投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月30日(火)19時15分54秒
  健康な人な難しいこと考えてない。ただやりたい事をやっている。
品のよい表現としては”もようされてやる”が正しい。
もようされてとは、無意識から聞こえてくる命令です。無意識だから捉えどころが
ないが、丁度おしっこに行きたくなるようにも”よおす”だ。

腹が減って来た。そろそろ昼飯だ。冷蔵庫の蓋を開ける。これら一連の
動きは、もようされて動いている。誰がやるべき事をやるなんて言っているか。
あれが食べたい、これが食べたいともよおす。スーパーに行って
買う。体の中から栄養摂取欲求が聞こえて来ているのだ。

無意識の命令に従って体が動いて物を買ってくる。
こうして我々は必要な栄養を取り込んでいるのです。
 

今日の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月30日(火)19時02分49秒
  今日は5日掛けた雑用が終わりました。
直ぐ各部屋の拭き掃除をしました。矢張り拭き掃除をすると気持ちが良いです。
今日の雑用で雑巾が汚れたので、新しい雑巾に3枚取り替えました。

最近は座って考える事は無くなりました。神経症脳になると、無性に考える。人生相談がしたくなる。
神経症脳と健康脳の違いが分かります。森田は神経症でも健康脳と言います
健康脳の時があるので違いが分かります。

森田は神経症脳で考え、長所、短所と振り分ける。長所は良い事で伸ばし、短所は治すとか考える。
普通人はこんなことは考えない。ただ流れているだけと思います。ただ遣りたい事をしているのだと思います。
 

私の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月30日(火)15時12分1秒
  私の雑用はもう決まってますね。公園の散歩と部屋の掃除、トイレの掃除
3食の用意です。
その間に何やっているか自分でもあまり頓着してない。
心が自由になると敢えて雑用と言わなくても何かの
処理をしつつ動いている。

最近孤独老人の問題を取り上げますが、私にはそれは関係がない。
コンピューターをつかってインターネット上を遊んでいると忙しい。
それと一日3回の英会話で結構毎日が忙しくなる。

最近英語で頭が回るようになったためか、英語を読むのも早くなった。
BBCを読むのですが、あまり難しいと感じなくなった。

一つ気にとまった記事があり、それは食塩の摂取と血圧の関係だ。
沢山取るのは余り良くないが少ないのも問題のようで、その中間が
よろしいと言う。どうも世界の専門家も食塩の摂取でどれほどが
いいかは誰も分かってないようだ。
 

雑用をしました

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月29日(月)17時13分53秒
  今日の雑用は、早いうちに切り上げました。
明日続きをします。明日で5日掛け諸々の雑用をしました。
先生の言われる様に大汗をかいてするする様な雑用です。
しかし最近は寒いので汗が出ません。動けば丁度良いです。

畳の拭き掃除もしました。トイレ掃除は簡単に成りました。ブラシで綺麗になります。
臭いが無くなりました。
 

治す手段にしてはダメ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月29日(月)17時05分19秒
  雑用がどんなに良くても、それが神経症を治すと言う強い目的で雑用をしたら、
今まで来た道の繰り返しになり、強迫観念が燃え盛る。
神経症の本質は治療と言う強迫行為で、この強迫行為を
止めない限り神経症は死ぬまで続く。

私が雑用で神経症を脱したのは、宇佐先生の「森田療法も神経症を治す
目的で実行すると逆に悪くなる」の言葉を聞いた時です。
治す目的の全否定が先にあった分けで、スムーズに
雑用に移行出来た。

逆に雑用が神経症を治す手段になった場合は、間もなく強迫観念に
襲われて失敗する。その間違いを、私がフラッシュバックに入ったとき何べんもやり
確認している。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月29日(月)15時44分8秒
  『森田療法では神経症を治す目的で動くよう教える。』
そうだったんですね。
 

神経症を治すホームページより森田療法批判

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月29日(月)10時40分3秒
  あるがままの間違い
この世の中にあるがままと言いつつ生きている人は誰もいない。いれば森田療法を実施している神経症患者だけであり、彼等はあるがままと言いながら神経症の世界に貼り付けになっている。健康世界ではあるがままと言う言葉そのものが存在しない。

恐怖突入の愚
恐怖突入とは、不安の中に意図的に飛び込み一挙に不安を解決しようとする行為である。恐らく神経症者各位皆試みていその愚に気が付いてるはずだ。貴方の脳は不安に対して脆弱に出来ていて、その脳に恐怖をけしかけると脳に深い傷を負わせる事になる。あらゆる病気を治す基本に戻って、負担を軽減し、不安から身を引くのが第一である。

生活の徹底
健康な人は結果的に生活に徹底しているだけで徹底しようとは思わない。もし諸君が生活の徹底の先に神経症の治りがあると考えて努力をしていたら、貴方の生活は破壊される。生活を徹底するから神経症が治るのでなく、神経症が治ると自然に生活は徹底される。

疑わしい禅との関連性
森田の弟子達は森田療法と禅の近似性を説明するが、森田自身はその著書の何処を読んでも禅を言及していない。確かに神経症の治癒と禅の悟りは似ているが、禅では悟を求める座禅をきっぱり否定するのに対して、森田療法では神経症を治す目的で動くよう教える。これは禅の考えとは正反対であり矛盾している。

