投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


やれるだけの事はやっています

 投稿者:一休さん  投稿日:2018年 5月19日(土)07時06分57秒
  どうしても強迫が治らず、ヤケ糞となり、家で連続飲酒をしている内に、とうとうアル中になり、今はアル中病棟に入院中です。

勤労は国民の三大義務の一つであり、それから逃げて来た報いが、アル中と云う癌よりも死亡率が高い病気として、ツケが回ったと思います。

神経症でしんどい、しんどいと思いながらも、出社、或いはアルバイトさえしていれば、連続飲酒をしておらず、従ってアル中にも成らなかったであろうに、と後悔しています。

病院内で遣れる事と言えば、毎日の洗顔、歯磨き、入浴と週一度の簡単なベッドメイキングと身の回りの軽い拭き掃除ぐらいなものです。

昨日は、クレジットカードの利用明細をチェックし、
不要な物は解約し、自分はスマホとポケットWi-Fiを併用しているので、どのプランがベストなのか調べました。

話は変わり、中には一日中、家での雑用に励んでいる人もいるかと思いますが、毎日続く程の量があるのでしょうか?

例えば、株の投資でやっている人は、社会情勢のチェックだけで、半日ぐらいは潰れそうですが、、、、

神経症の人でも、3時間程度のアルバイト位はした方が良いと思います。
 

難しいな

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月18日(金)18時36分23秒
  なかなか難しいですね。
残念に思います。
健康な人間は本当に考えてませんよ。
宗教も哲学も仏教もどうでもいいのです。
動きを言わないと言うことは
健康世界でないことを意味する。
人生は動きしかない。
身体が軽く、自由です。
ノーベル賞か。確かに精神病治癒は凄まじいことです。
斎藤先生をおかしいんじゃないか、ノーベル賞なんて
と批判する人がいます。
しかし神経症治癒は奇跡なのです。
奇跡が起こったのです。
毎日無意識が活躍してくれます。
楽なのです。
神経症とは苦しみに他ならない。
もはや生活は破綻し、どうにもなりません。

みなさん、健康な心を獲得しましょう。
辛く苦しい人生から抜け出しましょう。
 

禅寺の坊主が当てにならないこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月18日(金)15時04分46秒
  中国の重慶に行く飛行機の中で、日本の鎌倉の禅寺から来た僧の
一向と乗り合わせた。作務衣姿の人たちで、直ぐ宗教関係者で
あるのが分かったが、禅寺からと言うから、私も悟りが分かる人間だと言ったら
いきなり嫌な顔をした。この瞬間に、ああ禅の坊さんも当てにならない
ものだと思った。

時々本屋で禅匠が書いた人生本を手に取って読むが、全く役に立たない。
当たり前の人生論を語っていて、神経症の患者には刃が立たない。
神経症が治ると言うのは、禅の悟りの上を行く経験なのかも知れない。

尤もな話で、禅の目的は煩悩の超越であろう。神経症の治りは
生物学的に狂った脳の修理なのだから、煩悩超越以上の難しさがある。
神経症が治ると言う事はそれほど大変で、ノーベル賞ものと言っても言い過ぎではない。
 

鳥の囀り

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月18日(金)11時35分25秒
  雑用をすると己が見えてきます。禅宗の人生相談のホームページがあります。
私は、電話で相談をしました。しかし受話器を置いた其の時からグルグル回りの
開始でありました。宗教家に相談をしましたが、治ることはありませんでした。

又禅宗や真宗その他の坊さんを見ていますが、特別優れた生き方をしているようにも見えませんし寧ろ悪いイメージがある人間も居ます。

今のところ雑用はありますと言うより、次から次に雑用が見えてきます。
 

今日の雑用

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月17日(木)16時59分44秒
  私は用心深い方で、地震が怖くてしょうがない。東京では逃げる所がないから、
地震後、マンションで2週間は自力で生き続けなければならない。そんな時に何が
一番大切か。
トイレであり、水であり、食料だ。
今日はその水のメンテナンスをした。大きな60リッタータンクを2つ用意して
水をたっぷり入れてある。万が一の時に水は多目的に利用できる。
その水が3年経ったので交換して綺麗な水に入れ替えた。
でも考えてみればあのタンクがひっくり変える事も考えなければならない。
心配すると切りがない。

