新着順:71/6812 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

神経症とは半狂乱の地獄であること

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 7月 8日(木)20時38分21秒
  通報
  第二掲示板を閉鎖してから、真の神経症者からの叫びが聞こえるようになった。
その彼らの声は差し迫っていて、強迫的であり、追い詰められているのが
伝わって来る。
この現実を無視すると言うか、糊塗して第二掲示板に彼らは書き連ねて
来たわけだ。だから内容は敵対的であり、社会のおよそ健康な感覚とは
逆な文章を毎日書いて来た。

幾ら私が書く事がなくなったからと言って、100万分の1で健康世界に
躍り出た人間が、半狂乱の神経症の患者にへりくだる理由は
何もなかった。それをしたものだから、狂いの世界からの反撃が
尋常を絶して行われた。
悪貨が良貨を駆逐してはならないの例えを自ら経験してしまったわけで、
今後このような失敗は二度としない。

神経症の治しは殆ど奇跡みたいなもので、一般の人にそれを期待する
のは不可能だ。
それより自分としては、思い切り健康な生活を楽しみたい。

私は今幸運だと思うのは、ワクチン接種の2回を無事に出来たことだ。
ここに来て、政府はアメリカからのワクチンの供給が70%減った事を
伝えた。これだけ減ると残りの国民は何時ワクチンの接種が終わるか
予定が立たなくなった。
でも、それは世界的にワクチンの需給のひっ迫を示している事であり、
中国製のワクチン、ロシア製のワクチンの出来の悪さの証明でもある。
 
》記事一覧表示

新着順:71/6812 《前のページ | 次のページ》
/6812