投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月16日(日)20時13分47秒
  >H.Nさんの書き込みは理論ばかりで実践がないんですよね。理論だけでは絶対に治らない。
私もそう思います。文が長いと言うのもあります。

森田療法では気にならなくなると言います。
無為療法では症状が消える、無くなると言うことです。

今日はTVの大きなのに変えました。半日設置に掛かりました。
 

悟りを知る方法

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月16日(日)15時50分46秒
  禅問答と言うのを知っているだろう。あれに合格すると悟りを得たことになる。
しかし、動きの極を経験したものだけが、突破できるのであって
青い顔して、天井見ている神経症者にはとても無理だ。

悟りは知識だとか思考では到達できない。合理を否定したその先に
存在する。そこに到達するには、禅なら作務と読経と寺院での生活
であろう。それでも禅問答を突破するのは一部の僧だけではないか。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月16日(日)14時33分31秒
  道元が自分から悟ったとは言っていない。
HN氏は神経症的な考えの悟り観がある。
悟ったら神経症が治ると言い、見せびらかす言い方
は悪質である。禅宗の坊さんは誰もHN氏の話とはまるで違う。
そして、佐藤のHPに誘う。

本当に悟りを知らない人間と思う。斉藤先生がHNは神経症真っ最中と言う
のは嘘ではないと自分も思う。

『神経症を治す悟りが欲しいのか。それだったら治す努力の完全停止
ですよ。それをしないで悟りを欲しいなんて贅沢言うな。
やはり悟り、悟りを連呼する人は狂っているのだな。』

↑は先生の言われたことで、その通りであります。
 

悟りは言わない。

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月15日(土)21時01分6秒
  悟り悟りとうるさく言うのは、神経症者の特徴だ。健康な人で悟りを言っている人を
見たことがあるだろうか。そんな空を切るようなことを言うなら、ほらその目の前の
ことを処理してくれと、怒鳴られてしまう。

悟りとは何を言いたいのか。
死ぬ間際に、死を克服する悟りが欲しいのか。そんなもの無理だろう。
神経症を治す悟りが欲しいのか。それだったら治す努力の完全停止
ですよ。それをしないで悟りを欲しいなんて贅沢言うな。
やはり悟り、悟りを連呼する人は狂っているのだな。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月15日(土)20時30分59秒
  HN氏は悟った悟らないと決め付ける。
悟ったと思った瞬間悟りではないので、
その住職は分からないと言うのです。

HN氏は悟ってないと判断します。
禅宗の坊さんは全員悟ったと言わない。いえばその人は悟っていない。
斉藤先生は悟た人と判断しています。
 

HNが言ってたわけか

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月15日(土)18時41分30秒
  私はHNの書き込み等読まないから、まちさんがこれはHNの発言ですよと
言ってくれないと、まちさんの発言と取ってしまう。
HNは今狂いの最中であるから、佐藤なんてインチキ男を真剣に
読み始める。

それより楽しいものが沢山あるではないか。
先ほどチョウ・ソンジンと言う韓国の若者のピアノ演奏があった。
ショパンコンクールで一番で、ショパンのピアノ協奏曲1番を弾いた。
完璧な演奏で感激した。下手な思い入れを入れないから聞いていて
気持ちがよい。

音楽は再現芸術であり、古典を現代の人が再現する。
その再現の仕方で観客は感動するのです。
私は音楽をこよなく愛する。
 

「無」の雑用とは無意識の動き

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月15日(土)17時57分9秒
  今日は昨日の続きをしました。農機具倉庫の整理整頓と不要物の廃棄です。

HN氏が必要にそのことを言う。如何も指導者らしくない、意見であると思いました。

あの人間佐藤を出すこと自体、おかしいのではないかと思いました。

私は粒あんだけ買って食べました。たまには、餡だけ食べるのも良いです。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月15日(土)15時18分14秒
  トローマは遺伝するか
http://mui-therapy.org/newfinding/inherit-trauma.html

ニューヨークタイムズからの翻訳で、さすが、今新聞は大変苦しくて記者の
首を大量に切っているが、ニューヨークタイムズは、それでもこうして重みのある記事を
時々ものにしてくれる。やはり伝統ですね。

