投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


水垢取り

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月28日(火)15時57分1秒
  今日は風呂掃除をしています。
風呂の蓋をしていなかったので、水垢が付いてしまいました。
これがしつこい取れない。メラニンスポンジも歯が立たないです。
パフで根気良く磨いています。蓋は必要です。
蓋も応急的に作ろうと思います。今からまた遣ります。
 

フロー

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月26日(日)12時52分48秒
  本来無一物とは、我々は何もしなくても、それだけで釈迦になっていると言うことだ。
努力をするから話がこんがらがる。

無一物になっている時、心はフローになっている。
フローとは淀みがなく流れている状態だ。その時に
心は、本来持っている能力を最大限に発揮する。

何故女性の前で格好良く振る舞わなければならないのか。
何故人の前で恐怖があってはいけないのか。
物事が自然に流れて、最善に処理されていると、
何が起きたか覚えているのも難しい。
 

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月26日(日)11時37分37秒
  拭き掃除をしています。後続きをします。
食器洗いもします。洗濯物整頓をします。

本来無一物を曹洞宗の住職に聞きました。
「座禅は修行であるが、足は痛いし、一瞬悟りを知った」と言われた。
昔の話で、今は忘れたと言われた。その住職は庭の掃除をしていた。
住職が何故するか分かるか、とたずねた。私は、綺麗になるし、腹もすきますといった。
その住職は何も言わなかった。

又違う所の住職は、本来無一物がわかっているなら、自分の閃きが正解といった。
そこで質問をしたら、本来無一物でなくなると言った。

この二人の住職は、フローを言っていると思った。
 

能書きを言う前に雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月25日(土)11時38分45秒
  第二掲示板の方では、仏教論、人生論、森田療法論がかまびすしいが、その前に雑用だ。
健康な人は生活が忙しい。今日も東京では36度が予想されて、外で働く人は本当に大変だ。
私はリビング、和室、キッチン、トイレの掃除を済ませた。
雑用をやった後のこのすがすがしさは、何とも言えないね。
こんな雑用は良くない、こんな雑用が良いはダメだ。
雑用とは生活に伴う動き全てであって、選んではならない。
 

妄想をかなえようとする

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月24日(金)11時49分18秒
  森田療法は、神経症者の妄想をかなえようとする。狂った脳の要求はかなえられる
わけがないが、それをしようとするのは、森田自身が神経症の患者であって、
森田もそれを願っていたという事だ。

もう宇佐先生の所は閉鎖したと言うのに、時々、宇佐先生を連呼する神経症者がいる。
宇佐先生を呼び求めるのは、幼児と同じではないか。
健康な脳は、宇佐先生なんて知らなくても何も不自由しない。
 

神経症

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月24日(金)09時10分0秒
  森田療法は、神経症者の望み叶えようとする療法だ。
ぬるま湯につかり、希望を叶えようとする。
小学1年生が母親から1から10までして貰う様に。
3年生になると随分変わる。しかし、神経症者は何時まで経っても小学1年生のままだ。

キチガイの望みは妄想であるため、叶う事は出来ない。
其れを森田は叶えようとする自体、森田は治っていなかった事になる。

※克服の字が目立つ。
 

今日は暑かった

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月23日(木)19時46分46秒
  張り切って何時もの雑用をしようとしましたが、体がだるい。
朝9時の公園の散歩と3時の買い物で、暑さが体に答えてみたいで
夕食まではだるかった。
しかし、食後だるさが抜けたところを見ると、やはりあの暑さで
体がショック状態であったのかも知れない。
 

グズグズ言わない

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月23日(木)10時21分14秒
  英語でもやれ文法だ、TOEICだ、ネイティブでないとだめだと言う奴はダメなのです。
英語が話せる人間は人を選ばないし、学校の成績を言わない。
押っ取り刀で直ぐ飛び出て、会話をする。

雑用がしっかり出来ている人間は、能書きを言わない。
今日も猛烈に暑いが、梨が安くなって来た。あの分けあり店で、梨を買って
来よう。猛烈にデカい梨が一個100円だった。
これを買ってきて、皮を剥いて小さく切り大きめの箱に入れて冷蔵庫に
収納する。すると好きな時に好きな分だけ口の中に放り込んで食べられる。
今日も掃除、トイレの掃除、洗濯等ジャンジャンやります。
 

