<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


あるがままがダメな理由

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月21日(火)11時19分40秒
  あるがままの状態とは、本来のわれわれの健康脳の状態です。
この状態に人がある時は、あるがままの言葉がないし、あるがままと言う
必要がない。人があるがままの言葉を弄り回した時は既に遅しで、
あるがままを求めれば求めるほど次第にあるがままから遠ざかり、
気が付いたら狂いの真っ最中になる。
こんな間違いを指導したのも森田自身が神経症の患者で、患者で
ありながら指導したからなのです。

健康な脳では意識を何処に向けるか習う必要がない。意識の方向づけは
脳の深部にある無意識の中枢が担当して、そこを弄ってはならないのです。
弄るとどんな問題が生じるか。

ある神経症者からテレビが見られないの問題が寄せられた。
森田療法の指導者は、テレビの画面に注目せよ、注意を払って
音を聞けのような指導をしたらしい。
これは問題を解決するのではなくて、一の問題を10にして10の問題を
100にする状態にして、指導を受けて人は錯乱状態になってしまうだろう。

何故なら、本来そのままテレビを見ていればテレビが見られるものを画面に注目
しろと来ると、画面のどの部分か、人か背景か、上か下かと考えたらそれだけでも
不安爆発ではないか。こんな事は脳が自然に決める事であり、意識が介入して
はならないのです。

今日の医学発表で、クモ恐怖症の人へのクモに慣れるアプリが発表されたとあった。
このような練習で恐怖を克服するとは思えない。恐らく患者のクモ恐怖は
更に悪化するのではないか。

本質的には将来の脳の科学が解決する問題ですが、当座の解決としては
恐怖に慣れる練習はしてはならないという事です。
同じようにテレビを見る練習もしてはならない。
 

コロナから沢山の事を学んだ

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月20日(月)20時48分54秒
  私は仕事は一線から離れているから、今少し、リモートワークの
意味が分からないのですが、それが出来る事を社会が学んだ
ことは大きい。東京一極集中が防げるし、住宅の価格にも
影響を与える。

次に医療の不備だ。今の体制は大きな病気が駆逐された現在の
社会で、開業医が最大の利益を得られるように出来ているように見える。
病床数は十分あるのにすこしコロナの患者が増えると直ぐパンクだ。
医師会長は国民に警戒と動くなばかりいい、どうしたらもう少し受け入れ
を増やせるかは決して言わない。これを機に国民、政治が手を合わせて
システムの改善に取り組んでもらいたい。

次に大事なのは、パンデミックの予防は国防のイロハのイであることだ。
ワクチンはもう外国に任せず、自国で生産しないとならない。

それとマスコミの責任大であること。今回のワクチンの出遅れは、
多分にマスコミの影響が大きい。ワクチンの副作用を騒げば
ニュースは読んでもらえる。だから書きまくって、肝心な時は既に遅しだ。
マスコミに携わる人たちは今回の失敗に懲りて、大衆が読みたい
記事を書くばかりでなく、将来を見通して真に国民のためになる
記事を書いてもらいたい。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月18日(土)14時45分5秒
  電気痙攣療法 ニューヨークタイムズより
http://mui-therapy.org/newfinding/electroconvulsive-therapy.html

名画、カッコーの巣の上でを見た人いるだろうか。
ジャック・ニコルソンの主演で、強烈な電気ショック療法をうける場面がある。
あの意地悪い婦長、巨人のインディアンチーフ、全て名演技で
心の病、精神病院の実態を大衆に訴えて、私は深く感動した。
最後に、チーフが巨大なテーブルを持ち上げて窓に投げつけて、
病院外に走り出す光景はよかったね。

その悪名高き電気ショック療法が、電気痙攣療法と名前を
変えて現在も行われている。映画でみるような激しい発作は
現在ではなく、副作用もないという。

鬱の原因は分からないから、頭をひっぱたくみたいなもので
乱暴な話ではあるが、何分まだ脳は未知の分野だ。
多少の効果を期待したい。
 

オーストラリアが原子力潜水艦の導入決定

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月17日(金)09時14分38秒
  毎日BBCのニュースを聞いていて、英国から入って来るニュースの凄さに
驚いている。オーストラリアが貿易で中国からいじめられているは大分前
から聞いているが、いよいよ英国連邦が力を合わせて中国に対抗
する決定をしたので、さすがだなと私は感心しています。

中国の最近の横暴は目に余る。
フィリピン沖に浮かぶフィリピンが主張する小さな無人島を占拠してそこに基地を建設し、
滑走路、軍港を整備している。日本へは尖閣諸島に漁船を装う船を意図的侵入させ
繰り返し、オーストラリアが中国にコロナウイルスの起源情報を要求した
のに対して腹を立て、オーストラリアに対する原石輸入を停止をするというような
WTO無視の決定をして、今や中国は世界の悪の元締めと化した。
そこで中国に、世界のどの国が出るかと注目していたところ、ヨーロッパが応じた。

私は自分の旅行の経験から、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、アメリカは
アジア人に対する差別が酷く好きではなかったが、今回の中国の一件で
白人を見直した。さすが旧植民地宗主国であり、いざとなると彼等は出動する。
アジアはと目を転じると、全般的に腰が引けていてあまり頼りにならない。
 

大塚家具から学んだこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月16日(木)12時59分7秒
  まず、世間体の悪い行いは、何処かに致命的欠陥があるのを
学んだ。猛烈な恋愛で駆け落ちするのに似ている。
誰が見てもあの女は良くない、評判は村で最低だと
言うのに結婚する。案の定、直ぐ離婚だ、自殺未遂だになってしまう。

会社を一代で会社を興して成功するというのは、そこには
大学の教科書には書ききれない情報の集積があるのに、それが
見えない。

それと、大塚家具に資金援助を申し出たアメリカのファンド会社の
問題がある。ファンド会社なんて博打屋で、短期の利益をもとめて
渡り歩く。大塚家具が今後長きに渡って社会に貢献するか如何か
何てまったく眼中にない。そんな会社の短期の援助を見て、
新しいビジネスモデルが成功すると考える浅はかさ。
株式総会でも娘の行いにシャンシャンの賛成をしたみたいだ。

私もこの年になるまで沢山の会社の内容を少しづつだが見ている。
全て各々の会社には独特の経歴があり、個性があり、ビジネスモデルがある。
とても活字に書いてこうだと言えるものがない。
それほど会社経営と言うのは難しい。

社会は大塚家具の事件を見て、一代で築き上げた会社には
ビジネスの奥深い情報が沢山詰まっているのだと気が付いたと思う。
 

スマホを使わない生活の快適さ

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月14日(火)19時51分10秒
  今誹謗中傷だ、陰謀論に狂っただ、ソーシアルメディアへの対処の
方法だと毎日にぎわせているが、私そんなの全く関係ない生活
をしていてなんと快適であることか。

それでいてニュースに遅れる事は決してない。むしろくだらない
フェークニュースを読むこともないから、正確で速い。

今スマホの使い過ぎの害を説く記事を時々目にするが、それで
その記事がもう少し突っ込んで使い過ぎを止めるように書くかと
思うと、記事を書いている本人がスマホ片手に記事を書いているから
腰抜けになっていてとても読めない。