エピジェネティックスに疑いを発した記事です。エピジェネティックスとは個人の
虐待の経験が、その子孫に遺伝的影響を及ぼすと言う新しい遺伝学の
考えで、10年ほど前から注目され始めた。しかし、まだ研究の日が浅く、
多くの学者を納得させるまで至っていない。
確かに親の激しい経験が子供に伝達される面もあろうが、大方は無視できる
範囲ではないだろうか。我々の経験から、あまりそのような例を見ないからである。

 

まちさんの印象

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月15日(土)15時00分52秒
  強迫状態にあるでしょう。
普通健康になると、佐藤だろうが、森田療法だろうがそんなものどうでもいいのです。
見もしないし、語りもしない。
悟りなんて笑わせるなですよ。バカな事言ってないでやる事あるでしょう。

私は今日何をしたか。翻訳をやった。英会話を3回する。買い物をした。
掃除をする。大した事してないが、こうしながら結構忙しい。
健康な人の生活は、単純なのです。誰が悟りなんて考えているだろうか。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月15日(土)14時12分27秒
  オードリー・ヘプバーン50歳を過ぎて平安が訪れた―財産のすべては慈善活動に捧げた。
これと、佐藤さんの考えは表と裏ではないか。
彼女は晩年は化粧もしないで、真っ黒な顔で貧しい子供の世話をしている写真を見ました。
この姿が悟りの姿ではないか。佐藤さんの華やかな実現は嘘の悟り。本人はうそで
儲けた金で贅沢なくらしをしている。悟りとは佐藤さんの言うような華やかなものではない。
宝くじ1等を当てる方法を教える様なものです。

悟りとは「本来無一物」
人が何かにひたすら打ち込む姿がそのまま「無一物」そのものなのです。

佐藤さんの話を聞かなくても、勉強も何も要らない、今する事を一生懸命するだけ。
それ以上知ろうとする事自体欲で煩悩である。えのうは字もかけない読めない。
それでも米搗きは出来た。それでよしと言った。通用した。それ以上求めるのは脅迫観念
では無かろうか。普通人は悟りを詳しく追求しないと思う。その道は詳しいが、道が違えば
何も知らない。神経症は何もかも知らなければ不安、強迫観念である。

矢張り神経症は質問病であります。絶えず回答が欲しい。
治った人間は自分の脳が教えてくれると、斉藤先生はよく言われます。
佐藤さんに聞かなくても、自分の脳が教えてくれるのです。其れが正解です。
強迫観念が回答を求めています。
 

インチキ療法

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月15日(土)08時58分56秒
  禅の住職に悟りを聞くと、40年やっても未だ分からないと言う。
分かったとひけらかす佐藤はインチキ療法と言うのは判る。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月15日(土)08時39分15秒
  『時間さえ許すなら『心の学校アイジーエー 』というところまで行って学びたいとさえ思っています。

悟りを開く事が出来るなら『ノイローゼとか神経症などは』きれいさっぱり治る事は分かっています。』

禅の坊さんに聞いてみたが、悟りを開いたらばら色の人生になるかとたずねた。
誰もそうではないと言う。ばら色の人生になるという方が間違いと言う。
矢張り最後は人助けが出来るようになることだという。
要するに悟りとはばら色の人生を求めるものではないと言うことです。

神経症者は何時もばら色の人生を求めている。
他にする事があるだろうということです。

グルグル周りの回転の始まりです。心の学校アイジーエー も回転エネルギーになるだけです。
悟りを開いても、スーパーマンにはなれない、病気もするし悩みもでる。
 

私の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月14日(金)20時30分34秒
  やはり玄米ですね。最初に玄米食べた時には、なんだこれだった。5KGも買ってこれからどうしようと
考えた。しかし我慢して食べていたら、玄米に味が出て来た。今は苦痛でも何でもなく食べている。
やはり玄米に含まれる栄養が、あのぼそぼそした感触を上回ったのです。

最近は急に冷え込んだので風呂に入る時に十分部屋が温まるように
注意している。なんと入浴中の死亡が交通事故死を上回ると言うから
注意をしないと。部屋を湯気でいっぱいにするのも一つの手です。