でも飲み水に関しては2?のボトルを20本ほど購入して部屋の隅に
置いているから何とか2週間はしのげるでしょう。
 

体と脳はつながっている

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月17日(木)14時23分3秒
  その通りですね。最近の発表では腸内の細菌が鬱状態を作り出していると言う。パーキンソン病も
腸内の細菌の影響で発症している可能性があるらしい。

脳と体は関連があるのです。健康な人では、動きの止まらない体が、健康な脳
活動を保証しているのに対して、精神病患者では脳が体から切り離されて、暴走を繰り返して
いる。体はさっぱり動かず一日中深刻に考えまくり、何もしない。
出て来る考えはゴミクズばかりで、そんな人の生活は破綻し、会社もだめなら
学業も諦めなければならない。

彼等に言わせれば、雑用するより、水谷啓二を語り、森田を語り、鈴木知準を
語っている方が余程大事らしい。しかし神経症者がいる家庭は悲劇だね。
親が神経症だったら子供が育たないし、亭主なら給料は最低で、生活はやっていけない。

なのに自分は正しいと主張して、今日も第二掲示板に書きまくる。
これを精神病と言う。
 

元気

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月16日(水)22時48分46秒
  斉藤先生は脳の科学を英語で勉強されています。未だ解明されていないとの事です。
高血圧、糖尿病も遺伝が関係していますように、精神病も遺伝があることは分かります。
脳の異常でしょう。狂った脳は言葉や哲学、宗教では治らないのではないかです。
健康人なら他の人が言われることも分かりますが、動き無くして狂った脳の解決は無いと思います。

動けば、少しは気も晴れ元気にもなります。また希望が湧いてきます。公園の散歩も良いです。
私は、頭はあまり良くないですが、動くことが体に良いことだけは判りました。    体と脳は繋がっているのですね。
 

書き込む理由

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月16日(水)20時03分9秒
  私が書き込むのは精神病院の院長の斎藤先生
の無為療法こそが健康世界と確信するからです。
寄生などしていません。
先生には勉強をさせて頂いています。
そして精神病の方が健康になるヒントを
書いているに過ぎません。
ここの院長先生は斎藤先生であり、
私は無為療法こそ健康だと確信する
人間に過ぎないのです。
斎藤先生に依存する気など毛頭なく
私は動きについて語るのみです。
 

自信のない連中は第二掲示板に書く

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月16日(水)17時58分30秒
  どんなに脚色して、治りを装っている書き込みをしても、神経症が治った私は一瞬で
その嘘を見破る。だから、怪しげな人物は第二掲示板に自主的に書く。
どんなに丁寧に書いてもそんな文章の削除に躊躇しない。

以前一休さんが連続書き込みして全て掲載されたことがあった。私は疑問に思って
いたが第二掲示板もなく、文章が綺麗で、動きを強調していたから採用していた。
今は一休さんでも直ぐ削除されてしまうだろう。
この掲示板は治る可能性がない者には無慈悲な掲示板だ。

なら、何故むらじさんはどうなのだろう。
美香さんと何か似ているような気がする。美香さんは神経症であり、統合失調症も
発症している。その彼女が無為療法の本質を理解し、しかも神経症の部分が
治ったと言う。斎藤の経験と同じだから採用している。

むらじさんは未だ分からないが、無為療法の本質を理解したようだ。
無為療法は健康な生き方であり、万人の生き方であるから
統合失調症の患者だろうが、神経症だろうが全てに応用できる。

結構この掲示板は統合失調症の人が見ている。しかもその一部の人は神経症者以上に
無為療法の本質を理解しているから、うれしい。
 

海さんへ

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月16日(水)07時17分43秒
  海さんは哲学的なことを言われていますね。
煩悩とか。世の中には哲学者とか
仏教者がいまして、特別な世界に
いる人間もいます。
しかし海さんがしなければならないのは
動きです。完全に動きが停止してる。
仏教や哲学論争をしていると
人生を楽しむことがなくなってしまいます。
動くことが大切なんですよ。
貴重な人生です。
楽しめないで終わっていいのですか。
 