立ち上がれ

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月23日(木)10時10分58秒
  今日は拭き掃除と風呂の床掃除をしました。
これから、まだ雑用はあります。

英語でも文法ばかりで、実践がないと駄目な様に、
雑用も、何をしたかが全てであって、雑用の勉強に何の興味も無い。
 

仕事と言うと動く

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月21日(火)20時37分47秒
  美香さんが、精神病の患者はとにかく動かないと嘆いていた。彼らが僅かに動く時は、仕事の
時らしい。彼らに取って、仕事と目の前の何かを処理することは違うらしい。

これはおかしい。仕事も雑用も、我々の脳が処理する情報処理であり、
両者に違いはない。事実私には、雑用と仕事、翻訳の境目がない。雑用をやっている
ようで仕事をしているし、仕事をしているようで雑用をこなしている。

翻訳など,結構脳のエネルギーをしぼる作業であるが、雑用の合間に翻訳をしている
と気の利いた文章を書ける。
ちょっと話はずれますが、翻訳の一番難しい部分は、英語ではなくて日本語
なのです。神経症で頭が硬直していると、この日本語の良い文章が書けない。
不思議と雑用の合間にやると、表現がパッと浮かび上がる。

前の翻訳で、閃かないと思ったら何か別の事を同時にしろと言うのがあった。
そうなのです。雑用も仕事も混然一体となって転がっている時に脳は閃く。
 

筋肉に聞け

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月21日(火)16時39分29秒
  脳で幾ら解答を考えてもダメなのです。それを30年間やってだめだったではないか。
解答は筋肉から来る。不安に思って迷いが生じたら、直ちに立ち上がるべきだ。
雑用をしている脳が健康な脳であり、そこからは素晴らしい回答が返って来る。

解答とは「無」である。
健康な人には質問がない。質問しなくても生活はズンズン進んで行くから聞く必要がない。
質問をしたら、人生はご破算になると覚悟すべし。
 

真を聞く

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月21日(火)16時22分11秒
  拭き掃除をしています。先生は床を3回拭くといわれました。
汚れを落とすのであれば、1回で良い筈、其れは汚れを落とすのが目的ではないことでした。

不思議と今まで、もやもやした気分が無くなります。
又神経症は質問病であることが分かります。
雑用で答えが返ってきます。神経症脳で考えているのと、
拭き掃除をしたときと気分が変わります。
雑用は座禅に等しいと言われます。

続けて雑用をします。
 

雑用に種類はない

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月20日(月)06時30分47秒
  雑用にあれが良い、これが良くないはない。
以前一休さんがしきりに家の中の雑用を口にした。
雑用には家の外も内もない。
健康に成ると言うことは、体が軽くなる。体が軽くなったら
外でも内でも、激しいも簡単もなく全て出来る。
私は以前フラッシュバックに入った時に雑用が出来なくなった。
今は関係なく、どんな時でもできる。

自分が横着になったなと感じたら直ぐ立ち上がって雑用開始だ。
最近は何処にも行かないが、雑用を多くやるものだから
結構忙しい。腹も空く。
 

雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月19日(日)20時37分21秒
  根気の要る雑用はあまり良くないと思います。
簡単な動きが良いです。先生も翻訳をされていますが、
簡単な動きを挟んですると言われました。翻訳も雑用ですが。

根気の要る雑用は一日中するのは、駄目と思いました。
簡単な動きが良いです。根気の要る雑用は頭を使いすぎるようです。
簡単な雑用は、体は疲れるが、頭は疲れないです。
 

神経症の内側、外側

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月18日(土)20時35分41秒
  自分が内側にいるか外側にいるかは、出て見ないと分からない。
斎藤でもフラッシュバックに入ると何時何処から神経症に入ったか
分からない。ただ、息苦しくなること、執拗に同じ考えが
頭に浮かび離れないこと。ああ、苦しいと思っている内に、既に
神経症の地獄のただ中だ。

ここで質問するのが神経症です。森田療法では丁寧に行く方向を
教える。殆ど失敗するからまた質問する。これをしながら一生が
終わってしまう。

無為療法では質問を厳禁する。一つでも質問したら直ぐ破門だ。
だから患者は黙って方向も分からずただ前進するしか方法がない。
ただ、口うるさく言っているのが、雑用だ。