後世、スマホが検証される時、今の10年間くらいの人類の
進歩は多少速度が落ちたと記するのではないか。
 

陰謀論に囚われる

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月14日(火)13時37分27秒
  陰謀論ばかりでなく、誰でもその間違いをやる傾向があります。
早い話がオレオレ詐欺がそうであり、すっかり信用した老人が大金を振り込みに走る。

手品師もすごいですね。タネを見せられると、なぜこんな簡単なトリックが
見えないのかと不思議であるが、殆どの人は見えない。
詐欺にひっかかるも似ている。特にお金に追い込まれている人が犠牲に
なり易い。お金お金で心の窓が狭くなり簡単な嘘が見抜けない。

ネトウヨも同じでは。
今、日大の公金の不正流用が新聞に問題になっていますが、これも
似ている。不正流用をした人は最初からそれを目的にしたというより、
お金お金を考えている内に、犯罪と常識の間がぼんやりして、
気が付いたらお金に手を出していたという事でしょう。

この間違いを防ぐには、あまり一つの思考にのめり込まないで、
バランスを取る。即ち一歩下がってそれ以外の周りの景色を見る意図的な訓練
が必要です。

誰にも起きて、教育程度、頭の良しあしとは関係がありません。
頭を冷やす、客観的になるが鍵でしょう。
 

東京都の患者数急減

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月13日(月)17時21分50秒
  私はこのパンデミックが始まった今から1年半前から、大体2年で収束するのでは
ないかと言っていた。それはスペイン風邪が流行った、100年前の事象を
見ても、2年できっかり消えているからです。
今回のコロナはスペイン風邪に大変似ている。ならば今回も今年の12月で
消えない理由はないと。
 

”愛だ根性だ”の方向違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月13日(月)10時58分30秒
  神経症とは重大な脳の欠陥なのです。
普通の脳では出ていない強迫観念、英語でIntrusive thoughts
と言うものが常時産出されています。英語から分かるように、遠慮なく
ひっきりなしに入って来る邪魔な考えです。

こんな現象が普通の日本人の脳に起きていたら、社会が持たない。
なんでそんな事になってしまったのだろうか。私は遺伝子が絡んでいると思う。
特定のこれだという遺伝子ではなくて、遺伝子の組み合わせであろう。
だから運が悪ければ誰でも患者になる可能性がある。
将来、科学が進歩したら、愛だ、根性だの言葉を
吹かす患者を直ちに緊急入院させるでしょう。

先ほど心筋梗塞一歩手前の人の記事を読んだのですが、本人にはそれほど深刻には
感じられなかったらしい。が、医者は即入院を指示して、彼は一命をとりとめている。

これと神経症は似ているのです。今治療法も薬もないから野放し状態であるが、
将来はこの人たちを直ちに治療する時代になるでしょう。
そうしないと社会の大変な負担になるし、本人の人生も駄目になる。
 

女にモテるが全てなのか

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月11日(土)11時09分8秒
  橘玲を読んでいて、この人極端論が好きな性質と見える。
若い人をモテと非モテに分けてしまい、非モテが凶行に及ぶと。
モテ、非モテを分けるものは容姿であり、収入であると。
これが最初に決まっているなら、もう生きる意味はないということだ。

事実はその反対の場合が非常に多く、だから人生は面白いのではないか。
私は非モテに属するが、今この年になって見ると、そんな事はどうでも良く、
それより人生と言うのは長いし大変困難な道のりであり、人生を踏破するのは
それだけでも立派なことだと思う。

容姿と言ったって、結婚相談所に行くと美女がうようよいる。こんな美しい
人が恋愛できないなんてと考え込んでしまう。

じゃあ、金が全てかと言うとそうでもない。
金ばかりチラつかせると女に嫌われるし、金が目的で飛び込んでくる女
なんて最初に排除したい。
フィリピンでは女性の収入が男性を上回っているのを知っていますか。
それでも男はどんどん結婚して、子供を産んでいる。

芸大卒業だから有名な画家になれるなんてのも面白くない。
ゴッホはその正反対の履歴ではないのか。
相対性理論のアインシュタインはなんと大学に残れないで、町の
特許事務所に就職した。ここで働きながら日曜大工的努力で
相対性理論を発表した。

世の中は型にはまらない例外ばかりなのです。
 

続無理ゲーを読んで

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月10日(金)11時42分23秒
  橘と言う人は、敢えて禁断の知能指数と収入の関連を取り上げて、強調する。
本人も多少の迷いがあるようだが、それでも本の趣旨を押しとおす。

しかし、今般のアメリカのトランプ旋風を上手く説明しているのが収穫であった。
何故、あれほど奇妙な陰謀論を片手に、連邦議会を
乗っとるようなことを貧困白人がするのか。

その原因として、過去30年の間に目に見えて低学歴白人の
収入が低下したとしている。
陰謀論に乗る心理と言うのは何も今に始まった事ではなく、
人間が自分の尊厳に傷ついた時、それを合理的に説明する必要に迫られた時、
人は都合のよい理論に飛びつく。
産業革命以前では説明の役割をしたのは宗教であったが、
今は科学であり、科学が説明できない時は陰謀論が説明する。

ここで付け加えなくてはならないのは、アメリカ社会と
日本社会の違いだ。アメリカではあまりにも原理資本主義に
行き過ぎていると私は見る。

特に薬価が高い事。政府はおおっぴらに製薬会社が最高益を
追及することを許している。数年前に難病を救う薬を、
一晩で100倍に値上げした会社があった。この社長は
今は刑務所に入っているが、こんな事は日本では考えられない。

アメリカでは盲腸の手術に500万円、コロナの入院で1000万円の請求なんて普通だ。
日本も資本主義をやっているが、何処かにブレーキをかける
暗黙の了解がある所が良い。
だから私は何時も日本に生まれて良かったと感謝している。
 

橘玲の「無理ゲー社会」を読んで

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 7日(火)13時33分52秒
  未だ読み始めたばかりですが、ようは人間は頭の良さで決まると
言う本だ。読んでいて気持ちが暗くなってしまう内容であるが、
ある事実を示していることは間違いない。しかし多くの他の要素を
無視していて、人間の本質が分かってない。

確かに社会のトップに立つ人に高学歴、有名大学出がおおいが、
全てではないのは、菅首相を見ても分かる。確か彼は早慶以外の
六大学の一つの出だ。前の安倍総理は、聞いたことない大学の出だった。
国会議員の学歴を見て驚くのは、東京大学法学部が多い事。
うじゃうじゃいる東大法学部が首相になれなくて、それ以外の大学出が首相になる。

どんなに頭が良くても、入った会社が小さかったら全く刃が絶たないのも例だ。
例えば小さな製薬会社に入ったとして、ファイザー当たりと競争しても
まるきり格が違う。こんな時につぶやく言葉は「なにくそ精神」だ。

そう。人生なにくそ精神で生きる以外方法はない。優秀な才能を持って
生まれたいはあまりにも手前勝手であり、殆どが平々凡々で
生まれて来る。そこをぶち破るのはなにくそ精神でしょう。

