新着順:50/7076 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

両足そろったら負け

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 4月14日(木)11時54分39秒
  通報
  力士の世界では両足がそろったらもう負けの表現がある。
倒されるか土俵の外に押し出されるからだ。

これ神経症の世界ではどう言うか。
手足の動きが停止したら精神病院にまっしぐらであろう。
神経症の世界では強迫観念が荒れ狂っています。
不思議と強迫観念が暴走すると手足の動きが停止する。
私はこれを青い顔して天井をにらむと表現する。

じゃあ、その反対はどうであろうか。
手足が動けば強迫観念は止むか。
イエスでありノーである。多くの神経症者では動いても強迫観念
はむしろ爆発する。これは動きを神経症を治す手段にしているから
です。治すではなくて80%方強迫観念を減衰させると考えたら
良い。

そこまで強迫観念が弱くなったら健康回復力が吹き返し、
あれ不思議なんて事が起きる。
私自身30年前に神経症から脱出したきっかけは、まさしく雑用
にのめりこんでいたからだ。確かに雑用でも強迫観念が
襲ってきた時もあったが、総じて成功して、新しい斎藤に
脱皮していた。
新しい斎藤とは、神経症者とは一切人生相談には応じない
斎藤の事である。
 
》記事一覧表示

新着順:50/7076 《前のページ | 次のページ》
/7076