雑用をしていると既に神経症の外側にいる。しかし何時から
抜けたかは自覚できない。別にうれしくもない。何故ならそれが
当たり前の世界であるからだ。

斎藤と他の神経症者の違いは、斎藤は外側にもう25年も
いるのに対して、神経症者の多くは数分とか数十分の単位でしょう。
 

神経症の内に気が付かない

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月18日(土)20時07分38秒
  神経症の内側に居るのが気が付かないです。
雑用をしたら、今まで神経症の内に居たことが分かります。
直ぐ内に入るのだと分かりました。

先生は、真っ暗な道を質問もせず、(治るか治らないか分からないまま)
とぼとぼ歩いていく(雑用をしていく)うちに分かる、と言われました。

今日は拭き掃除、洗物その他しました。
 

上からの目線

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月17日(金)09時28分0秒
  まちさんへ

神経症が治ると目線が上になるでしょう。嘘を言っている人間が直ぐ分かる。
学歴を言わなくなる。教育と神経症の治りに何ら関係がないのが分かるからである。
今の所、第二掲示板に書き込んでいる人で、治る可能性がある人がいないのも
分かるでしょう。

過去20年近く、神経症者からEメールをもらったり、掲示板の書き込みを
読んでいますが、数行で本物か偽物かが分かります。
どんなに文章を凝らしても、背後に潜む強迫観念の牙を隠す事は出来ない。
幾ら自分は雑用をしていると言っても、本当の雑用と偽物の雑用は、
雰囲気で見分けられる。

健康な人間と精神病の人間では、それほど違いが大きい。
私は結婚して子供を儲けました。お蔭様で東大の法学部に入学
しましたと言っても、全然驚かない。

また嘘言ってと簡単に見破ります。
 

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月17日(金)09時03分41秒
  hnのホームページでは治った人はいない。
他の掲示板に批判の書き込みをする。山崎が敷島に彼方のパンは旨くない
と言うようなもの。山崎は決してそんなことは言わない。
言う前に、自分の所から治った人を出す事だ。押し売りをする悪徳業者と同じ。

森田掲示板は、一緒に頑張りましょう、と言って励まし合いではないか。
神経症者は涙を流して喜ぶ。

前行っていましたカウンセリングの書き込みを見て、前は良いことを言っているなと、
思っていましたが、今見ると全員治って居ないではないですか。

「無」の雑用です。今日は拭き掃除をしました。
 

雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月16日(木)17時08分55秒
  ヘッドフォーンを私はよく使う。夏は汗をかくから、ヘッドフォーンのカバーを頻繁に変えたい。
しかし意外とカバーが売ってない。売っていても薄くて貧弱で衛生的でない。
そこで考え付いたのがガーゼマスクです。これをカバー代わりにヘッドフォーンに巻き付けて
つかうと意外と汗の吸収がよいし、安いからしょっちゅう変えて洗濯できる。成功の巻きだ。

グーグルメールの調子がおかしい。adminのEメールがはいらなくなってしまった。
この簡単な問題の解決が意外と難しい。サーバーに連絡して聞いたが、要領を得ない。
こんな時に大事なのは熱くならず、雑用を開始するのです。
掃除を3回もやりつつ、Eメール問題を処理したが、後数日はかかりそうだ。
原因は簡単なのであるが、それが見つからない。

セルビアと英会話していると相手がいきなり大きな扇子で扇ぎ始めた。
ははー、エアコンがないなとピンと来た。
こんな時に日本の有難さが分かる。日本ではほぼ全員がエアコンを使う。

ジンバブエの女性と話していたら、また家族の有難さを言うではないか。
そこで言い返した。日本では家族友人に相談するより、生活が困難に
なったら生活保護と言うのがあると言ったら、そんなもの全然ないの表情だ。

後進国の特徴と言うのは国が腐敗していて、国は全然頼りにならない。
だから直ぐ、How about friends and family?と言う。
これには飽きた。
 

ストレスがない状態が必要

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月15日(水)13時26分2秒
  理屈では治らない、ストレスの無い動きが一番です。
**********************************