ハラハラ、ビクビクしなさい
ハラハラ、ビクビクは自然に起きる感情であり、意図的に起こすものではない。不自然な努力をしなければ、状況に応じて誰でもハラハラ、ビクビクする。それを意図的に起こそう、あるいはそうすれば神経症が治るのだと説く人間こそがが狂いの世界にいる。

仕方なしに目の前の仕事をちょっとやる
仕方なしに目の前の仕事をちょっとやれば動きの世界に入り、神経症が治るような錯覚を覚えやすい。しかし、神経症者ではちょっとやる自分をもう一人の自分が観察していて、神経症が治るかどうかの確認作業をしている。私はこれを意識の二重化と言い、意識が二重化したら失敗である。重大な結果が待っていて間もなく鬱状態に陥る。

現在になり切る
確かに健康な人は現在になり切っているが、そうなろうとして現在になりきっているのではない。むしろ、なりきろうと考えないからなり切っている。神経症者が現在になりきろうとすると、意識がなりきろうとする自分とそれを監視する自分に分裂して、強い不安状態を引き起こす。

不安になり切る
不安はなり切るものでなく、ただ不安になるだけである。上と同じ理由により、こんな努力をしているといよいよ精神病院に入らなければならなくなる。

性格の強化
ある森田療法の指導者がこの言葉を使った。これは大変な間違いであり、患者を極限状態に追い込んでしまう。事実私は入院中に激しい鬱状態に至り最悪の状態で退院した。健康な人の性格強化も怪しいのに、健康でない脳を持つ我々に性格の強化を迫るとは大変な過ちである。

粘って生活態度を正す
神経症者は不安の中で粘って目的追求をしてはならない。神経症者は今不安と強迫観念で苦しんでいて危険水域に入っている。その水域で粘ると錯乱状態にもなり得る。粘るのではなく不安を回避すべきであり、明日と言う日があるのを忘れてはならない。

神経症者は常に心のやりくりをする
神経症者は何故心のやりくりをするかを考えるべきである。やりくりするようになったのは脳が不安反応を起していて、悲鳴をあげているからである。病気を治す基本にもどり、先ず自分を不安から開放し、今すぐ目の前の雑用を開始すべきだ。動きこそが脳を正常化する第一歩である。

症状はあるがままにまかせる
症状をあるがままに任すことが出来なくなったから神経症になったのにこの無駄を言う。あるがままに任せるではなくて、直ちに動きに入るべきだ。そこで青い顔をして考え込んでいるのは貴方一人だけで健康な人達は皆きびきび動いている。

外側を正しくすれば内側(神経症)も自ずと治る
こうあって欲しいがそのまま療法になっている。神経症は脳の狂いであり、振るまいを正せば治るような簡単なものではない。「無」という神経症者には極めて不安定な心の位置をそのまま維持できるかにかかっている。

気分本位を正す
気分本位を正せば神経症が治るかと問えば治らない。健康な人は気分本位と言うより感覚本位、無意識本位で行動をしている。神経症者を感覚本位、無意識本位にするには、先ず我々を強度の恐怖、不安から開放する事であり、一日中考える生活から動きを主体とする生活に改めるべきだ。

生の欲望
指導者が生の欲望と言っているようでは話にならない。この嘘が長年ばれなかったのは、今まで誰も神経症が治っていなかったからである。実は生の欲望の正体は強迫観念なのだ。

向上心の達成
向上心も強迫観念であり、私も向上心の実現を求めて人生を台無しにした。日本の100万人の神経症者は今日も強迫観念を向上心と誤解して無駄な努力をしている。

必要とあらば嫌なことにも、すっと手を出す動き
健康世界で誰が必要とあらば嫌なことにもすっと手を出すと言いながら動いているであろうか。健康世界とはこのような号令のない静かな世界である。

目的本位
神経症を治す生き方を指導された時に、その生き方が果たして一般社会の常識と一致しているか、健康な人と同じであるかを確認すべきである。健康な人は別に目的本位で生きているわけではなく、結果的にそうなっているだけだ。順序を逆にすると病の世界にまっ逆さまと言う事になる。

心のからくりを説明する間違い
森田によれば強迫観念とは「当然の心の事実を、そうあってはならないとがんばり、その心を否定し、圧迫し、回避しようとする不可能な心の葛藤から起こる」と説明しているが、これは森田自身が神経症の患者であるのを示している。
健康世界では心のからくりなど興味ないし、心理学なんかどうでもよいのである。それより生活に伴う動きが忙しい。今日も心理学を読み、心のからくりを勉強し、天井を仰ぎ一日じっと動かないのは神経症者だけであり、家族の大変な負担になっている。そんな人が会社に出てきても、まともな仕事が出来るわけがない。先ずは隗より始めよで、仕事をしたかったら今自分の身の周りから開始すべきである。
 

私の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月28日(日)20時52分0秒
  私の雑用は決まってますね。
朝9時には近くの公園に行って40分歩く。気持ちがいいね。今年は太陽強かったので
日に焼けた。
結構まめに市場に行ったり、料理したりしている。
イカゲソを30分とろ火で煮込んで美味しくして食べています。
市場から買って来たタラの美味しい事、もうあそこに定期的に行くことに決めた。