動きが大切な事

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月15日(火)20時04分40秒
  不思議な事に動いている時は強迫観念につかまることがない。強迫観念がときどき起きるが
直ぐ消えて行き、考えは流れて私が言うところの無意識状態になります。
健康な人はこの無意識状態で毎日生きているから、神経症者の苦しみが理解できない。

極度の強迫観念で苦しんでいる人は、出来だけ立って何かをする方が良いでしょう。
座ってものを考えるのは最も避けないとならない。こんな事は普通必要がないのですが、
神経症に生まれたら意識してする必要がある。我々の脳の何処かに問題があるからだ。
 

座っている

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月15日(火)19時26分18秒
  座って考え対策を練る。これがぐるぐる回りの始まりです。
私が考えたのが、立ち上がるだけで良いと思います。起立をしたまま考えるのです。
1時間も立って考えるのは辛いかもしれません。でも立っているのです。座っては駄目です。
それならまだ体を動かしたほうが楽ではないかと思うのです。

私の経験上座って考えるのが一番悪いのでした。座って考えるのは神経症脳から出るゴミの考え。動いているとき出る考えは神経症の外側の考えであります。
 

ハンドルネームを変える

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月14日(月)20時13分8秒
  これが生活が困難になっている神経症者がしばしばやる事です。
今から10年位前にこの掲示板を自由書き込みにしたら、一晩で恐ろしい
ほどの書き込みがあったが、かなりの人がデタラメのハンドルネームを付け、
中には文章を張り付けるバカ者がいた。

それに近い事を海さんがやったし、なんとHNもやるではないか。
何故自分の名前を弄り回すのだろうか。自分の意見が
正しいと主張する時、自分の名前をしっかり添えるのが当たり前だろうが
それをしない。
彼等の生活は非常に乱れているから、追い込まれて書き込むと
こんな錯乱現象が起きると見ている。

一度HNか誰かが2チャンネルに行って名前を2つ使って連続書き込み10回位
やったのではないか。ピンポンを一人でやるように。
非常に乱れた行為であった。
 

意見発表

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月14日(月)14時59分50秒
  よほど己の姿が分からないのではないか。
動きのない状態すなわち精神病の
方が意見を言っているのは、
健康な人間からすれば、明らかに
異常事態である。
しかし意見を発表し、自分が正しいと
主張する。これは明らかに病気に他ならない。
とにかく重要なのは雑用できることであり、
議論を闘わせることではない。
しかしそれをやってしまう。
本当に深刻なことだと思う。
本当に大変な事態なのだ。
 

理解に苦しむこと

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月13日(日)19時02分19秒
  神経症者の殆どは斎藤と戦いを始めてしまうが、これが分からない。
自分を苦しめているのは神経症脳であり、この脳は恐らく死ぬまで苦しめる。
戦うべきは自分の脳であって、斎藤と戦いをしても何の意味もない。

その正常でない神経症脳も、正常に作動することがある。動いている時であり、
強迫観念は次の瞬間には消え去る。所謂心が流れている状態で、
意識は無意識により押し流される。
この経験を何年も続けていると、もう神経症者と対話なんて馬鹿らしくて
やっていられない。

第二掲示板を読めば気づくと思うが、書き込みは論争であり、作文で
あり言葉の連続である。神経症が治ると言葉を弄ぶのを忌み嫌うよう
になる。そんな暇があるなら、今の時間なら食事をして食器を台所に
運び洗い、寝る準備だ。

健康な生活は忙しいのだ。
 

精神病

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月13日(日)13時31分28秒
  精神病について言うと社会的に地位
のある人間が精神病と言うことが
ある。そのような人間が指導すると
無茶苦茶なことになり、社会的に
マイナスのことが起きる。
つまり自然な動きが出来てない人間が
指導すると指導された人間に
とてつもないマイナスがもたらされることがある。
地位が高いとか年収が高いから病気では
ないという認識は間違いである。
社会的に地位がありながら人生が崩壊
していることもあるのである。
動けていれば人間は満足を覚え
インターネットで争うのではなく、
現実の中で満足を感じるのである。
満足を感じている人間がネットで
大騒ぎはあり得ないと認識すべきだろう。
 