理屈では治らない。何故なら理屈を考えるその脳が狂っているからだ。
だから、HNだとか海だとか言葉を書きまくっているが、これが精神病の
状態です。

ストレスがない状態が必要だ。私が成功したのも、トラック運転手だ
ったからだろう。対人恐怖の患者としてはストレスを受ける時間が
最小限だ。

神経症脳は健康でないから、ストレスを受けると暴走する。この暴走
状態では何をどう工夫しても最早打つ手はなしだ。
ストレスが少ない状態で、雑用を開始するのはそれほど難しくはないだろう。
私の今は全天候型で、どんな状態でも直ちに雑用を開始出来る。
間違いなく、筋肉を動かしていると脳に対してカウンターの
抑制信号が送れる。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月15日(水)11時18分3秒
  午前中はキッチンの拭き掃除、廊下の拭き掃除、居間の掃除掛け、
浴室の掃除、階段、畳みの拭き掃除をしました。

前は、あつかましい女性に合いましたが、最近は合っていません。
如何も脳の狂いから来ているように思います。

理屈では治らない、ストレスの無い動きが一番です。

HNの掲示板では、治った人は一人も居ない。人の家に勝手に上がり込んで、
演説をする様なものです。
 

連続性が大事

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月14日(火)14時24分37秒
  私の雑用は切れる事がない。前はフラッシュバックに入ったときに,一時的に途切れたが、
今は全天候型に変化して、どんな条件でも雑用に直ぐ入れる。そして雑用に
入ると、大変気持ちが良い。

動物ですよ。動いて気持ちが悪くなる理由がない。気持ちが悪いとしたら
貴方は精神病の患者です。
 

(無題)

 投稿者:美香  投稿日:2018年 8月14日(火)12時06分24秒
  確かにその時の母の姿はよかったのですが、やはりずっと動かなければなおりません。
連続性がないと行けません。
 

精神病家庭

 投稿者:美香  投稿日:2018年 8月14日(火)11時52分46秒
  私の家族には親戚を含め、四人以上は病気の人がいます。
今日は母が料理していました。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月14日(火)11時30分7秒
  悲観主義
神経症では必要以上に物事の悪い面を見て、悲観的になり、行動を停止することがある。
動物を使った実験では、尾状核に刺激を与えると同様の行動をするのがわかった。
http://mui-therapy.org/newfinding/pessimism.html
 

神経症が遺伝病か

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月14日(火)09時46分6秒
  まだ、誰も答えられません。ただ、遺伝子が重要な役割をしているのは間違いない。
統合失調症の場合、素人考えでも遺伝の要素が高いと感じますが、
最近の研究によると、妊婦がインフルエンザを感染した場合、子供が統合失調症に
なる確率が5倍に増えると言う。

私が私に連絡して来た神経症者の家族に神経症者がいるかを問うたところ、
4人に一人位の割合で神経症がいた。25%とは異常に高い確率なのです。
かと言って家族に神経症がいないのに、ぽっと神経症の子供が生まれたりする。

まあ、ここから先は科学の進歩に待つしかありません。
インターネットの前は、分かりもしないのに説明する偽専門家が
いましたが、現在の科学者は、分からないものは分からないと素っ気ない。
それが真摯な科学者と言うものです。
 

神経症は遺伝病では?

 投稿者:とある母  投稿日:2018年 8月14日(火)07時37分40秒
  主人と息子が、どう見ても神経症です。
主人は閉所恐怖や確認恐怖
 

宇佐先生、宇佐先生

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月13日(月)11時40分36秒
  「人間は不安や症状があるのが、当たり前
其処から逃げ出すことは出来ない。
出来ないので、症状はそのままで今することをしろ。」
**********************************

神経症の不安は健康な不安と違う。神経症は精神病であり、病的な不安であるから
理屈で処理しようとすると不安は悪化し、最早手が付けられなくなる。

当面はその言葉が発揮できるであろう。(毎日症状と戦いながらです)
しかし、それに失敗したらその言葉は役に立たない。
又違う言葉を捜さなければならない。其れが質問に変わる。
**********************************