部屋、トイレの掃除。大変気持ちが良い。
後何をやったか覚えていないが、体は自然に動いている。強迫観念がないから
楽ですよ。雑用を言う必要がない。

まちさんが言うように最も大事なのは、雑用を神経症を治す方便に
するのでなく、ただやる。
神経症治療行為の完全停止して雑用だ。治療行為が停止していれば、
何も雑用とうるさく言わなくても体は既に立ち上がっている。

最近は果物を買ってきて、皮を剥いて小さく割り、
コンテナーに入れて置く。こうしておくと、食べたいときに何時でも食べられる。
だから三食毎に果物を食べている。健康に大変良いね。
もう殆どアルコールは飲まない。飲まなくても人生十分楽しいし、飲むと
夜中に暑くなりすぎる。
 

雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月28日(日)20時25分27秒
  私も投稿者の方には雑用を書いてもらうのが、1番いいと思います。
 

雑用は楽しい

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月28日(日)20時05分59秒
  今日の雑用18時までしました。明日でこの雑用は終わりです。
今までは出来ない、治してからやろうと考えていました。こんなことでは
何時まで経っても出来なかったと思います。人にしてもらうのは、勿体無い
様で伸び伸びに成っていました。終いには人に頼む様になるのでしょう。

治っても治らなくても、出来たことは斎藤先生に感謝です。
この病気は治したいに駆られるのです。其の事ばかり一日中考えるのです。
当然お金は掛かります。一回に出すのでないので余りお金を使った感じがしない。
漢方なんかは、これで治ればと思いお金を出すのです。お金を取られた感じでした。

最近は治すお金を全く使わなく成りました。その分旨い物が買えるのです。
最近は動く方が気持ちが良いです。綺麗になり一石二鳥です。
半年動きました。よく動きました。治す努力の停止が全てです。そして雑用をする。
 

今日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月28日(日)19時59分21秒
  やはり、私の雑用は少ないですよね‥
精一杯やってるんですが‥ まだこの程度でクタクタになります。

今日の雑用

風呂掃除

キッチン、廊下、和室に掃除機をかけました
。1回

キッチン、廊下をクイックルワイパーで拭きました。1回

キッチン、廊下をぞうきんワイパーで拭きました。1回

犬の散歩 1回

洗濯物をたたみました。

トイレ掃除 1回

食器の片付け、食器洗い

自分の部屋の片付け(まだ途中です)
 

アルバートさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月28日(日)17時32分0秒
  意見は余り好ましくない。
ゆうさんのような雑用を書くのが一番良いが、あまりにも少ない。
まちさんは雑用を主張して良いが、ゆうさんに人生相談的コメントするのが問題だ。

これだから神経症を治すのが難しい。雑用を飛び越えて公論してしまうか
人生相談的になってしまうかで、その中間がない。

中間とは健康世界であり、健康な人では意見を言う暇を惜しんで何かをしている。
神経症者にアドバイスなんて馬鹿らしくてやっていられないのだ。
ここの目的は神経症の治しであって、万機公論に決する場所ではないからだ。
 

自転車、電車で十分でなく、それ以上の健康と自分の時間が持てます。

 投稿者:アルバート  投稿日:2018年10月28日(日)17時19分21秒
  車は100年の変革。自然に優しい電気自動車だの、自動運転だの。保険、車検、駐車場代もバカにならない。国土は狭いが、電車網は発達しているので電車に乗れば一挙に解決。巻き込み事故も無いし、居眠りも出来る。時間通りに着くのは素晴らしい。コマシャールには美しい外人女性が助手席に乗っているが、三段バラのおばちゃんが大方では?  

おカネ持ちの女房を持つと地獄が待っている確率が高くなる?

 投稿者:アルバート  投稿日:2018年10月28日(日)16時53分3秒
  自動車3台持ち、一軒屋に庭付きソーラーパネル付き。
子供3人。子供達は大学に行かせ、羨ましいなって思う毎日。
しかし、カネ持ち女房に尻にひかれ自分の時間は家族に注ぎ、
自分の時間なんて無いようです。その割には、ガメツイ。見栄の塊と思うところです。イノベーション(切り口)もなんて無い。これで旦那は息つくヒマもなく、アル中になり、精神病になったようです。仕事もクビになり、カネ持ち女房に扶養されている状態です。何でも、お金を使った幸せはいづれかは健康も自分の人生までも台無しにしてしまいます。
 

現実

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月28日(日)10時44分23秒
  皆さん、1,000万円の収入はたいそうと思うでしょうがあまり大したことない。
実収入は800万円切るのでは。月60万円ちょっと。新築のローンが毎月
15万円、教育費だ、車の維持費だと払っていくと幾らも残らない。

見栄はって海外旅行だ、良い車だ、良い衣装だとやるには
2000万円必要になる。そんな金取る人が何処にいるか。
私は東京の練馬に住んでいるが、ここでは車を持っていても
全く使わない。それでも持っている人がかなりいる。
これ見栄でしょう。必要性が全然ない。