雑用と言うのは自慢するものではないが、雑用を言う態度は神経症を
半分脱している。旅行の自慢、会社経営の自慢、仏教の講和をする
なんてのは、これから死ぬまで神経症であると大声で叫んでいるようなものだ。
健康生活と言うのは単純の繰り返しなのです。この単純が出来るように
なると、神経症の峠は超えたようなものだ。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月14日(金)18時36分51秒
  今日は午前中拭き掃除とトイレ掃除をしました。
午後から昨日の続きで農機具倉庫の整理整頓不要な物を処分しました。

昼に作業着のファスナーが壊れたのを修理しました。スナップに付け替えました。
未だ着れるので勿体無いです。上が4,000円ですが、スナップは200円でした。
12月も半月近く立ちましたが、そんなに寒くないが、今から寒くなるのかと思いますが
暖冬のようなきがします。エルニーヨ現象があるらしいです。

私は朝は食パンを食べていますが、有る病院では朝食パンを食べると乳癌になる
可能性がたかいとありました。果して如何なのか男なので詳しく聞いていません。
 

違いに気が付くだろうか

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月14日(金)16時18分21秒
  神経症が治った人は、僅か4人と猛烈に少ないが、信じる証拠が幾つかあるだろう。
雑用の会のメンバーの書き込みの特徴は、神経症者を突き放している事だ。
神経症者と同じレベルで話すのを、不愉快に思うからだ。

神経症者と会話して相槌を打ちたくない。だから掲示板でも、
神経症者の書き込みに対して、それを支持する書き込みを決してしない。
いわんや、”有難うございます”なんて返事をもらったら背筋が寒くなる。

それ程、神経症と健康は離れていて、埋め合わせるものがない。
会話が不可能なのです。
ここを踏み越えるのは神経症者であって神経症が治った人間ではない。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月14日(金)14時29分35秒
  要するに、斉藤先生と雑用の会のメンバー以外治っていない
と言う事です。
森田も鈴木も治っていなかったということです。
 

狂いの典型

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月14日(金)09時53分37秒
  HNのあの膨大な書き込み、頼まれていないのに返事をする、自分の掲示板では
間に合わないで、人の所まで来て書き込みをする。
犬のとてつもない仏教講和、夢のソウルに行った、バンコクに行ったの書き込み、
ピエロの明けても暮れてもセックス談義。神経症の狂いはそこいら中にある。

こうなってはダメだの良い例だ。
健康な人はこんなことに興味がない。
それでなくても最近は年収が300万円だ、200万年だになっている。
家賃は東京で大体月10万円だ。こんな追い込まれた状況で、仏教講和は
ないだろう。ほんの少しの休憩も惜しんで外に出て働かないと、3食も食えない。

大体神経症は精神病で、殆どの人は仕事の維持も難しい状態だ。
生涯フリーターでお終いになってしまう人が多い。
自殺未遂を繰り返している人もいる。
なのに、今日はバンコク行った、明日はソウル行くなんて何をバカ
を言っているのかと言いたい。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月14日(金)09時13分25秒
  『何もする必要がなかったと言うことです。』
これが正解と言うのが分かった。

無為療法は普通人と同じでなければならない法則があります。
普通人はただ動いています。心が一日中動いています。
心が動けば体も動く。其れが目配せも雑用であると言う所以です。

狂った脳は心も体も動かない、正に狂った脳の所以であります。
無為療法の基本であります、何もしないでした。
 

一からやり直し

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月13日(木)20時09分36秒
  何もする必要がなかったと言うことです。やる必要もないのに
開始して、狂いの世界にはいった。断固、今停止しないとならない。
でないと貴方の人生は何だったのかで終わってしまう。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月13日(木)19時21分20秒
  確かに普通人は何時も心も体も動いているので、今日動けてよかったとは言わない。
神経症は動けないので、動けたと喜ぶ。これが神経症其の物という事です。
矢張り普通人と同じでなければならないと言う、無為療法の法則であります。

私は動けて良かったの積み重ねが、神経症を抜ける方法と思っていました。
これが間違いであるのなら、自分は一からやり直しという事になります。
 

感動はないこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月13日(木)18時49分40秒
  斎藤は毎日健康世界を満喫していますが、別に感動はない。
当たり前の世界であり、日本の1億2千万人が毎日生活しているスタイルに
感激があるはずがない。
この感激があるはずがない世界に、感激を見つけて執拗に追及
しているのが神経症と言う重大な精神病です。
道を求めて毎日努力を開始するようでは、人は精神病院に直行する。
 