ある言葉が失敗して、次の言葉を探している最中に子供が飛び出てきたら
どうするか。間に合わなくなって事故を起こす。
生きている限り言葉を求めている姿が、「宇佐先生、宇佐先生」と呼び求める
姿であり、失敗した神経症の患者だ。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月13日(月)10時10分18秒
  「人間は不安や症状があるのが、当たり前
其処から逃げ出すことは出来ない。
出来ないので、症状はそのままで今することをしろ。」
確かに良いように聞こえる。

当面はその言葉が発揮できるであろう。(毎日症状と戦いながらです)
しかし、それに失敗したらその言葉は役に立たない。
又違う言葉を捜さなければならない。其れが質問に変わる。

私はこういう経験は無いが、斉藤先生は森田を勉強していました、
そうして仕事に頑張ってこられた。
この言葉で、神経症が治れば無為療法はない。

神経症を治すのに、心理療法では治らない(体を動かさない為)
お医者では治らない。鍼灸、整体も駄目他に治す方法として
無為療法を除いて、森田しかないとなり成ります。
先生もそう思われた。しかし、治らなかった。

狂った脳で、ストレスの有る仕事をして良くなるのでしょうか。
ストレスの無い所での雑用とは、掛け離れています。
 

森田は遠くなりにけり

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月12日(日)13時43分39秒
  私がホームページを開始した1998年当時は、まだ森田の影響が残っていた。
鈴木は存命だし、宇佐先生もそこそこにやっていた。高良さんも中野で
やっていたが、今はこれら全部が消滅して後を継ぐ者がいない。

雑用の会のメンバーの内の3人は森田療法を知らない。
インターネットを検索しても森田療法をかかげて、外部にopenして
いる掲示板がない。あっても会員制で閉鎖的だ。

時々5チャンネルに僅かにある森田療法系掲示板を覗くと、誰も
書き込む人がいない。昨年の状態で、よいしょの書き込みがあると
必ず全否定する書き込みがあって、もう森田療法は事実上死んでいる。

1995年にインターネットが開始されると同時に、パソコン以前の
怪しい療法は全て死んだのである。そう言えば、加藤諦三も
消えた。あんなの、インターネットがない時代だから、
尤もらしい作り話を神経症者が夢中になって読んだのだ。

インターネットがはじまり、フロイトが大嘘だの情報がアメリカから
飛び込んできて、フロイトにぶる下がっている連中は即死して
しまったのである。森田療法の死もその流れの中の一環だ。

誰が考えても、この難しい神経症が全治根治なんて
信じる分けがないではないか。
あの頃、Eメールで私のところに「神経症が全治しました」なんて
言って来たヤツがいた。余程頭が狂っているのだね。

 

神経症

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月12日(日)11時54分3秒
  神経症脳に餌を与えてはいけないのです。
森田は本を出しています。
あれが餌と言うのが分かるので、私は本は持っていませ

餌が欲くなるのが神経症です。
回答が欲しくなったら、雑用です。

今日は拭き掃除をしました。
昨日は魚をフライにして、南蛮漬けを作りました。


 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月12日(日)07時29分47秒
  キリスト教に良い門は狭い、悪い門は広いと有ります。
社会の一般的な事柄でも言えます。

森田療法は、神経症脳には甘い蜜の味です。
でも其処に嵌ったら出られなくなり、雁字搦めになります。

斉藤療法は神経症の外側に居るときは、分かりやすいし入りやすい。
神経症脳では、苦いのです。狭き門と言えます。

質問癖が付くのが、認知行動療法や町のカウンセリングです。
過去治った人は質問はしていないですし、力強い発言です。
最低1年は書き込みが見られます。
3回の書き込みで消えた人も居ます。いまだ治っていないと思います。
遺伝絡みの病気は難しいと言うことです。

この病気は他人に知られたくない病気です。
風邪を引きましたと、他人に言ってもなんでもないが、
神経症になりましたと、他人に言えない。
神経症は治らないが世間の定説ですから。
其れを治すのであるから、それ相応の覚悟は必要です。

自分は3ヶ月位であれこれ言うのは早いと思いました。
 

雑用やっているかな

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月11日(土)17時46分28秒
  雑用なんて最初は気が利いているが、慣れて来ると毎回同じ事の繰り返しです。
それでいいのです。体が覚えている動きを毎日繰り返し行う。
立ち止まって考え続ける悪い癖を停止し、直ちに立ち上がり
何かを開始するのです。