動くこと

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月12日(土)17時57分28秒
  動くことは良いことです。健康人は皆動いています。
動けないから動かない。其れが動かないから動けないと成ります。
動かないと益々体が駄目になり動けません。悄然な気分になります。回転運動が弾みをつけ止まらなく成ります。動けば頭も軽くなる様です。清々しい気分にもなります。
 

第一掲示板は関門が高い事

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月11日(金)14時01分47秒
  この掲示板は無為精神病院の玄関にあたるから、狂ったものに大声で書かせる
分けには行かない。書きたいものには裏口にある第二掲示板を用意している。
ここは例外を除いてどんな書き込みもOKであり、即アップロードされて
確認できる。

私が第二掲示板を思い立ったのは今年の2月頃であった。余りの斎藤と
神経症者の違いから、掲示板に書き込む量が減って、斎藤自身が
書きたくてもネタがなくなってしまった。健康とはそういうもので、毎日
順調であると書く物がなくなる。書く事と言えば旅行、英語、株と言うこと
で、神経症の掲示板でなくなってしまう。

第二掲示板を開始してから多くの書き込みがあり、私には良い刺激に
なっている。でも、どうしても守るべきルールがある。
私は書き込み者のアイデンティティーを故意にふざけた名前にしたり、
毎回名前の欄に文章を張り付けるバカ者には容赦しない。即刻削除する。

己を知れと言いたい。
狂いの真っ盛りにいる者、即ち精神病の患者が、治った人間に対して
無礼な態度をしたら許さない。コイツラ精神病院に行くべき人間では
ないか。
 

無為療法は光

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月10日(木)14時48分46秒
  精神病は本当に苦しい。
私は無為療法は光だと思う。
残念なことに4人しか治らないとは・・・
ここまで難しい。本当に
健康な人間になるのは凄まじい奇跡なのです。
とにかく考えないで雑用をするとしか
言えない。
 

動く

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 9日(水)20時30分10秒
  雑用をすると、又次にする事が見えてきます。
暗澹としている時は直ぐ立ち上がる事です。
今は、意識的にでも動きの確保が大事と思います。
 

時計を治した

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 8日(火)17時06分16秒
  私の壁掛け時計は少し見難い。長針と短針の違いがないので、夜中に起きた時
11時5分か0時55分か判然としない。
そこではっきり違いのある時計をアマゾンで買おうと思っていたが、ふと自分で修理
したらと考え付いた。表面のガラスを取れば短針を太くする標識が付けられる。
なんと簡単にガラスが取れるではないか。早速取り外して短針を太く見えるように、
黒い薄いプラスティック箔を張り付けたら今度は断然良く見えるようになった。

こうして新しい時計を買う必要もなくなったし、雑用をする楽しみも増えた。
こんな工夫は生活の何処にも転がっている。工夫にとても役立つのが
100円ショップで私はしばしば訪れる。

先日は水道の蛇口に付けるシャワーを買った。たった100円のシャワーが
数千円で売っているものより余程上手く作動するので驚いた。
雑用、生活の工夫は何処にも転がっています。
 

雑用

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月 8日(火)13時35分10秒
  斎藤先生も忙しいですね。
私は散歩以外に、洗濯、洗い物、
食事作り、洗濯ものを干す、買い物、
まあとにかく雑用なんていくらでもあるではないか。
雑用がないなんてありえない。
雑用が人生だからである。
クラシック音楽を聞くのも楽しい。
勉強をたまにしてみるのも楽しいですよ。
人生は楽しいのです。
 

掲示板第一と第二の違い

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 8日(火)08時50分28秒
  第二の方では大体毎日作文が書かれているのに対して、第一では動きを書いています。
何をしたか、何をするかが大事であって、反省なんか聞きたくもない。
特に神経症では意識が猛威を振るっているので、神経症者が書いた文章なんて
読む価値はない。狂いから脱出する唯一の方法は動きの確保であるが、
これを嫌がる。狂った脳は更に思考の追及を止めないからだ。