私の人生を振り返って見ても、頭が全てではなかった。
幸運だったのは自分の才能を発見したからだと思う。

こんな話はどうだろうか。
物凄く頭の良い人がいるとして、彼は古文、漢文が抜群ですべて100点だとする。
その彼より成績が落ちる人が、好奇心がつよく、若い内に中国に
住む覚悟を決めて現地で生活を始めた。
その結果、漢文を100点取った人は、今も中国語はまるきりだめであるが、
中国で奮闘して生活した彼は中国語がペラペラになってしまった。
さあ、どちらに軍配を上げますか。
ただ、学校の成績だけで人生を判断すると大失敗しますよと言う話です。
 

一を知って十を知る

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 6日(月)16時01分44秒
  先般の河南省の洪水の件をユーチューブを見ていて衝撃を受け、
中共の本質と言うのが見えてしまった。
早速石平氏の本を読んで、ここから上海投石事件、
執拗な尖閣諸島水域への領海侵犯の理由が解けた。
これを一を知って十を知るというが、反対なのがスマホの多用だ。

スマホをあれほど見続ける人を見ていて、人類と言うのは
われわれが思うほど賢い動物ではないと感じた。
スマホは百を知って一が理解出来ない状態に等しい。
一日中入る細切れ情報を見続ける人に
頭の良い判断を期待する分けには行かない。

私は全然スマホは使わないがパソコンのヘビーユーザーで、
情報の不足など全然感じない。
親戚の赤ん坊の顔を見て便利なんて言うが、私はマンションに
時々で会う若奥さんの赤ちゃんを見る方が余程幸せです。

ある人は、スマホは今まで知らなかった駅から離れたレストランを
知らせてくれて驚いたという。
駅前のレストランでさえ一年に数回しか行かないのに、
何故駅から離れたレストランの情報が欲しいのか。

でも一つだけスマホの効用がある。
河南省洪水の5000人以上が水死した事件だ。
スマホの動画で記録していなかったら中共の力で圧殺されてしまっただろう。
 

東京は東北の一部であること

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 6日(月)11時26分55秒
  今年の秋の訪れは早かった。何時もは9月の第二週位に始まるが、
なんと9月の1日にいきなり気温が下がって雨が降り始めた。
このように秋の訪れが早い年が10年に一度くらいある。

こんな時に思うのは、東京は東北の始まりであり、東北の一部であると感じることだ。
天気図を見ると秋雨前線は東京の南にまで下り、オホーツク海高気圧が
張り出している。そこから押し出される冷たい空気が茨城県の沖の太平洋から
吹き込んでくる。これが酷くなると冷害の発生だ。

関東平野は平らだから、海から入り込んだ冷たい空気は関東平野全部を
覆う。しかし西の箱根の山で停止し、日本アルプスで遮られるから、
富士山の西側では気温は平年並みを維持して、東京が20度でも
浜松では25度と言う事になる。

こんな時に日本の中部から関西に住んでいる人が羨ましい。
 

マンション購入の実態

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 6日(月)09時33分35秒
  マンション購入と言うと支払いが終わった後は、完全に自分のもので
毎月の費用はゼロになると考えたいが、実際は住んでいる限り
管理費用が発生する。
私の知っている人の場合、管理費月5万円と言っていた。
これ、私の賃貸マンションの毎月支払いの半分に
相当してこれは何だ。

管理費はローン支い中も支払い後も発生して、トータルで50年間払ったとして
何と3000万円にもなる。するとローンの5000万円と合計して
8000万円になり、夢の自分の家が地獄の自分の家になってしまう。
しかもマンションの最大の問題は、大規模改修が殆ど不可能なことだ。
と言うことは、最後はおんぼろマンションで価値はゼロになる。

今時30年のローンを設定しても30年間仕事を保証してくれる
会社なんかない。生きる事とは大変なことだ。

じゃあ、賃貸マンションが全て良いかというと、年令が増すと
マンションは受け入れてくれなくなる。老人リスクというやつで、
でも社会は老人で溢れているから老人を嫌と言ったら
社会が成り立たない。

事実私は71歳で現在のこのマンションに引っ越して来た。
但し、不動産屋にうるさく確認を迫られたのが、年齢による
健康問題ではなく、毎月費用が払えるかであった。
若い頃貯金していたから、辛くもこの問題は通過している。
 

栗の煮方

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 5日(日)16時34分17秒
  以前、栗を買って来て普通の鍋で煮たのですが、出来上がりが
硬くて美味しくなく、皮の剥きとりが困難でした。

それで今日は私の得意の圧力釜で煮たらこれが最高で、今食べたの
ですが、柔らかく甘く、殻まで柔らかくなり、中味の取り出しが簡単でした。
普通あまり圧力釜を使いませんが、食品によっては超がつくほど便利な
鍋です。

牛の筋なんかも普通は堅くて食べられませんが、圧力釜でやると
ところてんみたいに柔らかくなってしまいます。
まあ、こんな事をするのも生活の楽しみですね。
 

ただ政治を批判していればいいのか。

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 3日(金)12時20分55秒
  日刊ゲンダイを見ればいいが、一年中政府の批判ばかりで
こんな記事を読んで楽しんでいた私の30歳台は浅はかであった。
政治と言うのは難しいし、問題はわれわれの社会の矛盾の現れでも
あるから追いそれとは解決しない。

半年ごと、一年ごとに首相を変えていても何ら改善しない。
今バイデンはアフガン撤収をめぐってピンチであるが、何とか持たして
回収した予算の使い道を新しい強敵である中国に回してもらいたい。
余程ダメ以外は政治のリーダーは最低4年やる必要がある。
その位の余裕がなければ何をしても成功しないだろう。
 

恋愛とは

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 2日(木)14時27分48秒
  恋愛とは社会に違った遺伝子を取り入れるメカニズムなり。
眞子さま騒動をみるように、英国王室を揺るがせたヘンリー王子と
メーガン妃の件を見るように、恋愛とは人類に基本的に存在する
違った遺伝子獲得のための欲求と私は考える。

天皇家だろうが英王室だろうが、彼等もやはりわれわれと同じ人間です。
体内には違った遺伝子獲得の本能が渦巻いている。
だから、あまりこの件で騒がないで静かに見守ってやろうの意見です。

ただ恋愛がうまく行くかはこれは分からない。お見合いとどちらが成功率が
高いかと問われれば、同じ位じゃあないの。
恋愛はかっこうがよさそうですが、結婚の本質は子供を産んで育てろだから、
その目的が達成されるなら恋愛だろうがお見合いだろうがどちらでもいいのです。
 

中共の本質が見えた

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 9月 1日(水)11時31分46秒
  私もバカだった。今から15年位前に中国西安に行って中国の魅力に
取りつかれていた。あいにく、あの時上海では日本領事館に対する投石事件が
発生していた。この意味が今まで分からなかったのですが、今回の河南省の
洪水の被害とそれに対する中共の残忍さで、目から鱗と言いますか、
一瞬にしてすべての疑問が解けました。

あの上海領事館に対する投石は中共が組織的に人民を動員してやった結果です。
戦後日本は戦前の侵略事実を謝る意味で借款の形、技術供与の形で
中国に大変な援助をしたのに、その恩を仇で返すが上海事件なのです。