玄米

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月13日(木)18時45分25秒
  玄米で美味しくは幻想に終わりましたが、5kgも買ったからなんとか、
食べないとと言う事で、毎日食べています。
そしたら不思議に慣れたのか、味にコクを感じるようになった。

今では味わいを感じて、残りを食う負担は全く感じません。
むしろ楽しい。それと老人性の便秘の問題が解消した。
玄米に含まれる繊維質はシーリアルなんかの何倍も
入っているのでしょう。やはり玄米は健康に良い。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月13日(木)18時05分40秒
  今日は農機具倉庫の整理整頓要ら無い物の廃棄
をしました。米糠トラップを仕掛けました。ナメクジ。ヨトウ虫がしんでいました。
風呂掃除をしました。結構疲れました。
ただするを実行しようと思いました。

玄米は矢張り二重釜が良いようでした。
美味しいという玄米ご飯の記憶が無い為正解が分からずです。
しかし、粘りは出ました。
 

感激は狂い

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月13日(木)14時14分0秒
  「自分も今までした雑用が全て成功しているので調子は良かった。
何をしても旨く行くのです。希望が湧いてきていました。失敗は覚悟です。
兎に角閃きが出たのは確かです。今までやれないと思っていたことが出来るのです。

このまま座り込んで、自分を反省するより、雑用が自分には良いのです。
もちろん治すための雑用ではありません。人間の本来の姿です。
今までのように座り込んで自分の改善をするのは、したくありません。
体も軽くなった感じです」
**********************************************

これは妄想の実現です。
以前掲示板を見ていたら、ある神経症者が”ああ、症状が消えた”と叫んだんことがある。
これは妄想の実現だから、このまま神経症は続くわけで、
まちさんのコメントはこれに近い。
神経症が治るとは狂いの世界からの脱出であるから、感激はない。
感激するのは狂いの脳であって、健康な脳は何か別な事を考えている。

希望が湧いて来た、やれない事が出来るようになったではなくて、
その合間もいと惜しんで、どんどん何かをしている。何かをする
自分に感激などない。健康世界には感激がないのです。
周りの人に感激している人いますか。いたらおかしい。
皆、ただ何かをしている。

生き方、行動に能書きを言うようになったら精神病院行きなのです。
第二掲示板のように演説したらだめだ。健康な人は
あんなものに全然興味ない。

私は先ほど寒いのに両親の墓地を見て来た。物凄く寒かった。
誰もいやしない。でも雑草が生い茂ってないか見て来た。
この雑務の処理に感激なんてありやしない。ただやって来ただけである。
帰りにラーメン店でラーメンを食べた。久しぶりの外食で、その味の
濃さと、値段が張るので驚いた。それだけです。

 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月13日(木)08時31分49秒
  今までと同じ様に何をしたを書くのは良いのですか。
やった後の感想は書いても良いのですか?

自分も今までした雑用が全て成功しているので調子は良かった。
何をしても旨く行くのです。希望が湧いてきていました。失敗は覚悟です。
兎に角閃きが出たのは確かです。今までやれないと思っていたことが出来るのです。

このまま座り込んで、自分を反省するより、雑用が自分には良いのです。
もちろん治すための雑用ではありません。人間の本来の姿です。
今までのように座り込んで自分の改善をするのは、したくありません。
体も軽くなった感じです。
自分は柔道をしていましたが、仕事の都合で3ヶ月止めました、したくてしょうがなかったが、
3ヶ月やめると余り思わなくなりました。
3ヶ月止めた為調子が抜けた感じになり3段が取れなかった。

玄米の炊き方も研究中です。玄米は体に良いと思います。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月12日(水)20時34分38秒
  今まで私は雑用に重きを置きすぎていた。
25年前に宇佐先生の本を読んで、その晩から雑用を開始したから、
斎藤自身も雑用で治ったと勘違いしていた。
しかし最近のフラッシュバックの経験から、本質は雑用ではなかったと
気が付いた。

本質は雑用でなく、療法の停止です。実際斎藤は25年前に療法を
停止している。しかしその後に続く雑用が余り上手く行ったから、雑用が
あたかも治したと勘違いしていた。これは完全な誤りです。