私が昨日やった事は、台所の包丁置きの修理だ。ガタガタボロボロに
なっていたので、接着剤とねじを使って付け直した。今は新品同然で気持ちが良い。
もう一つはタンスのネクタイかけで、これもグラグラであった。こちらも接着剤を使って
付け直したらしっかり止まって気持ちが良い。

そうそう、思い出した。洗濯機のゴミクズヒルターを見たらゴミがべったり分厚く
堆積していた。これを綺麗にしたからゴミを綺麗にすくってくれるね。

人生は毎日忙しいのだ。パニック障害を治す方法を教えてくれ、教えてやる
とやっていると一生狂いで終わってしまう。
 

雑用

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 8日(火)07時00分46秒
  少しは動ける様になりました。まだまだ厳粛するときがあります。
その時は立ち上がらなければ成りません。何か動きの確保です。
其処に欣然があるのだと思います。
又動くことにより、自分に自信が付くのでしょう。
今は意識して動くようにしています。
 

自分を特別と思い続ける。

 投稿者:エックス  投稿日:2018年 5月 7日(月)18時45分35秒
  自分を特別と思い続けて、その繰り返しで一生を終える。周りはうるさいのが居なくなったで感謝の黙祷!
 

神経症者の特徴

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 7日(月)17時32分42秒
  言葉が多い事。屁理屈ばかりで動きが感じられない事。
健康な人は無駄話をつつしみ、何かをしている。この何かはツボを得ていて
何かに役立っている。
狂いの世界を断ち切って健康世界に再突入するには、動きが欠かせない。
動かずに理論を振り回していると、気が付いたら地獄の世界です。
こうなると30年50年は夢の如しです。
 

厳粛な事実

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月 7日(月)14時51分59秒
  精神病は屁理屈を饒舌に語る病に他ならない。
ただ動けばいいのだ。人生の豊饒さは
動くことにある。
動いている人間の表情は明るい。
恐ろしい精神病から抜け出すには
動くしかない。厳粛な事実である。
 

強迫

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月 7日(月)13時02分44秒
  間違えてはいけないのは屁理屈
言わずに行動しろと言うことです。
生き方は様々な生き方があっていいのです。
仕事、結婚、恋愛と強迫的に思考してる
のは健康世界の人間からは破滅に見えるん
です。
 

好い季節

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 5日(土)18時57分49秒
  漢方薬局やカウンセラーは、 木の芽時は精神病者には良くないといいます。
其れでは、何時が良い季節かと言うことです。1年中で一番良い季節が春だと私は思います。
そういう店やカウンセリングでは治らないと思います。雑用をするのに季節は関係ありません。

確かに、春や秋は気温差が有り体が慣れてないということはあります。春だけが悪いと言うのはマインドコントロールに陥るだけです。
 

五月晴れ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 5日(土)15時05分36秒
  実に気持ちの良い季節です。私の好きな城北公園は新緑の盛りです。
ただ、そこに一点問題がある。最近は殆どの人がスマホを見ながら歩いて
いる。これを見ると無性に公園内のインターネット接続を切断してくれと
叫びたくなる。こんなもの見なくても人生は幾らでも豊だ。

私はパソコンだけで十分であり、それ以上
インターネットに接続したいなんて思わない。フェースブックもツイッター
も使わない。特に歩道でスマホを見ながらぶつかって来るヤツには、
怒鳴りたくなる衝動が走る。

まあ、何の屁理屈を言わず公園に行って散歩する姿は良い。
これをジョギングすれば神経症が治るのですかと聞くようでは
一生神経症で終わる。健康な生活とは単純なのです。ただやる
だけです。
 

若葉

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月 5日(土)14時15分36秒
  若葉が綺麗な季節ですね。
散歩をしていても大変気持ちいい。
元気のいいおじさんが声をかけてきました。
雑用をがんがんこなす雰囲気のおじさんです。
実に元気のいいおじさんでした。
犬を散歩させている男性がいますが、
スマホを見ながら犬を散歩させるのに
違和感を感じる。私はスマホを否定しませんが、
犬の散歩を楽しめないのだろうか。
ふとそう思ってしまう。
とにかく楽しく散歩をしたらいいです。
美しい自然をみて、心が満たされるからです。
 