車を持たなかったら維持費は毎月10万円位安くなる。
何のために車を持つのか不思議に思う。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月28日(日)09時36分5秒
  仕事をするように言うことに付いて。
仕事に出てする事は、昼飯を仲間と一緒に会食が出来るかということです。
これが出来たら仕事は勤まると思います。新人の普通人は仲間と無邪気に会食をしている。
毎日隠れて食事をする様では一人浮いてしまいます。そして嫌になり止める。

今流行の新築の一戸建て住宅に入って居る者がいます。
車は新車のベンツのCクラスを買い、奥さんは軽自動車です。Cクラスでも600万円は下らない。
新築のローン、車のローン、食費やその他掛かります。主人が40万円奥さんが10万円それで
合せて50万円は月最低掛かります。それでも足りないのではないでしょうか。ボーナスが
その穴埋めと思います。

しかし真面目に仕事をしている人間でも、手取り25万円でボーナスなしと言う人間も居ます。
大きな会社ですが、アルバイト状態6年といいます。中々本雇いにしない会社が
多いのも現実です。彼女はいるが、これでは結婚も出来ないといい止めて他に替わった人間も居ます。


 

HNと同じになってはならない

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月27日(土)21時05分30秒
  その位の書き込みが良いでしょう。もし丁寧にコメントすると
森田療法の掲示板になってしまう。

まちさんが丁寧なコメントを書きたい衝動に駆られたら、貴方自身の
神経症の治りに疑問が生じる。

例えとして、禅の小話を読めばよい。禅匠が見習い坊主に丁寧に教えている
場面があるであろうか。禅匠の坊主に対する回答は厳しく意味不明なのです。
それが悟りへの道であって、丁寧に説明
する禅匠がいたとしたら、HNと同じになってしまう。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月27日(土)20時30分39秒
  ゆうさんは森田療法であれば非常に良いことです。
此処は森田の掲示板ではないのです。自分は森田の者ではないのです。

雑用の会の人の書き込みを読んでください。
神経症真っ最中と言うのが分かる。断念です。
 

今日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月27日(土)19時32分8秒
  まちさんへ

遅くなってすみません。
昨日、いつものように雑巾掛けをすると、腰痛がぶり返してきました。
ぞうきんワイパーのようなもので雑巾掛けをするしかないのかなと思ったりもします。
ぞうきんワイパーで雑巾掛けをするより、素手で雑巾掛けをするほうが、神経症にはいいとか、そういうことってありませんよね?質問みたいですみません。素手でやったほうが、気持ちテキにスッキリするので、ぞうきんワイパーより素手でしゃがんでやったほうが、効果があるのかと思ったり…
今日は、ぞうきんワイパーのようなもので、雑巾掛けをしました。腰痛が怖いので、これで続けるしかないのかもしれません。
まちさんは、足で雑巾掛けされてたんですね。考えもつきませんでした。
1日がかりで雑用を遣る気持ちなんですね。確かに人に使われているのではないので、早くやる必要は無いですね。私には目からウロコでした。雑用は、テキパキとはやくしなければいけないんだと、思い込んでいました。ゆっくりやってもいいんだなと思うと、少し気が楽になる気がします。

今日の雑用

キッチン、廊下、和室に掃除機をかけました。1回

キッチン、廊下をクイックルワイパーで拭きました。1回

キッチン、廊下をぞうきんワイパーで拭きました。1回

洗濯物を干しました。

洗濯物をたたみました。

夏服をしまいました。

茶碗を片付けました。

食器を洗いました。

お米をとぎました。

犬の散歩に行きました。1回

 

カード型携帯の登場

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月27日(土)17時43分12秒
  私はスマホが大変嫌いな人間で、前からスマホを見ながら近づいてくる人間に
対して、”おい、前を見ろ”と怒鳴りたくなる。

私は実は携帯が出始めた15年位まえから携帯も嫌いであった。ただ
自宅を出ると、その時受ける電話は携帯しかないから、その意味だけで携帯を
持ち歩いた。あの頃からバカな考えが出始めて、携帯にやたら機能を
付けた。お蔭で携帯が重くなり、バッテリーが持たなくなり、もっと簡易で、
バッテリーの持ちのよい携帯がないかなと考えていた。
世の中はスマホの全盛時代で携帯が消えるかと思っていたら、
カード型の携帯が登場した。

これはよいニュースである。私の持つ携帯は重いからワイシャツの胸
ポケットには入らない。ズボンのポケットに入れると電話が入っても聞こえない。
で、新発表のカード型携帯だ。これなら胸ポケットに入るから電話の呼び鈴も
聞こえる。
やはり世の中には私のようにスマホじゃなくて、従来の携帯のみ欲しい人
がいるので安心した。
 

狂った脳

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月27日(土)08時53分28秒
  健康世界にたまに居る時があります。その時は認知行動療法、
森田に関心がなくなります。神経症脳になると関心を持つようになります。

健康脳は森田も認知行動も知りません。総理大臣でも森田は知らないと思います。
と言うことは、健康脳になればよいのです。森田を知る必要なしです、又認知行動療法を知る必要も無いのです。

ただ遺伝からきた病気であります。健康な人間はそんな物は知らないが立派に生活をしています。
森田や認知行動療法を知らなければ生きていてないのであれば、義務教育にある筈です。
小学校のときから習うはずです。雑用で健康脳になれば良いだけです。
このHPに森田批判が書いてあります。此れはよく読んだほうが良いです。
 

