新着順:83/6886 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

”愛だ根性だ”の方向違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月13日(月)10時58分30秒
  通報
  神経症とは重大な脳の欠陥なのです。
普通の脳では出ていない強迫観念、英語でIntrusive thoughts
と言うものが常時産出されています。英語から分かるように、遠慮なく
ひっきりなしに入って来る邪魔な考えです。

こんな現象が普通の日本人の脳に起きていたら、社会が持たない。
なんでそんな事になってしまったのだろうか。私は遺伝子が絡んでいると思う。
特定のこれだという遺伝子ではなくて、遺伝子の組み合わせであろう。
だから運が悪ければ誰でも患者になる可能性がある。
将来、科学が進歩したら、愛だ、根性だの言葉を
吹かす患者を直ちに緊急入院させるでしょう。

先ほど心筋梗塞一歩手前の人の記事を読んだのですが、本人にはそれほど深刻には
感じられなかったらしい。が、医者は即入院を指示して、彼は一命をとりとめている。

これと神経症は似ているのです。今治療法も薬もないから野放し状態であるが、
将来はこの人たちを直ちに治療する時代になるでしょう。
そうしないと社会の大変な負担になるし、本人の人生も駄目になる。
 
》記事一覧表示

新着順:83/6886 《前のページ | 次のページ》
/6886