無為療法

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 5月 3日(木)19時04分41秒
  雑用がいきることです。
動くしかないんですよ。

次から次へやることが出てきます。
楽しいですよ!
健康世界の人を見てください。
笑顔ですよ。明るいですよ。
単純な生活を送っています
本当に健康な心は大切ですね。
雑用の会に加われたらいいですね。
斎藤先生だって神経症治癒者を
もっと出したいですよ。
でもそれが猛烈に難しい。
本当に精神病って恐ろしいですね。
 

神経症とは心の分裂

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 3日(木)16時57分17秒
  強迫観念が荒れ狂うと心が2つに分裂する。療法を探す自分とそれを実行して
効果を確認する自分です。この2つが猛烈の速さで交互に入れ替わる。
これは脳の活動としては異常な事態だから、強烈な不安と共に鬱状態に
突入します。

この蟻地獄を回避する唯一の手段は動きです。自然な動きは脳を
正常に戻す効果がある。ああフラッシュバックに入ったなと感じたら
少し不自然でも敢えて動きを求めるべきです。でないと、神経症の
地獄に絡めとられて人間さらばになる。

最初は不自然でも、慣れてくると自然な動きが出て来る。後はそのまま
に任せれば、気が付いたころには健康世界にいるのが分かるでしょう。
悲しいのは、健康に生まれるとこんな努力をする必要がないのに、
神経症に生まれると、このような多少不自然な努力をしないと
そのまま神経症の蟻地獄に落ちて行く。

最後にカウンセリングですが、まだ、脳科学は神経症を解明して
いない。カウンセラーが言うことは全部嘘くらいに考えて間違いないでしょう。
 

頭が混乱

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 3日(木)14時05分37秒
  私は今日雑用をしています。遣ってみると、丁寧に遣る為時間が思ったよりかかります。
まだ続きがあります。今まではインターネットでいろいろ調べたり、カウンセラーに電話をしたりしましたが、10人話をすれば10人が違った考え方を言います。終いには頭が混乱します。

直ぐ立ち上がって動きの確保が良いです。頭の混乱も起こらないし、少しは気も晴れます。
 

翻訳完成

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 3日(木)06時20分42秒
  感情と細菌の関係
http://mui-therapy.org/newfinding/bacteria-and-brain.html
最近、我々の消化器に住んでいるバクテリアが脳に影響を与えているらしいと言う理論が注目を浴びている。腸に住む微生物相が、脳及び健康に影響を及ぼすとしている。今まで緊張が下痢を引き起こす事は分かっていたから、心と腸には何か関係があるのではと考えられていたが、腸が逆に脳に影響を与えているとは驚きである。
-----------------------
英語関係ではイギリスのBBCが最近有力である。他のメディアは殆ど有料になり
ニューヨークタイムズの場合は月最大5回の閲覧でストップだ。BBCにはそれがないので
見たい放題だ。これはBBCは日本のNHKと同じく国民が全員で幾ばくかの負担をして
いるからだ。
財政的に不安がないから有力な記者を大勢雇える。だから最近のBBCのホームページ
には読みたい記事が入り乱れているのに、タイムなんか読むと気の抜けたページになり、
従来型のメディアの凋落が隠せない。
 

治ったかどうかの確認

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 2日(水)06時10分13秒
  もう10年ほど前になるか。神経症予後が余りに良いものだから、調子に乗って
治ったかどうかの確認のページを書こうと思った。そしたら書き始めて間もなく
嫌な感覚が襲ってきて、フラッシュバックに入ってしまった。何と一か月
以上もフラッシュバック状態になり、以来、神経症治りの確認作業は大変危険
であると悟った。

何故神経症の治りを確認してはいけないか。
神経症とは症状の治りを求める病気です。強迫観念であり
その執拗さは凄まじく、殆どの人は一生神経症治療努力で終わってしまう。
神経症を治すとは治療、確認作業を停止することにより、生活を正常に戻すことだから、
一時停止して自分が正しい位置にいるかどうかを確認することは、余計な事であったのだ。