雑用いくらやっても良い

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月26日(金)19時28分19秒
  雑用やっても息苦しくない、気持ちが良いなら幾らやっても良い。
動くとは健康な証拠であり、普通に動く分には気持ちが悪いはずがない。

しかし、神経症を治す目的で必死にやったらだめだ。
「無」の雑用が無為療法の本質であり、雑用と神経症の治りを
取引してはならない。
ただやるだけ。
最終的には目をぱちくりしても雑用、外の音を気にしても雑用です。
 

「無」の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月26日(金)19時20分36秒
  今日も18時まで雑用をしました。やった後は気持ちが良いです。
軽い疲労感があり、やったという満足感があります。
最近は座っていると寒い感じです。動けば汗ばむです。

私の場合は座り込んで、治す事を考えるでした。漢方薬一日700円が相場です。
それに消費税+送料です。インターネットで調べて買いました。
中には5万円するのも有りました。仕事に行かないより、未だ悪い状態です。
その隙を見てカウンセリングでした。最悪でした。

森田療法も治らないし、薬も治らない。何をしても治らない。
矢張り、無為療法しかないと思います。
 

神経症とは治そう病

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月26日(金)14時50分1秒
  一旦神経症になると、人は生きている限り治そうと努力をする。終わりのない努力であって
、神経症とはこれをしながら一生を終わってしまう大変怖い病気です。

この蟻地獄から抜ける唯一の方法は、治す努力の根本的停止です。
簡単な原則であり、実際斎藤はそれで30年の神経症人生
に終止符を打った。

さあ、そこで雑用が神経症を治す上で効果があると知ったとする。
で雑用を熱心にしたらどうなるか。それは今まで来た道の繰り返しではないか。
宗教、自律訓練、行動療法、サプリメント、催眠療法と今まで沢山やったでしょう。
これだから神経症を治すのは難しい。治ると直感したその時から
神経症は悪くなる性質がある。

結局、原点に戻るしかない。治る努力の完全停止です。
これが出来ると、強迫観念が潮が引くように消えて行く。
強迫観念が消えていけば、自分に雑用を言わなくても、既に雑用を開始している。
先ずトイレに行くことでしょう。手を洗う。冷蔵庫を見れば空っぽだ。
買い物に行く。帰って来たら仕分けする。

部屋も汚れているから掃除すると流れるようにこなす。これが真の雑用であり、
大汗をかいて、必死にやって、人に見られるのが恥ずかしいのは
雑用でも何でもない、
もう一つの強迫観念の暴走である。
 

思う事

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月26日(金)10時49分56秒
  雑用を一回でも泣いて出来たら雑用はしなくて良いと思います。
自分は一回も泣きながら雑用をした事が無い。
ふと、雑用がしたくない気持ちになったら、泣いて雑用をしたことがあるかと
自分に言ったとき、断念ながらしていない、となります。

この考えは、私の個人的な考えであります。
 

今日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月25日(木)20時37分5秒
  まちさんへ

私は雑用で腰痛が酷くなりました。
1日にキッチンや廊下を4回雑巾掛けをしていました。すると、精神的に楽になるのがわかったし、身体が動くようになって元気になっていくのがわかったので、雑巾掛けにハマっていました。雑巾掛けで腰痛になりました。雑巾掛けで腰痛がよくなればいいですが、私の場合、腰に負担がかかるのが、今はわかります。またあの激痛の腰痛になれば、雑巾掛けのやり過ぎだと叱られると思うし、それも怖くて今は1回ずつしかしていません。接骨院に通って、だいぶよくなり、最近また雑用をはじめました。まだ完治はしていないので、まだ通うつもりです。斎藤先生に教えてもらった体操は、要領を得ていないというか、ちゃんと理解出来ていなくて、前に試したんですが、今はやってません。
腰痛にならない雑巾掛けの仕方が知りたいくらいです。皆さん、どんな態勢で拭き掃除をしてるんだろうかと思います。でも、質問しちゃいけないんですよね‥‥。

外の雑用はしてないです。洗車や花の水やり、玄関前の掃き掃除などは前はやっていました。窓や網戸を外して、外で磨いたりもしていました。
しばらく雑用をしないと、動きも鈍くなったし、身体はしんどいし、精神的にもつらいしで、廊下を4往復雑巾掛け出来たときぐらいに元気というか楽になりたいです。

今日の雑用

洗濯をしました

洗濯物を干しました

洗濯物をたたみました

犬の散歩に1回行きました

廊下を1回雑巾掛けしました

食器を洗いました




 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月25日(木)08時50分6秒
  アルツハイマー病を起こすヘルペスウィルス
http://mui-therapy.org/newfinding/herpes-virus-dementia.html

BBCからの翻訳です。もしこれが本当だとすると、いよいよ難問のアルツハイマー病の原因が
解けたことになる。神経症とは直接関係がないが、科学の進歩は大変遅いが、確実に前進している
のが読み取れてうれしい。