神経症の本質は療法病です。これが死ぬまで止まらない。
療法を一生やるなんてなんとバカな。
まちさんも本当に無為療法のスジにはいっているなら、神経症治し
に、こんなに時間はかからない。数日で斎藤と同じレベルになるが、
そうなっていない。間違った方向に入っているからです。
今すぐ療法を完全停止しないとならない。でないと貴方の人生は
ゴミで終わってしまう。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月12日(水)20時22分4秒
  Message body





神経症者は常に心のやりくりをする
神経症者は何故心のやりくりをするかを考えるべきである。
やりくりするようになったのは脳が不安反応を起していて、
悲鳴をあげているからである。病気を治す基本にもどり、
先ず自分を不安から開放し、今すぐ目の前の雑用を開始すべきだ。
動きこそが脳を正常化する第一歩である。

森田療法批判抜粋
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月12日(水)14時17分34秒
  同じ斎藤でも、フラッシュバックの最中とフラッシュバックを抜け出た後では言う事が違う。
フラッシュバックの最中は、まちさんと共闘する一人の患者であり、
「雑用をやろう、一日3回でm4回でもやろう、そして雑用をした後は何と気持ちが
良い事か」と言う。

フラッシュバックを抜け出た後の斎藤は別人になり、最早まちさんを擁護する
友人ではなくなった。反対に今の私は貴方を冷たく見ている健康な人
なのです。

「雑用をやって、何故気持ち良くなければならないか。ただやっただけではないか。
一日3回も4回も掃除するなんて気が狂っている。必要なだけやれば良い」
と今の斎藤は言う。

何処でその違いが出たか。斎藤は今から数か月前に療法をしている限り
永久に神経症から出られないと気づいた。当たり前の事であるが、これが
フラッシュバックに入った人間には分からない。
大変勇気がいる事であるが療法を完全に停止した。
そしたらその直後からフラッシュバックがすっと消えて、不安が消え去った。
ああ、やはりこれだなと思ったわけだ。
 

有無を言わず完全停止

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月12日(水)08時57分53秒
  自分は精神病の患者であると、まず自覚しないとならない。
精神病の患者とはその脳が正常に作動しない。脳をいくら使って
も出て来るのはゴミだらけだ。
自分の人生を根こそぎ崩壊させていたのがこのゴミ思考であったのだ。

だから、今”有無を言わせず治療の完全停止”をしないとならない。
完全停止をすると、自然に体は浮き、敢えて言わなくても雑用を
開始している。雑用に何時間はない。起きてから寝るまでが雑用である。
結果、気分がすっきりしたとか、神経症が治ったとか、一切の
効用を言わない。

ただ時間が過ぎる。一日が早い。疲れない。
これだけで、それ以上言うのは全て狂いである。
 

踠くな諦めろ

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月11日(火)19時55分59秒
  今日は土嚢の後のダンプ2t1台のまさ土を入れました。
手作業でしました。

神経症は治すのを諦めろと言うことです。
この世の療法家(医者、カウンセリング、臨床心理士、他)が神経症を治したら
治らないと言いますか。言いません。言ったら飯の食い上げです。
この世の常識の反対をする。治さないです。治したら治らない。

この世に神経症を治す方法は無いのです!
雑用でも治す方法に使うと治らない。
治すを放棄する。神経症が治ると言う者がいたらインチキです。
斉藤先生が言われる療法の完全停止です。治す努力の完全停止。
神経症を治さないと決意します!二度と探さない治さない。

先生は最近厳しく言われています。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月11日(火)06時27分59秒
  ここは動きが全てだから、動きをメインにした書き込みなら歓迎です。

ただ、まちさんの書き込みは一休さんの書き込みに共通するものがある。
一休さんも熱心に動きを追求していた。しかし何処かにその不自然さが
あり、結局雑用の会のメンバーになれなかった。
何処に問題があったであろうか。

彼は道をもとめていたのである。雑用は動物の基本であり、道ではない。
例えば呼吸を考えてみよう。
呼吸の仕方を研究したり、呼吸法の改善を書き込んだらおかしい。
歩きもそうだ。努力する必要がない、考える必要がないからスムーズに歩ける。
ここで考え始め、努力を開始したら歩けなくなってしまう。