自分が神経症を治したかどうかの確認する時間を惜しんで、どんどん
雑用をするのです。人生は雑用の山であり、生きるとは雑用を嬉々として
処理する事を意味しています。
 

動く喜び

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 1日(火)21時37分58秒
  治ったとか治らないとか言う者がいますが、動ける様になること自体が私には喜びであります。
無為療法が今後も続けられれば良いと思います。

 

無題

 投稿者:エックス  投稿日:2018年 5月 1日(火)20時14分54秒
  メンタルは小手先では、改善しない!
と心に誓う!これから始める。当然、メンタル病も受け入れて下さい。決して、周りの環境の責任にしないで下さい。意思、気合いもナンセンスです。但し、メンタル病を第三者には極力、公言しないで下さい。
第三者はメンタル病には理解がないので、気持ち悪がるだけです。
 

私はまめですよ。

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 1日(火)14時02分32秒
  冷蔵庫を開けるといっぱい食べ物が詰まっている。先ほど分けあり店から更に買ってきて
詰め込んだから殆どいっぱいです。
先月は築地に行きタラ、ホタテ貝、イカゲソを買ってきた。イカゲソはそのまま煮ると硬くて
老人には食べられない。これをとろ火で1時間かけて煮る。すると口に入れただけで、
溶けるほど柔らかくなります。
昔、斎藤は雑用でいっぱいだと言ったら、ある神経症者は斎藤が独り者だからだと言った。
こんな人間に生活はウジが湧いて来るのだろうね。
 

私の

 投稿者:美香  投稿日:2018年 5月 1日(火)10時09分23秒
  母のことを、以前から書きたいと思ってきましたが、なかなかなんとまとめていいかわからずいたのです。
母は統合失調症で、公務員資格を持っていますので、ローンで一軒家に住んでいます。
しかし、統合失調症のため、もちろん仕事場ではろくな仕事をしていないのでしょう。
しかし、給料は人より良い。
父は病名はわからないが、人格に障害があり、こちらもテレビ、スマホで政治ニュースばかり見ていて、ぜんぜん買い物も出来てない。冷蔵庫はいつも貧相な有り様です。
こういう人たちは、幽霊みたいです。

 

動き

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 5月 1日(火)09時44分32秒
  斎藤の脳も皆さんと同じ神経症脳です。だから健康な人にくらべてちょっとしたことで、バランスを
崩しやすい。最近は殆どないのですが、フラッシュバックに入ったときは皆さんと同じであり、
じっとしているとする神経症脳に追いつかれて先を越される。そうなると幾ら考えても出て来るの
はゴミであり、一週間彷徨っていたが結局狂いの世界だったになってしまう。

それを避ける唯一の方法は動きの確保だ。健康な時は一々自分に動きの号令を
書けなくても自然と体は動いている。しかし一度強迫観念に引っかかってしまうと、意識
して動かないと入道雲のような強迫観念に抑え込まれてしまう。
こうなると仏教やら森田療法やらくだらないものに彷徨し、人生は破綻する。

有無を言わせずに今立ち上がって何かを開始すべきだ。
 

動くこと

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 1日(火)09時26分19秒
  斉藤先生は「止まったら地獄だぞと言われました。」そのことを肝に命じておこうと思います。雑用は罰ゲームではないです。自分の狂った脳に争いをするのです。

何所のカウンセラーに聞いても座り込んで居る事は良いとはいいません。しかし斉藤先生の言われるのとは違います。先生は神経症を治すプロだと思います。

 

最近思う事

 投稿者:一休さん  投稿日:2018年 5月 1日(火)08時00分25秒
  自分はアスペルガー症候群、イジメ、対人恐怖症の為、社会性がまるで育っておらず、この年になって、現在入院しているアルコール病棟と言う団体生活で苦労しています。

また、社会性が阻害された理由てして、親爺が猛烈な会社人間であった為か、母親から溺愛されて育ち、共依存状態で、今日にまで至ってしまったのも、理由の一つだったかと、病院で行われているARPの授業で、閃きました。