民主主義の国家ではこのような事は出来ない。常識と言うか、恥と言うか、バランス
感覚が抑制している分けですが、それは中共にはない。
新疆ウイグル自治区の組織的民族浄化作業、同じく内モンゴルに対する残酷な
同化政策、チベットの仏教破壊、そして間もなく始まろうとしている、台湾進攻。
これを考えると日本に対する恩を仇で返すなんて朝飯前であり、尖閣諸島を乗っ取り、
ついでに沖縄を自分のものにするなんて十部に考えられる。

今から考えるに、鳩山民主党政権が出来た時に、検察が動き出して強引に
政権を倒した。これに私は猛烈に腹が立ったのですが、今から考えれば
私のあさはかさであった。鳩山は中国思考であったし、小沢は大量の議員団を
率いて中国に訪問した。あってはならない、悪に対してひざまずく行為をした
分けで、これはいけないの感覚が日本全体にひろまり、検察が動いたということ
でしょう。

民主国家と言うのは間違っても中共のような行動をしない。
アメリカであれば、戦後直ぐに小笠原列島を返してくれた。
ニクソンは佐藤内閣に腹を立てたが、これは個人的なしっぺ返しに納まっている。
クリントンも日本を嫌ったがあり得ない行動にまで発展してない。
自国民を数千万人の単位で殺す殺人マシーンは、世界に対して破廉恥な
行為をすることなど全く気にかけない。
 

コロナ第四波は収束するか

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月30日(月)18時58分59秒
  今日の東京の患者数は1915人と言う事で、胸をなでおろしている
所です。最悪は今頃7000人とか8000人で、もうこうなると
コロナに感染しても自分の家で死ぬ以外方法はなくなる。

私の予感は、100年前にスペイン風邪から、あの最悪な
パンデミックでさえ2年半で収束しているから、今回も12月が山場で
はないかと。

誰でも感じていると思いますが、コロナが流行ってから人生が
面白くなくなった。喫茶店さえ行くのをはばかる。毎日家にいるばかりで
全然面白くない。
現金収入が途絶えた人がかなりいるのではないか。
早くコロナが収束して目いっぱいの人生を楽しみたいですね。
 

先ずは緊張を解く事

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月29日(日)16時47分34秒
  神経症者の多くは、克服とか完治根治の言葉を日常使っている。
即ち、自分が緊張するその激しい瞬間に症状を解決したい分けで、
それは無理な話である。

私が対人恐怖、異性恐怖を解決した理由は、
自分がトラック運転手であったことだ。この仕事では対人で
緊張する時間が最も少ない。
もし、会議が多く、意見を述べなくてはならない、あるいは営業で
客に面接するのが仕事だったら、これは絶対と言っていいほど無理な話だ。

神経症脳が暴発している状態ですよ。そんな時に
どんな解決方法を案出しても、その場で無効になり、脳は空転地獄になってしまう。

これを避ける唯一の方法はまず、苦手な場面を避けて
自分の脳に安らぎを与えることだ。どんな欠陥脳でも
緊張が解ければ理性的に考える事ができる。
その状態で自分に静かに治す努力、治そう思考の
継続が良くないことだと言い聞かせれば、脳も
受け入れる事が出来る。

逆の条件下で自分に強い命令を下すと、発狂と言うか錯乱状態になってしまう。
神経症は、はっきり言って精神病なのです。
 

衣料業界の問題

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月28日(土)16時26分52秒
  昔と違って今は修復して服を使う時代ではなくなった。2,3回着て
ポイ捨てする人がおおいのではないか。
われわれ子供の頃は、”おさがり”と言う言葉があった。お兄ちゃんが着た服を
弟が着るというやつです。ミシンと言う足漕ぎの縫い具があったのを思い出す。

これがなくなって一回か二回着て捨てる。ゴミ捨て山に破棄されるか
燃やされる。地球環境を破壊する元凶ではないか。

私はフィリピンに回数行った関係で、古着専門店の呼び名まで知っている。
現地では”ウカイウカイ”と呼びます。ある日、自分は半ズボンを持ってこなかったのに
気が付いた。フィリピンでこれなしでは暑くてしょうがない。
そこでショッピングモールに行って買おうとしたら、売っているのは安物で、ペラペラで、
ポケットがやけに小さい。とても使い物にならないから町を歩いていると、古着屋
を見つけた。ここにはあるはあるは、半ズボンだけでも数千着は置いてあった。
一枚なんと150円ではないか。

ホテルに戻って着るとこれが上出来なのですね。日本なら4000円位で売っている
ものだ。この時思ったのは日本でももっと積極的に古着を利用したらどうかであった。
安いばかりでなく、品質がよい。

今プラスティックの多用、大量破棄で地球が崩壊に瀕している。
いよいよ繰り返して使う時代ではないか。
 

戦争開始の難しさ

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月27日(金)16時32分26秒
  アメリカが20年前にアフガンに攻め入った時に誰が今日の事態を
予想しただろうか。アメリカはアルカイダ退治に前のめりになり、戦争
終結までのシナリオを考える余裕がなかった。

アフガンはこの方1000年以上も国を形成しないで戦いに明け暮れた
地域だ。最近ではロシアに占領されて共産主義を押し付けられたが、これを
押し返し、アメリカが民主主義を教えるためにやって来た。

リビアを見ても分かるように、世界には民主主義が出来ない国は幾らでもある。
カダフィーを倒して今度は大丈夫と世界は見たかったが、やはりまた潰れた。
シリアはご覧の通り、エジプトはムバラクが倒れて民主主義が期待されたが、
その後も不安定のようである。

大体あの地域では強国が介入して国造りのお手伝いみたいな事をしても
必ず失敗する。独裁政治はいけないが、それ以外には方法がないように見える。
ただ、その独裁政治が世界の平和を壊す方向に進んだ時、これは介入しないと
ならない。
 

生き方が変わったこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月27日(金)15時30分50秒
  思いだすに、今から30年前に池袋のビッグカメラに行くと、特に日曜など
行列を作って人が店内に入って行く光景を見た。
しかし最近はヤマダ電機に行くのですが、あのだだっ広いフロアーに客が
一人二人しかいない。店員もレジの所にいるだけで、何処にも
店員がいやしない。

その原因は、私自身、電気製品の全てをアマゾンで最近は購入しているからだ。
最近はベッドとか冷蔵庫の大型商品まで買っている。
アマゾンの良さは品数が多い事。こんなものないだろうと思うと
間違いで、全てそろえている。

それと商品説明が微に入り細に入りよい。写真も拡大可能と来た。
こうなると家電量販店の時代は終わったのではと感じる。
しかしそうなると日本人は一体何処で給料をもらうのだ。
大変な時代になったね。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月27日(金)14時21分55秒
  ヒスタミンと鬱
http://mui-therapy.org/newfinding/histamine-and-depression.html

最近炎症と鬱が関連があるのではと言われている。SSRIに反応しない鬱病の
患者では強い炎症反応があるからだ。
炎症はヒスタミンの分泌と関連している。ならヒスタミンの分泌を抑えれば
SSRIの効果が向上するはずで、動物実験ではそれが証明された。
 