筋肉は脳の命令を受けて動くが、筋肉は脳に対して逆にコントロール
している。過剰な感情を抑制し、無意識を活性化する。

健康な周りの人を見なさい。誰がじっとして考え続けているだろうか。
皆何かをしている。動物も一緒。何かをしているが、健康な動物の姿なのだ。
 

立ち上がったときが、治ったとき

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月11日(土)08時38分58秒
  神経症は症状を受け入れたときに、治る。

これは神経症患者のたわごと。如何にも神経症患者らしい発言だ。

車の運転中すると、事故の元になる。

症状を受け入れると意識をそらした瞬間に事故が起きる。
安全とは,心がフローの状態でないとならない。

立ち上がったときが、治ったときです。

布団の端をつまんだだけで全治と宇佐先生は言った。神経症治りの本質を
突いていて、よくやった、あっぱれと賛辞します。
ただ、森田療法の範囲内で主張したから、理論の矛盾を起こし、また裂きに
なり、そのため、おそらく宇佐先生の所から神経症が治った人はいないでしょう。
 

私の考え

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月11日(土)07時47分2秒
  神経症は症状を受け入れたときに、治る。
これを聞くと神経症者は、お題目を上げるように、
これこれを受け入れましたと、一日中唱えるであろう。

車の運転中すると、事故の元になる。
間違えと言うのが直ぐ分かる。

私が思うに、神経症の正体を知ることだと思います。
訳のわからない正体不明が、不安や症状になります。

神経症の正体は、狂った脳です。
狂った脳が悪さをするのです。症状は嫌でありますが、
ほったらかしにしています。

立ち上がったときが、治ったときです。
 

中間の 改善状態は存在しない。

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月10日(金)16時50分4秒
  消えるが正解。意識できないほど一瞬に消える。
**************************

だから神経症は治すか治らないかの二者択一であって、中間の
改善状態は存在しない。
一休さんは、少し油断すると直ぐ改善を言う。

神経症性の不安、恐怖は一瞬に消えるが正解であり、
何時消えたか分からない。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月10日(金)14時19分7秒
  克服することは出来ない。手放すことも出来ない。
自分の意志では、如何することも出来ない。

消えるが正解。意識できないほど一瞬に消える。
頭だけでなく、眼も狂う、耳も狂う。恐ろしい病気です。
背中合わせに、flashbackがある。

今日は11時ごろ散歩に出たが、直ぐ止めた。
汗が滝のように流れた。

斉藤先生ではなく、斉藤博士と私は言っても良いと思う。
私が森田と言う様に、森田療法を信用していないからです。
斉藤さんと言うのは、斉藤療法を信用していない、証拠となります。
 

必要以上に悲観的になる

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月10日(金)14時10分9秒
  これ、神経症、鬱病で顕著ですね。神経症者は自分でもそう感じているが
脳が暴走して止める事が出来ない。もうメチャメチャに悲観的に予想してしまう。
これ理由があるのだと言う、最近の脳科学の発表です。

やはり脳科学はいいですね。フロイトのような、口から出まかせのヨタを言わない。
脳のどの部分が興奮しているとピイポイントで解答してくる。
で、その翻訳を開始した。

斎藤と治らずの神経症者の違いは、悲観に突っ走った時に立ち上がるか、
そのまま考え続けるかの違いだ。私は25年前に立ち上がって、以来原則的に
悲観のトラップにはまることがなくなった。
 

斎藤さんと呼ばれること

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月10日(金)09時23分7秒
  第二掲示板に書き込んでいる神経症者は、私を「斎藤さん」と呼ぶ。
これ、物凄く不愉快ですね。

似た響きに、「金を貸してください」と言うのがある。
顔見れば、これ絶対返さない人間ではないか。それが金を貸せとは!!
しかも融資してくださいと恰好を付ける。

そんなに生活が困って追い詰められているのなら、貸すのではなくて
お金を上げる。上げるはこちらの意思であるのに対して、貸すは
相手の意思が働いている。しかも返す予定は最初からない。

