新着順:38/7076 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

救命ボートの必要性

 投稿者:ワンワン  投稿日:2022年 4月28日(木)21時59分47秒
  通報
  ぼくが、知床の観光船沈没の事故で、
(一般にニュースでいわれてる内容のほかに)ビックリしたのが、
救命胴衣は員数分、備えつけがあるが、
救命ボートなどの、乗り移って避難できるものは、何もなかった、
ということなんだ。
法定上は、必要ないらしい。

でも、ちょっと考えたら、これは、おかしな話だよね。
救命胴衣だけあっても、周辺の海水温は2~3℃、
これじゃあ、イザという際、
海に逃げて、泳ぎができても、岸まで辿り着くのは、困難だ。
たとえ海岸が、2、30メートル程度の、目と鼻の先だったとしても、
みな身体が凍りついて、動けないだろう。
競泳選手でも、そこは無理なんじゃないかな?

もちろん、当時は風が強く、波も3メートルぐらいあったらしいから、
もし救命ボートがあっても、乗客乗員が、無事生存できたかどうかは、わからないよね。
ただし、陸まで漕ぎ着けるかは、別としても、
捜索の手が到着して、発見されるまで、
何とか転覆することなく、海に浮かび、漂流し続けることは、できたかもしれない。

素人意見かもしれないけど、10人以上が乗り込める、船舶には、
常識的に、救命ボートの1艘や2艘は、あって当然なんじゃないかと、
思えてならないんだ。

     (Θ━
     ||     ♪北海道はこれからが
     ||
   __ノハ      よい時候を迎えるヨ♪
  / (゚Д゚)
  ノ彡(ノ ノつ    (⌒―⌒)    (⌒―⌒)
 巛巛ソU    (( ( ・(ェ)・)    (・(ェ)・ ) ))
  ゙゙゙/ |      ∩(゚Д゚)    (゚Д゚)∩
    \|      |   |⊃   ⊂|   |
    \      C、⊃ ノ    ヽ⊂_ノo
    | ヽ       ̄∪      ∪ ̄
    `~
 
》記事一覧表示

新着順:38/7076 《前のページ | 次のページ》
/7076