「今は、遣れば出来るという心が出てきました
諦めの人生から挑戦の人生に変わりました」

これは一休さんが、森田療法に入院して、おかげさまで動ける
ようになったと言う姿に似ている。それまでは動けなかったらしい。
でも結局彼は最後に動けなくなってしまった。
何故なら鈴木の所で不自然な動きを身に着けたためです。
軍隊的不自然な動きは短期間維持が出来ても、退院すると
間もなく消滅してしまう。

まとめると、動きは動物の基本動作であるから、大脳を
振り絞って努力をすればするほど段々動けなくなってしまう。
自然な動きを再現するには「努力をするな」なのです。
努力を開始したのが土台間違っていた。
神経症とはその間違いを生きている限り続ける、重大な
精神障害なのです。



 

書き込み

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月10日(月)23時35分1秒
  斉藤先生と神経症者の私には意見が合わないと思います。
しかし、私はここに来る前は、何かする事が面倒臭いでした。
其れより情報集めです。真剣に治す事のみ頭にありました。
する事は治す事のみ。最後は如何なるのかという事です。

今は、遣れば出来るという心が出てきました
諦めの人生から挑戦の人生に変わりました。

火がついても弱い火です。何時消えるか分かりません。
健康人は皆動いています。自分もそうしたいです。
体を動かすことが体に良いです。今は寒いので風邪を引くとか思っていません。
外の雑用は着物を着れば良いだけです。雑用療法といわれるかもしれませんが、
雑用が身につきました。誰でもしていることをするだけです。
治ろうが治らないであろうが、人間は動く物です。
動物は動く物と書きます。動かないのが不自然です。

私は未だここにいて、動いたことを書き込みしようと思います。
無為療法だけです。
治す努力の完全停止が必須であります。そして雑用をします。
 

フラッシュバック

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月10日(月)20時00分55秒
  私は過去20年間殆ど健康な生活をして来ましたが、時々フラッシュバックに襲われたのを
否定できない。特に最初の5年が随分ありまして、無為療法の指導者が患者に
なり果てたの情けない目を何回かしています。
我々の脳は神経症脳であるから、一つ間違えると神経症の地獄に放り込まれる。
でも殆どのフラッシュバックは短期間に脱出して事なきを得ています。

ただ、直近の半年前のフラッシュバックは酷かった。まちさんと意見があって、
ここが雑用療法の掲示板になってしまった。あの頃は、まちさんは斎藤が
頼もしい先輩に見えていた事と思います。

今は違いまして、斎藤は健康世界にいるからまちさんと立場が
違う。意見は平行線で、私は貴方に意見を合わせる気持ちが
ありません。それほど健康世界は良いもので、神経症の世界に
調子を合わせるなんてまっぴらなのです。

だから私は第二掲示板の意見には取り合いません。
精神病の患者と論戦をしてもしょうがない。
目標は健康であって、狂った人間と論戦して時間潰しはしたくない。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月10日(月)18時22分34秒
  自分は先生の1/10位の閃きは出たと思います。
翻訳は閃きの連続と思います。又英語の会話は閃きが必要と思います。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月10日(月)17時52分32秒
  今日は外の掃き掃除と樹木の刈り込みをしました。
17時までしました。少しは動けるようになりました。
斉藤先生のお蔭であります。今後も続けたいです。

私は野菜作りうをしましたが、今年は今までの中でもびっくりする位良くできました。
狂った脳も時に正常になるときがあるため、野菜が良く育ったのだと思います。
少しの閃きが出たため行動が変わったためと思います。神経症脳は何をしても
良いことになりません。
 

無為療法をもとめているだけ

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月 9日(日)19時34分0秒
  己の狂った脳の完全否定分かりました。  

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月 9日(日)12時53分58秒
  貴方もHNも、海、犬、夢と同じ間違いをしている。
神経症とは重大な精神病で、考える脳が狂っているのに、貴方はその
狂った脳を振り絞って書き込んでいる。

貴方の今までの人生をダメにして来たのは己の脳ではないか。
その考える脳を否定する事です。
だって考える脳がすでに役立たないからだ。

何時も言っているでしょう。
生きても死んでも直ちに療法の完全停止をしろと。
ここで書き続ける無駄をしないで、一切の療法を停止するのです。

残念ながら、狂った貴方の脳は、雑用療法と言う新しい療法を開始した。
そのまま死ぬまで雑用療法が続くだけである。

療法の完全停止とは全ての停止だ。
でも、生きていて空気を吸いたいなら、何かしないとならない。
その何かを無為療法をもとめているだけで、掃除だ、洗濯だは言ってない。