地球を持ち上げるほどの努力

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月26日(木)20時10分10秒
  以前雑用の重要さを指摘したとき、ある神経症の人から雑用を
している連絡が入った。しかしその雑用と来たら物凄い量であり、
まるで戦車が動き回っているようであった。これはいけないと思って
、以来雑用をあまり言わなくなった。

雑用は重要ではあるが、その実行のために、地球を持ち上げるほどの
努力をしてはならないのです。その努力こそが狂いの象徴で、そんな事
をしていると間もなく錯乱状態になってしまう。

思うに私が神経症を治す劇的転換をした48歳のある晩に、私は
努力をした記憶がない。ただ、30年間実行して来た森田療法が
無意味であると気が付いただけであった。
気が付いただけだと体を持て余すから、それでは動きましょうと立ち上がって
身の回りの整理を開始しただけです。あの頃トラック運転手をやっていて
日ごろは帰宅すると倒れ込んで寝るだけだった。

そう、人生の大転換を起こすのに死ぬほどの努力は必要ないのです。
あるとしたらそれこそが強迫観念の正体であり、実行したら心は
また裂きにあう。

本当に重大な決定をする時とは、意外とひじでグイと押される程度なのです。
それで世界が変わってしまうのだから素晴らしい。
成功は努力の賜物でなく、自分でも気が付かない外側から入って来るとは。
 

AIに対する個人的印象

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月26日(木)13時59分25秒
  AIが登場して以来、囲碁の世界は劇的に変化して、これが囲碁か
と思うほど従来からスタイルが激変しました。
今まで使い慣れた定石は殆ど使われなくなり、新しい定石、しかも
こんなのあり得ないと思うような定石が出てきて、見ている方も
月面に降りたような感じに囚われます。

しかもAIにプロのトップ級がまるきりかなわない。
2目置いても勝てないで3目のハンデが必要と言うから悲しい。
人間では精々20手位先を読むのに、AIでは100手先まで
読むような芸当をやり、これでは人間は勝てない。

じゃあ、人間はAIに完敗かと言うとそうでもない。
グーグル翻訳をたまに試すのですが、確かに速度は速い。
人間なら数時間かかる翻訳を数秒でやってしまう。
しかし翻訳の質はと問うと、とてもプロには使えない。
文章を読んでもその方向が見えない。上向いているのか
下向いているのか、あるいは左を向いているか分からない。

人間が文章を読む時に大事なのは、文章から伝わる雰囲気、
感覚、匂いと言うようなものだ。これがあるから迅速に読める。

例えば人の言葉を訳す場合、雰囲気からこの人の年齢、学歴、職業、背景が分かる。
これがAIにはないために、匂いの感覚を失ったコロナの患者が食事をするみたいなもので、
もう食べる楽しみ、即ち読む楽しみが消滅してしまう。
如何に感覚と言うものがわれわれの生きる上で重大な役割をしている
か分かるでしょう。

以上からAIは翻訳では及第点以下ですが、速度だけならAIを置いてないでしょう。
 

日本人のカタカナ英語はかっこうが悪い。

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月25日(水)16時13分25秒
  毎日ブログを読んでいますが、ブログを書く人達の多くは
頭の良い人たちなのだろうが、彼等の書くカタカナ英語のお粗末さには
がっかりする。われわれよりマシかと思ったら大間違いで、
レベルの低さで嫌になってしまう。

使う単語は決まっていて、スキル、ピークアウト、インバウンド、ユーザー、
クライアントと来る。
先日ワシントンDCに派遣された日本の主な新聞社の記者の英語の
お粗末さを笑うユーチューブがあって驚いた。ワシントンDCに行っても
ロクに英語ができないから、時々重大な間違いをするらしい。

日本人の英語のダメさ加減を良くするにはどうしたら良いだろうか。
私はスカイプを主体とするオンライン英会話を薦める。
出来るだけ若い人がよい。少なくても十代前半だ。

英検だ、TOEICだと言わないで、押っ取り刀で今すぐ
話すのです。若ければ若い程よい。彼等は文法へったくれを言わない。
見よう見まねに直ぐ開始するだろう。

30歳を過ぎると猛烈に難しい。会社から帰って来て
やったとしても大半が10回位でギブアップして止めてしまう。
彼等の逃げ口上は英検何点なのだ。
何の事はない。テストは止めるための準備、あるいは、言い訳に過ぎない。
 

バイデンの決定は正しい

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月25日(水)15時14分3秒
  アフガニスタンから惨めな撤退でバイデンは批判されているが、撤退が
遅すぎた。世界のどの国が、人の国に出向いてそこを守るのに20年も戦う
であろうか。アフガンを守っても何も得るものがない。アルカイダのオサマビンラディン
を殺したらもう用はないのです。

それよりアジアの民主主義が中国の脅迫で危機に瀕している。
台湾進攻が現実的になって来た。もし台湾が乗っ取られたら、次は
韓国であり、日本であり、それは世界の民主主義の危機だ。
こんな時にアメリカが自国の安全を考えて兵を引き上げるだろうか。

ここは世界の人の幸せを守るためにアメリカに頑張ってもらわないとならない。
もちろん、台湾も日本も自国を守る決意は固い。
問題はわれわれには核の傘がない事だ。これはアメリカにお願いせざるを得ない。

後は大丈夫。中国から来る情報は酷いの一言だ。
高速のアンダーパスで溺死した人数は今も極秘で分からない。
水でいっぱいになった堤防を夜中に来て穴を開ける
ヤツがいる。これが政府から雇われた人間だと。
最後はデカい重機を持ってきて堤防を破壊した。
地元の農民の犠牲のもと、都市に被害が及ばないよう、
あるいは軍の施設に被害が及ばないように夜中に
堤防を破壊するとは。

とてもこんな国が持つとは考え難い。
 

あゆさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月25日(水)11時19分13秒
  心の病気は難しいのです。
だからくれぐれも完治根治なんて言ってはならない。
貴方は統合失調症でしょう。
統合失調症の人の文章は柔らかく暖かさを感じるのに対して、
神経症者では最初から突っかかってくる激しさがあります。

神経症になって以来この方30年も毎日どうしたら
治るか考えているのに、無為療法に来たら治す方法の全部を
忘れろという。なんとまあ、無慈悲なと感じるからでしょう。

しかし神経症は治そうと努力をしていると、そのまま人生の終着駅まで
神経症で終わってしまう恐ろしい病気なのです。
だから停止以外に方法はない分けです。

原因としては生物学的理由があり、最近脳の科学は一歩一歩
原因究明に近づいている。
今から20年前は毎日セロトニンばかりであり、これではダメだと思った。
今では扁桃体自身が恐怖、不安を抑える役割をしているという報告もある。

ケタミンと言う薬はグルタミン酸の分泌を抑えて鬱を改善するという。
ズラノロンと言う薬は脳のGABA受容体に働きかけて産後の鬱を
改善するという。

このように確実に脳の科学は進歩しているから、何時か神経症脳の
欠陥に迫って、解決する薬が出て来るのではないか。
 

久々

 投稿者:あゆ  投稿日:2021年 8月25日(水)08時15分13秒
  私も、なおってないんだなあと思っています。
改善がないこと、重々承知です。
しかし、行動の停止は可能だと思います。
神経症がなおれば、明るい人になれると思います。
 