神経症の最終的解決はやはり脳の科学であり、たまたま仏教にいいヒントがあるから利用している
だけで、仏教が治すとは考えていない。禅の悟りと神経症の治りには似ている所があるが、決して
=で結び付ける分けには行かない。大体悟りそのものが言葉で説明できないのであるから、
雲をつかむ様な話になってしまう。

我々の脳は生まれた時から恐怖、不安に反応がし易く、一度反応すると元に戻れない危ない構造を
していたと仮定すると説明がつく。欠陥的構造とは何か。何がこの欠陥を作るかは今後の
科学の進展に任せる。
 

ゆうさんへ

 投稿者:まち  投稿日:2018年10月25日(木)07時26分57秒
  腰が悪いと言うことですが、先生の紹介された本で良くならないのであれば、
病院に行かれることをお奨めします。

腰の筋肉の痛みと言うのも有ります。雑用で筋肉を使うことにより、腰の痛みが
無くなると言う事もあります。

ヘルニア他が有るのかも知れません。一回お医者さんにみてもらったほうが安心です。
それと、ゆうさんは家の外の雑用は有りませんか。有れば気分転換になり良いです。
なければ、公園で散歩も良いです。犬の散歩がありましたね。此れは良いと思います。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月24日(水)20時32分15秒
  最近読んだ本では、精神医療を滅多打ちしていた。
大体精神医療なんてものはないのだと言う。
薬なんてどれも効くものがなく、麻薬に似ているから患者は全て
離脱症状で苦しむことになるらしい。

患者は良い金儲けのロボットであり、隔離され、
いよいよ追い込まれるか、人間を止める事になる。
私もそう思うね。

プロザックなんてインチキ薬品ではないか。セロトニンが不安を解消
するなんて何処にも根拠がない。大体セロトニンの役割がまだ分かっていない。
もちろん、鬱病も神経症も統合失調症も全て病理は分からずで、
従って薬なんてある分けがない。

斎藤は幸いにも薬は1週間しか飲まなかった。
何年も飲んでいる人の脳は薬で荒廃してしまうね。
 

雑用遣っています

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月24日(水)19時41分46秒
  今日の雑用 樹木の刈り込みの始末。セメンの補修をしました。
18時まで掛かりました。

しかし、仕事を遣れと言いますが、直人、HNのHPで治った人が居ない。
直人の所も最近ゼロ状態です。

病院の人が多いこと。順番待ちです。
神経症だけではないのでしょうが、しかし患者が多いです。
医者は薬だけです。最近の患者は医者以外信じていないのでしょうか?
碌にカウンセリングもしない。3分で終わりです。次から次へ患者を診察して薬を出します。

薬は薬地獄になります。段々薬が効かなくなります。次から次へ医者は面白いように
自慢気に薬の説明をして、薬を出します。患者は堪ったものでは有りません。

宗教家で心のお話をする人間が居ます。電話で話をすれば1時間はします。
心のお話はしはじめると長い長いのです。最近はしていません。心が迷って居るのでそうなります。
今は雑用だけです。目標が出来ます。
 

ゆうさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月24日(水)16時36分48秒
  その心意気買ったね。
神経症の解決とは非常に孤独な世界であって、ただやるしかない。
その方向に出口があるかどうかを聞いてはならない。
 

今日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月24日(水)16時30分59秒
  斎藤先生へ

ありがとうございますは言ってはいけないんですね。わかりました。

今日の雑用

廊下の拭き掃除 1回

仏間の拭き掃除 1回

廊下をクイックルワイパーで拭く 1回

キッチンをクイックルワイパーで拭く 1回

トイレ掃除

犬の散歩1回

洗濯物をたたむ
 

ゆうさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月24日(水)11時20分50秒
  この掲示板では”有難うございました”を言ってはいけない。
それを言うと森田療法の掲示板と同じになり、人生相談、慰め
の連続になります。

神経症を治すとは、自分一人で狂いからの脱出で、人に助けて
もらって出て来るのとは違う。黙って道を聞かずとぼとぼ
歩く。地獄の3丁目で方向を人に聞いてはならないのです。

ただ雑用をする。しかも神経症を治す目的なしにする。
 

昨日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月24日(水)02時28分4秒
  まちさんへ

少しの雑用の積み重ねが、自分では出来ないと思う事も出来るようになるんですね。
私は沢山雑用をやらなければいけないと思い、腰を悪くしてしまい、雑用が出来なくなっていました。少しの雑用の積み重ね‥大事ですね。
ありがとうございます。前が雑用を沢山やっていただけに、今の雑用の量では少ないんじゃないかと思ってしまいます。でも、腰痛が怖くて前ほどは出来ないです。

昨日の雑用

キッチン、廊下の雑巾掛け1回

洗濯2回

洗濯物をたたむ1回

 

質問

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月23日(火)17時39分26秒
  森田療法は、疑問が湧く(質問)此れは長所と言っています。
で、ありますので、直人、HN、KENは質問には丁寧に答えるのです。
質問が強迫観念の表れです。しかし質問が向上心で、質問する事は良い事と言います。

質問すれば、癖になります。自分の閃きがなくなります。
森田療法は神経症者は泣いて喜びますが、これが危険なのです。
何年も森田を信じ最後は、廃人になるのです。麻薬です。しかし、麻薬は良いのです。
森田=麻薬です。真綿で首を絞める。怖いのです。