神経症とは、人間になり損ねた状態で大変深刻なのです。
情報の処理と言う生きる上で最も大事で基本的条件の
達成に失敗している人間が、斎藤と同じレベルで”斎藤さん”
とは。

これだから話す気が起きない。美香さんもそれを感じているでしょう。
雑用の会のメンバーも同じだと思う。
走る男さんの発言はもっとキツイ。
健康世界とはこのようにはっきりしていて、病的な人間を嫌うのだ。
 

今朝の筋肉系雑用

 投稿者:一休さん  投稿日:2018年 8月10日(金)07時43分57秒
  炊飯器を掃除し、米を炊きました。
ゴミ出し、台所、シンク回りの掃除。
身の回りの整理整頓。
 

そこが大違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月 9日(木)20時34分58秒
  例えば、まちさんの投稿を読むと、雑用をよくやっていますが、未だ自然体と言うには早い。
私の場合は、体が自然に動い、努力が消えている。
健康な人は努力をする必要がないから生活がらくなのです。

動くと言う動物の基本的欲求を否定し、鬱陶しく思い、難癖をつけるのが
精神病であり、その一種の神経症です。
動きを否定する限り彼らの人生はゴミで終わってしまう。
 

動かない?

 投稿者:美香  投稿日:2018年 8月 9日(木)19時53分42秒
  父も母も、家に帰ってきたら、ピタと止まります。体が。
家でこそ、たくさん動き回るべきなのに。
母はどうやら給料のために生きたようです。
生きることが目的ではないのです。
生きるとは歩くことです。
必要な買い物にも出ません。
買い物が仕事のついでになっています。
普通はすべてです。

 

雑用をする

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月 9日(木)19時47分28秒
  今日の雑用。キッチンの拭き掃除、障子戸の拭き掃除、洗物です。
書くのは短いですが、案外時間が掛かりました。

座って考えることはありません。座って、FMを聞くことはあります。
歌謡曲とかFMで聴くのは、ヤマハNS1000Mが良かった。

先生の言われる、神経症の内側と隣合せはあります。

兎に角神経症の抜けるのは、難しいです。
何とも言えない物があります。

■判定をせず、次に進むでした。
判定をしたら、次の日は地獄です。
 

初心の弁道、すなわち本証の全体なり

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月 9日(木)09時51分38秒
  西嶋和夫著の「仏教問答」から

問い:「座禅をすれば、即坐に我々は、自分達の気持ちを正しい状態に置く事が出来るのですか」
答え:「そうだ。座禅をやりさえすれば、それを始めた瞬間から、
我々は我々の心を仏教が最高と考えている状態に持っていくことが出切る。
道元禅師はそのことを、「初心の弁道、すなわち本証の全体なり」と言われている。
初心者が始めて行う座禅もまた、本質的な体験の全体その物であるという意味だ」

****************************************

禅と無為療法では大変似ている所がある。雑用をしている最中が既に神経症の外側で
「初心の弁道、本証の全体なり」になっている。禅の修行僧も信じられないと感じるし、
無為療法をする神経症者も同じだろう。

しかしそれは事実なのです。
48歳のある晩にもう一切の治療法を求めない事、雑用を開始すると宣言した翌日の
気持ちと今の斎藤では何処に違いがあるのか。殆ど同じである。
でもやはり同じでない部分もある。

それは20年以上も神経症外側の世界に生きていると、神経症は遠くなりにけりで、
対人恐怖、異性恐怖なんて他人事になっている。しかし48歳の時点では
神経症の内側は直ぐ自分の横にいる。
転落は今すぐでも起きる恐怖は耐え難いものがあった。
 

神経症の外側

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月 8日(水)22時43分48秒
  『神経症は原則的に治るのは一晩だ。』

私は今日は、拭き掃除、トイレ掃除、草刈り機で草刈をしました。

雑用をしている時は既に神経症の
外側にいると言うことは、神経症者が雑用を5回でも遣れば神経症の外側に
いる。
治った状態と言う事でしょうか。これなら雑用を5回位全員遣ると思います。
全員が治ったとなりますが、そうは行きません。