目から鱗

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月24日(火)10時59分8秒
  先般の河南省の洪水をユーチューブで見ていて、残忍な中共の
本質が分かり始めた。それでインターネットで石平さんの本を購入して
読みました。最初は当初ともめていた内容と違うのでがっかりしたのですが、
読み進めて、中共とは何なのかがありあり見えて来て、今までの疑問が
一挙に雲散霧消しました。

何故チベットへを攻撃して奪取したのか、何故内モンゴルの民族浄化
なのか、大躍進政策と2000万人の飢死、天安門
事件と2千人の学生虐殺、そして文化大革命での死者数1000万人
と枚挙にいとまがない。
加えるに、尖閣諸島に対する絶え間ない侵入、気を抜けば奪取さえもいとわない
姿勢と幾らでもある疑問に石平さんは一挙に答えてくれた。

それは中共とは設立当初から、人民を虐殺して恐怖でもって政権を奪取する
性質のものであったからだ。文化大革命類似の人の屠殺は、それ以前にもそれ以後
にも継続して起きていて恐らく今後も起こるであろう。

当然世界との軋轢は起こるべくして起きたのであり、さあ、今後は何処まで
中共が存続できるかである。
人間性を基本的に圧殺する政権は永遠には続かない。
今は、たまたま経済が躍進したから持っているのであり、少しでも曇り始めると
持たないのでは。
 

商売と責任

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月24日(火)09時07分59秒
  朝日、読売など主な新聞も、戦時中はイケイケドンドンの記事を書いたそうだ。
新聞社に言わせると、良くないのはわかっていたが、商売だから
そう書かざるを得なかったという。書けば売れる、売れるから書くの連鎖だ。
文春もそんな所がある。人のプライベートに忍び込み、ばらして
儲ける。商売だからそうせざるを得ないが本音なんだろう。

しかしマスコミには重大な責任がある。もし間違った方向に国民を導く
記事を書くと、国家が重大な損害を被る。
太平洋戦争がそうであり、今回のパンデミックに対する無防備さもそうだ。

あれほど長きに渡って、ワクチンの副作用と死を書き続けると、
誰だってワクチンは作りたくなくなってしまう。今頃政府を責めても、既に
遅しだ。この責任をどう取ってくれるとマスコミに言いたい。

悲しいかな、最終的には国民の民度に行きついてしまうのだろう。
先般の大戦でもイケイケの戦意高揚記事を貪り読んだのは国民自身だし、
今回のワクチン騒動も副作用の記事を読んでワクチン・ノーの意思表示を
したのはわれわれであった。

こんな時一体どうしたらいいのだろうか。
やはり広い情報収集の窓を確保して置く事だろう。
テレビの見っきり、スマホ中毒では賢い判断は望めない。
 

ための雑用と皿洗い雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月22日(日)19時51分56秒
  無為療法では長い事雑用を指導していました。
しかし雑用には難しい一面がありまして、神経症者に雑用と言うと
彼等は神経症を治すための雑用をやってしまう。
これは治すより、一挙に神経症は悪くなります。だって神経症の治す本質は
治す行為の停止だからです。

しかし、青い顔してないで台所の皿を洗ったらどうかと言うのは全然
違う。どこか違うかと言うと”ため”がないからです。

台所の皿洗いには神経症を治すは何処にもない。丁度息を吸うような
もので、息を吸うのは神経症を治すためではないし、吸わないと死んで
しまう。台所の皿洗いはやらないと、次の食事ができない。

ここの所に雲泥の差があり、以前私は神経症者の
質問に答えないで、今日のこのお天気、素晴らしいでは
ないか、直ぐ衣服を洗濯して干したらどうかと言ったものです。
これが神経症を治す本質でして、直ぐ立ち上がってやる事は
幾らでもあるではないか。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月22日(日)16時56分38秒
  瞑想への疑い
http://mui-therapy.org/newfinding/mindfulness-make-selfish.html

インターネットを英語で見ていて気になるのは、ニューヨークタイムズあたりでも
マリワナ、麻薬関係の誘い記事が多いこと、瞑想の過剰な宣伝が多い事です。
瞑想を取り上げるのは良いが、何のことない安っぽいハウツーものの一つに
成り下がっているのではないか。
私と同様の疑いをこの記事では取り上げている。
 

アメリカボケ

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月21日(土)11時19分59秒
  アメリカはアフガンで20年も戦争をしてこのザマだ。一体今まで20年間
何を見ていたのだろうか。母親がよく私に対して、”お前の目は節穴だ”
と言ったものだ。まさしくアメリカの目が節穴であり、これをアメリカボケと言ったら良いだろう。

今から40年前のサイゴンの陥落直前のあるレストランの話として、レストランは
2階づくりで、確かアメリカ人の将校はその2階に出入りして食事して
いたらしい。しかしその一階にはベトコンのスパイが常駐していて話が筒抜けだった
と聞く。

これと同じことがアフガンでも起きたのではないか。アメリカの基準を幾ら押し付けても、
2000年この方続く戦争地域が変わる分けがない。手前勝手に民主主義が
作り上げて女性が解放されると考えたのだろう。それが無理なのは数年で分かるのに、
20年の無駄をしたとは。

冷たく聞こえるかも知れないが、世界がアフガンの悲惨に注目するのはメディアがカバー
するからである。以前、クリントンの頃、アフリカのある地域を平定しようとして
失敗した事があった。あの頃、毎日アフリカ現地の情勢がメディアで伝わり
世界の同情があつまったが、アメリカが引き上げメディアが引き上げたら、世界は
まるきり何事もないかのように忘れてしまった。決して問題が解決したわけでは
ないのに。

世界にはアフガンより困難な地域が幾らでもあるであろう。しかし知らなければ
それまでと言うのが現状なのです。冷酷かも知れないがこれが現実だ。
 

差別

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月21日(土)10時22分36秒
  差別と言うのは、自分が差別される側に周らない限り実感しないだろう。
私は悲しいからトラック運転手を20年間やったから、世間の運転手
を下に見る差別感を十分経験している。

不思議と日本人の3人に一人、5人に一人は意識してか知らずか、われわれ
トラック運転手に対して差別をむき出しにしてくる。
あの時思いましたね。ははー、日本人はその生存本能の一部として
差別をむき出しにすると。

差別は態度であり、言葉であり、ガラッと変わるのだ。まるで別種の言葉を使う。
その人の教育水準とは関係がない。下っ端のお茶くみ女性が、
むき出しの差別をした時には一種のショックと怒りを覚えた。

スーパーに納品に行った時、ある担当のマネージャーが冷酷な言葉を
私に発した。あの冷酷な言葉を発したスーパーのマネージャーは今、どうして
いるだろう。恐らく昨今の厳しい事情、とっくに仕事を辞めているか、クビになっているかで、
差別される側になっているのではないか。

でも社会を恨めし顔で見るのはよそう。
実は日本人の3人に二人は実に優しいのだ。
あの頃大日本印刷に下の下の孫請け運転手として行ったが、現場の
人たち、その少し上の職位の人たちが実に私に対して丁重で、親身になって
対応してくれた。