自分を現状から総合的に変えてしまうのには、今、生活している環境を変えてしまうのが、一番手っ取り早いと思います。

そう言う事もあり、鈴木知準先生を支持しています。

ここでは、自分は空気が全く読めない男として、通って居ます。

故に団体生活で人に揉まれるしかないのです。
また、これは何も対人恐怖を治す為の手段として、言っている訳では、全く有りません。

また、思う事は、空気の全く読めない自分には、何でも相談出来る相手を最低でも一人でも良いから、作って置くことです。

一人でシコシコと考えていても、結局はどうどう巡りであり、下手な考え、休むに似たりだからです。

 

その通り

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 4月30日(月)15時18分23秒
  地獄であり破たんであり破滅に他ならない。
議論をし争いをし、動きが止まると言うこととは
終わりを意味する。
 

止まったら地獄だぞ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 4月30日(月)13時21分32秒
  神経症者の脳は、大変不安定な欠陥脳です。
そのままほって置くと、何時の間にか神経症の地獄に入り出られなくなる。
唯一の可能性は動きを確保すること。動きが止まったらアウトと覚悟したらいい。
将来の科学が神経症脳の欠陥を現わすであろうが、今我々が知るべき事は
止まったら地獄だぞと言う事です。
 

動く

 投稿者:まち  投稿日:2018年 4月30日(月)10時25分2秒
  動くことは良いことです。座っていないで、何かを開始しなければなりません。
私は昨日は動きました。しかし、その疲れようは凄いです。今まで動かないで居たので
体が悲鳴を上げます。体を慣らすつもりで、動きを遣っていこうと思います。
 

サーモンさんへ

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 4月30日(月)06時05分56秒
  そのような質問には私は答えない。神経症とは精神の混乱であり
質問する脳が問題を起こしている。問題を起こした脳に解答を与えると、脳は解釈して、
また次の質問をしてくる。こうしてぐるぐる回りの延長が始まり、人生は質問の連続で
終わってしまう。

一休さんの投稿を無視したのは同じ傾向を見たからです。
盛んにアスペルガー症候群を述べているが、その疑問が本人の脳に渦巻いているのでしょう。
それに解答した所で次の質問が出て来るのが目に見えていて何ら解答になっていない。

エックスさんの投稿も問題だ。以前株の話をしたら神経症者が食いついて来た事があった。
ここは精神病院で、株で儲けるより精神病を治せだ。北朝鮮問題の解決
より、狂った脳を正常に戻せだ。院長先生は患者が神経症以外で論戦に
入る事を不快に思う。

 

悔しさ

 投稿者:サーモン  投稿日:2018年 4月29日(日)21時34分55秒
  初めて投稿させていただきます。
私は毎日ぐるぐる同じ思考を続けているんですが、それは
親が産まなければ、苦痛な仕事や雑用を一切せずに済んだのに……というものです。

ホームページの中で「雑用したくないというのは生きることを否定するのと同じだ」
と書いてありました。
端的に言って、私は生きるのが嫌で就労を拒否しています。
動くことが悔しいです。雑用にも屈辱を感じます。
雑用できない(したくない)神経症者は、雑用を罰ゲームのように感じていると思うんです。
しかし文句を言ってもどうしようもないし、
ぐるぐる思考は終わりにしたいです。

斎藤さんは治る前と後で、親への恨みが軽減したと書いてあるのを拝見しました。
雑用を開始するにあたって私のような悔しさは感じなかったのですか?
 

実に空しい

 投稿者:斎藤  投稿日:2018年 4月29日(日)16時29分49秒
  今第二掲示板がひっくり返すような騒ぎですが、まあ、ほって置きましょう。
その内、鈴木が東大だ、森田が東大だと言い始める。
ばかだね。それならお前は東大を出ていないからクズと言っているみたいだ。
精神病院が受験塾に変わってしまうのだから手が付けられない。
精神病とはこれで狂いなのが分かるでしょう。

救いは美香さんです。美香さんは決して大学は言わない。
でも彼女の言葉のインパクト、影響力は凄い。
真実ほど凄いものはないですね。
 

争いと難しさ

 投稿者:むらじ  投稿日:2018年 4月29日(日)15時01分29秒
  確かに斎藤先生のおっしゃる通り
争いを普通健康世界はしません。
精神病の世界はとにかく難しいし複雑です。
健康世界の人間が見たときに
難しいなあという感想が出てきます。
 

/111