無為療法は、神経症者には少し厳しいのです。しかし。その先は明るいのです。
その様に無為療法と森田療法は天地の違いがあるのです。
神経症者は直人、HN、KENは良い、無為療法は悪いといいます。
彼らは質問に答える、しかし無為療法は質問に答えない。

其の為反感があり、直人、HN、KENのほうが良いように神経症者は思うのです。
強迫観念とお付き合いする森田療法に、神経症者は賛成するのです。
 

雑用の本質

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月23日(火)16時58分1秒
  雑用とは自由な心の動きと言ったら良い。人間の心が強迫観念から解放されて自由になると、
無意識が活発になる。無意識が活発になると、日常の業務は殆ど無意識が命令するようになる。
だから気持ちが良いし、疲れないのです。

動きが意識から離れると、掃除と目のぱちくりに違いがなくなる。心は何か別の事を
考えているが、手足が動き、まぶたが動く。

健康な人では、仕事をする時に仕事と意識してない。
勉強も雑用の延長で勉強をしている。
HNの掲示板で、雑用なんかしてないで仕事をするべきだと言っているが、
これは神経症で頭がおかしくなった人の戯言だ。
健康な社会では全てが雑用であり、特別に壁を築いていない。
だから社会がこのように日夜発展しているのではないか。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月23日(火)08時43分11秒
  昨日は歯医者に行きました。そして公園をウオーキングをしました。
其れから、最近行っていなかったデパートに行って視ました。
葡萄が安かったです。葡萄は今年は良く食べたので、買いませんでした。
他に魚の干物が半額がありましたので買いました。

ゆうさん書き込みをして下さい。雑用を遣ろうと思い書き込みをされたと思います。
少しの雑用の積み重ねが、自分では出来ないと思う事も出来る様になります^^;
私は家の中外がゴミ屋敷状態でした。日々の積み重ねが大切と思っています。
今は部屋の隅々まで綺麗にしています。外も綺麗にしています。
時間を掛けて遣れば、其れは綺麗になります。

目をぱちくりするのも雑用と斉藤先生は言われます。雑用の境目がなくなるのでしょう。
 

今日の雑用

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月21日(日)18時08分5秒
  まちさん、ありがとうございます。

今日の雑用

トイレ掃除

廊下の雑巾掛け1回

廊下をクイックルワイパーで拭く 1回

キッチンをクイックルワイパーで拭く 1回

ガラス戸を拭く

食器を片付ける
 

雑用は気持ちが良い

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月21日(日)17時39分47秒
  早い内に切り上げました。セメンは弄れば弄る程液状化がおき終いには
一からやり直しになります
出来ないと思っていた事が遣れば出来た。この喜びは有ります。
矢張り雑用は良いと、遣った後気が付きました。
 

雑用とは

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月21日(日)17時31分33秒
  神経症者は全般に動けない。強迫観念が猛威を振るっているからです。
健康な人は体が軽い。誰もじっと考えていない。
じゃあ、動けば健康になると考えると森田療法の失敗と同じになってしまう。

私が48歳の時に宇佐先生の本を読んだ晩に人間が変わった。
もう一切の神経症を治す努力は止めた。だって、30年間、森田療法を読んであのざまだったからだ。
努力を完全停止したら残るのは、動きではないか。
努力を止めたけれど、じっとしていたらおかしい。
努力を止める象徴として動きを開始した。
そしたらジャンジャン動ける。どんどん洗濯から掃除したね。そして神経症抜け出た。

でもフラッシュバックに入った時は様子が違う。
あれ、普段の自分でないぞ、神経症にもどってしまったではないか、それじゃ雑用を
開始しようとすると、強迫観念がじゃまして雑用ができない。
そう、雑用が神経症を治す手段に化けていたのだ。
私が48歳の時に人間が変わったのは、努力の完全停止が最初で、
次に雑用であった。恐らく雑用が最初であったら失敗したであろう。

理由は簡単です。
神経症の本質は強迫観念である。動きが停止したのは強迫観念があったからで、
動きが停止したから、強迫観念が起きたのとはちがう。
順番を間違えると、どれほど雑用をしても強迫観念は消えない。
むしろやればやるほど強迫観念は強まる。
まあ、運が良ければ強迫観念を起爆することなく、雑用にまい進出来るであろうが、
私がフラッシュバックに入った時は大抵失敗した。

じゃあ、どうやってフラッシュバックから抜け出たか。
なにか、ああでもない、こうでもないと考えている時にふと、もう飯の時間だ、
じっとしていてもしょうがないと立ち上がって何時もの動きにはいると、
気が付いてみたらフラッシュバックを抜け出ていた。
そう、雑用を手段としてはダメなのだ。ただやるだけである。

ただ、まちさんに間違いがあるとすれば、それは神経症出口直前の間違えである。
第二掲示板のように、大声で論争に明け暮れている状態だと、
洞窟の真っ暗闇の世界であり、出口は何処にも見えない。
 

健康世界

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月21日(日)16時58分51秒
  今日は樹木の刈り込みをしました。
セメンの補修をしました。未だ少し遣る所があります。続いて遣ります。