一番感謝したのは、日販と言う本の流通大手の専門運送会社である
日販運輸に下請けとして行った時に、そこの課長の親切な
態度に、うーん、社会は案外捨てたものではないなと感謝した。
あの会社があったからこそ、今破産老人を免れた斎藤が
いるのであって、ああ、社会は、辛い人もいれば優しい人も
いて、良いものだなの結論です。
 

ブログで言いたい事言って不愉快になることがある。

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月18日(水)17時33分32秒
  アメリカがアフガニスタンから撤退して、次は台湾か、日本かと
書きまくる姿が不愉快になった。物事をあまり一方的に書くと、返って
事実から遠のいていく。

アメリカが防衛に失敗したのは軒並み腐敗した国で、そうなるのは
アメリカならずとも皆分かっていた。私はアフガニスタンは最初から上手く行かない
ような気がしていた。アメリカも現地の腐敗ぶりを見て、数年で諦めていた
はずである。

では台湾が同じになるかと飛躍してはならない。台湾は確固とした独立国家で
ありシステムは確立されていて、誇るべき民主主義国家だ。自力で自国を守る
気概も能力もある。ただ、軍事的バランスが最近中国に傾いていることと、
核の防御がないだけである。

日本も同じで、アメリカが頼りないから自国で核武装と言う分けには行かない。
もし日本が核武装をすると韓国もするし、他のアジアの国が雪崩を打って進み、
世界的核戦争の危険が増す。だからアメリカの核の傘に頼るしか方法はないのです。

最近嬉しいのは、ヨーロッパの国がアジアを心配して海軍を派遣してくれたことです。
イギリスがクイーンエリザベスを旗艦とする空母打撃軍、ドイツがフリゲート艦、
フランスも派遣と聞いている。これだけ圧力をかければいくら何でも中国は
まさかの攻撃を台湾にはしないであろう。
 

スイッチ壊れ症候群

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月18日(水)14時58分39秒
  われわれ対人恐怖の患者は、不潔恐怖の患者を見て笑う傾向がある。
何であんなに一日中手を洗っているのかと。
同じく拒食症の患者へも、何故食いたいものも拒否して死ぬまで絶食するのかと。

でも、不潔恐怖、拒食症、対人恐怖には共通しているものがある。
それは、思考の暴走とそれを止める安全スイッチの不良だ。
今でも覚えているが、結核で入院した16歳のある晩、毎日部屋まで小物を
売りに来る可愛い女性に話しかけられない自分を、問い詰めている自分を発見した。
それまで経験した事がない事態で、以来32年同じことを考えている。

神経症脳とは欠陥脳であり、一度思考が暴走すると止めることが出来ないから厄介だ。

分析を加えると、確かに神経症者では思考が暴走するが、それを固定化するのは
努力であり、備えであり、練習であった。
良かれと思ってやった努力が、暴走を加速し、恐怖を化け物と思わせるほど
巨大化させていたのです。
最近のアメリカ国立精神衛生研究所の研究発表も同じことを指摘している。

だから、「完治根治」は人生雪隠詰めへの特急券なのです。
完治根治を言い始めたら人生破産と覚悟した方が良い。
今、直ちに暴走エンジンのキーを抜くのです。
 

アフガニスタンの惨状

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月17日(火)18時03分11秒
  皆さん、空港に集まった人たち、彼らが巨大な貨物機と一緒に
走って、今にも飛び乗りそうな様子を見てショックを受けたでしょう。

私はアメリカもよく20年間もアフガンで戦い続けたと、むしろ感心します。
確かロシアも同じことをして、5年後くらいに引き上げ、その財政的負担に耐え切れず
ソビエトの崩壊につながった。今回はアメリカの崩壊にはならないが、
、大変恰好の悪い結末である。

アフガンを見て、ハイチを見て、ベネズエラを見て思う事は、何と国造りに失敗する
国が多いことか。皆、当該政府を批判するが、国民全体に腐敗が蔓延している
のが原因と私は見る。上から下までこうだと、何をやってもダメだ。

テニスの大坂はハイチの地震で巨額な献金をした模様であるが、
現実を甘く見ているのではないか。
腐敗した国では、献金も援助も末端に届く前にほとんど蒸発する。
公的なお金を盗むという行為が社会の常識になっている社会では、
お金が社会の発展のために使われることなく消えて行くのが当たり前なのでしょう。

今回の中国河南省洪水でも、海外華僑から多額の献金があったらしいが、
その大半が地元腐敗政府に盗まれたらしいです。
フィリピンに巨大な台風が襲って6000人が死んだことが5年くらい前に
あったが、この時世界から寄せられた資金物資の大半が地元まで
届かなかった聞く。
 

罠にかかった人たち

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月17日(火)10時58分7秒
  神経症者とは罠にかかった人たちです。
罠とは完治根治であり、完治根治が可能と信じる心であり、恐怖は
努力により克服できると信じる心なのです。

一度この仕掛けが出来てしまうと、殆どの人は一生この中で
終わりになってしまう。しかも次第に状況は悪化して、最後は錯乱状態のようになる。

これを避ける唯一の手段は、努力をすれば治ると考える
生活を今すぐ停止するのです。停止すれば治ると取引するのも、
罠を強化するから難しい。

丁度、麻薬の罠にはまった状況と似ていてい、そこからの解放
は奇跡と言うほど難しいが、不可能ではない。
質問による理解ではなくて、全て貴方の決意にかかっているのです。
 

風邪程度ではないこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月15日(日)18時33分59秒
  維新の会の議員に、コロナを風邪程度に言う傾向があり
賛成しなかった。自民党の議員もその傾向があり、コロナより
オリンピックであり国威発揚であった。

コロナのデルタ株が出て以来様相は一変し、今まで比較的
アジアは欧米に比べて守られていたが、もうその防波堤も崩れようとしている。
インドネシアが崩れ、マレーシアも急激な患者に見舞われている。

あまりビビってもダメだが、カラ元気を出して臆病な人をあざ笑う態度が
もっとも良くない。良くない例がトランプ前大統領で、彼が退場
して、やっと胸をなでおろした分けですが、再登場を願っている人たち
がかなりいるのには困ったものだ。

トランプと言い、ワクチンの副作用情報の蔓延と言い、私は
スマホ現象と一括りにしている。スマホがなければ、トランプの
登場もなかっただろうし、悪質なフェークニュースの蔓延も
なかっただろう。人々はスマホで便利になったというが、実は我々の
生活はスマホにより不便になっているのではないか。
 

努力すれば成功する、は間違っている

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月14日(土)15時58分59秒
  これ金言ですね。
私、下手なアマチュアコントラバス奏者であった。開始した年齢も遅かったが、
死ぬほど努力してもさっぱり上手にならなかった。
時々ヘルプで上智大学のオーケストラから学生が応援で駆け付けるのですが、
彼らは僅か3年位でN響に入団できるくらいの腕前になってしまう。
他の音大の学生もそうだ。トランペットとかトロンボーンとか僅か数年で協奏曲を
ソロで吹けるほど上達してしまう。
これ努力の結果と言うより、天に与えられた才能の開花が正しいのでは。