神経症の外側とは、神経症の出口に出たと言うことと思います。
要するに、神経症は治ったが、安定していないと言うことと思いますが。

先生に治ったと言って貰って、やれやれとはおかしい。
治ってないと言われて落ち込むのもおかしい。

私は神経症出口から出たのかと言うことです。
私は神経症の外に出たと言えます。神経症を治そうと全く思わなくなったからです。
安定はしていません。

無為療法以外では治らないと言うのは、はっきり分かります。
今、無為療法を放り出されたら、自力で雑用が出来るか不安です。
先生の御尽力のお陰はあります。(先生の代わりの人間は居ません)
斉藤先生であるから、神経症が治るのです。

兎に角、神経症は時が来れば治るというものではありません。
矢張り脳の構造が遺伝的に有るのですね。
先生も言われるように、神経症は狂っています。
人生の無駄な日々を送っています。神経症から出ると、顔が変わるようになると思います。
神経症顔から、顔が変わります。神経症は無駄な一日です。今日一日は二度とないのです。
 

一夜で治った

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月 8日(水)20時31分53秒
  「先生は一夜で治った。この違いは何か」
神経症は原則的に治るのは一晩だ。徐々に改善は起きない。
ただ、安定化には10年を要する。
まちさんも経験していると思うが、雑用をしている時は既に神経症の
外側にいる。健康とはそれが安定的に10年続く状態と考えてよい。
 

やっとデイケアから解放されました

 投稿者:一休さん  投稿日:2018年 8月 8日(水)16時16分1秒
  はっきり言って、苦痛でした。

こんなものは 2日に一遍の午前中だけで十分です。

音楽性幻聴は20年前からありました。

しかし、当時の最大の悩みは、天職恐怖であり、音楽性幻聴は後ろに隠れていました。

職業訓練学校で配管工をやっている内に、全く思いもよらず40年間続いた天職恐怖が治ってしまいました。

それと引き換えに、アル中に成ってしまいました。

そして或精神病にアル中の為、入浴しました。
その当時は音楽性幻聴はやはりありましたが、問題としていませんでした。

退院後、家での雑用も気が向いたらやる程度で、惰眠を貪っていました。

そして、音楽性幻聴や解離性健忘の事をぼんやりと考え、もしこれらが強迫に成ったら恐ろしくだろうな、と考えていた矢先に本当にそうなってしまいました。

だから、ほんのつかの間、天職恐怖も音楽性幻聴、解離性健忘があるのだがない←変な表現ですが、平和の時期も確かに有ったのです。

まとめとして、神経症患者には仕事は無理なのです。

 

半人間であること

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月 8日(水)13時45分18秒
  神経症者を斎藤は半人間と呼ぶ。何故なら目に入った情報を処理できないと
言う、基本操作に失敗しているからだ。

でも今日は別の意味で半人間を説明する。
昨日、津川雅彦が死んだ。この俳優は知っているが、私が30歳の時に赤ちゃんが
誘拐され、翌日に救出されたと言う劇的なニュースの記憶がない。
今の私なら、この程度のニュースを知らない事は絶対にないが、記憶にないと
言うのは、当時神経症が余りにも苦しくて、半分ゾンビ状態で街中を
歩いていた証拠です。

トニー谷の子供の誘拐は知っている。テレビに出て来たのも見ている。
これは神経症を発症する以前であった。

アメリカの月着陸船のアポロ13号の失敗の記憶が全然ない。私として
この種のニュースは決して見逃さないのであるが。やはり神経症が
残した足跡はあまりにも大きい。

神経症は人に破壊的ダメージを与える。半人間どころか
3分の1人間になってしまう。
治ったものが勝ちなのに、第二掲示板のように、演説している人間の気持ちが分からない。
時々町で辻説法をしている狂った人間を見るが、あれに近いのだろう。

 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年 8月 8日(水)10時19分9秒
  斉藤先生は一休さんに負けない位、森田療法を勉強され実践されたと思う。
しかし、先生は一夜で治った。この違いは何か。
今更ながら、森田療法の恐ろしさを知った。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 8月 8日(水)08時35分53秒
  随分良い水準に到達している。
同じような文章をむらじが投稿していたが、もう受け付けない。
私は本質的に統合失調症の患者を疑っている。何時裏切られても
不思議でないと考えていて、実際そうなっている。

まちさんには統合失調症の気はないから大丈夫であろう。
あとは時間をかけて安定化させるだけだ。
 

/118