかフォルトとか別の言い方をするだろう。

英語の真の目標は話す事にあり、アルファベットでもカタカナ英語
でもない事を皆さんもう一度確認してもらいたい。
 
》記事一覧表示

新着順:34/6673 《前のページ | 次のページ》
/6673