400mハードルの為末選手も同じことを言っている。世界で10位以内に入る人が
努力ではないというから驚きだ。気が付いたら犬より早く走る自分であったと。

ユニクロの柳井さんも同じことを発言している。気が付いたら売り上げがどんどん上がっていたと。
常人では100年努力しても追いつかない仕事を僅か数か月で成し遂げてしまい、
しかも自分ではその理由に気が付かない。

私も思い当たる節がある。
簡単な話神経症ですが、神経症の努力と言うのはそれは凄い。
常人では考えられない激しい努力を生涯するが、今までそれで成功した人見たことがない。
私が神経症を抜け出すのに僅か一晩であった。

もう一つ英語がある。
インターネットを読んでいて記者の英語力が低いのに驚く。
グーグル翻訳におんぶにだっこで、自分で原文を読む力がない。
聞くところによると、アメリカ、ワシントン市に特派される日本の優秀な記者の英語が
ダメと言う。英語が喋れない所か読むことも出来ないから、重大な間違いをするらしい。

彼等の多くが超有名大学をでて、英語の試験は満点の連続でこのザマは一体何か。
間違った努力をしていると、幾ら努力をしてもダメだの典型的な例でしょう。

私の英語の努力は迂回方法であった。試験で高得点を目指すのではなくて、
楽しい会話を呆れるほどやった。映画を見ながら俳優と一緒になって発声練習をした。
気が付いたらニューヨークタイムズの記事をスイスイ読めるようになっている。

だから、努力すれば成功は間違っているのです。成功は気が付かない方向から
やってくる。誰にも才能があるが、それに気が付く人は殆どいないのが
残念ですね。
 

豪雨に注意

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月14日(土)12時24分10秒
  2週間ほど前に河南省で洪水がありましたが、この河南省と
日本は今前線でつながっています。だから日本も洪水の
被害が起きそうです。

中国と日本は離れているようで、近いので同じ天気になり易い。
梅雨の最中に上海に行った事がありましたが、上海は東京と
全く同じの梅雨空でした。
あの時、東京と上海は大体同じ天気だと思ったの。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月14日(土)09時28分41秒
  ケタミンの作用機序
http://mui-therapy.org/newfinding/ketamine-mechanism.html

ケタミンは前からSSRIに比べて抗鬱効果が早く現れると言われていた。
ただ副作用がきつく、妄想、幻覚、依存性があって処方がためらわれていた。
副作用のないケタミンの開発が急がれるが、それには作用機序が分からないと
ならない。今回はカロリンスカ大学の研究で、その作用の機序が明らかになった。
 

小田急の殺傷事件

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月11日(水)12時50分55秒
  この男、女性に対して妄想的恨み、被害者意識を持っていたようです。
読んで直ぐ感じたのは、私が30歳頃に持っていた女性に対する
恨み意識です。

神経症の異性恐怖でもあまり恐怖、不安が強くなり過ぎると妄想が
生じて、関係のない一般女性に危険思想を持ち始めてしまう。
幸い、私には危険は起きなかったが、神経症を単に真面目な人なんて
考えていると自他ともに危険が及ぶ。

これを防止する最善の手段は、神経症を、正々堂々と脳の病的状態と判断するのです。
治療強迫行為が暴走して、脳と言うエンジンが焼き切れそうになっている。

エンジンの分解を唯一防ぐ方法は、意思でもってエンジンのキーを
抜くだけですが、時に強制力が必要になる。
一番良いのは狂いを修正する薬の服用であるが、それを待っているわけには行かない。
私の個人的経験から、自分の意思で暴走エンジンのスイッチを切る方法は
成功率90%以上と出ている。
 

ユーチューブの威力

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月 8日(日)10時57分49秒
  中国の洪水被害の情報を見ていて、もうこれは普通の新聞報道では
役に立たないと感じた。日本のメディアではこの件は殆どゼロであるが、
ユーチューブから入って来る情報は凄い。特に香港発のインターネット中国語
メディアは抜群である。
今日の段階で、あの鄭州市の高速地下道でなくなった人の数は6000人、
その他に地下鉄関連でなくなった人4000人で計10,000人と言うから
驚く。

洪水から中国の本質が全て透けて見えてしまった。
中共の本質は党を維持するには自国民の犠牲など眼中に
ないと言う事です。従って外国への被害も考えていないのだろう。

道路工事のずさんさ。側溝はあるがこれがインチキ側溝で絵で描いて
あるだけで水は流れない。レンガはデタラメでぼろぼろに直ぐ崩れる。
膨大な数のダムを作ったがこれ等全体を管理するシステムがないから、
耐えきれなくなったダムが密かに放流する。それが夜行われて、連鎖的に
下流のダムを破壊して大量の水が都市に流れ込んでしまった。

今回の被災から得た結論は、中共はもう長く持たないであった。
間もなく中国式資本主義も終焉するから、ここに投資している人は
出来るだけ早く資金を引き揚げるべきだ。
 

神経症は狂いであること

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月 6日(金)14時14分19秒
  このポイントを押さえることが、悲劇防止の出発点だと思う。
今まで、森田療法の完治根治を夢見て、夢破れて
パチンコ狂よろしく、損すれば損するほど入れ込んで、最後は
人生崩壊する話をよく聞いています。

神経症とはそれほど危険な狂いであり、一度暴走を始めると
人生が終わるまで同じ無駄な努力で終わってしまいます。
困った事には、努力をすればするほど狂いの回路は強化される事です。
強化された回路は更に努力を要求し、要求された脳は
崖っぷちに追いやれ、最後は錯乱か極度の鬱状態になるのです。

この最悪のシナリオを避けるのはただ一つであり、今すぐ無条件で
神経症の戦いの終了を宣言して実行するのです。
ここで、最後の質問だなんて人間は全く治る可能性なし。
 

オリンピックなんて言っている場合ではない

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月 5日(木)18時04分26秒
  今日の速報では感染者の数が東京で4000人を超えた。
これは異常な急上昇であり、極めて憂慮する。
オリンピックが始まると、夕刊フジあたりが手のひら返しなんて言って
はしゃいでいたがトンデモナイ。
手のひらはとっくに戻っている。
強いロックダウンで感染を抑えないと日本が第二のインドやインドネシアになる。
どの面下げて手のひら返しなんて言っているのかね。
そんな事で、私は全然テレビを見ていない。
 

河南省の洪水

 投稿者:斎藤  投稿日:2021年 8月 1日(日)20時53分15秒
  ユーチューブから入って来る情報はすごい。あの水没した高速道路のアンダーパス
でどの位人が死んだか。地下高速道路の長さは4.5Kmだから3000台から
4000台の車が水に沈んだと思われる。沈むまでの時間は僅か5分。

殆どの人は逃げ遅れて死んでいるであろうからその数、少なく見積もっても3000人
ですよ。これに対して政府は、軍を動員して市民を追い出して近づくのを阻止している。
花束が届けられた場所を戸で遮蔽までした。
死亡した女の子推定7,8歳を抱き上げるシーンは涙を呼ぶ。

うーん、中共は許せないね。
北朝鮮と言い、中共と言い、共産党政府は命をゴミのように扱う。
自国民に対してこれなのだから、新疆ウイグル自治区の人民を
強勢圧殺するなんて簡単なものだ。
 

/137