半年前にそれを言っていたが斎藤自身がフラッシュバックに
入っていて間違った指導をしてしまった。
フラッシュバックをぬけでた斎藤は、まちさんには妥協しない。
何故ならもう正常であるからだ。
 

斉藤先生へ

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月 9日(日)11時25分9秒
  有の雑用があって「無」の雑用が実現できるのではないでしょうか。
何もしないで「無」の雑用を求めるのは無理と思います。

100本の弓を的に当てる。真剣に撃っても中々当たらない終いには、真剣でない
やり方になる、しかし最後の一本が命中した時、今までの99本は無駄ではなかった。
と言う話があります。

雑用も気持ちが良いからやる、綺麗になるからやる、これは「無」ではないです。
しかし、無でない積み重ねがあって「無」の雑用があるのではないでしょうか。
努力で「無」の雑用は出来ないと思います。

「無」は禅の僧侶でも中々出来ないといいます。30年40年しても未だ悟ってない
と言う住職がいます。「無」を簡単に言う人間には二通りあります。
本当に分かって「無」をみやすくいう人間と、分からないで見易く言う人間がいます。
先生の言われる「無」とはゼロです。
 

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月 8日(土)14時23分23秒
  「無」の雑用が無為療法ですね。
今後も改めて、して行く所存です。

 

雑用に効用を求めてはならない

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月 8日(土)13時21分41秒
  「こうすればこうなる。確かに取引があります。雑用をすれば心が晴れる。
達成感が出る。綺麗になる。整頓できる。色々良い事が有ります」


こうすればこうなるが強迫観念の正体です。
健康な人はこうすればこうなると考えてない。それは仕事とかある目的で
動いている時には考えているが、雑用をすれば心がすっきりする、部屋が
スッキリするとは考えない。

本来の雑用とは対価を求めない。禅の小話に無一物と言うのが
あるでしょう。「無」になったのにこれ以上どうして「無」になる必要が
あるのかと坊主が答えている。

何も持っていないのに何故置いて来いと言うのかと
聞くと、それなら持っているものを置いて帰れと言う小話もある。

雑用で部屋がすっきりした、心が整理されたと
言うのは「無」になっていない。その効用を何処かに置いて来い
と言うのが無為療法なのです。

健康な雑用には効用がない。ただやっているだけで、利益を求めていない。
だからこそ、動きが止まる事がない。一日中寝るまで何かをしている。
が、それで気持ちが良いとも部屋がすっきりしたとも言わない。
健康世界は「無」でありゼロなのです。

 

翻訳本舗 さんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月 8日(土)13時07分29秒
  有難う。
脳スキャンですが、未だ研究には使えても診断には使えない。恐らく個人差が
あまり大きくて、再現性が期待出来ないからでしょう。
研究ではある程度この辺がおかしいと出るが、果たして本当かと聞かれると、
60%位正しいでしょう。研究発表の3分の2は再現出来ないそうです。

だから私は翻訳していても、これが最終回答ではなくて、まだまだ道のりは
長い、研究は大体この位の位置に来ている位にしか考えていません。
それでも全く盲目よりよい。今でも、森田の言っている事をそのまま復唱して
いる患者が多いでしょう。あの連中をぶっ飛ばすためです。

私が翻訳する時にもっとも気を付けているのは、日本語の文章として
流れていること、日本語になり切っている事に主眼を置いています。
原文に忠実だが、日本語に不忠実な翻訳を最も嫌います。
これは原文を書いた記者に対して失礼に当たるからです。
 

強迫行為翻訳の感想

 投稿者:翻訳本舗  投稿日:2018年12月 8日(土)12時05分45秒
  翻訳を中心に見ています。
詳しい事は分かりませんが、なるほどなぁと思いながら見ています。
知らないと知っていないのでは、これからの対応も随分、違うと思います。
ここで、なるほどなぁと思った一番のポイントは脳スキャンです。
精神科の看板を掲げているのに、CTスキャンも持ち合わせていない病院もあるそうです。そこにかかりつけの患者は恐らく、森田療法と人生相談、薬漬けだと素人目からもこの記事を読めば明らかです。

