新着順:24/7076 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

スマホの害

 投稿者:斎藤  投稿日:2022年 5月12日(木)14時21分22秒
  通報
  次の文章をインターネットで見つけたので貼り付けます。


「私は宮城県仙台市の公立小・中・高校に通う7万人の子どもたちの学力や
生活習慣のデータを、10年間追跡調査しました。私は10年前から、
スマホやタブレットを連日のように使っている子どもの学力が
「妙に低い」ということが気にかかっていたのです。

そこで、スマホを使う頻度の高い子どもの脳をMRI装置で調べたところ、
学力を含む、子どもたちの認知機能に大きく関わる大脳の約3分の1の領域と、
大脳白質(神経線維)の多くの領域の「発達が止まる」という
衝撃の結果が得られたのです。

SNS、特に即時的メッセンジャー(LINEなど)を使った実験結果もあり、
「スマホやタブレットを使っている時間の総量」よりも
「LINEをやっている時間」のほうが学力を下げるデータがはっきりと出ています」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私は調査しなくても、MRIで見なくてもスマホが与える人類への影響は
すさまじいものと見ています。

我々は物事の良し悪しを一々論破する必要がない。
良からぬ方向に向かわないように”不愉快”と言う感覚を身に着けている。
その不愉快さを人が道でスマホを使う姿に感じる。
歩道脇で通行を邪魔しながらスマホを見る者。
エレベーターのドアーが開いたのにそのまま立っている者。
こちらの自転車に目を向けないで
スマホを見ながらぶつかってくる者。どれも忍耐の限度を超えて
タバコのニコチンに代わる
害悪と私は見る。

人間は心良さを感じる何かを否定できない。
しかしスマホが与える心良さは耽溺であり、依存症を引き起こすニコチン、
アルコール、薬物に近い。
人類はスマホなしにここまで発達してきて不足はない。
しかし人はスマホを使えば更に進歩が加速すると言いたいらしい。
でもスマホ登場以来、人類の進歩が加速したのデーターはない。
それどころかソーシアルメディアを見っきりになり、
追い込まれる人が沢山出て来た。

ここらでスマホ使わない社会的キャンペーンを開始すべきだ。
 
》記事一覧表示

新着順:24/7076 《前のページ | 次のページ》
/7076