「まぶたをぱちくりするのも雑用です。外から入って来る音に注意を
向けるのも雑用です。心の動き全てが雑用で、これが健康世界です。」
この様に斉藤先生は言われます。此れは非常に理解し難い処です。
手を動かすのが雑用と思っていました。
 

動く

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月20日(土)17時14分4秒
  ゆうさんお久しぶりです。又書き込みをして下さい。
今日は樹木の刈り込みをしました。まだまだ雑用があります。
鋸は綺麗にしてもらいました。この間樹木を伐採したのを始末もあります。
その他、草刈り機で草刈もあります。外の雑用が沢山有ります。
 

私の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月20日(土)17時05分49秒
  何時ものように、トイレ、リビング、和室、キッチンの掃除をしました。
近くのスーパーで買い物も済ませました。
来週は足立の鮮魚市場に行きたいと思っています。
築地が移転して、移転先ではあまり小売りを歓迎しないらしい。
豊洲の市場が落ち着くまでは、しばらく足立の市場に行きたい。
やはり魚は市場から買って来たものが美味しい。
あんな所まで良く行くと皆さん思うでしょうが、私は拘るのですね。
 

お久しぶりです

 投稿者:ゆう  投稿日:2018年10月20日(土)16時27分2秒
  今日の雑用

廊下の雑巾掛け 1回

廊下をクイックルワイパーで拭く 1回

洗濯物をたたむ

洗濯物を干す

窓を拭く

まだまだ足りないかなと思うけど、無理せずやって行けたらなと思います。
 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月20日(土)08時39分30秒
  一時期私も迷いが、そんな時に雑用をあまりに主張し過ぎました。
雑用を目的の第一にすると、雑用が強迫観念になってしまう。
私は26年の治りの期間で、幾度となくフラッシュバックを経験し、その最中に
雑用を意図的に試みた。その結果は最悪で、やればやるほど神経症の混迷は
深まる。

確かに神経症を抜け出した後の雑用は、大変気持ちが良い。
幾らやってもそれが強迫観念に化けることはない。
しかし、今神経症の混迷にある人が雑用に向かって走ると、
雑用=強迫観念になってしまい火に油を注ぎます。

やはりここは無為療法の原点に帰って、治療行為の完全停止が最初に来ないとならない。
治療行為を停止すると、雑用と言わなくても自然と体が動いている。
掃除を一日3回もやる必要がない。一回で十分である。
何故ならそれ以外の時間も何かをしているからです。

まぶたをぱちくりするのも雑用です。外から入って来る音に注意を
向けるのも雑用です。心の動き全てが雑用で、これが健康世界です。
 

無意識の雑用

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月20日(土)08時20分7秒
  先生は特急の人が居ると言われました。
確かに斉藤先生は家の中だけの雑用で有りました。

美香さんも家の中の雑用の様でした。ヨッシーさんは仕事をしながら
雑用でした、走る男さんは仕事の経営をしながらの雑用でした。

私の場合努力と言うより、して貰うという事でした。
しかし、して貰う努力があったのでした。

 

まちさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月19日(金)14時30分4秒
  先ず、神経症治す努力の絶対的停止が先です。
その後、おもむろに立ち上がると、雑用は幾らでも出来る。
しろと言わなくても自然に立ち上がっている。

貴方自身が分かるはず。だってつい最近まで100万円は下らない
金学をインチキ療法に支払ったでしょう。何故そんな無駄をやったか。
脳が狂っていたからです。狂った脳は治療法を追求しろとやんやと言う。
脳は一つしかないから、その脳の命令には疑う事が出来ない。
こうして殆どの神経症者は、治療法の実行で人生終わってしまう。

ここの書き込みで、治療法の完全停止を斎藤と共に宣言して実行した
人はどれほどいるだろうか。殆どいない。
貴方はこれに加わらないといけない。
 

(無題)

 投稿者:まち  投稿日:2018年10月19日(金)09時45分22秒
  神経症は、治った、治らない、の違いだけです。
後は無用です。
 

(無題)

 投稿者:まち(Chore)  投稿日:2018年10月19日(金)08時06分21秒
  森田療法入院100万円掛かると思います。
患者は治れば安いと思い入院するのでしょう。

斉藤療法は無料です。
治す事の努力を完全に停止する。そして雑用をする。

私の場合、医者の薬、漢方薬、針灸、カウンセリング、認知行動療法、整体、きこう、
努力と言うより、向こうあわせの治しでした。
電話を掛けたり、出かけたりの努力はありました。
しかし、このお金も直ぐ百万円になるでしょう。
ジワジワとお金を使うか、直ぐお金を使うかの違いはありますが、同じことです。
 

治りの確認

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年10月18日(木)11時07分54秒
  神経症が治った状態とは何か。
① 不安のレベルの低下
  これははっきりと現れる。
② フラッシュバックが消える。
  頻度が大幅に減るか、全然起きなくなる。
③ 体が軽くなる。
  動く時、決意が必要ない。自然に動いていて気が付かない。
④ 人当たりが良くなる。
  神経症の時のような圧迫感がなく、当然相手も好感を持つ。
⑤ 決断が速いし明快で質が良い。
  自分でも生活の質が向上した事を感じる。物事がすぱすぱツボに
  はまるからだ。
 

/121