しかし、1日に翻訳開始して3日に完了は素晴らしいと思います。
しかも、流れる様な文面と掲示板の更新も。
色んな事が学べ、励みになります。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年12月 7日(金)22時33分32秒
  一人で今まで出来たように書きましたが、
斉藤先生のお蔭であります。まだまだの者でありますが、
感謝しています。私は無為療法以外では治らないと思います。
 

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月 7日(金)21時58分42秒
  「こうすればこうなる」というのが有ります。
確かに取引があります。雑用をすれば心が晴れる。
達成感が出る。綺麗になる。整頓できる。色々良い事が有ります。
しかし、「無」ではないです。無意識の雑用ではないです。

私は座って、自分を見つめるのが嫌いに成りました。
自分の事を考えるのが、嫌になりました。
家の雑用も好きです。外の雑用も好きです。
雑用が出来る体に成りました。まだまだ続けたいです。
 

こうすればこうなる

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月 7日(金)20時44分1秒
  こうすればこうなるは神経症者の論理です。だからHNやら、海やら、犬やらが
演説しているでしょう。
斎藤はその反対をしている。今まで30年間こうすればこうなると思って
やって、そうならなかったからもう止めようなのです。そして止めたら
このように人間が変わった。

まちさんの文章には、どれも”こうすればこうなる”が流れている。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月 7日(金)17時21分21秒
  今日は午前中は各部屋の掃除機掛けと拭き掃除をしました。
午後から土嚢を組みました。寒いけど作業をすると温もります。

かんりきは調子が良いです。遣って儲けました。
何をしても、遣ろうと言う気が起こりました。
自分を変えよう、今の自分では駄目だ、この気持ちが無くなります。
かんりきでも直れば自分に自信が付く。
自分を治し変えると考える暇があれば、拭き掃除をする事です。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月 7日(金)14時02分37秒
  >治ったとか、治らないとかを言う事が無くなる時だと思います。
その間何をするかという事です。何もしないでそのときを待っても来ない。
雑用をする事で、自分を治すことを考えないことが出来る。

何も考えないで、いられる、要するに、目の動きだけで雑用になる人は其れで良い。
しかし座り込んで、自分のことを考える様で有れば、動きをする事です。
私は、考える前に動く事にしています。先生は目の動きだけで雑用になると言われます。
先生は其れで良いと思います。私は其れまで入っていません。
雑用は判定せず次に進むでした。

スイミングが良いという事で2年しましたが、全く駄目でした。
 

狂った人間とは

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月 7日(金)11時36分56秒
  バンコクに行った、彼氏とデートした、工場を経営している、仏教はどうだこうだを
言う人間だ。羨ましいから言っているのではない。
精神病の人間が何を言うのかと言いたい。

彼等に最も大事なのは、今この場でやってもらいたい事を直ぐやることだ。
それが周りに感激を与えるし、家人が見ていて、ああこの人は健康になってくれたと
喜ぶ。その反対は上に挙げた空しい言葉の列挙だ。

家族に大変な心配をかけ、社会に迷惑をかけている人間がバカな事
を言うなと言いたい。健康な人とは、大袈裟でなく、
スッと今必要としている事をする人だ。その動作を見て周りは頼りがいを感じる。
 

樹木の剪定

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年12月 7日(金)11時19分9秒
  剪定する業者が全然樹木の特性を知らないらしい。だから剪定した後に樹木が枯れる
ケースが多い。私の散歩する公園でも大木が見事に枯れてしまった。
公園が外注業者に値下げを要求する。業者は何も知らない人間に
単に枝を切らせる。その結果樹木を枯らしてしまう。
 

動くこと

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年12月 7日(金)08時48分49秒
  最初は雑用をすれば治るという気持ちでしていました。
する内に、綺麗に成る、整うで気持ちが良い。
する事が見えて来ると言う状態です。

座って考えるのは体に悪いと言うことが分かる。
7ヶ月動きました。動くのに抵抗が無くなる感じがあります。
動くことが体に良いです。

話は違いますが、3月末に街路樹を綺麗に丸裸にしているのを見ました。
3月頃するのが良いのかと思っていました。今見たら8割方枯れていました。
 

/123